2016年07月25日

2016/07/24(日) J2第25節 愛媛FC戦

鳴門市・大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムにてJ2第25節、愛媛FC戦を見ました。

もはや伝統と言ってもいい四国ダービー。前回のアウェイからわずか一か月余り。早くも今年の四国ダービー最終戦。
前回と同じく、勝って愛媛に2タテを食らわせることができるか。
CIMG1471

曇っているものの、蒸し暑い。

今年も来場してくれました。Jリーグマネージャー佐藤美希さん。
前任の足立梨花さんの時代から思ってたけど、全国各地のJリーグチームを回り、がんばってPRしてくれてありがとう。
初々しい阿波踊りもよかったです。
CIMG1470


Jリーグ等のマスコット&ゆるキャラ大行進。このカオスな雰囲気に、初見のゆるキャラもいてもう誰が何やら(笑)
CIMG1477


キックオフ前のビッグジャージ掲出。波打つ旗。これはこれでいい演出だと思いますよ。
CIMG1479

同時に愛媛サポーターからもビッグフラッグ掲出がありました。
CIMG1482

観客の入りはなかなか。間違いなく今シーズン最高。四国ダービーとしていい雰囲気だ。

アレックス選手、今期初スタメン。これに伴い、ちょっとシステムが変わったか?

前半。好調な時の攻撃、とまではいかなくても、悪くはないとは思う。
ただ、裏への抜け出しを狙ってるトップ二人にもっとたくさん効果的なパスを出してもらいたかった。愛媛の守備陣は薄く横に広がっている感じで、きつくマークについているようにも見えなかった。DFの間にいくらでもスキがあったように見えた。ここを突いてスルーパスを・・・と行けなかったんだろうか。バックパスでボールを戻すシーンが目立った。縦への推進力がやや弱かった。

そして守備は・・・試合を通して何度か決定的なピンチを招いた。愛媛のシュートミスだったり僅かに逸れたりして助かったが、守備の不安は最後までぬぐえなかった。
別に押し込まれているという印象はなかったが、あっさりピンチを迎えてしまうのはなぜだろう。1度などは愛媛にPKをとられそうなシーンもあった。ノーファールだったが、ヒヤリとした。

これからも主力の一人ぐらいはたまに抜けるだろうし、今シーズンは守備の不安定さは最後まで続きそう。

1点目は意表を突いたセットプレーから。コーナーを広瀬選手が蹴りに行くのはやっぱり珍しいことだったみたいです。これも作戦だったんですね。それからカルリーニョス選手の猛ダッシュからのボレー。DFの間を通す難しいシュートを決めてくれました。初ゴールおめでとう。

1-0でリードして前半を終えましたが、守備の不安定さでまだ全く分かりません。

後半も同じ流れが続きましたが、何度か決定機を外していた渡選手が押し込んで追加点。ようやく決めてくれました。カルリーニョス選手のミドルがきっかけですが、よく詰めてました。

守備は不安でしたが、よく無失点で終わりました。シュートミスに救われました。


これで今年の四国ダービー完全勝利。今期一番の動員でこの試合は良かったです。


試合終了後。サポートスタッフに合流。アウェイ側でゴミの片付けをしました。

アウェイ側はそうでもなかったのですが、他のエコステではかなりゴミの処理に時間がかかってました。
動員数が多かったし、それに今日は招待客が多かったというのもあるんでしょうか。今日は特にひどかったみたいで・・・それと、サポーターさんもホーム階段下にゴミを残したままにしないでもらいたいです。

作業終了予定時刻をちょっと過ぎた辺りでようやく作業終了。
CIMG1475


CIMG1473

ロアッソさんと愛媛さんからのおみやげ。ありがとうございます。


本日の入場者数 8,962 人 平均 4,15人(+401) 累計53,948人

koittyann at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!試合観戦記 

2016年07月22日

2016/07/20 (水) J2第24節 ロアッソ熊本戦

熊本県熊本市・うまかなよかなスタジアムにて、ロアッソ熊本さんのボランティアに参加しました。
CIMG1452


CIMG1454


祝・初うまスタ。初ロアッソボラ。
スタジアム内の控室で午後2時半にミーティング開始。平日にも関わらず、ロアッソのボランティアさんの人数は多い。
「ヴォルティスさんから応援に駆けつけてくれた」とスタッフから紹介され、ロアッソのボランティアさんから拍手で迎えられた。
CIMG1457


フィールドに全員集合しての記念撮影。その後、各担当に別れた。

入場口でテントなどを張ったり、マッチディに織り込みを入れたり。
CIMG1460

強い日差しの中、休みながらの作業。そして時折の会話。「ヴォルティスのボランティアさんにはユニフォームあるんですか?」いや、あるんですけど今日は極力、ヴォルティス色を避けるようにとのことで・・・
「白い服は汚れが目立つんで、気を遣うんだけどね」  エンブレム入りのユニはチームの一員の証です。
new_CIMG1462

「徳島には昔、研修でしばらく住んでたよ。鴨島に吉野。分かる?」 ええ、多分当時からあまり変わってないと思います。

気さくに接してくれてありがとう。熊本人の肥後もっこすという言葉を連想した。

CIMG1459

上手に描けてるなあ。感心しました。

定時に開門。
震災の影響で、他の入場口は閉鎖され、一つしかない。そのためお客さんが集中して、なかなかの忙しさだった。でも、入場者数伸びなかったなあ・・・

合間を縫い、地元新聞の記者からインタビューも来た。震災後の支援という空気もあるんだろうけど、こんなに歓迎してくれるなんてありがたいことです。

トラブルもなく、キックオフの少し前に自分は業務終了。スタンドでサポーターに混ざる。


ヴォルティス、今日はいけてなかったなあ。攻撃が停滞することは今年もたまにあるが、今日は特に精彩を欠いている。
全体的に動きが重く見えるのは、連戦の疲れでしょうか。でも相手も同じ条件のはず。前半、完全にゴールを決められたと思ったシーンがあったが、辛くもノーゴール。あんなシーンは珍しい。うちとしては助かったが、せっかく拾った運も、生かすことはできず。

試合終盤までヴォルティスのちぐはぐな展開が続いた。ここまでよく無失点で済んでる。
これはスコアレスのまま終わりそうだな、今日の内容でよく引き分けられたものだと思ったところで、帰りの夜行バスの時間が迫り、スタジアムを後にした。

失点シーンは見ていませんが、結果は帰りの道中で知りました。
あの内容ならそりゃ負けるだろうなあ。


試合結果は残念でしたが、思い切って遠征して良かったです。
また来れたらいいなあ。そして熊本の皆さま、またの機会にぜひおいでください。

koittyann at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!活動報告 

2016年07月17日

2016/07/16(火) J2第23節 京都サンガFC戦

鳴門市・大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムにてJ2第23節、京都サンガFC戦を見ました。

前半はヴォルティスペース。縦への動き、そして時折大きくサイドを変える横への動き。
攻めに関しては、今年の最高レベルに動きが良かったと思う。
2点目など、ヴォルティスでは去年まったく見られなかった見事なカウンターだった。広瀬選手おめでとう。
ただ、守備はそこまで良くなかった。

前半こそ失点ゼロで抑えられたものの、サンガのシュートの精度の悪さに助かった。ポストに嫌われたエクスデロ選手と山瀬選手の連続シュートは、本来は完全にやられてるはず。
時折崩されてしまう不安定な守備は今日も変わらず。

運もあったが、前半を2点リードで折り返したのは今季初か。

ハーフタイムは恒例の花火が上がった。まだ明るかったのでやや見ずらかった。

大勢来てくれたサンガサポーター。どうやら今期一番のアウェイ人数だったと思われます。
CIMG1450


後半はサンガに押される。ヴォルティスは決して受け手に回ってたわけではないと思うけど、ぴたりと攻撃の手が止まったように見えたのはなぜだろう。前半に飛ばして足が止まったか。前からボールを追えなくなっている。

要注意と言われた堀米選手に決められ、1点差に追い上げられる。見事なゴールだった。後半の出来では遅かれ早かれやられてたと思う。なんなら逆転されそうな嫌な展開だ。はたして耐えられるか。

サンガのパス回しに翻弄され、守備がたまに崩れるのは相変わらずだったが、サンガも細かいミスが出る。シュートの精度も低い。

ヴォルティスの攻勢は散発的になり、あとはサンガの攻撃をほとんど受けるようになってしまった。
押されまくったが、その後はなんとか無失点で抑えられた。
途中出場の藤原選手の守備が今日は効いたかもしれない。

前半は攻撃陣が好調で面白く、後半は守備に追われてヒヤヒヤした試合だった。面白かったと思う。

今季初の連勝。この波が本物であればいいと思う。


試合終了後、サポートスタッフに合流しました。
ビジターゴール裏でゴミの片付けをしました。

暑い中での応援で水物が多かったですが、意外にペットボトルが少ないなと思ってたら、最後に係員がでかいポリ袋5袋ぐらいにまとめて持ってきてくれました。やっぱり多かったか。分別してくれてて助かりました。

大勢来てくれたサンガサポーターさんお疲れ様でした。今日の試合は負けたとは言え、いいゲームができてたし、それにまだ上位につけている余裕か。あまり悲壮感はなかったように見えました。

午後9時に作業を終了してミーティング。15分ほどで終わって解散となりました。
CIMG1451


本日の入場者数 4,191 人 平均 3,749人(+40) 累計44,986人

koittyann at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!活動報告 

2016年07月04日

2016/07/03(日) J2第21節 Vファーレン長崎戦

鳴門市・大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムにてJ2第21節、Vファーレン長崎戦。

午前中。数年前に亡くなられた元サポートスタッフの方のお墓参りに。
CIMG1440


ヴォルティスが最も弱かったであろう時代。あの頃から選手もスタッフもずいぶん替わりました。しかしチームがある限り、集える場所がある限り、前にもがんばっていた人たちがいたんだよということを忘れません。

自分の経験的にも、突然コミュニュティが無くなって、集まっていた人たちの関係がぷっつりと途絶えることも多々あっただけに、なおさら思います。



スタジアムには午後2時ごろに到着。
暑いうえに風が弱い。

今日は久々に来てくれた大学生のグループ、一方で初めて参加してくれた大学生グループもあり、などで若者たちが一気に増えた。数年前のJ1時代を思い出す。

久々に会う人も、就職などが決まってたりで、時の流れを感じる。

ついこないだと思ってたのだが、年を取ると、本当に早いね。



今日の担当はバックスタンド入場口。

定時に開門する。
全く順調。トラブルもない。屋根とちょうどいい風で、暑さもしのげる。

青色のJALカード。色もVORTISカードに本当にそっくり。こりゃ間違えて取り出してしまうのも分かるわ・・・


ある程度は予想していたが、日差しを避けてか、バックスタンドのお客さんは少ない。キックオフ前はまだ日差しがある時間だしね。

午後6時過ぎキックオフ。

前半休憩したが、まだ暑さが残る時間だけに、休憩室で過ごしていた。長崎GKの負傷は気がつかなかった。大事なければいいのだが。

後半持ち場に戻った。前半の戦いはサポーターには不本意だったようだが、やや持ち直したか。歓声が度々上がる。
しかし、待望のゴールはついに生まれず。スコアレスに終わった。

リ・ヨンジ選手、里帰り出場おめでとう。アウェイではお手柔らかに。

片付けも順調に終え、午後9時ごろに解散となりました。
CIMG1442


負けなかったとは言え、今日の結果は不本意だったかな。
CIMG1443



本日の入場者数3,243 人 平均 3,709人(-46) 累計40,795人

koittyann at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月27日

2016/06/26(日) J2第20節 ツェーゲン金沢戦

鳴門市・大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムにてJ2第20節、ツェーゲン金沢戦を観戦しました。

今日は久々に濱田選手がスタメン復帰。これを受けてどうなるか。
うちの要とも言えるポジションだけに、これでうまくいけば怪我で誰か抜けても安心要素になるかもしれない。

前節のセレッソ戦での悔しい惜敗を受けて、それなりに期待して見ていたのですが・・・

前半。



あまりに低調な内容。

いったいどうした??

完全に攻め手を欠いてる。相手の守りを崩せない。
それに加え細かいミスが多くてシュートにまでも持っていけない。

シュートが少ないのはツェーゲンも同じくで、引き気味のカウンター狙いのポジション。

相手が引いてくれてるので、ヴォルティスは押し込むチャンスのはずだが、全然押し込んでるという感じがしない。ボールが中盤からツエーゲン陣内を転々と移動するのみで、シュートもほとんどない。

いや、ほとんどというか、両チームとも前半シュート0だったというのは、後で知りました。

ヴォルティスは前回よく見られたサイドからの切り込みとか大きな展開がなかったなあ。
ワンパターンに中央から細かくパスをつなごうとするけど、崩せずに結局ボールロストする。

がっちり守りを固めた相手の前で横パスを続けているのは、何を狙ってたんだろうか。

ツェーゲンの攻撃で怖かったのはセットプレーだったが、こっちはなんとか集中して守り、ゴールを許さなかった。そこだけは良かった。

前半、ほとんど見どころなくスコアレス、シュートレスのまま終わった。


あまりに不甲斐ない内容に、サポーターからもブーイングが起こる。

後半も、内容はほとんど同じ。

両チームともゴールの匂いは全くない。なんて覇気を感じないことなんだろう。このままの流れが続くなら、せめてメンバーチェンジで流れを変えてもらいたい。


ようやく、流れをつかみかけてきたのは試合の最終盤の頃だった。この試合唯一の決定機と言ってよかった大崎選手のヘディングシュートは惜しくもGKに防がれた。

それでもほんの少しだけ流れがヴォルティスに来ている。ロスタイムは6分もある。なんとか最後のところで得点をもぎとって・・・

ところがもぎとられたのはヴォルティスの方だった。よく守れてると思ってた一瞬のスキ。セットプレーでもないのに、あっけない。

1試合でガラリと悪い方に変わることがありますが、今日はまさにそれでした。今日は向いていない戦法をずるずると続け、打開しようにもどうしていいか分からず、最後まで戸惑って終ったように感じました。あと、相手の戦術に合わせてしまったかなと。攻め手のなさ、アイディアのなさにつきるかな。

特性に合う戦い方がうまく見つかればいいのだけど。これがなかなか難しいんでしょうねぇ。


試合終了前、サポートスタッフに合流。アウェイゴール側でゴミの処理をする。

試合終了後のサポーターのブーイングはこっちでもよく聞こえてきた。


勝利の余韻。ツェーゲンサポーターはなかなか出てこなかったが、それでも順調に8時半ごろ作業終了。

最後にミーティングをして解散しました。今日は暑かったでしょうに、お疲れ様でした。


最近、某チームのサポーターの不正入場がバレて処分が下されたというニュースがあったところです。
不正入場って、意外にバレますよ。確信犯か過失かもすぐ分かるものです。


本日の入場者数3,525 人 平均 3,755人(-26) 累計37,552人

koittyann at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!活動報告