Koi-fumiのスケッチブック&MacBook

素描・スケッチ、水彩・アクリルの絵やCGイラストに、iOSアプリ開発や英語の勉強記録、日常の事をつづるBlogです。
絵を描いていて、同じく絵やイラストを描く素敵な方々と文化活動を継続・発展させていく術を探していたら、気づいたら一時期IT系ベンチャーでアドベンチャーしてました。(スマホ ソーシャルやカジュルゲームのイラスト・デザインから企画 運営・開発ディレクションまで担当)

現在は主にゲームの背景やアプリのアイコン制作などをしながら、個人の制作活動とiOSアプリ開発に挑戦中!
SketchBook × MacBookで自分と周りを楽しくできたらいいな!を模索するドキュメンタリーです。

イラスト、絵画制作など、ご依頼ございましたらf.saito.aw☆gmail.comまでご連絡下さい(☆を@に変えて下さい)

毎週1度の個人アプリ開発の記録日誌のコーナーです。
今日はちゃっかり、アンケート!?

ふだんは水曜日の更新なのですが、しばらく不定期になります。
週に2度更新される場合もあるかもしれません。


毎週、土曜日を開発の日!(サブ開発の日として水曜日にも少々)として、プログラム経験ゼロからの初個人アプリ開発として、診断系のお遊びアプリを制作しています。

今週からは完成に向けて水・土以外にも毎日なにかしら作業しています。
12月上旬にはサブミット(App Storeに申請する)をしたいところです。


ところで、自分で作ってる(&今後作る)アプリの一部の画像「素材」は、
・PNGを完全無料で(大・中・小くらいの3サイズほど用意)
・Adobe IllustratorのAI、PDF、SVGあたりの形式&Sketchでのデータをいくらか有料で
(※Sketch形式は用意できない物もあるかもしれません。最初にIllustratorで複雑な画像を作った場合など)
配布しようかと考えています。


今作ってるアプリ用にキャラクターのアバターっぽい画像を作ろうとしています。
(内容がとてもバレますね!^^;)

昨日は2〜3頭身のバランスいろいろ7種類くらい作って、最終的にこの3タイプのラフに絞り込みました。

ラフ一覧

1番か、早く仕上げていくなら3番かな・・・で、考え中です。

ラフなので、もう少しバランスやポーズなど修正しますが、だいたい
・1番が細い体で2.5頭身くらい、
・2番が3頭身で手が大きめで、胴体の腰にかけて膨らむひし形体型の感じ
・3番が2頭身(なので衣装は他のものより書き込みがシンプルめ)
のような方向になります。
(※今回は完全に静止画での使用しか考えてない作りになる予定です。
 一応元データでは手足は胴体と分割できるようには作る予定ではいますが。)

◯番のが欲しい!というご希望ありましたら、お気軽にコメントやメッセージ、あるいはTwitterのリプライでも下さいませ。
日曜日あたりから描き始める予定なので、集計をあつめて決定には間に合わないかもしれませんが、今後の参考にさせていただきます。


こういう素材を使いたい方(個人開発者さん、インディーズ、同人の方)、いらっしゃいますか?

もし、「こういうテイストの絵とか素材があったら嬉しい!
こんな形式、サイズがあったらいいな
・・・など、何かありましたら、よろしければコメントやBlogの右欄中ほどにあるメッセージ(私しか閲覧できません)か、あるいはメールを頂ければ助かります。


頂いたご意見のものを必ず作るとは限りませんが、今後の活動内容も含めて参考にいたします


だいたい素材画像は、以下のツールと内容で作ります。
・Illustrator使用でベクター形式
・細かい絵はPhotoshopで普通に描く(ボタンとかのパーツはシェイプ使用の場合あり)
・sketchは・・・まだ使い始めたばかりですが、たぶんIllustratorとPhotoshopのシェイプでの素材制作は結構してるので、たぶん使えるかと思います。


今回のキャライラストはIllustrator使用でベクター形式で作る予定なので、たぶん複雑な構成にしなければSketchにも持って行ける・・・はず・・・(日曜日に実験してみます)

来週末までにはサブミットにたどり着きたいのですが・・・いけるかな^^;;;
アバター形式だから、ベース2体できれば、あとは丸々全部作る必要はないところですが・・・。
ある程度で完了にして、あとはアップデートで追加すればいいかな!(ぉーぃ)


そんなこんなで、Blogの他の記事やpixv投稿などの絵からでも、何か「こういう素材が使えたら嬉しい」というものがございましたら、いつでもお気軽にメッセージください。

今後の参考にさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。


明日の土曜日は、サイズはほぼFixさせたダミー画像を組み込んで、全体の画面と流れを一通り実装してしまいたいところ!





今はSwift 3、Xcode8になりましたが、開発と学習で参考にしてる本です。


〜*〜*〜 Koi-fumiのSNS各種 〜*〜*〜
 Twitterはこちら
 Instagramはこちら
 pixivはこちら   

久しぶりですね!若干忘れられていそうですが、月曜日は先週のpixiv投稿のまとめコーナーです。
先月から何かの合間にちょくちょく描いてた、架空のどこかの街角です。

「どこかの街角」
 
背景・風景-街角-色調整_50

※pixivの投稿イラストのリンクはこちらです。
(Blogに掲載しているものより大きいサイズの画像です。) 

なんとなくファンタジーな架空の世界のどこかをご想像ください。。。

Photoshopのみで制作。

街中を1枚描いてみようと思って描いてたもの。
中途半端にきっちりして硬くなってしまったかも。

なんだかもっとさらっとスケッチ風の方が良かったかもしれないですね。
次はそんな感じで行ってみようかな。

石畳や壁面には、写真を切り貼りして貼り込んで質感をプラスしてます。

左側に、道に迷ってるキャラクターも下書きの時には居たのですが、最終的に居なくなりました・・・もとい風景だけで終わりにしました。



そういえばpixivにグループを作れる機能があって、この機能が追加された頃からスケッチのグループを作っています。
写生会のお知らせなども投稿してくれる方がいて、楽しそうです(私も行きたかった。。。)
よろしければこちらもどうぞ^^

スケッチ行こうよ♪

スケッチや風景画を描くのが好きな人から見るのが好きな人まで参加OKです。


〜*〜*〜 Koi-fumiのSNS各種 〜*〜*〜
 Twitterはこちら
 Instagramはこちら
 pixivはこちら  

通称「ワンドロ」こと、出されたお題について1時間で絵を描くという、お絵描き系のハッカソンのようなものが、Twitter上で以前から盛んに行われていまして。

以前、11月12日の更新で「[今週のドローイング] 背景ワンドロ:お題「冬の空」」として「背景」がテーマのワンドロに参加したものを、このBlogにも収録しましたが、先週と今週も参加してたので、2週分のまとめです。

ちなみに毎週いろいろな「お題」を出してくれている「背景」テーマのワンドロ主催のTwitterアカウントはこちらです。


先週のはお題変わる前にTwitterにあげるの忘れてしまいまして。
今週のお題の絵をあげたついでに先週のもあげてみました。

ということで、最新の今週(11月20日〜)のお題、「モノ」(そのもの単体でも、そのものがある風景でもどちらでもOK)3種類「シーリングライト」「木陰」「断崖」の中から、「断崖」です。

Photoshop使用です。
最後の5分で風景写真のテクスチャを空以外の全体に貼り付けてみました。

背景ワンドロ-161120

・・・・Twitterにあげてしばらくしてから気がつきましたが、影、まちがって消してしまってる所ありますね。。。
輪郭だけ消そうと思ってたのに面がっつり削ってる。。。

こういうピンクっぽいような赤っぽいような色を使った景色を描いてみたかった1枚です。
重量感がいまいち出せないのを何とかしたい。
あと、人影をもうちょっとカッコ良く入れられるようにもしたい。

最初は横長でラフを描き始めてましたが、題材からしてこれは縦長の方がいいなと思って途中で変更。
1時間内の作業内訳としては、構想しつつ線画でラフを12〜3分くらいで4案くらいガっと描いて、その中から1つ選択して、あとはひたすら描く!

全体的にふわっとぬるっとした感じで、いまいち重量感が出せてなかったので、最後の5分で風景写真を切り貼りして、レイヤーモード「乗算」でテクスチャにして空以外の全体にのせました。



そしてその前の、先週(11月13日〜)のお題「古代」
Photoshop使用。
「古代」って遺跡っぽいのにしようかどうしようか迷いつつ、恐竜時代の古代の原始の森みたいなイメージで。
自然風景だけだと分かり辛いかなと思ったので、今回は羽のある恐竜みたいな生き物を主役に配置。

背景ワンドロ-161113-原寸

最初グレースケールで風景と恐竜っぽいものの2つをレイヤー分けして描いて、途中から色を乗せて、以後はカラーで加筆してました。

恐竜っぽい生き物の造形はいろいろ緩いですが、1時間の壁!
雰囲気で想像してもらえればいいかな〜程度のあたりで見切りを。。。
羽色は、もはや好きでアクリル画で描いてたコンゴウインコを思い出しつつ、そこから拝借。

これ、実は15分くらいごとに、その時の描画状態を撮っておいてあるので、あとで過程をまとめてみようかなと思います。

今週のも15分くらいごとに状況を撮ろうかと思いつつ、気がついたら45分が過ぎてました。。。


知らないものや、あまり描いたことないものは、やっぱりすぐにイメージが鮮明には出てこないし、どう捉えてまとめたらいいか?が掴みにくいなと感じてて、最近はそこをどうにかするために、短時間でいろいろな題材を描くを行っていこうかなというところ。

そんなこんなで、また来週(お題の発表は明日)も、それなりに形にまとめられたものが出来たら、TwitterとBlogにアップします。


それでは、また来週!

主催のアカウントさんが、参加者の絵をあげてるツイートをRTしてて、いろいろな人の同じテーマの作品が見られるのも面白いです。
気になりましたら、ぜひこちらの「背景版深夜の真剣お絵描き60分一本勝負」主催のTwitterアカウントもご覧下さい(^^)


 〜*〜*〜 Koi-fumiのSNS各種 〜*〜*〜
 Twitterはこちら
 Instagramはこちら
 pixivはこちら  

毎週1度の個人アプリ開発の記録日誌のコーナーです。
進捗を公にする事でサブミットに向けて勢いをつける!

毎週、土曜日を開発の日!(サブ開発の日として水曜日にも少々)として、プログラム経験ゼロからの初個人アプリ開発として、診断系のお遊びアプリを制作しています。
最近、開発の日はちょっと早起きでまっさきに開発に取り組んでます。

最近は主に企画部分というかテキスト部分や素材を扱うのがメインになってきてるので、今日も記録というより「つぶやき」な程度で失礼します。


この間の土曜日は、主に診断のテキストを作り、何を基準にどういう判定で結果に分岐させていくか?を表やメモに書き出して固めました。

テキストを作り、結果をどう振り分けるか?ガガガッと集中的に考えて作っていたら、けっこう楽しくなりまして(^^;(テキストも書きすぎた感じが。)

結果、この間まで作ったものに少し付け足す部分が出てきました。

今まで「はい」と「いいえ」を押すとその質問によって設定された点が入って、その合計点数でswitch文で結果の振り分けしてたのですが・・・・。

選択により入る点数の種類がいままでは1つで、スコアということで取ってたのですが、これを5種類に増やしました(^^;
テーマにしてるものに合わせて、ちょっとそれっぽい(?)名称のステータス値のようになってます。(ユーザーに見える形で画面に表示させるかどうかは未定ですが)

そして結果はif文とswitch文で2〜3段階で分岐していくことに。

分岐の仕組みと判断基準を考えるのは、けっこう難しいですね。
水曜日の今日は、それをけっこうあれこれ考えてplaygrandに書き出してみては、スマートな分岐のさせ方が思うように出来なかったりで、考え直したり、書き直したり。


何度か試行錯誤して、たぶんこれで思う感じの分岐ができたんじゃないかな・・・と思うのですが。
はてさて。

あとは、結果から逆に見て質問の内容と点数配分を調整したら、一通り遊べるようになるところ。


時間のある今のうちに、今度の土曜日までの間に、素材とデザインもつめていきます。

今月も残りあと少しですが、この後半はちょっと何時もより集中して時間を取って完成に向けて突っ走っていきます。


時々カベにぶつかる事もありますが、個人開発とっても楽しいです。
少しずつでも色々とできる事を増やしていきたい。


自分で作っていたり、他の個人開発者さんのたちのリリースのお知らせを見たり、アプリストアや本を見ていると、作ってみたいものやチャレンジしてみたいことがたくさん出てくるこの頃です。

そんなこんなで作る作業に専念するため、かなり簡易的な更新ですが、今週の進捗はこれにて。
来週は画面のSSなり動画なり掲載できたらいいところ!






今はSwift 3、Xcode8になりましたが、開発と学習で参考にしてる本です。


〜*〜*〜 Koi-fumiのSNS各種 〜*〜*〜
 Twitterはこちら
 Instagramはこちら
 pixivはこちら   

久しぶりに英語学習のコーナーです。

この間、個人アプリ開発で広告の実装について調べてた時に見つけた開発系のBlogで、英語の学習も扱っているところがあり(「EasyRamble」さん)まして。

そこでこのアプリを知りまして、面白そうだなと思いダウンロードして時々遊びつつ真剣勝負してます。


その名も「英語耳ゲー」
フリーのアプリです。iOSとAndroidの両バージョンあります。

英語耳ゲー

  App Storeはこちらから
 Google Playはこちらから



日本人がもっとも苦手とするといわれる発音の1つ「R」!
これと「L」の発音との違いが聞き分けられるか!?を試せるゲームです。

確かにこの聞き分けは、個人的にもまったく分からない部分です。
けっこう前に英語学習についてのBlogで書いてましたが、私はまず「発音」から取り組み始めたので、この発音と音の聞き分けについては気にしてた部分でした。

これはいろいろな音声で「pray」(R)と「play」(L)のような類似発音の単語が出題されるので、はたしてどっちだったのか!?を、選択していく形のゲームになっています。


「game」の他に「training」のモードもあり、こちらでは自分で聴き比べたり確認したい単語を選択して存分に聴き比べや確認をすることができます。

写真 2016-11-19 20 41 14


「ranking」ではこれまでの各levelでの不正解の数と全問回答するまでにかかったタイムなどがランキング形式で確認できます。

写真 2016-11-19 20 43 15

スクショでバレバレな私の成績!(^^;;;


かなりの正解率を出せないと次のレベルが出てこないようで、今のところまだ「level2」までしか開放されていません。。。

写真 2016-11-19 20 36 42

うーん、難しい!

STARTボタンの下に宣伝あるように、同じく「b」と「v」の問題バージョンもあるみたいです。


ちょっとした隙間時間に楽しく出来るので面白いです。



ところで、「R」の発音意識してたら、最近Real英会話アプリの学習コンテンツ内のスピーキングで「L」も「R」に認識されてしまう事案が発生中。。。。。
おぉう・・・
「R」がどこの音節にあるかで言いやすいのと、言いにくいのもあるなと感じてるこの頃です。










〜*〜*〜 Koi-fumiのSNS各種 〜*〜*〜
 Twitterはこちら
 Instagramはこちら
 pixivはこちら 

毎週水曜日の、プログラム経験ゼロからの個人アプリ開発日記のコーナーですが、先週の広告実装のあとは、今のところテキストを作る作業がメインになっているので、コード部分で何か大きく進展した事はなく。。。

そんなこんなで、ちょっとひといき休憩タイムのような更新にて、今週は失礼します。


夜に簡単な日記をつけているのですが、最近はその時に昨年の同じ日の日記を振り返るというのを行なっています。

それで気がついたのですが、そういえば去年の今頃に、「アプリクリエイター道場」(通称:アプリ道場)を主催しているあきおさん主催の「iOSゲーム開発入門講座「iPhoneゲームアプリ開発キャンプ@東京」第2期」のSpriteKitの講座に参加してました。

その時作ったものなど、去年Blogで記事にしてました。
【アプリ開発】「iPhoneゲームアプリ開発キャンプ@東京」に参加してきました!(2015.11.22 更新)


あれから1年経ったのか・・・という事にビックリ。

そして、今はSpriteKitではなくて、UIKitを始めてまともに扱っているという。

あの時の講座、2日間みっちり濃厚で楽しかったです。
開発ツールのXcode、ツール系を作るものと、ゲーム系を作るもので、少しテンプレートが違うんですよね。

去年のこの講座のあと、実は最初にSpriteKit(ゲームを作るのに向いているもの)の方を学習していて、こちらの「iPhoneのゲームアプリをつくろう!」の本を参考に、もぐら叩きとか作ったり、それのアレンジをしたりしてました。

iPhoneのゲームアプリをつくろう!
森 巧尚
秀和システム
2015-03-27


最初の個人アプリは、実はこの「もぐら叩き」を改良した、「何かを叩いてスコアを競うゲーム」を作っていました。
・・・・・が、この頃は本当にまだよく分からない事だらけで。
この本は、基本コピペで作れるのですが(ちゃんとそのコードの意味や動きの説明は本に書いてあります)、実際に制御文の基本的な形式とかも良く分かっていなかった部分もあって、途中で詰まった時になんだか続ける事に気分が乗らない感じがしてしまいまして・・・・。

途中まで作ったところで、実は止まっています^^;
(今なら、もっとやりたかった事が出来るかも。)


このあと、今年に入ってから、基本をしっかり抑えようということで、こちらの本を手に取り。
(今はもうSwiftも3.0に、Xcodeも8になり、けっこう変更のある部分も出てきました)



それプラス、実は基本的な開発の講座の動画を見直したりして、1月の下旬〜2月末までは1日2時間前後をほぼ毎日確保して再学習してました。
そのあと3月いっぱい頃までは、日々それなりに時間とって動画見て学習したりしてました。

このあと、4月からは英語の方に注力していくのですが・・・(^^;
2月頃にそれなりに集中的に期間作って時間取れたのは、その後にけっこう効いていると感じます。


さてさて、振り返りが長くなりましたが、そんなこんなで、SpriteKitでの御蔵入を1本経て(あとでまた復活さよう!)今作っているのは、今年中には出したいところです。

アプリ道場の忘年会の頃には、「これ出せました!(ドヤァ)」と言えるようになっていたい。


アプリ道場、卒業後もおもに東京、大阪でコミュニティが活発で、iOSエンジニアに転職された方や、App Storeのランキングに乗ったり、おすすめ新着に掲載されたりするような個人アプリを開発された方に、ラジオで4ヶ月に1本アプリをリリースする過程をラジオで放送している!?(「パソ爺とゆこびんのアプリ道場」)方までいたり、その場の講座だけで終わりではない広がりと繋がりがあって、楽しいです。

気になった方は、こちらのアプリクリエイター道場」公式サイトをぜひどうぞ。

(今年の講座は終了しているようですが、来年また東京・大阪で講座あります)



ファイル-2016-11-16-21-25-15

写真は、去年のiPhoneゲームアプリ開発キャンプのときのランチ♪
ランチも打ち上げもご飯美味しいところに行けます^^


〜*〜*〜 Koi-fumiのSNS各種 〜*〜*〜
 Twitterはこちら
 Instagramはこちら
 pixivはこちら