Koi-fumiのスケッチブック&MacBook

素描・スケッチ、水彩・アクリルの絵やCGイラストに、iOSアプリ開発や英語の勉強記録、日常の事をつづるBlogです。
絵を描いていて、同じく絵やイラストを描く素敵な方々と文化活動を継続・発展させていく術を探していたら、気づいたら一時期IT系ベンチャーでアドベンチャーしてました。(スマホ ソーシャルやカジュルゲームのイラスト・デザインから企画 運営・開発ディレクションまで担当)

現在はスマホ向けゲーム、アプリ分野で平日は常駐イラストレーター&デザイナー、休日は個人の制作活動とXcodeやUnityでiOSアプリ開発中。
SketchBook × MacBookで自分と周りを楽しくできたらいいな!を模索するドキュメンタリーです。

日曜の更新を忘れてしまったので、今回は月曜に「先週のドローイング」と題して更新です。
主にipod touchに片手持ち親指描きでのクロッキーに挑戦してました。

クロッキーと、あとあまりクロッキーするには良い状況でないときにイメージだけで描きかけたドローイングというか落書きあります。

電車クロッキー170710〜0716-Koi-fumi
片手持ち親指オンリー描き、なかなか難しい。

うってかわってこちらはノートに鉛筆。座れない時にはアプリでクロッキーしてます。
電車クロッキー170710〜0716_02-Koi-fumi


あんまり良い感じに人が見えなかったので、ふと思って描いてた落書き。
風景なんですが、おもいっきり途中なので、分かり辛いですね。
ペンのカスタマイズとか、あれこれ見つつ。
電車落書きー170710〜0716_02-Koi-fumi



先週のドローイングは以上でした。

アプリは「PicsArt Color」というのを使っています。
以前に一通りのざっとした機能と使い方を描いた記事あります。

ペンのカスタマイズがかなり出来て制作過程の動画とアニメGIFとか簡単に作れます。
興味ありましたら、ぜひどうぞ。

[関連記事] [今日のドローイング・アプリ] 「PicsArt Color」で、iPod touchに指でお寿司スケッチ(2017年1月8日 更新)


PicsArt Color ペイント


 PicsArt Color
 iTunesへのリンクはこちらから






 〜*〜*〜 Koi-fumiのSNS各種 〜*〜*〜
 Twitterはこちら
 Instagramはこちら
 pixivはこちら  

今週も土曜日に、金曜日の定期コーナーと一緒にまとめてお届けです。

ざっくり絞ってみました。今週の気になったことまとめ改めメモです。

これ、面白いですね。みかけた瞬間にわぉ!と思いました。
買う方も楽しいかも。
場所もギャラリーだけに縛られないから、他に相乗効果ありそうな場所とか探せるかもしれないですね。



最近はごく普通に何かと話題のAIですが、以前から私がうっすら持ってる未来イメージはこちらに近い感じです。

ところで、この記事中で追記にある「BIは、おそらくビジネスインテリジェンスのこと」と指してるのは、たぶん「ベーシックインカム(basic income)」の略でのBIなんじゃないかなと思うのですが。

ありえる楽しい未来の選択肢の1つの前にある混乱期は避けられなさそうなので、そこをどう乗り越えられるか次第なんでしょうけど、どうせ激変していくのなら、その先は楽しい方に向かうように考えていきたいものです。


どうでもいい話ですが、それにしても「いらすとや」さんの素材(の合成)すごいなぁというのも気になったところ(^^;



今週の気になった本

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門
いたのくまんぼう
エムディエヌコーポレーション
2017-08-15


待望の和尚さん本2が!!今から楽しみすぎて予約します!
和尚本はとうとう公式の呼称になったようで^^

この前の本、購入して実際に1冊進めたのですが、図説が多く説明が丁寧で、進めやすかったです。
他の本でちょっと挫折気味だった方は、こちらからもう一度手にしてみると、進めるかもと感じました。
プログラム未経験だけど、ゲーム作ってみたいなと思う人の最初の1冊としてオススメです。

UnityではじめるC# 基礎編
大槻 有一郎
エムディエヌコーポレーション
2016-10-25


[関連記事] 【ゲーム開発・本】「Unityで始めるC# 基礎編」まるで動画の講座を受けているように進められる1冊(2017年5月3日 更新)
上記の本のレビューです。


今週は、そんなところで!
作りたいアプリをこの間見つけたのと、和尚さん本2で作りたいネタがあるので、ものすごくラフな画面イメージを書いたり、思いついたことをEvernoteにまとめたりしながら、SwiftとuGUI本を進めてた今週でした。
今月中にuGUI本は終わらせたいところです。

1日1絵-113(水彩色鉛筆

画像は、だいぶ前に描いたハガキサイズの絵から。
画仙紙に水彩色鉛筆を水彩風に溶かして使ってました。
紙が含むと毛羽立ってくるのですが、最終的にそれがなんだかテクスチャーっぽくなりました。


 〜*〜*〜 Koi-fumiのSNS各種 〜*〜*〜
 Twitterはこちら
 Instagramはこちら
 pixivはこちら  

日曜日の「今週の電車クロッキー」のお時間です。
今週はどちらかというと英語日記ドリル(アプリ)で英語日記を書く方に時間使ってました。。。

というわけで、最寄駅直前の1〜2、3分のクロッキーがメインで数も少なかったところです。
なので今回は1枚にいくつか詰め込み。

電車クロッキー170703〜0709-Koi-fumi

右のは手と足(の片方)
見返してみたら、見事に同じような感じに背中向けてるものが続いてました^^;

来週はまた質感のかき分けとか、あと見かけることができたらサンダルの足とか描きたいところです。


それでは、また来週!

作りたいアプリとUnityの習得したい部分があるので、来週はちょっと電車の中でのルーチンを変えてみる予定です。
小さな行動を変える。


 〜*〜*〜 Koi-fumiのSNS各種 〜*〜*〜
 Twitterはこちら
 Instagramはこちら
 pixivはこちら  

気がついたら土曜日だったので、金曜日の気になったことまとめ・・・というか今回はメモと、最近進めてた本についてのログです。

アプリやAIやアート関係で色々面白そうな記事は見てましたけど、最近ゲーム制作とUnityが気になってるので、これ見たいなぁを思い出せるようにメモよろしく貼っておきます。


このツール面白そう。

本を一通りみたら、実際の中身を見るのをやっていきたいところで、メモ。
アセットストアも気になってるし。
こちらのツイートしてた方、アセットストアのアセット紹介blogを書かれているようで、そちらも面白そうでした。


今週は昨日にこちらを購入!
メルマガの方で読んでいて、気になってました。



昔懐かしRPGゲーム風の世界と現実世界を舞台にした漫画で、「やる気」の秘密がわかります。
サクッと読める上にエッセンスはギュッと詰まってるので、お堅い系のその手本が苦手だが、だがしかしやりたいことはあるのに毎日先送りにしてしまうのはなぜだろう。。。とか思ってる方は、読んでみると面白いかも。


平日、時々uGUI本進めてました。


アンカーとピポッドの所、解説のあとに実践的なサンプルとかあると良いなぁと思う部分だったのですが、この後のチャプターで出てくるのかな?

一通り読んだらUnity公式のUIサンプルとか見たいところです。
もしくは、気になってるゲームのワンシーンとかパーツを見た目から写経してみるのも理解が進むヒントになるでしょうか?


Swiftについては、こちらを平日の朝にちまちまと。。。。



うっかりすると開くのがためらいがちになってしまうのですが、とりあえず最初から頭から全部を理解しないと行けない!という縛り的な思い込みは捨てて、一旦わからない所はわからなくてもいいから、とにかく一通り最後まで颯爽と読み切るのをやってみようかな。

一通り読めば、わからない部分があっても、何かキーワードが頭に残ってくれれば、実際に何かを作ってる時に思い出して、その時に理解することも出来るのかなと。

読むのが滞るくらいなら、いったん軽い気持ちで読んでみる戦略に切り替え。



あと、今年は特に取り立てて記事にはしてなかったですが、英語は時間や内容の濃淡の差はあれど、毎日何かしらの学習を続けています。

最近は、瞬間英作文を出来るだけ優先してやることを念頭におきつつ、今週は英語日記ドリルを再び最初からやり始めてみました。

3行くらいですが、英語日記を2〜3日に1度くらいは書いてます。
これ、電車の中で書いてるとクロッキーの時間取れなくなるので、悩ましいところ^^;

今の英語教材は
・All in one BASIC(本)
・瞬間英作文(アプリ)
・キクタン(アプリ)
・Real英会話(アプリ)
・英語日記ドリル(アプリ)
あたりをレギュラーに、英語耳(本&CD)と発音図鑑(アプリ)を時々。
キクタンは同じものを何周もしてます。


そんなところの今週でした。

今週はTwitterでふとしたことから話が展開して、作りたいアプリネタを掴んだので、このあと年内中に何か出せるように調整していきたいところです。

UIはどちらかというとUnityをやりたいのですが、XcodeとSwiftのiOSアプリ開発も捨てがたいし・・・・どっちで何やろうかなところ。
やりたい事と興味あるのが2つあるので、そこのところでコンフリクト中です(^^;


以上で!
それではまた来週。


ハガキサイズ 水彩ドローイング Koi-fumi

写真はだいぶ前に描いたハガキサイズの水彩画。
毎日1枚何かを描いてTwitterにアップするのをやってた時のです。

サムネイル画像を何にしようかと思って画像みてたら、なんとなく今の気分にあったので、最後に記事中に載せてみました。

 〜*〜*〜 Koi-fumiのSNS各種 〜*〜*〜
 Twitterはこちら
 Instagramはこちら
 pixivはこちら  

日曜日の「今週の電車クロッキー」のお時間です。
今週はあんまり人がいなかったり、逆に混んでたり、疲れてたりで数少なく。

使用しているノートの片面が最後のページまで行ったので、裏面を使って折り返し中。
最初におもてにボールペンや筆ペンで描いてたので、最近はもっぱら鉛筆です。

電車クロッキー170626〜0702_01-Koi-fumi

右下の、ふわっとしたたぶんオーガンジー生地が重なってる、半透明になってる部分のあるスカート生地が目に入ったので、対照的だった質感のカバンと、線での質感の描き分けをちょっとやってみようと思ったのですが、途中で対象と自分の視界の間にがっつり人の壁が出来てしまったため、途中で断念。

また、何か組み合わせの対象的なものを見つけたらリベンジしたいところ。


今週は、電車混んでて座れない時がありまして。
立って片手でも何かクロッキーしたいな〜!と思ったら・・・・そういえばアプリで片手(親指)で描けないかな?と思って、以前に使い方の紹介を描いたお絵かきアプリの「PicsArt Colorを起動。
片手持ちの親指でのデジタルクロッキーを試してみたのが、こちらです。

降りる駅近くから描き始めたのであまり時間ないものでしたが。
電車クロッキー170626〜0702_02-Koi-fumi

使用するペンの設定にもうちょっと一工夫というか、調整と、あと親指1本で片手持ちでの描き方になれる余地がまだまだある感じですが。

描けない事はないぞ!! 拡大縮小するのが、ちょっと難しいけど。
これで立ってても親指1本使えれば、いつでも端末でクロッキー出来る〜。
ノートとペンを広げるより、用意は楽ですね。

ただipod touch使用なので、そんなに画面が大きくないのですけど。

爪を立てる感じで、親指のへりで描くように扱うと、まぁまぁなんとか描ける気がします。


このアプリ、ブラシの設定がかなり細かくできるので、濃度の分散とか設定すると、単調にならずに変化がでて面白いかも。


気になった方は、こちらからどうぞ。
開発は海外の会社さんですが、App Storeの詳細解説はとても自然な日本語になっているので、わかりやすいです。

PicsArt Color ペイント

 PicsArt Color
 iTunesへのリンクはこちらから



(ざっくりした全体の機能と使い方を載せています。)


 〜*〜*〜 Koi-fumiのSNS各種 〜*〜*〜
 Twitterはこちら
 Instagramはこちら
 pixivはこちら  

毎週の土曜日は今週の実際のところあれこれです。

最近、またちまちまとiOSアプリ開発も再開しました。
今はGit練習も兼ねて小さなものを二人で作ってます。

割と間が空いてしまった感じがして、なんだかどう習得していけばいいのか?ちょっと焦ってしまった月末でした。

今日、たまたま何かのついでにこちらの記事見かけたのですが、こういうルールで小さなものを作ってアップする!とかやってみるのも面白そうですね。



6月はUnityのUI実装周りや演出周りがもうちょっと出来るようになりたいな〜と思ってuGUIの本をちまちま進めていました。




これ以外にも、演出関連の実践的な本やチュートリアルなどあれば知りたいところ!
(本家Unity公式のチュートリアルはこれから漁りに行きます)

以前に行った「Unity道場 入門編」(関連記事:Unity道場 入門編 「はじめてのUnity」(渋谷21cafe開催)参加してきました!)で紹介されてたUI実装のこちらのサンプルも、そういえば確認してみたいところです。
Unity道場「モダンなUIの提案と実装」


そういえばエフェクトの本も買って積ん読になっていたわけですが・・・・
(このあと、見てみます!)




現場の実際の良いやり方とか、もっと知りたいなぁと思うのですが、となると何を見ればいいのかなと、ここ最近とても気になってます。

現場で聞けよ・・・というところですが(^^;
ケースバイケースでもある部分もあるかなと思うので、折角だから色々なところの例を聞いたり見たりすること出来る所があれば、見たい知りたい実践したい!のところで。


なんかこう、ゲーム系のエンジニアとデザイナのもっと手を取り合う実践的な勉強会とかセミナーとかワークショップとか、どこかで開催されてないでしょうか?
最近、気になってます。

どなたか、オススメの書籍やチュートリアルや動画や勉強会をご存知の方、いらっしゃいましたら教えて頂けるとMacBookの前で踊り出します!


UI関係以外の話ですが、最近Twitterで見かけて気になってたUnity公式チュートリアルやサンプルを、自分のログ用も兼ねて、ここにまとめ。



このゲームサンプル面白そう。


今週はそんなところで。

読書は、こちら読了しました!
最後の教育に関する話がとてもエキサイティングでした。

超一流になるのは才能か努力か? (文春e-book)
アンダース・エリクソン
文藝春秋
2016-08-05



〜*〜*〜 Koi-fumiのSNS各種 〜*〜*〜
 Twitterはこちら
 Instagramはこちら
 pixivはこちら