2015年06月25日

Ape100 その後

ちょうど昨年の今頃、

第九研究室だより:五十にして機械を知る


↑ このエントリに書いたように、近所乗り用にホンダの Ape100 を中古で購入し、せっかくなので色々機械イジリをしてみようとなんちゃって改造をしておりました。

その後、結局以下のような改造を施します。

・ハンドルをアップハンドルに交換
・小型タコメータを装着
・グリップを振動吸収型に交換し、グリップエンドを装着
・シートをフラットシートに交換
・マフラーをショートマフラーに交換
・インシュレーターを交換(エアクリキャブの間にあるスペーサー)
・エアクリをパワーエアクリに交換
・サイドカバーを取り外し
・タンデムステップを取り外し

その結果以下のような外観になりました。



ちょっとスカチューンぽいでしょ?
走りもノーマル時に比べるとフケもよく、パワーがあがりました。普通に自動車と同じスピードで走る事ができ、うしろから煽られなくても済むようになった。

難を言うとエンジン回転数が6,000rpmを超えるとちょっと排気音がうるさい事ですかね。まあ早朝や深夜の住宅街を走らない限り問題の無い範囲だと思っています。

後は、フロントブレーキのディスク化と、それに伴うフロントフォーク、トップブリッジ、ホイール等の交換なんですが、これが実に金かかる・・・ ディスク化するだけのパーツを全部新品で集めると15万円ぐらいします。フロントフォーク、ホイール、タイヤ等を含めると30万円近い出費になって、元々約20万前後で購入した100ccの中古バイクが 60万円近い バイクになってしまいます。

さて、どーするべか?





koichiise at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ツーリング