日本一大きな村「十津川村」の旅のオアシスとして親しまれている道の駅 十津川郷。


 001

玉置山へ向かう途中、温泉の看板に興味を持って立寄ってみました。

観光案内板
002

003

足湯
004

今日は、玉置山(関百・近百・奈良百)と五大尊岳(関百)に登ります。

168号を曲がり玉置山方面へ
005

通行止めの看板あったので時間帯によっては注意です。(迂回も可能かも?)
006

007

玉置山登山道入口まで400m
008

麓から登山道もあります。
010

そのすぐ横の看板に玉置山まで10kmとあるので、ほぼ頂上まで舗装路を進ませてもらいます。
011

玉置神社(世界遺産)は、参拝客が多く車もよく通行してました。
012

どんどん上がります。
013

玉置山駐車場に止めさせていただきました。
014

現在地
015

ここからの眺望
016

撮影するとこんな感じです。
017

それでは、玉置神社鳥居からスタート
018

玉置神社案内図
019

020

021

いわれ杉
022

境内
023

本殿
025

玉石社から山頂へ
027

028

お地蔵さん
029

玉石社
030

役行者が後世の為に財宝を埋納したと伝えられている。
031

032

033

三ツ石
035

玉置山 1076m
036

三角点
037

山頂の様子
041

眺望
039

雨量観測所
042

下ります。
044

045

駐車場に戻りゴール。

五大尊岳へ向かいます。

走行中に迫力のあるきれいな滝がありました。

十二滝
049

道路近くていうのがすごいです。

十津川沿いに走る168号線
050

ちなみに十津川は熊野川本流の十津川村内での河川名として使われる。

052

熊野川
054

道標
055

ここから先は、ジャッキー・チェンしか進めないので手前にあった駐車スペースに戻ります。
057

ちょうど向こうから人がやって来てご挨拶すると、「はいこんにちは」と返してくれるお父さん。
056

五大尊岳に登りたいのでここに駐車していいですかと伝えると登り方も教えていただきました。

それでは公認もいただいてスタート。

登山口に何も書いてないですがテープあり。
059

黒の塩ビパイプ階段が特徴です。
060

ゆっくりな坂道が続く。
061

062

063

お父さんが言っていた工事中の場所てここか。
064

読みにくいですが行者なんとかと書いてるような。
065

067

金剛多和(たまにある何とかタワていうのはこの漢字かも?)
072

行者像
073

古道を通ってきました。
070

スタートから450mの金剛多和まで線で引いたような傾斜で優しい道でした。

玉置山方面へ
071

074

075

076

077

079

五大尊岳 825m
084

080

南峰
085

081

山頂の様子
082

眺望
086

熊野川が流れている。静かに山の合間を。
088

ピストンで下山。