新名神の甲賀土山ICで降りて、鈴鹿スカイラインへ。

 003

今日は、関百と近百の3座に登ります。

鈴鹿スカイラインは、カーブが多くスピードの出にくい道路です。
004

武平峠 駐車場(登山口)からスタート。
005

観光案内図
006

まずは鎌ヶ岳から。
008

武平峠方面へ
009

010

武平峠。
011

なぜかここの峠が、生駒のほしだ園地近くで見たような景色やなと思いました。

この後の登山道で、同じ名の岩もあったので少し驚き。

平成30年8月6日に全国高校登山大会があったようです。
013

道標
012

道標
014

016

鎌ヶ岳山頂登山道
017

018

鎌ヶ岳 1161m(関百・近百)
020

山頂の様子
019

トンボや蝶がよく飛んでました。
022

山頂付近にある祠
023

お花
026

分岐の武平峠に戻り御在所岳方面へ
027

登山道にある大き目な岩場を登っていきます。
028

029

030

道標
033

あづまや
034

頂上方面へ
035

御在所岳 1212m(関百・近百)
037

038

三角点
036

山頂の様子
041

リフト乗り場もあり。
040

御在所山上公園マップ
039

国見峠方面へ
042

ロープウェイ方面へ
043

自販機あり。
044

裏登山道へ
045

裏登山道 取付
046

047

水辺の道です。
048

梅雨時でしたが何もなく。

国見峠。愛知川方面へ
050

ほしだ園地で見たハンバーガーの岩みたいやなと思いました。
051

帰ってヤマレコを見ると、なんと!この岩もハンバーガー岩という名前(笑)

ちなみにこちらが、ほしだ園地のハンバーガーストーン(真ん中500mlのペットボトル)
30dd4c2b-s

052

053

神崎川方面へ。
054

沢沿いによく考えられた山道と思いました。055

杉峠方面へ
056

平坦さと奥まった感もあって、奥六甲と似た道でした。
057

ようやく雨乞岳の道標を見る。
058

コクイ谷出合
060

出会い(正しくは出合?)と書いていたのもあるからか、休憩されてた方に進み方を教えてもらうことに(笑)
059

コクイ谷の点々のルートは時間かかるとのこと。杉峠から進みます。

浅瀬を選んで進む場所もあり。浸かる場所はなかったですが雨の後は注意かも。
061

062

道標
063

御池鉱山旧跡
065

杉峠
066

067

雨乞岳が見えてきました。
072

山頂近くにある池。水は枯れてなくまさに龍神が住む雨乞岳
073

雨乞岳 1238m
078

三角点
075

山頂の様子
074

雨乞岳から武平峠までは、コース上にマップ設置されてます。
076

東雨乞岳方面へ
079

東雨乞岳 1225m
081

山頂の様子
080

眺望は、奥に御池岳とか。
083

御在所岳とか。
085

088

道標
089

090

下山(雨乞岳登山口)
091

雨乞岳登山口からスタートの駐車場はほぼ同じ地点。

御在所岳から雨乞岳まで長く感じましたが、楽しい山道やったのでループにしてよかったです。