過去記事で自家製クリームチーズとして紹介した水切りヨーグルトですが、これがギリシャヨーグルトだったなんて・・・。これは森永乳業からギリシャヨーグルトが日本新発売になってわかったこと。元々、カスピ海ヨーグルトを作っているのでヨーグルトは毎日食べていますが、アメリカの肥満学会によれば、ヨーグルトなどの乳製品に含まれている乳酸カルシウムは内臓脂肪を減らしてくれたり、血中のカルシウムが脂肪燃焼に効果をもたらしてくれるそうなんです。春が近づき薄着になるシーズンも近づいてきたので、毎日食べるヨーグルトをいつもより増やして脂肪を燃焼させちゃおうと考えています。

水切りヨーグルト2ブルーベリートッピング

水切りすると舌触りがなめらかで味も濃厚になり上質なクリームチーズのよう。


作り方はザルにクッキングペーパーを敷き、ヨーグルトを入れ、ラップをかけて冷蔵庫へ入れます。ザルの下には水分を受け止める皿を置きます。皿の水がたまったらコップなどに水を空ける作業を2〜3回繰り返していくと、6〜12間後には水分がでなくなってきます。固まったヨーグルトを容器に入れ冷蔵庫で保存します。(たまった水は乳清なのでビタミン・ミネラルなどを多く含んでいるので、そのまま飲んだり、料理に使ったり、顔や手のパックにも使えます)

水切りヨーグルト1

固まってくるとクッキングペーパーにもくっつかず、ヨーグルトはきれいにはがれますよ。



東京の婚活『恋花ネット』
『受かる履歴書・受かる職務経歴書』
大人のための食事用エプロンケープ『Frau!ca』(フラウカ)