兵庫県宍粟市(しそうし)の日名倉山(関百)です。

岡山県側からみた山容が富士山に似ていることから「美作富士」とも呼ばれてます。


阪神・山陽シーサイド1dayチケット(2000円)で姫路へ
001

車内で読んだ本はこれ。
002

著者は元ヤクルトのスカウトで、表には出ない契約金の話や選手の育成法など面白い本でした。

姫路駅北口バスターミナル
005

4番乗り場から山崎行きへ
004

山崎まで1時間のバス旅です。

姫路の甲山(関西百迷山)
006

播州富士(正式名は不明)
008

リトル屏風岩(ただし天然ではない)
011

揃いすぎた二上山
013

揖保乃糸の工場。ついにこんな遠くまで来たか。
015

山崎バス停に着きました。

ここからエーガイヤちくさ(終点)行きに乗換えしてまた1時間です(笑)

三ノ宮から山崎までの直通バスもあるので知ってたらこっち利用してました。
019

017

ちなみに京都駅、大阪駅からも高速バス出てます。
018

スタートは、エーガイヤちくさ(温泉施設)
021

なんでも、65歳以上が入浴料200円で大人は400円やそうです。
近くに、スキー場もあって帰りによる方も多いみたい。
名前の由来は、寄っていったらエーガイヤというこの地域の方便。(地元高校生談)

宍粟市イラストマップ
023

拡大
022

今日は、7℃
026

027

日名倉山登山道の道標
028

日名倉山神社
029

日名倉山 登山口
030

獣除けゲートを開けて山の中へ。
031

032

035

036

037

038

040

いい登山道です。
041

道標
042

ここにも登山口の道標
043

この辺りは積雪あるときは滑りそう。
044

046

047

ススキの穂が揺らいでます。
049

向かいの山が秀峰!(岡山県側)
050

あの山は、中国百名山やろうと思ってたらそうでした。

逆方向は高い山ないです。
052

積雪少なかったので、もうちょっと遅く行ってもよかったな。
053

日名倉山 1047m
057

三角点
058

山頂の様子
055

休憩ベンチ
060

案内板
063

眺望。後山とか。
062

下ります。
064

道標
066

070

071

休憩ベンチ
073

まさか、さっき見た山(後山)が岡山県最高峰やったとは。
074

075

岡山県の山々。
076

凱旋門風の建物がある。
077

078

日名倉山の野鳥
079

熊注意
080

ベルビールホール(喫茶)
081

トイレあり
082

凱旋門風の建物は日本一の鐘(ベル)がある施設のようです。
083

ここから麓まで舗装路です。
084

突如現れる、山牢跡。
087

何やろと近づくと宮本武蔵ゆかりの地でした。
090

よく、往復4000円ちょっとで大阪からここまで来れたなと(笑)

案内図
091

山牢跡を見れたのはよかったですが、道は舗装路で退屈です。

092

志引峠
093

岡山県側の稜線
094

元の所に戻りゴール。

バス時刻表
095

まだ時間あるので、まぁコンビニにでも寄って行ったらエーガイヤ。
096