太閤はん、ここが大阪駅やで。

001

あんさんが、低湿地やった上町台地に水路を掘ったり整備して今や日本の都市2位やで(現在3位)

え、坂の漢字が違うて?そんなん知らんがな。


こっから鉄の乗り物で天下分け目の戦いをした山崎まで行くで。

もう着いたわ。
004

基本の酒はどぶろくしかなかった時代やろ、今はウイスキーていうのもあんねんで。
006

駅舎内に史跡とかカードになって置いてるわ。
008

まぁ関わりあるやつといえば、こんな感じか。
009

それにしてもその服やったら山登りにくいから、ここで着替えよう。
011

どこまで歩くんかて?
天王山登って次は若山やで。
遠そうやて?
姫路からここまで中国大返しした太閤はんが何言うてるん。

ほな歩いていくで。
014

天王山 登り口あるけどここからと違うねん。
015

もう少し線路沿いに行くと、天下分け目のが付く所からや。
020

わかりやすく言うたら元祖が付く串カツ屋みたいなもんや。

立派な仁王門やな。(観音寺・山崎聖天)
024

拝殿
026

神社左の方に登山口あるわ。
027

028

029

階段のやせたとこに土入れてはる。おおきに。
030

032

あんさんが天下を取る転機となったひょうたん掛処あんで。
034

ここで千成瓢箪の旗印を揚げて、軍の士気高めたみたいやん。

それにしてもよく勝ったな。

兵力差あるいうても、姫路から急いで戻って夕方4時から戦やろ。

待ち受ける光秀はんの方が準備もできて有利な気もするし。

光秀はんも本能寺の変後からそない余裕なかったんかもな。

勝因はなんなん?

それより、景色でも見ようやて。まぁええけど。
035

旗立松展望台
036

037

近道もあるで。
040

太閤はんなら、近道選ぶ思うたわ。

もうすぐ山頂や。
046

天王山 270m
050

山頂の様子
047

ほな下ろうか。

053

054

山頂ある場所や思ったら、おつかれしたー。え何ここ?
055

時計と温度計がある。
056

ベンチもあってええとこやった。
057

十方山 方向へ
058

道からちょっと外れたとこに小倉山 300m
060

山頂の様子
061

十方山 304m
063

山頂の様子
064

下山
067

068

太閤道見えてきたで。
069

070

バス停(若山台センター)とスーパーマーケットがある。
071

団子でも買って、若山神社で食べよか。
醍醐の花見みたいにはいかんけど。
074

ワイはミラーに写ってんで。
075

若山神社
076

聖徳太子の7歳像があるって。
077

案内板
078

境内
080

あそこに男山があるんや。
081

男山を望む。
082

あったあった入口。
083

てか何でワイが探してんねん。
あんさんほんまにここ通ったんか?

084

085

086

四ツ辻 金竜寺跡 方面へ
087

090

休憩ベンチ
091

若山 315m
092

094

これは、梶原山の目印か?
096

ピークはこの辺やけど何もなし。
097

099

金竜寺跡
100

今は休憩スポット
101

火はあかんな。
109

この石段も、ようさんの人が行き来したやろな。
103

下山
107

下るとすぐにバス停
110

便も多いけど駅まで歩こか。
112

この駅からワイは帰るけど、太閤はんはどこまで?
118

あれ、太閤はん? おーい太閤はーん!
119