星のサンカクテン

関西の、お山やハイキング・京都、奈良のさんぽなどを綴った日記です。

カテゴリ:オトコギ☆登山部 > 活動日誌

能勢妙見山(関百)へ下見に。

妙見山は2回目で、前回は新滝道の往復でした。


妙見の森ケーブル 黒川駅前の駐車場を利用してスタート(バイク300円)
 001

駐車場前にある案内マップ
003

ちなみに新滝道は、7月の豪雨の影響か通行止めになってました。
004

能勢電鉄の妙見口駅からも歩いていけます。
005

稜線コースの上杉尾根へ
008

下山の方が2人いたので夏は早朝登山もいいですね。
007

前方に3人の先行者
009

010

011

途中からの眺望(妙見山)
012

山道にある妙見宮の石塔
013

削られ具合で見覚えのある青貝山方面
014

休憩ベンチからの眺めも上々
015

上杉尾根は風もよく吹き抜けて涼しいです。
016

登りたかった妙見山がここにある。
017

ピークの妙見宮が近付くにつれ厳粛な雰囲気も漂う。
018

上杉尾根を出ると、今日は日なたやったんやと気付されたくらい快適な道でした。
019

妙見宮へ
020

自販機とトイレあり。
021

能勢妙見山 境内案内図
022

売店にあるサイダーと亥の子餅は、名物になっている。
024

三角点 方面へ
025

妙見山 三角点
026

傘堂?こちらでお昼に。
027

リュックに縦置きできるロー百の冷やし中華とおにぎり。
028

食欲のないときはお茶漬けにもできます。
029

妙見山には山名プレートがない。近くに植樹の板があったのでこちらで(笑)
031

山陽自然歩道
033

034

現在地案内板
035

リフト乗り場近くに行くとスタッフが近寄ってきて運休と説明される。
どうやら乗りに来たと思ったらしい。
7月の大雨の影響で復旧は未定とのこと。
036

例年ならあじさいを観によく人が来るようです。
037

今日は、和歌山の山が見えますよと教えていただいた。
確かに関空にある高いビルが肉眼でも見える。
普段なら見えないようなんですが今日は空が澄んで珍しいとのこと。
040

カメラをズームにして後方に和歌山の山。
041

展望台にある案内板
038

正午頃ですが、蒸し暑さは感じない。(今日の大阪 最高気温 36℃)
042

大堂越へ。
043

いい山名プレートになります。
044

通行可能ですが危険箇所が気になる方はお控えください。
046

木に書いてる道標 黒川方面へ
047

夏休みの楽しい思い出に残りそうな一コマ
048

祠と思ったら奥に広がっていたので窯跡でしょうか?
049

この辺りは、木が倒れていた。
050

水辺でシャキーン!
051

大堂越は、古くからあるような道なので新滝道と比較して歩くのも面白い。052

下山。
053

北摂の剣尾山(関百・近百)へ下見に。

前に登ったこともあるんですがログを撮ってなかったのとバス停の確認で行ってきました。

行者口バス停近くの気温計 33℃
001

行者口バス停
002

時刻表 朝9時35分に到着はハイキング向き。
006

帰りの山下駅前行きは15時56分発。(能勢温泉の赤バスも走っていたので温泉利用しての送迎もあり)
009

時刻表も改定があるので詳しくは営業所まで。
010

バス停前にあるご飯屋さん。
005

 窯焼きピザは、今日はやってないんでしょうか。
004

バス停から剣尾山の道標が出ている。
011

能勢の郷へ
012

能勢の郷 駐車場(無料)を利用させていただきました。
014

広い駐車場からスタート。
015

016

剣尾山 登山口(トイレあり・水洗確認してないですが蛇口は水出ない)
022

山道も含めて手洗いできるような水場はないです。

案内マップ
023

山に入ると少し涼しさを感じました。
024

丸太階段
026

行場あるんですが今回パスで。
027

巨岩が多く存在する。
028

行者山 469m
029

案内板
030

031

やさしい傾斜の登山道
032

炭焼窯跡
033

能勢の炭は茶道用の高級炭としても使われている。
034

035

残っているきのこは、野生動物も食べないてことでNGなんでしょう。036

こちらもきのこ
055

今は無き「おおさか環状自然歩道」
037

六地蔵
038

月峯寺跡
039

案内板には書いてないですが、月峯寺で護摩を焚いているときに不動明王の剣が降ってきて剣尾山の名が付いたという件が好きです。
040

本堂跡
041

井戸跡
042

井戸跡を覗くと今も水が溜まっている。
043

澱みのない澄んだ水面には、暑いことばかりを考えながら登った自分が映っていた。見透かしたように。

剣尾山 頂上へ 
044

剣尾山 783m
046

山頂の様子
045

左に半国山774m。遠くに京都愛宕山
049

大野山753mとか。
051

松の木の涼しい場所でお弁当
053

リュックに横置きできるローソン100の三色弁当とミンチコロッケ
054

前回ループコースやったんですが、今回はピストンで。

夏なのに、冷やし中華ではなくハイキング・登山サークル始めました~ということで下見へ。

登りに行った山はポンポン山で、関百と近百にも選定されていてお隣山(さん)の釈迦岳も大阪50山でゲット感もあります。

それでは本山寺の駐車場に止めさせていただいてスタート。

東海自然歩道です。
001

本山寺は今回スルーさせてもらいポンポン山方面へ
004

本山寺(過去日記)は、日本三毘沙門天でいいお寺です。また立寄らせていただきます。

道標と安定の道
 005

クマ注意
009

えれーこった、えれーこった!

お昼も少し回り、ハラノワグマがグーグーと鳴いている。

山頂前のポンポンと音がするという丸太階段。それより今は腹が鳴る
010

ポンポン山 678m
011

眺望はこんな感じです。
017

案内図
012

ここでお昼ご飯に。

ローソン100の牛カルビ丼とハッシュドポテト
016

お~いお茶が大きく見えて仕方ないんですが、リュック内に横置きできるサイズ感がいい。

釈迦岳方面へ
019

釈迦岳 631m
023

ん?申て漢字あるけど釈迦岳は干支の山か?
西遊記のお釈迦様と悟空の猿にかけてるんでしょうか。

少し下ると程よい休憩ベンチ
024

川久保渓谷へ
025

水辺で何かの草を育てているみたいです。
026

水の中をよく覗くと、
027

小魚がいてる。
028

今の季節、水辺沿いの道によく花が咲いてるんですがここは咲いてないですね。
029

やはり渓谷沿いなので涼しい。2、3℃は気温下がったかも?
030

031

分岐。右がポンポン山(来た道でない)左が川久保バス停
032

ポンポン山の道標
033

バス停を見たいので川久保方面へ
034

滝の水しぶきは、マイナスイオンが発生してリラックスしたり美肌にもいいんですよ。
035

お酒の缶を冷やしてバス待ちで飲もうと考えてませんか?それも正解です。
036

全国 水源の森百選に選ばれました。
038

水源の森て何ぞやと調べると、大阪ではこちらの川久保と奥山雨山自然公園の二つとのこと。
w(゚o゚)w オオー!

道標
039

渓谷沿いの林道をあとに。
046

川久保バス停は、本山寺へ車で上がっていくとこにあり。
048

バス停留所
049

時刻表
050

紫陽花は川久保の民家さんにも色とりどりに咲いてました。
051

止めている駐車場まで車道を歩きゴール。
052

このページのトップヘ