コイベニイラストレーション

創作手書きイラストトを描き続ける*和*に関わるイベント告知や日常ですん。

cream

5d9d05c3.jpg
dd22a4da.jpg
0b2c158d.jpg
羽飾り用のアプリを始めてみました。
ハンドメイドアクセサリ。
華やかなヘアピース、帽子飾り、鞄飾りを。
6月の展示までにはもっと充実させたいなと。




Creema
https://t.co/vX3GmfPq0K https://t.co/gCQwKQHPcy

十誡

cd47bd34.jpg
6169e45c.jpg
25d0a6e3.jpg
来てみたかった、カフェバー『十誡』

このカフェバー、大きな本棚のある蔵書バー。
サブカル好きから、文学好きから、フェチ好きから色々な本がある。

今月のカクテル等、目にも鮮やかなカクテルで時間と空間を楽しむ。

私が頼んだのは 3月のアートカクテル
『Dafne?ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ? 』

ホワイトチョコレートで仕立てたティラミス・カクテル。ほろ苦く贅沢な風味、まったりとスムースな飲み心地。

作品と言うのが、ギリシャ神話で有名なアポロンさんが、ダフネさんに求愛。しかし、ダフネさんはちょっと無理なんですーって言っててアポロンさんに捕まりそうになった時、月桂樹の樹に成りアポロンさんから逃れましたとさ。
と、言うもの。

流石ギリシャ神話。
超展開。

けれど、カクテル自体は甘さのある円やかさで、後味は割りとスッキリ。

店内の蔵書と、個人的には『三島由紀夫の邸宅』のような、ご自宅訪問の写真集があってニヤニヤしながらみたり、このイタリアの彫刻家のベルニーニさんの写真集も素敵。

見てみると、バチカンの教会の石像類も作ってるみたいで、思えば昔見たことごあるんだなとしみじみ。

ちなみに、小さく銅版画の展示もしてて更にgood!

行ってみて良かった。
また行きたい、オススメな場所です。

十誡@有楽町
http://www.zikkai.com/

梅花見リベンジ

07f5520a.jpg
e3ccbcce.jpg
d30019c3.jpg
お花見にいきました(ノ´∀`*)
この時期何の?

梅花見です( ☆∀☆)

実のところ、桜より梅の方が好きでして。
高尾山の裏にある梅郷に行って来ました(ノ´∀`*)

去年は行き当たりばったりで惜しい気持ちもあったりな場所だったので、今回は気合い入れ入れの準備万端!

お弁当お花見大作戦!\\\\?( 'ω' )? ////

お弁当は昨年の苦い思い出を礎に、美味しいだけじゃなくて、カラフルでテンションの上がるお弁当を前日から仕込み!!!

そして、前日から楽しみすぎて全然寝れない!
わくわくした小学生か私は!

朝はちょっと早く起きて、出発
今回も、前回同様バイクでトコトコツーリングでお花見(ノ´∀`*)

川沿いの梅の木を見ながら梅郷へ。

梅郷到着!
イベントも開催されてて、梅林へも入れることに!
しかも、駐車場も入場も無料\\\\?( 'ω' )? ////スゴイ

梅林は見事に満開!!!!
凄い綺麗でいい香り!
到着はお昼前なので、梅林をうろちょろして梅を見て回るんだけど

白、紅、桃色の梅がほんと綺麗(ノ´∀`*)
特に白梅が多いのが嬉しい。
あー着物できたかったなー(´・ω・`)
まぁ、それは次回考えてみよう。

側面に梅が生えているのでうろちょろして疲れてお腹がグー。

梅林の下で食べることもできるけど、梅林の対面でレジャーシートを敷いて花見弁当のオープン!

良かった!崩れてない!(笑)
お天気もよくて暖かくなってお腹もすいてお弁当が美味しい(ノ´∀`*)
幸せだねこりゃ

ご飯を食べ終わったら遊ばねば!
お弁当のナプキンで鶴が折れるか対決したり、去年も楽しかったシャボン玉を。
今回は秘密兵器を持ってきてるのだ!
ストロー型以外にもう一つ!

金魚すくいのポイみたいなやつ!
実はこれ難しいのな!(始めて触った)
ひとしきりシャボン玉をやりつくし、大満足!

ひとしきり遊び尽くして、冷えてきたので退散。

梅花見も楽しかったし、ピクニックリベンジもできたし、陽気もあったかかったし、本当楽しかったー(ノ´∀`*)
来年も行きたいな。
そして、来年には梅の盆栽始めたいな。



梅の花見はいいよね、へべれけ居ないし。


●お弁当メニュー
チーズ入りピーマンの肉巻
菜の花のからし和え生ハム巻
マスタードマヨマカロニ生ハム巻
から揚げ
アスパラとタコさんウインナーのペペロンチーノ炒め
うずらの卵の味玉
だし巻き玉子
大葉と竹輪のカニかまマヨ
オレンジ色のミニトマト
桜エビと白ゴマ大葉油揚のおにぎり

屋根裏銭湯展

ca187a82.jpg
9354faaf.jpg
92e08ec5.jpg
知人が近くのギャラリーに出展すると言うことなので見てきました。

バー?スナック?の様な一階でワンオーダーしてから展示を見れる仕様で、折角なの限定メニューのぶた温泉饅頭をオーダー。

ちょっと侮ってたなってくらいの大きさの豚まん(チャーシューまん)が出てきてお肉ゴロゴロ!

しかも、豚まんの下には別に胡麻入り餡まんもありめちゃんこボリューミー。
しかも、美味しい。

カレーも美味しいと聞いてたけどご飯食べてきたした、軽ろわめと考えてたけど全然どっしり。

さて、展示はと言うと上の階にあり靴を脱ぎ急な階段を上がり会場へ。

屋根裏は確かに屋根裏だった!

作品も銭湯に関すとって言うと違うかもだけど可愛いかっぱちゃんや銭湯に欠かせない富士山ぽいキャラクターや奥には、知人の大人のお風呂コーナー…。

こじんまりとしつつ、可愛く楽しい美味しい展示でした。
明日迄やってるのて興味のある方はぜひどうぞ!

昭和官能劇画展

18d175e8.jpg
87886e9b.jpg
久しぶりの展示観賞。
ガッツリではないけど、やっぱり艶のある作品を作る作家さんの作品はみたい。
中野で原画展をすると言うので見てきた。

昭和官能劇画展
場所は中野ブロードウェイの墓場の画廊。
ちょっと変わった展示をしてたりするので、男性には良いと思う。

で、作品を見たんだけと。
個人的には劇画も実は好き。
時代劇系や緊縛系も劇画が多い。
和装で女性を艶っぽくっていうと、今回はケン月影先生が目当て。

友人とも話題に出たのだが、昔はこのムッチリ感満載な絵に理解ができなかったけど今ならわかる、と。

年齢によるものなのか、自分が女に成ったからなのか。

若い頃は子供のような少女的であったり乙女的であったりを至高としていた。
青い果実的な年齢に身をおいているし普通にニーズがあり同年齢に需要があったのだと思う。

が、ある時期を境に男も女も『男』に成り『女』に成る。

それを境に、『男』は『女』を求めるのではないかと。

だから、中年の男性向けの雑誌は古来よりむっちり美女なのではないかと。

むっちり、肉付きがいい、円みがある。
この、円みこそ『女性らしさ』であり『女』の象徴なのよね。

子供は子供。基本的に性の対象ではない。
大人の男性が好むのはやはり『女性』なのではと。

男性でもないのに考えてましたとさ。
(異論は受け付ける)
時計
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
haco
桜の木
猫たん
夢の木馬
  • ライブドアブログ