ずーと下を走り京都北山界隈を過ぎると大型釣具屋が2店あった。

山登りに来たんですが、いよいよ海も近い。

ようこそ福井県。
001

今日は、二つの近百、三十三間山(関百も)と三重嶽に登ります。

国道27号線を曲がり三十三間山登山口へ
002

登山道入口にトイレあり。
003

広い駐車場です。利用させていただいてスタート。
004

案内板(覚えておきたいポイントは、最後の水場・夫婦松・風神)
005

山名は、京都の三十三間堂に由来するようです。
008

岩に彫り込んだ力作の三十三間山の文字。
010

それでは、日めくりカレンダーとGPSをセットしてスタート。
007

獣除けゲートを開けて入山
011

ゆっくりと 好感もてる 登り道
012

013

分岐右へ
014

風神の滝
017

最後の水場
019

020

021

土曜日ということもあって、グループやソロのハイカー15名くらいとすれ違う。
022

夫婦松は休憩にいい。
042

夫婦松の様子
041

山頂まで1km
023

山頂まで700m
024

道標
026

山頂が見えてきました。
027

山頂前の大草原
030

大草原から若狭湾を望む。
038

山頂へ
031

お花
032

三十三間山 842m
035

三角点
034

ひっそりとした山頂です。
033

ピストンで下山。

福井県をあとに三重嶽へ。
043

バイクを走らせてると、この道路を横切る動物が!
046

山中へ帰っていく猿
045

石田川ダムへ
047

石田川ダムまでの道路は落石もなく普通です。
049

現在地とハイキングコース
052

高島トレイル案内板
050

拡大
051

まだ進めそうなので行ってみます。
053

054

三重・武奈登山口
055

ん?武奈ケ岳がここからも登れるのかと思っていたら、こちらの山は武奈ケ嶽。
混同する方も多いと思います。

土砂崩れの場所がありここに駐輪して用意しようとすると。
056

向こうから、60代くらいでしょうか。4名の方がサイクリングでやってくる。

こんな場所にこんないいタイミングで来るか?と思いました。(笑)

今津の方に車を止めて自転車で林道巡りを楽しんでいるようです。

向こうの道どうでしたか?と聞くと、ここが一番酷いけど他はそんなでもないと言うてます。

多数決というのは怖いものでバイクで通れると4者とも言いますが、無理です。

登山で来たので歩いてもいいことを伝えると合点がいったようです。

画像で見るよりエッジの効いた石が多い。
057

チューブレスなので釘のパンクはまだしも裂けるようなパンクをしたら直せない。
石でパンクしたことないからどれくらいまでいけるかはわからないですが・・。

駐輪してスタート。
ちなみに土砂崩れのあった所から石田川ダムの駐車場までは近いです。

058

エンジン音がして振り向くと、オフロードバイクの女性が軽快に過ぎていく。
059

サイクリングの方が自転車汚してもうたと言っていたのでここでしょう。
060

ガードレール向こうに三重嶽の取付
061

拡大
062

063

直登型の道です。
064

赤テープ
065

066

067

ヤマレコ地図にも表示されている686mピーク付近は、ルートを外さないよう注意です。
068

藪ぽいところもあるんですが、テープと下に通ったハゲがあり。

キジが現れる。
070

キジて混乱して鳴きながら逃げ回り、また自分の近くに戻って来たりする。(笑)

三重嶽 974m
072

三角点
073

山頂の様子
071

ピストンで下山。

三十三間山は家族やグループ向きでもあるし、三重嶽は道が少しわかりにくいのと登り応えがありました。

駐輪した所に戻ると、今しがたセレナが通り過ぎました。
076

またようできたタイミングで。(笑)
車体が高くないので右バンパーが擦りそうでしたが無事通っていく。
ええもん見させてもらいました!