2008年12月31日

エポキシエタン【C2H4O】

さてさて。


毎年恒例となりました大晦日のブログ更新です。
今年も残すところあと数時間。
あっという間でしたね(また言ってる)。
ついに4年生です。
まじで?やばいっす。
大学生活、折り返しです。
これはほんとに・・・厳しいのう。


来年もみなさんがんばりましょー!




ヾ(=・ω・=)o                        12/31











↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
☆エポキシエタン【C2H4O】

エチレンオキシドは、有機化合物の一種で、3員環の構造を持つ環状エーテルである。
最も単純なエポキシドである。
別名として、エポキシエタン、オキシラン、オキサシクロプロパン、酸化エチレンとも呼ばれる。
IUPAC命名法では、1,2-エポキシエタンが最も一般的。
水、有機溶媒のいずれにもよく溶ける。
立体的なひずみエネルギーにより、特に求核剤に対して反応性が高い。
他の有機物質を合成するときの中間体として用いられる。
また、医療用器具や精密機械を滅菌するために用いられる。
猛毒。
工業的には、銀を担持させたアルミナ触媒のもと、200–300 ℃ でエチレンと酸素とを作用させて合成される。
酸化エチレンの 2004年度日本国内生産量は 941,100 t、工業消費量は 710,063 t である。
エチレンオキシドを最初に合成したアドルフ・ヴュルツは、2-クロロエタノールと塩基を用いた(分子内ウィリアムソン合成)。
エチレンと過酸化水素、あるいは過酸との反応によっても作ることができる。
エチレンオキシドに酸を触媒として水と反応させるとエチレングリコールが得られる。
この反応で水の量を減らせば、ポリエチレングリコールが生成する。
さらに、水のない条件で酸を作用させるとカチオン重合によりポリエチレンオキシドとなる。
また、グリニャール試薬と反応させると加水分解後に第一級アルコールとなる。
3員環の開環によりひずみエネルギーが解放されるため、このほかにもさまざまな求核剤に対するヒドロキシエチル化剤として良い反応性を示す。
アセタール樹脂、エピクロロヒドリンゴムなどの原料として利用される。  
Posted by koinforkoin at 17:56Comments(0)TrackBack(0)

2007年12月31日

エピネフリン(アドレナリン)【C9H13NO3】

さてさて。


今年やり残したことを思い出した。
ブログ更新
思わず文字サイズ大きくしちゃうくらいやり残してた。
・・・とはいえ特に何かあったわけでもなくて。


どーもきっかり1年ぶりの更新です。
なんと今年ももう終ってしまいますね。
尋常じゃない。
今年はいい年でしたか?
俺はそうでもなかったかなぁと。


あ、来年もよろしくお願いします。
成人式とか頑張ってくださいね。ほんと。



ヾ(=・ω・=)o                        12/31











↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
☆エピネフリン(アドレナリン)【C9H13NO3】

副腎髄質より分泌されるホルモンであり、また、神経節や脳神経系における神経伝達物質でもある。
ストレス反応の中心的役割を果たし、血中に放出されると心拍数や血圧を上げ、瞳孔を開きブドウ糖の血中濃度(血糖値)を上げる作用などがある。
アドレナリンは1900年に高峰譲吉と助手の上中啓三がウシの副腎から世界で初めて結晶化した。
しかし、副腎から放出されている物質の抽出研究は同時期に世界中で行われており、ドイツのフェルトはブタから分離した物質に「スプラレニン (suprarenin)」、アメリカの研究者エイベルはヒツジの副腎から分離した物質に「エピネフリン (epinephrine)」と名付けた。
原罪ではアドレナリンもエピネフリンも同じ物質の事を指しているが、ヨーロッパでは高峰らのプライオリティーを認めて「アドレナリン」の名称が使われているのに対して、アメリカではエイベルの主張を受けて、副腎髄質ホルモンを「エピネフリン」と呼んでいる。
現在、生物学の教科書・論文では世界共通でアドレナリンと呼んでいるのに対して、医学においては世界共通でエピネフリンと呼ばれている。
「生体内で合成される生理活性物質」と言う捉え方と、「医薬品」という捉え方の違いからだが、日本では医薬品の正式名称を定める日本薬局方が改正され、2006年4月より、一般名がエピネフリンからアドレナリンに変更された。
交感神経が興奮した状態、すなわち「闘争か逃走か」のホルモンと呼ばれる。
動物が敵から身を守る、あるいは獲物を捕食する必要にせまられるなどといった状態に相当するストレス応答を、全身の器官に引き起こす。  
Posted by koinforkoin at 22:10Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月31日

エナント酸【CH3(CH2)5COOH】

さてさて。


今年やり残したことを思い出した。
ブログ更新
思わず文字サイズ大きくしちゃうくらいやり残してた。
・・・とはいえ特に何かあったわけでもなくて。
今年も後10時間ってとこですね。
皆さん、本当にやり残したことありませんか?
ほんとに終っちゃうよ?たぶん。


来年はきっといい年になりますように。
野球見に行きたいな。



ヾ(=・ω・=)o                        12/31













↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
☆エナント酸

エナント酸は炭素数7のカルボン酸で、末端にカルボキシル基を持つ。
IUPAC名はヘプタン酸である。
腐敗物のような悪臭を持つ油状液体で、腐った油のにおいの成分の一部である。
水には溶けにくいが、エタノールやエーテルには良く溶ける。
香料として使われるヘプタン酸エチルなどのエステルの合成に用いられる。
タバコの添加物のひとつでもある。

これは久々w  
Posted by koinforkoin at 13:48Comments(0)TrackBack(0)