新名神を走り、降りたのは鈴鹿インターチェンジ。

001

今日は、鈴鹿山脈の藤原岳と御池岳に登ります。
二つの山とも関百・近百。

鈴鹿山脈といえば、代表する7つの山(藤原岳・竜ヶ岳・釈迦ヶ岳・御在所岳・雨乞岳・鎌ヶ岳・入道ヶ岳)を鈴鹿セブンマウンテンといいます。

ウィキペディアで鈴鹿セブンマウンテンを調べると、1964年(昭和39年)に、近畿日本鉄道、朝日新聞社及び名古屋テレビが中心となり、鈴鹿セブンマウンテンの登山大会が始まったとある。

近畿百名山は7座全て選定されているのに対し、関西百名山は3座のみ。


道路標識の西藤原駅方面へ
002

藤原岳登山道方面へ
003

登山口まで道路標識があるので迷わずいけます。
005

西藤原駅(近鉄)から登山口まで近いので歩いてもいけます。
006

ちなみに乗換え案内で調べると。
大阪難波駅から朝6時の始発に乗ると、9時に西藤原駅に到着します。
帰りの電車も夕方にあるので近鉄週末フリーパスで来るのもありでした。

道標
007

藤原岳大貝戸休憩所(きれいなトイレと無料駐車場あり)
008

登山口からスタート
009

案内マップ
010

登山口から藤原岳までのルートは、大貝戸道と聖宝寺道の二つある。

神武神社
011

012

二合目
013

014

三合目
015

四合目
016

五合目
017

六合目
018

七合目
019

八合目は、少し広場になっている。
020

登山道マップ
021

九合目は、開けた場所なのでカメラやスマホを手にするハイカーも。
022

山頂近くの藤原山荘
025

土曜日もあって泊まりで来ていた方らがいました。

トイレあり。
023

右手にある山頂へ
026

道標
027

気持ちのいい草原と景色で人気があるのも頷けます。
028

藤原岳 1140m
039

三角点
038

山頂ではお昼時もあって、お弁当を食べていたり皆さん楽しそうでした。
029

北の眺望(ひょっとして岩肌は天狗岩?)
031

東の眺望
033

鈴鹿セブンの竜ヶ岳や釈迦ヶ岳とか。
035

西方の山々
037

分岐に戻り御池岳方面へ
040

山道とケルン
041

県境稜線へ
042

今回、天狗岩はパスで白瀬峠・御池岳方面へ
043

この辺りは、こんな道が続きます。
046

頭陀ヶ平 1143m
049

三角点
050

山頂には鉄塔が立っている。
048

眺望は中里ダム
052

初めて見る柄の蝶
053

054

白瀬峠
055

峠の様子
056

道標
058

冷川岳 1054m
059

山頂の様子
060

日陰の道が多いので夏場も登れそうな山と思いました。
061

御池岳登山道 六合目に合流
062

063

この辺りになると、ソロのハイカー3名と8人近いグループがいてました。
306号に車止めて登りに来てるという方が多かったです。

七合目
064

唯一の水場
066

八合目
067

九合目
068

そのとき、何やら苔むした岩場に飛び移るものが!

動くな、動くんじゃないと願いつつカメラを取りだして被写体へ。

よし、撮ったど―!(後ろ姿ですが)
069

ウィキペディアでシマリスを調べると、「鈴鹿山脈の御池岳に定着したチョウセンシマリス」と紹介されてました。

ただ、リスと再会したいために熊の鈴除けも付けてなかったのに、ピンポイントで定着したと言われると希少価値が下がった感じで微妙です・・。

2枚目の撮影を狙ったところ、フラッシュになって逃げられたのでご注意を。

疲れも飛んでテンションと体力も回復して山頂へ071

御池岳 1247m
074

山頂の様子
073

開けた眺望はこんな感じです。
076

ピストンで下山。
リスの頬袋は、木の実などの食糧だけではなく人の心も掴んで詰めることができるようです。