この二つの山は明石平野に東西に並んでそびえ立ち、遠近の海陸から眺めて良い目標となっている。

共に形が良いことから神出富士とも呼ばれている。

特徴的な山名の雄岡山と雌岡山です。


スタートは、神戸電鉄 緑が丘駅
010

三宮から神姫バスでも来れます。
007

行きはバスで、帰りは電車を利用しました。

周辺マップ
009

駅前にコンビニあり。
001

パン屋さん
003

駅近くの無料駐輪場(バイクも可能)
004

駅前駐車場
006

それでは歩いていきます。

おっこう山の案内板が出てるので右へ。
011

012

早速、雄岡山が見えてきました。
014

雄岡山登山道入口
015

明るい林の道
018

021

緩やかな登りです。
022

023

休憩ベンチ
025

雄岡山 241m。山頂に打たれてる一等三角点
027

石の祠
029

幼児とお母さん達がお弁当食べてました。

山頂の様子
034

眺望
032

眺望
036

雌岡山 方面へ
038

040

道標
041

大皿池から雄岡山を望む。
045

047

金棒池
048

両方の山を金棒を芯にして土を盛って高さ比べをしていたところ、雄岡山の金棒が折れてその跡が池になったという民話が残っている。

ハイキング用駐車場
050

金棒池から雄岡山を望む。
051

054

雌岡山梅林
056

055

梅林の見ごろは2月下旬~3月中旬です。
057

広い駐車場
060

トイレあり
062

現在地
065

展望台
073

天気が良ければ淡路島や明石の海が見える。
074

神出神社
077

古代神話の中で、ここから多くの神が生まれたということで「神出」と名がついたと言われてます。

雌岡山(めっこやま)249m
080

子午線標柱方面へ
081

鳥居
082

正一位 吉高大明神
083


086

吉高大明神という名から宝塔神社の狸のとめやんを思い出した。
自然石に高吉大明神と刻んでしめ縄をつけて祀るといたずらがなくなった話なんですが、こちらの吉高大明神と名が逆になっている。

087

子午線標柱
090

隣接する神出中学校の東端が東経135度の子午線上ということで、昭和51年に建てられた。

兵庫楽農生活センター 方面へ



091

楽農生活センター
092

094

産地直送の野菜やお土産品など、たくさん売られてました。
099

施設案内図。体験学習もできるようです。
100

周辺ウォーキングマップ
096

101

呑谷池から雌岡山を望む。
105

直線に伸びる神出山田自転車道
108

115

呉錦堂池
116

122

休憩所
120

自転車道案内図(コース全長 19.3km)
119

呉錦堂池が人の名前やったとは。
123

冬枯れの道をゆく。
124

右、雄岡山です。
127

五百蔵休憩所
131

トイレあり
129

西区 ふる里の道
130

最初の分岐にもどり、
132

ゴール 緑が丘駅
133

あの夏の風景、陽炎を思い出して帰路へ。