2009年09月07日

9回表 ウラミハラサデオクベキカ・・・

さて前回の質問の答えです。

正解は「怨み」なんです!

怨みの感情こそが時間とともに増えていって、
この感情が「向上心」の源、動機になるわけです。
うらみ・つらみ、と聞くとなにかドロドロしていて、
とても爽やかなスポーツとはかけ離れたイメージですよね?

ところが・・・
考えてみてください。
自分に永遠のライバルがいるとします。どんな分野でも構いません。
あなたは、そのライバルと勝負をし、完膚なきまでに負けてしまいます。
そして、次の勝負の勝利を誓います。
この時のあなたの感情はどうでしょう?
恐らく「次はアイツをやっつけてやる!」
    「たたじゃおかない!」
    「いつか谷底は突き落としてやる!」
こんな感じですか?

あるいは、この前の大会でうちのCチームが、決勝で負けました。
試合後、彼らは悔しくて悔しくて・・・
それはもう絵に描いたような号泣です。
この時の子供たちの気持を代弁すると・・・
   「てめ〜ら、次の大会で必ず決勝まで勝ちあがって来い。
    ボッコボコにしてやるからな!」
と、いうところでしょうか?

このような不純な動機「恨みの感情」こそが、競争心をあおり、
人をやる気にさせ、人を向上させる、
というわけです。
イチローは三振したあと、投手を睨みつけますよね?
あれ。あれです。

われわれコーチたちの仕事の一つに、
選手たちの気持、精神力を強くすること、があります。
「野球が上手くなりたい。」「強くなりたい。」
といった子供たち願いを叶えるためには、
向上心や競争心が伴わなければなりません。

叱ること、褒めること
これらを組み合わせ、繰り返すことが、一般的な我々の指導といわれますが、
「悔しがらせること」
これがとても重要であるような気がします。

練習の中に競争を取り入れると、
不思議なもので、子供たちは喜んで競い合います。
負けると、とても悔しがります。
彼らは、ギリギリの勝負ほど、燃えます。
この、見過ごしてしまいそうな、ほんの小さな感情が、向上心を生みます。
「努力」することを習慣化させます。

今の学校教育は「競争」に背をむけます。
子どもたちに競争させ、あえて順位をつけることをしません。
しかしながら、彼らはいずれ競争社会に身をおき、
し烈な競争を勝ち残っていかなければなりません。

当たり前の話ですが、
勝負に勝つ、ということは、
相手を負かす、ということです。
勝負は残酷です。
相手に遠慮して勝つなどということは出来ません。
立ち直れないほどに、出来る限りダメージを与えて勝つことこそが、
勝負事の鉄則です。

恐らく子供たちには、
この残酷な闘争心が本能的に備わっている、と私は思います。
子供たちを強くするヒントは、
どうもその辺りにあるんじゃないか?と・・・

Cチーム!素振り300回サボんじゃねーぞ!

koichikano at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月08日

8回ウラ 怨念がおんねん・・・

強い、負けないチームの条件とは何でしょうか?
野球の技術力が高い。
守備力が高い、得点力がある・・・等々。
色々あると思いますが、少年野球において、
勝敗を左右するのは、やはり子供たちの気持ち、精神力に尽きます。
気持ちが弱い、今風の言葉で、すぐ心が折れてしまう子どもたちは、
失敗することを極端に嫌います。
そもそも彼らのプレーの目的は、
見逃しの三振をしない、エラーをしない、
怒られない様にする、といったマイナス思考ですから、
そこには競争心や向上心はありません。
反対に、気持ちの強い子どもには、向上心があります。
これらの子供たちからは
「野球が上手くなりたい。」という気持ちが、ひしひしと伝わってきます。
不思議なもので、こういった「勝ちたい。上手くなりたい。」という気持ちは、
特に同じ学年に広がっていく傾向にあります。
しかしながら、逆の「失敗しないように、怒られないように・・・」といった
ネガティブな気持ちも、困ったことに、伝染してゆきます。
確かに、向上心・競争心を強く持った子が多い代は、強かった。
好きこそものの上手なれ。
「野球が好きで好きでしょうがない」子どもにあまり下手はいません。
そりゃあ中には下手もいますけど、
こういう子は、時間がかかっても、必ず伸びてきます。
学校から帰ってくるや否や、Wiiでモンハン。DSでパワプロ。
学校から帰ってくるや否や、ランドセル放り出して、壁打ち。
ゲームもグローブも、買い与えているのは、我々おとなです。
1 子どもたちに好きに選ばせる
2 無理やり野球をやらせる
3 野球をやるように道筋を作る
あなたはどっち?
子どもの向上心はどうすれば育つのでしょう?
学生のとき読んだ心理学の本を思い出しました。
その本の内容にヒントがありました。

Q. 人間の感情は時間の経過とともに薄れていくものがほとんどです。
  例えば恋愛感情。昔別れた恋人への気持が、今のほうが強いという人はい
  ません。ところが、年月が経つとともに、唯一増幅していく感情があります。
  それは何でしょう?

To Be Continued...    



koichikano at 10:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月06日

8回表 HOT DOG!

ひさっびさの更新です。
このところ目が回るほど忙しく、
自らのブログをかなり放置してしまいました。
すみません・・・

さて
前回に続いて「野球の流れ」について話したいところですが、
かなり間が空いてしまったのと、
話を再構築するのが面倒なので、
また次回ということで・・・

今日は得意分野のホット・ドッグといきましょう。
メジャーリーグの野球場では、それぞれ名物のホットドッグがありますね。
ドジャー・スタジアムの「ドジャー・ドッグ」とか、
フェンウェイ・パークの「フェンウェイ・フランクス」など。

フランクフルト・ソーセージは
その細長い形状から「ダックスフンド・ソーセージ」などと呼ばれ、
それがホット・ドッグの名の由来と言われていますね。
野犬狩りの犬肉入りという説は、
たぶん都市伝説でしょう。

CNNのニュース・キャスターをやっている従弟がおりまして、
日米のハーフなんですが、
少しはアメリカで名が売れています。
そのフランク(ソーセージだけに・・・)・バックリー直伝の
ホット・ドッグのレシピです。

材料

ソーセージ(ゼファー関係者はニッポンハムの「シャウエッセン」!)
ホット・ドッグ用パン
アメリカン・レリッシュ
フレンチ・マスタード

・ソーセージは焼かずに、3分ボイルします。
・パンは切れ目を入れ、開いた面を下にして、
 オーブントースターで裏面をカリッと焼きます。ここがポイントです。
・パンにボイルしたソーセージをはさみ、フレンチマスタード*をかけます。
・アメリカン・レリッシュ**をドサドサのっけて、出来上がり!

*フレンチマスタードは辛味の無い、調味料です。
 アメリカ製の毒々しい黄色の容器に入って、スーパーに売っています。
 油分の少ないマヨネーズのような感じ?です。
 ここでケチャップは使いません!
**塩味でない、甘いタイプの、スウィート・ピクルスのみじん切りです。
 ビン詰めがスーパーで売っています。
 これが味のキモになります。

簡単に出来ます。
ケチャップを使わないことで、
非日常性の強い、「アメリカンな味」に仕上がります。
ジャンク・フードの王道、
Buckley家のホット・ドック、ぜひお試しあれ!
もう気分はコニー・アイランドです。
行ったこと無いけど・・・


 


 

 



koichikano at 17:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)