巷にひとり在り

歴史好きな漫画家・大西巷一の公式ブログ

まとめ・その1はこちら
まとめ・その2はこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ツイッターでボヘミア王妃ジョフィエについていろいろ書いたので捕捉してまとめます。

RT元は他所様のツイートなので転載はやめておきます。 当該箇所だけ簡単にまとめるとこんな感じです。
WS004811
「ド・バヴィエール」と「バヴォルシュカー」はそれぞれフランス語とチェコ語で「バイエルンの」という意味です。
実家のヴィッテルバッハ家はバイエルンを領有するドイツ屈指の名門貴族で、4代前にはルートヴィヒ4世という皇帝も輩出しています。

出生年を確かめたところ、イザボーは1370年頃、ジョフィエは1376年で、たしかに年は近そう。
少女時代に従姉妹同士のキャッキャウフフがあったのかもと思うと妄想が捗ります♪ 

なお、彼女らの両親ははじめ3兄弟でバイエルン領を共同相続したものの、のちに領土を分割し、やがてどろどろの相続権争いを展開することになります。

イザボーの夫のフランス王シャルル6世は名君シャルル5世の嫡男で、若い頃から精神疾患を抱えており、1393年の「燃える人の舞踏会事件」を機に完全に正気を失ったようです。

イザボーは王弟、つまり義理の弟のオルレアン公とイケナイ関係を結んだりすったもんだして、宮廷はブルゴーニュ派とアルマニャック派の政争が激化し、イングランドとの百年戦争の戦火が再燃することになります。

イザボーは国政を乱した淫乱な悪女というレッテルが貼られ、のちに「フランスは女によって破滅し、女によって救われた」などと言われることに(最初の「女」はイザボーを、後の「女」はジャンヌ・ダルクを暗に指す)。

↓『乙女戦争』に登場したジョフィエ王妃
WS004809
WS004810

↓《スラヴ叙事詩》の『ベツレヘム礼拝堂で説教をするヤン・フス師』
Kazani_mistra_jana_husa_v_kapli_betlemske_81x61m
画面右手に座っているのがジョフィエ。
わかりにくいけど左端の方にはジシュカも。

ジョフィエの夫のボヘミア王ヴァーツラフ4世(皇帝としてはヴェンツェル、「キングダムカム・デリバランス」ではベンツェスラウス)は、名君の神聖ローマ皇帝カール4世の嫡男ですが、父の跡を継いだ皇帝の座を無能すぎたが故に退位させられ、ボヘミア国内のフス派問題の処理に失敗した挙げ句、1419年のフス戦争勃発の衝撃で急死しました。
WS004675

夫亡き後のジョフィエは(ボヘミア人の血もボヘミア王家の血も引いていないし子供もいないにも関わらず)摂政に選ばれたり再びボヘミア王妃になる企てがあったりしたところをみると、ボヘミア人(特に有力貴族層)からの信望をそれなりに得ていたように思われます。
少なくともイザボーのような悪し様な言われ方はしていないようです。



ジョフィエとフス戦争の時代から約200年後、ボヘミアはハプスブルク家による強力なカトリック支配の下に置かれ、20世紀に至るまでフス派やプロテスタントの信仰は迫害されるようになります。

カトリック支配の先兵たるイエズス会はボヘミアで英雄視されるヤン・フスやヤン・ジシュカに対抗しうる「第3のヤン」としてヤン・ネポムツキーの存在に目を付け、彼を聖人に列し、盛んに称揚しました。
「政治的なウラ」というのはそんな感じの話です。

↓カレル橋に立つヤン・ネポムツキーの像
480px-Prague_07-2016_Charles_Bridge_John_of_Nepomuk_statue_img1


【参考文献】

ドイツ三〇〇諸侯 一千年の興亡
菊池 良生
河出書房新社
2017-05-26









チェコの伝説と歴史
アロイス・イラーセク
北海道大学出版会
2011-04-25













    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

前回のまとめはこちら

このゲーム楽しすぎてやばいですw
つい夢中で何時間も遊んでしまいますが、取材の一環と思えば許されるはず(?)

また感想ツイートがたまったらまとめようと思います〜
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今から600年前の1419年7月30日に起きたプラハ窓外放出事件は、その後15年も続くフス戦争の始まりを告げる事件となりました。

どういう事件だったのか、説明してみますね。

その日は日曜日でした。
ボヘミア王国の首都プラハ新市街の「雪の聖母マリア教会」にはフス派の信徒が詰めかけていました。
彼らは皆不満を募らせ、爆発寸前でした。
01-zahrada1
(現在の雪の聖母マリア教会)

何が不満だったのか?
なんといっても生活が苦しかった。
ヨーロッパでも屈指の大都市プラハは「旧市街」と「新市街」に別れており、それぞれに市長がいて市庁舎と自治行政機能を備えていましたが、歴史の浅い新市街には貧しい市民が多かった。
彼らは自分たちの不遇の原因の一端はカトリックの聖職者たちの腐敗にあると考えていました。
聖職者は特権階級であり、税金も納めず、聖職売買や免罪符の販売などで蓄財に励み、貧しい信徒を尻目に裕福な暮らしをおくる者がたくさんいました。
そのことを批判したのがプラハの神学者ヤン・フスであり、その支持者たちは「フス派」と呼ばれました。
Kazani_mistra_jana_husa_v_kapli_betlemske_81x61m
(ミュシャ《スラヴ叙事詩》より『ベツレヘム礼拝堂で説教をするヤン・フス師』)

彼らの活動は聖書の教えに基づいて世の中の不条理や不平等を正そうという社会運動となって、プラハを中心に盛り上がっていきました。
しかし4年前の1415年、フスはカトリック教会から異端者と断じられ、処刑されてしまいました。
以前はフス派を擁護したボヘミア王ヴァーツラフ4世も、ローマ教皇庁と神聖ローマ皇帝からの圧力に屈して、フス派への弾圧を強化するようになり、フス派の活動はプラハ市内の3つの教会のみに限定されてしまいました。
「雪の聖母マリア教会」はその3つの教会のひとつでした。

こうしたフス派市民たちの不満を焚きつけたのが、説教師ヤン・ジェリフスキーでした。
1

聖職者は財産を蓄えて腐敗していると先に述べましたが、それはあくまで一握りの高位聖職者の話で、聖職者でありながら仕事(聖職禄)にありつけず貧困に喘ぐ聖職者がたくさんいました。
当時ボヘミアに聖職録が6,327件あったのに対し、候補者は21,496人いたとのこと。
貧窮した聖職者の中にはフスの思想に共鳴し、フス以上に厳しく体制を批判する者も現れており、ジェリフスキーもその一人でした。
その支持者たちも貧困層の市民や農民、女性など社会的弱者が多く、フス派の中でもより過激な主張をする「急進フス派」と呼ばれる一派でした。

その日、彼らはついに実力行使に出ることにしました。
ジェリフスキーとフス派の市民たちは通りに出てデモ行進しつつ、市内の聖シュチェパーン教会に向かいました。
一部の参加者は武器も手にしていました。
Stepan
(現在の聖シュチェパーン教会)
彼らは教会内に押し入り、抵抗する僧侶を殺害し、礼拝堂でフス派の典礼《両種聖餐》を行いました。
両種聖餐(二種聖餐、両形色聖餐とも)とは、ミサの際にパンとワインの両方を授かる方式です。
当時カトリックでは、聖職者はパンとワインを、一般信徒はパンのみを授かると定められていましたが、フス派は聖職者も一般信徒も平等に扱うことを主張し、ミサのワインを表す聖杯のシンボルがフス派の旗印になりました。
WS004677

聖シュチェパーン教会は国王の勅令によってカトリック派に復帰した教会のひとつでしたが、ジェリフスキーらはそれを力尽くでフス派の手に取り戻したということになります。

次いで行進の列は新市街市庁舎へ向かいました。
ここが事件現場となります。
ちなみに天文時計のある有名な市庁舎はプラハ旧市街のもので、新市街市庁舎はそれより南の家畜広場(現在のカレル広場)に面して今も建っています。
480px-Prague_Praha_2014
(現在のプラハ新市街市庁舎)
この新市街市庁舎でも勅令によりフス派が排除されてカトリック派の市長と市参事会員が任命されていました。
ジェリフスキーらはここに投獄されているフス派の仲間の釈放を要求し、これが拒絶されると建物に押し入りました。
そして市長や市参事会員ら13名を次々と窓から投げ落としました。
地面に叩き付けられてもまだ息のあった者は下にいた群衆に殺害されました。
1419

騒ぎを聞きつけてヤン・ベニヒェという国王の廷臣が300名の騎士と兵士を率いて駆け付けましたが、群衆の数と勢いに気圧されて、何もせずに引き揚げました。
ジェリフスキーらは市庁舎や市門や塔なども占拠し、新市街の新たな行政官として4名の執行官を選びました。
新市街の市長には肉屋のペトル・クスという人物が選ばれました。
プラハ新市街は事実上フス派が掌握したのです。

この暴挙に国王ヴァーツラフは衝撃と怒りを覚えたものの、やむなく追認しました。
王はその後心労からか発作を起こし、8月16日急死しました。
次のボヘミア国王にはヴァーツラフの弟で神聖ローマ皇帝のジギスムントが就くことになりましたが、ジギスムントこそはヤン・フスを火刑台に導いた張本人とみなされていたためフス派の反発は大きく、事態はますます混迷していくことになります。

この事件にヤン・ジシュカが参加していたかどうかは不明です。
しかし事件直後からジェリフスキーをはじめ、フシネツのミクラーシュ、ヴァーツラフ・コランダといった急進フス派の指導者らとともに活動したことは確かで、フス派の民兵を率いてカトリック派と軍事衝突を繰り返すことになります。



以上が「第1次プラハ窓外放出事件」のあらましです。
その後のフス戦争の経緯についてはぜひ拙著『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』を読んでください♪
WS004675
WS004676
『乙女戦争』の作中では翌1420年から物語がスタートしているので、この窓外放出事件については簡単に触れただけとなっていますが、今準備中の外伝ではこのあたりの開戦の経緯を取り上げようと思っています。
せっかく600周年という節目の年ですから、今年中には描いておきたいところです。
年内には「月刊アクション」で連載開始の予定ですのでよろしくお願いします!



ところで「第1次プラハ窓外放出事件」というからには「第2次」もあります。

第2次プラハ窓外放出事件は、約200年後の1618年5月23日に起きます。
舞台は同じプラハではありますが、新市街市庁舎ではなくプラハ城です。
Hradschin-fullview
(現在のプラハ城)
カトリック派とプロテスタント派の対立が背景にあり、ボヘミアのプロテスタント貴族が、強硬なカトリック派の国王の参議官2名を城の王宮の窓から放り投げました。
この時はたまたま下に堆肥が積まれていたお陰で死者は出ませんでしたが、ヨーロッパ最大の宗教戦争とも言われる三十年戦争の引き金となりました。
640px-Prager.Fenstersturz.1618


以上2つの窓外放出事件が有名ですが「第3次」もあるとかないとか。

1948年3月10日チェコスロバキアの外相ヤン・マサリク(初代大統領トマーシュ・マサリクの息子)が、外務省の浴室の窓の下で転落死体となって発見されるという事件があり、公式発表では自殺とされたものの、当時の共産主義政権かソビエト連邦秘密警察によって殺害されたとも噂され、「第3次プラハ窓外放出事件」と呼ばれることもあるとか。
なお、この時は特に戦争は起きていません。


さらにマイナーですが「第1.5次」もあります。

フス戦争後、フス派のボヘミア王となったイジーが1471年に没すると次第にカトリック派が巻き返しを図り、フス派との間で緊張が高まっていきました。
そして1483年9月24日、武装したフス派市民がプラハ旧市街と新市街の両市庁舎を襲撃し、市参事下院や兵士が多数殺害され、窓から投げ落とされました。
第1次以上に激しい事件ですが、国王とカトリック側にこれを押さえ込む力がなかったのか戦争には至らず、翌年「クトナー・ホラの協定」によってフス派とカトリック派の和平が締結されました。
これは順番的には「第2次」ともいうべきですが、知名度が低いせいかカウントされないことが多く、時に「第1.5次プラハ窓外放出事件」とも呼ばれることがあるようです。


それにしてもなぜこうも繰り返しプラハで「窓外放出事件」が起きるのでしょうか?
ただの偶然でしょうか?
チェコ人独特の文化的背景があるのでしょうか?
1回目が印象的だったので、それにあやかったということでしょうか?
他の地域でも似たような事件は起きているのでしょうか?

日本語では「窓外放出事件」「窓外投擲事件」「窓外放り投げ事件」など、表記が一定しないようですが、英語ではdefenestration、チェコ語ではdefenestraceと、「窓から人や物を放り投げること」という意味の単語があるあたりいろいろと文化的な背景がありそうな気もします。
語源的には接頭辞「de」(下へ、離れる)+「fenestra」(ラテン語の「窓」)といったところでしょう。

チェコの歴史や文化に詳しい方に何度か訊いてみたことはあるのですが、どうもよくわからないとのことでした。
何かご存知の方がおりましたら、ご教示ください〜

【参考文献】









【宣伝】

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

中世ボヘミアが舞台のオープンワールドRPG『キングダムカム・デリバランス』の日本語版が発売されたので、早速ゲットしました♪
キングダムカム・デリバランス - PS4

このゲームは、「中世ヨーロッパ風」ファンタジー世界ではなく、リアルな中世ヨーロッパを舞台にしたゲーム、しかも『乙女戦争』と同じ15世紀初めのボヘミアを舞台にしているとのことで、前々から注目していました。


以下、序盤を少しプレイした感想ツイートをまとめました。



まだほんの少ししか遊べてませんが、驚くほど緻密でリアルな中世が再現されていて大興奮です♪

またぼちぼち感想あげていきたいです。


余談ですが、このゲームでは固有名詞は英語読みになっているようで、ちょっと混乱します。

オープニングのナレーションで登場した皇帝「チャールズ4世」は、ドイツ語では「カール4世」、チェコ語では「カレル4世」(ボヘミア王としては「カレル1世」)となります。
金印勅書を定めたことで世界史の教科書にも載るあのカール4世です。

同様にその息子のボヘミア王「ベンツェスラウス」は、ドイツ語では「ヴェンツェル」、チェコ語では「ヴァーツラフ」となり、その弟のハンガリー王「ジギスムント」は、ドイツ語でも同じく「ジギスムント」、チェコ語では「ジクムント」です。
ベンツェスラウスは、フス戦争が始まった時にショック死したボヘミア王ヴァーツラフで、ジギスムントは『乙女戦争』に登場したあの皇帝ジギスムントです。この2人の傍迷惑な兄弟喧嘩がこのゲームのシナリオの重要な背景になっているようです。

主人公のヘンリーも英語の名前ですが、ドイツ語なら「ハインリヒ」、チェコ語なら「インドジフ(あるいはインジフ)」になるんでしょうね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』の完結巻となる12巻が6月12日に発売されます!


最終巻ということで、連載時にはなかったシーンを18pほど追加してあります。

また、恒例の解説と4コマ漫画に加えて、フス戦争全体の年表と地図も巻末につけました。

ちょっとページ数が増えた分、お値段もちょっとアップしてますが、あしからず…



12巻発売にあわせて今回もツイッターでの読者参加型販促企画をやりたいと思います。


名付けて「乙女戦争完結祭」!


このご時世「ちゃんと完結したら読もう」と考える読者もいることでしょう。
シリーズが完結したこの機に、あらためて全巻セットで宣伝したいと思います。

参加してくれた方の中から抽選で5名様に好きなキャラのカラーイラストをプレゼントします!


【参加方法】

・『乙女戦争』の好きな場面や好きなキャラなど、感想をツイッターで投稿してください。
1〜12巻のどの巻、どの場面でもかまいません。

・ハッシュタグ「#乙女戦争完結祭」を必ずつけてください。
 複数ツイートする場合はそれぞれにタグをつけてください。

・できれば『乙女戦争』の表紙や作中の画像を添付してください。
必須ではありませんが画像がある方がツイートが映えますので♪

・イラストのリクエストがあればそれも書き添えてください。
『乙女戦争』作中のキャラ1名のみとします。
衣装や髪型なども作中のものであれば指定してもかまいませんが、複雑なポーズなどはご遠慮ください。

・「○○さんへ」という宛名に希望があればその旨も書いてください。
特に希望がなければツイッターのアカウント名で書かせてもらいます。

・応募期間は12巻発売から2週間。6月26日24:00を〆切とします。

WS004590
WS004591

今回は12巻を購入された方でなくても、雑誌や試し読みで読んだだけという方でも参加していただけます。
どしどし参加して、TLを『乙女戦争』で埋め尽くしてください〜


プレゼント企画の他に、最近流行りの(?)ツイッターでの第1話をまるごと掲載もやってみようと思います。




それと書店購入特典は以下のようになります。

とらのあな様
WS004580

書泉・芳林堂様用
WS004582

まんが王様用
WS004581

共通用
WS004583


以上、よろしくお願いします!



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

『乙女戦争』完結記念にニコニコ静画で全60話を無料で再公開します!

9264386


まず定例通りに先月連載分の第60話を5/25の11:00から公開します。公開期間は6/25までの1ヶ月。

同時に5/25から第1〜5話を公開します。これは今後無期限で公開しっぱなしになります(つまり今までは第1〜2話だった無期限公開分を増量することに)。

そして5/26に第6〜8話を公開し、以下毎日3話ずつ、5/27は第9〜11話、5/28は第12〜14話と続いて、6/12の第57〜59話まで順次公開していきます。

この第6話から第59話まではそれぞれ24時間の公開になりますので、ブックマークなどして毎日チェックしてもらえればと。


今まで『乙女戦争』を読んでいなかった人にもこの機会にあらためて試し読みしてもらいたいと思います!

ニコニコ静画独自の読者コメントも読み応えがあるので、既読の方もあらためて楽しんでもらえるかもです。


全話公開が完了する6/12には、最終単行本12巻が発売されます☆
WS004533

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ : 12 (アクションコミックス) [Kindle版]

ニコニコ静画で読んでみて気に入ったら、どうぞ遠慮なく全巻セットで大人買いしちゃってください〜


12巻の購入特典などについてはまたのちほどお知らせします。
プレゼント企画なども考えています〜
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今月25日発売の月刊アクションに『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』の最終回が掲載されました。



タイトルは「笛と少女」
第1話と同じタイトルです。

リパニの戦いが終わり、それによって15年にわたるフス戦争が終結します。
WS004465
WS004501
WS004499
WS004500

思い返せば連載第1話が載ったのは2013年の「月刊アクション」創刊号でした。
あれから6年、毎月無我夢中で原稿を描いてきました。

漫画家になって以来ずっと歴史物にこだわって描いてきましたが、中でも自分が描きたいものど真ん中なのがこの『乙女戦争』でした。
毎回全力で力尽きるまで、原稿と格闘してきました。
すごく大変で疲れるけど、それ以上に楽しくて充実した毎日でした。

連載がどこまで続けられるのか、途中で打ち切りにならないか、不安だった時期もありましたが、どうにか心に温めていたラストシーンを描くことができました。

応援してくれた方々に心から感謝します!


連載完結ということでコミックナタリーさんも記事にしてくれました♪
大西巷一「乙女戦争」約6年の歴史に幕、15世紀の宗教戦争を描いた歴史巨編 - コミックナタリー 



単行本最終12巻は6月12日発売予定です。

連載では描ききれなかったシーンを20ページほど描き足す予定です。
恒例の巻末解説やオマケ4コマもあります。

よろしくお願いします!


この単行本作業が終わったら少しのんびり休もうと思います。
こんなに長く連載するのも初めてなので結構疲れましたw

次回作についてですが、『乙女戦争』の外伝を描かないかと言ってもらっているので、本編で描けなかった前日譚や後日譚などを少し描こうかと構想中です。

正式に決まったらあらためてお知らせします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今月25日発売の月刊アクションに『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』第59話が掲載されました。



今回はタイトル通り、フス戦争最後の戦いとなるリパニの戦いを描いています。

1419年7月30日のプラハ窓外放り投げ事件を期に始まったフス戦争は、1434年5月30日のリパニの戦いを持って終息したというのが一般的な解釈です。
(その後も小規模な戦闘や反乱があったり、和平条約の締結が数年後だったりして、解釈が分かれることもあるようです)
WS004446
WS004447
WS004448
WS004449
WS004450

今回は最後の山場でもあります。

紙幅の都合で描ききれなかったこともたくさんあるので、単行本収録時には大幅に描き足しをする予定です。
なので、この雑誌掲載分はいわば短縮版とも言えます。


『乙女戦争』の物語は1420年の春頃から始まり、当時12歳だったシャールカは26歳になりました。

そして連載そのものも2013年から始まり、6年かけてようやくここまで辿り着きました。

次回が最終回となります。

今万感の思いを込めて執筆中です〜


例によって、先月分の第58話もニコニコ静画で公開されています。



最終単行本12巻は6月発売になると思います。

後ほどきちんとお知らせします。

最後までお付き合いよろしくお願いします! 


◎オマケ
リパニの戦いの解説動画を最近見つけました。


英語ですが、フス戦争全体の流れとリパニの戦いの経緯がわかりやすくまとめられています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2月25日発売の月刊アクションに『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』第58話が掲載されました!




今回はフス戦争のラストバトルとなるリパニの戦い前夜のお話です。

リパニの野で対峙した両軍の間で2日間の交渉が行われたのは史実の通りです。
WS004420
WS004421
WS004415
WS004418
WS004416
WS004417

例によって先月号の57話も公開されました(1ヶ月の期間限定)



ようやくここまで辿り着きました。
約15年続いたフス戦争と約6年続いた連載もあと2話で終わりです。

ぜひ最後までおつきあいください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ