巷にひとり在り

歴史好きな漫画家・大西巷一の公式ブログ

「月刊アクション」にて
『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』連載中!

★単行本第9巻は11月10日発売!

『乙女戦争』55話「地の果てまで征きて」

10月25日発売の月刊アクション12月号に『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』55話が掲載されました!

月刊アクション2018年12月号[雑誌]
月刊アクション編集部
双葉社
2018-10-25


ドイツ騎士団領への遠征を敢行したフス派軍はついに宿敵・黒騎士ヴィルヘルム率いる騎士団との決戦に臨みます。

WS004297
WS004300
WS004301
WS004298
WS004299

実を言うと、今回描いたような会戦は史実では行われていません。

フス派軍がポーランド軍などとともに騎士団領に攻め込んであちこち荒らし回ったのは事実ですが、騎士団側は戦力不足からか都市や拠点に籠もって防衛に徹しており、帝国からの援軍を待つことしかできませんでした。
遠征軍はダンツィヒ(グダニスク)を包囲した後、近郊のオリヴァ修道院を破壊し、バルト海の沿岸に到達。初めて海を見るフス派の兵士たちは海水を瓶に詰めるなどして大いにはしゃいだとか。
その後、帝国からの援軍が接近すると、ポーランドとの和平交渉が行われ、フス派軍はボヘミアに帰国しました。

史実では以上のような展開なのですが、無敵のフス派軍と精強なドイツ騎士団が真っ向から戦うとどうなるのか見てみたい、描いてみたい!と思って、あえて架空の戦闘をでっち上げました。

今回は甲冑を着た騎士と兵士が入り乱れて戦う場面が多くて、いつも以上に作画が大変でしたが、楽しんでもらえたらうれしいです〜


第51話から今回の55話までが単行本11巻収録分になります。

11巻は12月12日発売予定です。

単行本作業のため、次号の月刊アクションは休載させていただきます。


例によって、先月分の54話がニコニコ静画で公開されました。



フス戦争終結まであと8ヶ月。
『乙女戦争』完結まであと5話です。

どうぞ最後までお付き合いください!

『乙女戦争』第54話「北伐」

今月も25日に月刊アクションが発売されました。

月刊アクション2018年11月号[雑誌]
月刊アクション編集部
双葉社
2018-09-25



『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』も第54話が掲載されてます。

タイトルは「北伐」

フス派軍は北方のドイツ騎士団領への遠征に乗り出します。

リトアニア及びポーランドとの共同作戦であり、約10年にわたって繰り返された「華麗なる騎行」の中でも最大規模かつ最後の遠征となります。
WS004260
WS004263

また泥沼化する戦局の中でシャールカも大きな決断をします。
WS004261
WS004259

ちなみにドイツ騎士団領のポンメルン地方やプロイセン地方は現在のポーランド北部にあたります。
地名はドイツ読みにあわせていますが、現在ではポーランド読みが一般的です。
マリーエンブルク(独)→マルボルク(ポ)
ダンツィヒ(独)→グダニスク(ポ)
ヴァイクセル川(独)→ヴィスワ川(ポ)
等々。
騎士団本部のマリーエンブルク(マルボルク)城は赤煉瓦造りの荘重堅固な城で、世界遺産になっています。

『乙女戦争』作中では架空のキャラである黒騎士ヴィルヘルムを通じて何度も登場しているドイツ騎士団ですが、史実ではフス派と直接戦うのはこれが最初で最後になります。
宗教騎士団という性質上、異端認定されたフス派はドイツ騎士団にとって不倶戴天の敵であり、現にボヘミア国内の騎士団支部はフス戦争初期に真っ先に破壊されてしまったので、対フス派十字軍に参加したい気持ちはやまやまだったでしょう。
しかし、ポーランド&リトアニアとの度重なる戦いで騎士団の力はかなり衰えていて、ボヘミアまで介入する余力はなかったようです。
地理的にも結構離れてますし。
今回ポーランドから招聘される形でフス派のオレープ軍(史実ではヤン・チャペクが遠征指揮官)がはるばる遠征することで対戦が実現しました。


フス戦争終結まであと9ヶ月。
『乙女戦争』完結まであと6話となりました。
どうぞ最後までお付き合いください!


例によって、先月分の第53話も無料公開されています。

『乙女戦争』第53話「降り続く雨」

今月25日発売の「月刊アクション」に『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』第53話が掲載されました!

タイトルは「降り続く雨」

WS004226
WS004223
WS004222
WS004221
WS004225
WS004220
WS004224


ジシュカ亡き後も攻勢を続けてきたフス派軍ですが、カトリック側も対策を講じるようになり、次第に苦戦を強いられるようになります。

苦境を象徴するように、今回は雨が降るシーンが多いのですが、実際に1432年と33年にはボヘミア最大の河川であるヴルタヴァ川の氾濫が起きています。

そういえば何年か前にもチェコで水害が起きてましたね。

ドイツやチェコなどで洪水 広範囲で被害、死者も

地形的にも水はけ悪そうですし、15世紀の洪水でも大きな被害が出たんじゃないでしょうか。
戦争してるだけでも大変なのに…

フス戦争終結まであと1年6ヶ月。あと7話。


それと、例によって先月分の52話がニコニコ静画で公開されました。

引き続きよろしくお願いします〜







『乙女戦争』52話「華麗なる騎行(スパニレー・イーズディ)」

今月25日発売の月刊アクション9月号に『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』第52話が掲載されました。

タイトルは「華麗なる騎行(スパニレー・イーズディ)」

10巻の巻末にも解説を書きましたが、フス派が何度も繰り返した対外遠征はスパニレー・イーズディSpanile jizdyと呼ばれ、「華麗なる長征」とか「偉大なる行軍」とか訳されます。
英語だとbeautiful ride。

本作では「華麗なる騎行」としています。

中世ヨーロッパの軍隊がしばしば行った「騎行戦術Chevauchee」と本質的に同じものだからです。

なんだかきらびやかなネーミングですが、フス派軍のハンガリー遠征に加わったシャールカはこの「華麗なる騎行」がどういうものかを目の当たりにします。

WS004176
WS004179
WS004177

そして1431年11月、イラヴァの戦いでハンガリー軍と激突します。

WS004185
WS004186

フス戦争終結まであと2年6ヶ月。


ニコニコ静画では先月分の51話が公開されました。
今月発売された10巻の続きになります〜

『乙女戦争』10巻特典情報

前回もお知らせしたように、『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』10巻が7月12日に発売されます!


表紙の赤いドレスの女性がシャールカです。
ずいぶん大人びた印象を受けるかと思いますが、それもそのはず、9巻のラストのラストから5年余り経過した1430年1月から10巻の物語はスタートします。
なぜかネコミミのシャールカもフス派の仲間たちもいろいろと状況が変化し、新たな出会いもあります。
そしてフランス救国の英雄ジャンヌ・ダルクも登場します!
WS003842
WS003909
WS003913
WS003952
DUXspojVAAEtZ9c

今回もいつものように巻末に解説ページと4コマ漫画を載せました。
4コマ漫画は8巻と同じく作画アシスタントでもある永崎らんかさんに寄稿してもらいました。

10巻の発行部数は9,500部です。
巻を重ねるごとに部数は逓減するものですが、ついに1万部を下回ってしまいました…
これは全国の書店の数よりも少ない数です。
かなり大きめの書店でなければ店頭で見つけるのは難しいと思いますので、書店で予約しておくとか、ネット通販などで注文される方が手に入れやすいかと思います。
電子版もほぼ同時に出ますので、そちらでも。

どうぞよろしくお願いします!


書店での購入特典は以下の4種類を用意しました。
お買い物の参考にしてください〜

とらのあな様用】
WS004136

まんが王様用】
※サイン本抽選あり(7/10〆切)詳細はリンク先で
WS004137

【書泉・芳林堂書店様用】
WS004138
  
【共通用】
WS004139

それと、これも最近恒例になったツイッターでの販促企画も実施します。

今回もツイッター上でお買い上げ報告してくれた方にイラストを抽選でプレゼントします。

今まではラフなイラスト50枚でしたが、今回は趣向を変えて、きっちり仕上げたカラーイラストを厳選5名様に差し上げます。
仕上がりのイメージは、上記の購入特典イラストのような感じと思ってください。

【応募方法】

・『乙女戦争』10巻を購入された方はツイッターで感想などを投稿してください。

・ハッシュタグ「#乙女戦争10巻買いました」を必ずつけてください。
 複数ツイートする場合はそれぞれにタグをつけてください。

・購入された『乙女戦争』10巻の表紙や任意のページを撮影した画像を必ず添付してください。
電子版を購入された方はキャプチャ画像でもよいこととします。

・イラストのリクエストがあればそれも書き添えてください。
『乙女戦争』作中のキャラ1名のみ。
衣装や髪型なども作中のものであれば指定してもかまいませんが、複雑なポーズなどはご遠慮ください。

・「○○さんへ」という宛名に希望があればその旨も書いてください。
特に希望がなければツイッターのアカウント名で書かせてもらいます。

・応募期間は発売から2週間。7月26日24:00を〆切とします。

・応募されたツイートは抽選エントリー確認のためモーメントにまとめさせてもらいます。
念のため自分の応募ツイートがまとめに入っているか確認をお願いします。


以上です。

正直ラフイラスト50枚はしんどいなと思って枚数減らすことにしましたが、フルカラーイラストだと労力が減るのか増えるのかわかりません…
まあ、試しにやってみましょう。

以前お伝えしたとおり、『乙女戦争』は12巻で完結予定で、そこまでは単行本を出してもらえるという言質はいただいてますが油断は禁物です。
自分で言うのもなんですが『乙女戦争』はもっと売れてもいいんじゃないかと思っています。

ぼくも最大限がんばっているつもりですので、読んで面白いと思ってくれたなら初速売上とクチコミ宣伝にもご協力いただけるとうれしいです!
よろしくお願いします〜

『乙女戦争』第51話&コミックス第10巻

今月25日発売の「月刊アクション」8月号に『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』第51話が掲載されました。

タイトルは「奪われし者たちの黄昏れ」

シャールカは長い放浪の旅を終えて約7年ぶりにフス派の仲間のもとに戻り、旧交を温めます。衣装も一新します。
WS004103
WS004100
WS004099
WS004097
WS004113

一方で、旅の仲間だったエリーザとの関係には深い溝が…
WS004104

物語開始当初(1420年)には12歳だったシャールカも23歳になりました。

フス戦争が終結するまであと3年です。


シャールカが川に流されてからこうして鮭のように再び帰ってくるまでの旅路を描いた『乙女戦争』10巻は7月12日発売です!
(Kindle版も同時発売です。他の電子版もたぶん同時か、数日遅れくらいで出ると思います)

猫耳ダンサーに変貌したシャールカが目印です。
バックで祈りのポーズを取っているのはジャンヌ・ダルクです。

例によって部数は多くありません。大きな書店でなければなかなか見つからないかもしれませんので、早めのご予約をオススメします。

書店購入特典や恒例となったツイッター販促企画については後日改めてお知らせします。

『乙女戦争』第50話「ボヘミアの奇跡」

今月25日発売の月刊アクションに『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』第50話が掲載されました!

タイトルは「ボヘミアの奇跡」

フス戦争後半のハイライトのひとつ、ドマジュリツェの戦いです。
連載開始当初から「絶対描きたい!」と思っていたシーンを描くことができました♪
WS003989
WS003987
WS003988
WS003990
WS003993
WS003994

ジャンヌ・ダルクが処刑されたのが1431年の5月30日。
ボヘミアでドマジュリツェの戦いが行われたのが同じ年の8月14日。

以前にもここで書きましたがジャンヌ・ダルクはフス派に脅迫めいた手紙を送っていますので、もし彼女が異端審問にかけられず生きていたら、対フス派十字軍に参加してドマジュリツェの戦いに臨んでいた可能性も十分あると思います。

この二つの歴史的事件がシャールカの運命にどう関わったのかは、ぜひ読んで確かめてください〜

この第50話が単行本10巻の締めの回になります。
10巻は7月発売予定です。


また、例によって先月分の第49話がニコニコ静画で公開されています。


そして来月号は単行本準備のため休載させていただきます。


再来月からはまた新たな展開となり、フス戦争終結へと向かいます。
残り10話でこの物語は完結する予定です。

どうぞ最後までお付き合いください!!

『乙女戦争』第49話「乙女裁判」

今月24日発売の月刊アクションに『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』第49話が掲載されました。

タイトルは「乙女裁判」

ジャンヌ・ダルクの裁判の話になります。
WS003955
WS003952
WS003951


内容的には『ダンス・マカブル〜西洋暗黒小史』1巻で描いた「ジャンヌ・ダルク処刑裁判」と結構かぶってしまうのですが、今回はイングランドの枢機卿ヘンリー・ボーフォートという人物が重要な役割を果たします。

ボーフォートは幼きイングランド王の大叔父にあたり、イングランド宮廷でもカトリック教会内でも重要な地位にありました。ジャンヌ・ダルクの裁判では、裁判を司るコーション司教からジャンヌの牢獄の鍵を預かる一人となり、ジャンヌが病気で寝込んだ際には医者を派遣するなどの気配りをし、ジャンヌが処刑された時には涙を流して嘆いたとか。

また、ボーフォートは教皇からボヘミア問題の対応を託されて、第4回対フス派十字軍を指揮したこともあります(この時はプロコプ率いるフス派に敗れました)。その後再び兵を招集してボヘミアへ送ろうとましたが、ジャンヌ・ダルクの登場でイングランドの戦況が悪化したため軍を指揮するベドフォード公の要請を受けて急遽その兵をフランス方面に向けた、ということもありました。

ジャンヌ・ダルク裁判の直後に始まる第5回対フス派十字軍にはなぜか参加していないようですが、フス戦争と百年戦争を結ぶ位置にいる興味深い人物です。


例によって、ニコニコ静画では先月分の48話が公開されています。

次回50話が単行本10巻の締めの回となります。請うご期待!

『乙女戦争』が入試問題に!

先日担当さんから連絡があって知りました。

神戸学院大学の世界史の入試問題に『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』が使われたとのこと!

こんな感じです!

乙女戦争出題旺文社より_ページ_2_DxO
乙女戦争出題旺文社より_ページ_2_DxO-1

受験参考書でおなじみの旺文社さまから教えていただいた情報です。
後日、同社の問題集にも掲載されるとのことです。

神戸学院大学では毎年のように漫画を使った出題があるそうですが、世界史関連の漫画もいろいろある中で拙作『乙女戦争』を選んでもらったことは素直にうれしいです♪

今までエロいだのグロいだの言われてきましたが、これで『乙女戦争』がとても教育的価値の高い作品であることが証明されましたね!(笑)

なお、この問題の解答は、

問1:B  問2:C  問6:D  問7:B  問8:  問9:

となります(たぶん)。解答部分は白文字にしてあるので、カーソルで選択すると解答が読めます。  
(※他にも設問があるはずですが、それは後日旺文社さまから発売される問題集には収録されると思います)



調子に乗って、自分でも試験問題を作ってみました♪
よかったら解いてみてください〜

テスト問題1
解答 問1: 問2: 問3:

テスト問題2
解答 問1: 問2: 問3: 問4:


ぼくは高校生の頃、世界史が大好きで、テストでも毎回満点に近い高得点をマークしてました。
世界史しか勉強しないので他の教科はボロボロでしたけどね(笑)

そんな歴史好きが昂じて、今は歴史漫画ばかり描いているわけですが、その僕の描いた漫画が入試問題に使われるというのはなんか不思議な感慨があります。

もう一度歴史の教科書を開いて勉強し直したくなりました♪





『おてんば珠姫さま!』『巴の空』公開&作家応援キャンペーンのお知らせ

拙作『巴の空』と『おてんば珠姫さま!』が漫画図書館Zで公開されました!
無料で読めます!

WS003903

WS003870

以前から公開したいと思っていましたがようやく。
どちらも地元金沢の北國新聞社発行の雑誌に連載していたもので、地元題材の漫画ということで『巴の空』は源平合戦期の木曽義仲と巴御前の話、『おてんば珠姫さま!』は江戸時代の加賀藩初期の話です。
どちらもフルカラー漫画で、着彩は宮前洋介氏に担当してもらいました。
WS003927

WS003928


※『おてんば珠姫さま!』は1〜2巻は紙の本からのスキャンで3巻はデジタルデータなので若干色味の違いがありますがどうかあしからず


そして、両作品の掲載に合わせて漫画図書館Zさんでは《作家応援キャンペーン》も企画していただきました!

今回《大西巷一セット》では以下の商品を用意しました。

漫画図書館Zで公開中の作品のPDF版(『女媧〜JOKER〜』、『曹操孟徳正伝』4巻、『巴の空』、『おてんば珠姫さま!』)

・サイン付きイラスト
sign_oonishi
↑この『女媧〜JOKER〜』のイラスト(久々に描いた!)にご購入者様それぞれのお名前を入れてお渡しします。詳細はこちら

・読み切り作品「黄塵の三英」
WS003936
「決戦三国志 最強の戦い」というコンビニ本に収録された読みきり作品です。
三国志の7つの戦いを描いたアンソロジーのうち「椰經悗噺從幹悗寮錣ぁ廚鮹甘したものです。
作品の性質上単行本化はまずないでしょう。レアものですw

・『乙女戦争』第1〜2話ネーム&初期設定資料
WS003939
WS003938
現在連載中の『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』の第1〜2話のネームと初期にキャラクターその他の設定資料です。
本来公に見せる予定のなかった極秘資料()をこの機会に特別に公開します。

・イラスト集
WS003940
WS003941
WS003942
WS003943
デビュー直後のものから最近のものまで、めぼしいイラストを片っ端から集めてみました。
全部で92点!
単行本に収録されているものや、HPやpixivに掲載されているものも多いですが、未発表のものや入手困難なレアアイテムも結構あります。

ここまでを全部セットにしたのが3,500円の《Aコース》です。
※すでに購入済みのPDF版があればその分セット価格から引かれるようです。

そして《Aコース》の全商品に

・好きなキャラ描いてもらえる権(詳細はこちら

を加えたのが35,000円の《Bコース》です。


キャンペーンは3月26日までの期間限定です。数量にも限りがあります。興味がありましたらお早めに!
プロフィール

大西巷一

漫画家。
北海道出身。石川県金沢市在住。

主な作品:
『女媧〜JOKER〜』『曹操孟徳正伝』『おてんば珠姫さま!』『ダンス・マカブル〜西洋暗黒小史』 

『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』を「月刊アクション」にて連載中。

経歴や作品などのくわしいことはホームページをご覧ください。

ホームページ
LA-GROTTAバナー2
大西巷一のホームページ
「LA GROTTA」
『乙女戦争(ディーヴチー・ヴァールカ)』









各サイトの電子版もあります。詳しくはホームページで。
『おてんば珠姫さま!』
漫画図書館Zにて全話無料公開中!


『巴の空』
漫画図書館Zにて全話無料公開中!

WS003903
短編集『涙の乙女』

各サイトの電子版もあります。詳しくはホームページで。
『ダンス・マカブル』


各サイトの電子版もあります。詳しくはホームページで。
『曹操孟徳正伝』
[Kindle版]


各サイトの電子版もあります。詳しくはホームページで。
『女媧〜JOKER〜』
漫画図書館Zにて全話無料公開中!




月別アーカイブ
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキング
↓当ブログを面白いと思ったらポチってくださいませ☆
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ