東播磨最北端の山で、古くから崇められている千ケ峰と、播磨富士とも呼ばれる一等三角点のある笠形山、二つの関百です。

青春18きっぷを使い、JR西脇市駅へ。
001

「日本のへそ」 西脇市
005

駅前案内板
002

近畿自然歩道もあります。
003

バス停
004

時刻表(鳥羽上行き)
007

バスが来るまで、駅構内でパンフレットを見てるといい地図ありました。
008

北はりまハイランドマップ
010

山も載ってるんですが、バス停も載ってるので結構ためになる。

バスが来て乗車。
012

1時間ほど揺られる。

スタートは、門村バス停
016

それでは登山口へ歩いていきます。
017

登山口の道標
018

無人販売所。長ネギいいな。
019

中々の川がある。
023

観光バスが来るんかてくらいデカイ駐車場。
024

三谷渓谷
025

案内板
026

なるほど、それで景色もいいとこなんや。

登山口駐車場
030

トイレあり
032

案内マップ
033

笠形山も載ってます。
035

三谷登山口
040

道標
044

045

登山道の道標
047

048

最初は急登です。
049

051

052

千ヶ峰 1005m
054

三角点
056

山頂の様子
053

周辺案内図
055

次に進む道標
057

千ケ峰までは、20人ほどと会いましたが、千ケ峰山頂からゴールまでは誰とも会いませんでした。

058

059

062

063

アイゼンは付けんかったです。
064

065

飯盛山
069

多可町仙人ハイクとは、地域のハイキングイベントのようです。

山頂の様子
066

三角点
067

眺望
070

072

飯盛山南
074

高坂峠北
075

高坂峠
077

高坂峠は舗装された道にあるのでエスケープルートになると思います。
076

アップダウンのある縦走コース。
078

入相山 780m
079

081

三角点
080

山頂の様子
083

眺望
082

大屋峠北
084

バスの終電との勝負もあるから、はよ次笠形山出ろと思いながら歩いてました。

ようやく笠形山が見える。
085

道標
086

龍の背
087

距離も短く、そないきつくない登りです。
088

笠形山 939m
092

三角点
093

山頂の様子
089

眺望
090

下ります。

夜の山道は急に真っ暗になるので早めにヘッドライト装着
096

一合目
097

グリーンエコー笠形の登山口
098

この時点で終電まで30分あったので大丈夫やろと考えてました。

バス停は、最終だけグリーンエコー笠形を出た道路にあるというのも電話で時刻表聞いたときに知ってました。

建物ある場所を通り過ぎたら、すぐに道路やろと思ってたのがない!

辺り一帯暗いし、今進んでる道で合ってるんか?

まだ時間あったので神姫バスに電話してみる。

幸い、プリントしてた地図に営業所の電話番号を書いてたのがよかった。

電話口の向こうで「今、坂道ですよね?」山やねんから坂やろと内心思う。

バス停を聞くと、北方向で川を越えた所にあると言う。

電話を切り走る。

今朝の加古川駅は、加古川マラソンでようさん降りる人らがいた。

俺は今、間に合うかどうかわからん夜道をどこに向けて走ってるんやろ。

バス停、それとも?

あっバスが止まってる!

まだ発車してない。









バスに乗って、30秒後に発車。(JR新野駅行き)

しゃーこらー!
099

どうやら、この関西百名山「バスを制する者が制す」ようである。