最近、断食が流行っているとのことで、さっそくやってみましたが、一日食べないって本当にハードルが高いですね。

断食は出来るものの、断食明けに回復食として食べるものを私なりに作ってみたのが、サバ水煮缶詰を使ったもの。

レシピ名は「ミネストローネ」です、「ラタトゥイユ」ではなく「カポナータ」でもなく

煮物だけに似ていてなんとなく紛らわしいんですが・・
ああ寒いダジャレでごめんなさい(^-^;)A

「カポナータ」はベースが夏野菜と魚介類でお酢を回し入れるので、トマト煮込みにしても特徴的な雰囲気がありますよね。どちらかと言えば、甘酸っぱく煮詰めた感じなので汁は少なめ。

一方、ミネストローネは「字」の雰囲気からみてイタリアーンイタリアの煮込み料理です。

具材は豆・米・パスタに夏野菜をオリーブオイルで炒め入れた煮込みですが、特に人気があるのがトマト入り。煮込む香草はシンプルにローリエ・イタリアンパセリなどでしょうね。

そしてラタトゥイユはベルサイユ、マルセイユの都市を持つフランスの煮込み料理。フランス料理だけあって、煮込みの香草もローズマリー・ローリエ・オレガノ・バジル・タイム・フェンネルなど有名ハーブのオンパレードです。ミネストローネ同様、オリーブオイルで炒めて煮込みます。作り方によってはハーブが少なめでミネストローネと変わらない。でも大きな違いは、カポナータと同じく汁が少なめというところ。できあがりを平たいお皿にとろっと盛りつける感じです

それではカンタンに覚えられる結論です

「カポナータ」→汁少なめで平たいお皿に盛りつけ、お酢入り
「ミネストローネ」→汁多めと言うよりスープ、スープ皿に盛りつけ
「ラタトゥイユ」→汁少なめ、平たいお皿に盛りつけ

と、簡単過ぎた説明なのでツッコミはご遠慮ください


うんちくが長くなり、大変失礼しました(^-^;)A

さっそくですが、材料は冷蔵庫にある野菜類+サバ水煮缶で出来ますよ。

サバ水煮のミネストローネ


私のレシピは色々な野菜全部入りですが、タマネギだけの一部入りでも、タマネギとナスとトマトの三部入りでも、お好きにアレンジしてください。


2人前だったら、フライパンに水200ccにローズマリーを5g入れ、薄水色になったらローズマリーを取りだします。

炒めた野菜→タマネギ・ナス・セロリ・さやいんげん(野菜は全体で250gくらい)と、サバ水煮缶、ニンニク少々へ、トマトジュース1缶(200cc前後)をフライパンへ入れたら、コンソメの素と塩コショウをさっと振り、3分少々中火で煮たら出来上がり。仕上げに刻んだパセリを入れ、お好みで、とろけるスライスチーズを入れたらコクも出ます。


カロリーはだいたい400kcalくらい。ローズマリーが魚の匂いを消して、野菜の旨味が引き立ち、しかも糖質オフで胃腸にも優しいメニューですよ。お試しあれ♪






食品のメニュー開発はオフィス山内へご依頼ください。