コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

呑んで帰って何気なくテレビを点けて、チャンネルをFOX Movie に合わせたら、僕的映画ランキングNO.1 の「ゴッドファーザー・パート2」がちょうど始まってしまったw 今迄500〜600回は観て、三国志並の登場人物の多さを全員相関図で説明できるし、シシリー語やイタリア ...

宿の自室にビールやカクテルの買い置きが山ほどあったので、昨日はテイクアウトにしたマリゴンドン中心部の交差点近くにある「Ka-Sam's Barbecue House」で今夜の呑み。 今日一日、激しく降ることはなかったが、それでも時々小雨が降ったり止んだり。 マリバゴのリゾ ...

ホテル付随のレストランで、2日続けて高い値段で不味い料理をつまみに呑むのは苦痛なので、寄宿している宿からマリゴンドンの商店街まで、暗闇の中を15分ほどの「買い出しツーリング」w 東南アジア辺境の夜のツーリングなど、暗いだけで飛ばせるだろうと思うだろうが ...

昨夜は呑みの前にマッサージを部屋にチャーターして小一時間ほどオイル・マッサージで筋肉をほぐしてからホテル付随のレストランで軽く呑んでからの部屋呑み。 撮影中に転倒した時に打った両ひざが時間を経過して思いの外痛いけれど、まぁ痛いだけなのでマッサージも普 ...

セブ周辺にいて手っ取り早く辺境をイメージすると、対岸の島の「マクタン島」のスバ・バスバス集落を想い浮かべてしまうのは僕の「ワン・パターン」。 懇意にしているバイク・レンタル屋さんがマクタン島にあるので、結局マクタン島に行くなら、と言う思いもあるし、そ ...

昨夜の前夜祭からパレード当日の今日(まだ真っ最中)まで、2年続けて参加した「Sinulog Festival(シヌログ・フェスティバル)。 フィリピン版「リオのカーニバル」とも揶揄される、多分フィリピン最大のフェスの様子を撮影するため、この数日バタバタした。 とりあ ...

都内のアトリエを出て電車を乗り継ぎ、池袋から日暮里経由で成田空港へ。 月に一度から二度のお決まりのコース。 成田空港に着いては流れ作業のようにフライト・チェックインを済ませては、あまりの作業効率の悪さにランチを食べる時間も無くなった。 タバコを一本だ ...

バイカーやサイクリスト達には「シデメン街道」と言われる「ジャラン・ラヤ・ブサキ(Ji. Raysa Beasakih)」をブサキ山方面に北上しながら登ると「トゥンブク(Tembuku)」の集落あたりで結構広めの丁字路があり、そこが島の西方面に向うショートカットだ。クルンクンから直 ...

帰り道に寄れば良い「ギャニャール(Gianyar)」はスルーして東へ向い、バリ島東部の基点になる街「クルンクン(Klungkung・Semarapura)」でバイクを停めては小1時間ほど観光をしては飯を喰らい、街西はずれのロータリーを北上する。ここから「シデメン街道」と呼ばれるカラ ...

と言うわけで、この数年間に「立ち食いそば店」で喰らったメニューを全羅列。(って言うか、ライブドア・ブログの画像アップロード最大画素数まで。)と、このコラージュ作っていて気が付いたのだが、もしかしたら僕チンこの2〜3年間、立ち食いそば屋で食ってないかも。昨年 ...

2010年前半に生死を彷徨った後にライフ・スタイルも変化して、日々の外食やおやつを画像に記録するようになった。そんな「使い道の無い」画像がPC 内やネット上のストレージ、クラウド内に何万枚もあり、古いものから整理・削除するついでのエントリー。基本的に同じようなカ ...

澳門到着翌日の朝。昨晩結構飲み食いしたにもかかわらず結構腹が減っているのは、澳門(ホーム)でリラックスして日本で貯めたストレスを一気にデトックス出来たおかげかw下環街を散策しながらいつも利用している快餐弁当屋でテイクアウトして宿の自室でゆっくり喰らおうか ...

SEO対策で一応数種のアクセス解析を入れているけれど、基本アフィリで食っている訳ではないのでそんなに訪問者数などは気にはしていない。それでも訪問者の属性などはたまに見るけれど。いつも思うのは「日本人の支持率が低いなぁ」ってこと。 色んな言語で記事を書いたりし ...

スカワティのアート・マーケットで水分補給を完了して路上に出ては何となく飯を食いたい気分。この周辺は「バビ・グリン(豚の丸焼き副えご飯)」が名物で路面店に看板を掲げる店も多い。街道沿いのヒンドゥー寺院や仏教寺院を横目に通り過ぎては U ターンして見学をする事何 ...

2日間オフが続くと分かれば一泊二日でも行っていた2006年ごろ。この当時の「旅カメラ」は110フィルム・カメラとノーマルのフィルム・カメラ、デジカメのSONY U-50とNIKON S4 に携帯付属のカメラを使用しては忙しくそれぞれのカメラで同じ場所を撮ったりしていた。今現在は一 ...

夜遊びをしなくなってからというもの、呑み屋をはしごする事もなく小姐のいる賓館に寄る事もなく、宿にそそくさと帰ってはスマフォをいじったりテレビを見たりしながら寝酒を呑んでゆっくり過ごすことが多くなった。この晩は特に到着日と言うこともあって、雀仔園で呑んだ後 ...

4TRAVEL 一つ前のエントリーで「福隆新街 Rua da Felicidade」をアップして次のエントリーがまた福隆新街なのは、2005年の世界遺産登録を前後にこの通りが中華風の石畳に変化したのを見せたかったのだろう。多くの人は海外旅行をする際、同じ場所は避け気味なのだろうが、僕 ...

走っている時は気にならない赤道直下の紫外線を含んだ気温35℃の日差しが一度バイクを止めると、遮るもののない腕や首筋に痛いほど焼けている事を改めて感じさせられるバリ島の日中。ノルマではないけれど、一時間に一度は休憩して水分補給をしなければ、軽いめまいに陥りそ ...

マカオの純情さんからいただいた僕の人物写真に対するキャッチをサブにしてみました。 そんな人物写真をたくさん撮っていた2000年代初期。合宿のように澳門内港の富城賓館で共に暮らしては兄弟姉妹のように過ごしていた頃。宿を変えれば未だに見れる風景だけれど、僕はもう ...

澳門での夜呑みはできる限り雀仔園にある「大興麺家」で過ごしたい。ここは僕の澳門滞在創世紀から通い続けているだけではなく、周囲の顕著なレストランのシェフたちが仕事終わりに訪れるほど味に信用のある店だからだ。実際にミシュラン三ツ星のレストラン「ロブション」の ...

初めて買ったデジカメはソニーの200万画素(2メガピクセル)のもので、その当時はその程度が当たり前だったしそんな(進歩の遅い)時期のスパンが長かった時代。それでも画質は当時流通していた携帯電話内臓カメラの3〜4倍は良かった。その後15年以上が経って、コンデジは今 ...

宿泊した宿で共される少な目の朝食をお代わりしては日が高くなる前に、バリ島観光の中心地であるクタの街を島北東部の第一目的地に向けて出発する。この時の足は150ccの中型スクーター。人っ子一人いないような辺鄙な場所をツーリングするので燃費だけで選んだ。クタから北を ...

香港国際空港に到着してそのままトランスファー扱いで澳門行きのフェリーに乗り込む。小1時間ほどで澳門に到着してフェリー・ターミナルからタクシーで内港エリアを目指す。予約済みのホテルに荷物を降ろしてまだ19時頃。呑むにはまだ早いので近場のコンビニでおやつを買い込 ...

クタ街中の路地裏で適当な宿を見つけては荷物を降し、明日の準備を終えて呑みに向う。久しぶりの訪問ながらも、クタではとりあえず「Made's Warung (マデズ・ワルン)」を目指す。パンタイ・クタ通りに面した路面店のこのレストランは昔も今も、朝は温かいクロワッサンにカ ...

 定宿でたくさんの小姐たちと合宿のような暮らしをしながら、珍しく日本人マカオ・コミュニティーの方々と「マカオ・オフ」したりして過ごしたマカオからフェリーで直接香港国際空港へ。初めて利用する第2ターミナルからバリ島へ。成田空港からの直行便でバリ島へ向うと、到 ...

最近はアジア圏内なら大概LCC が飛んでいるので必然成田空港では第3ターミナルを利用する機会が多い。LCC ターミナルとしては設備が充実している方だろうけれど、やはり第1・第2 ターミナルと比べるとショッピングはコンビニに毛が生えた程度だし飲食もフード・コートのみで ...

日本国内の仕事をツアーするかのように東京と地方を行き来しながらこなし、その合間に海外での撮影を行っていたこの頃。急にバリ島に行きたくなり、小手指のとあるパスタ屋でランチを取りながら無理なコースと高い費用でこの旅の航空券を手配した記憶がある。前日までキツキ ...

今夜は音楽関係の友人とサシで飲み会。飲み屋の選択肢はたくさんあれど久しぶりの「沖縄料理居酒屋」での数時間。 2ヶ月ぶりの再会ながらここ一ヶ月ほど「気の利いた会話」に飢えていたので結構話して、結構考え、結構触発を受けた。 同じ趣味を持った、同じベクトルで活動 ...

今夜の初夢に向けて、僕自身が撮った画像で「一富士、二鷹、三茄」を決めてやろうかと思ったけれど、富士は撮っても鷹とか茄子とか撮らないよね。と言うわけで近めの代材で「一富士、二鴎(カモメ)、三蕪菁(ブセイ・かぶ)」 。今夜は良い夢見れるかなw日本縦断だなwシッ ...

正月は新暦だろうが旧暦だろうが「仕事をしなくて良い」感が街中に漂っていて切迫感が無くて良いなぁwまぁ、それでも習慣とか癖のようにPCに向いては日暮しよしなし事なる画像の編集はするわけで。近年は好きでもない女性に誘われて一夜を共に過ごすくらいなら、早めに自宅 ...

新年明けましておめでとうございます。特に何も無いですが、今年もよろしくお願いします。今年もマイ・ペースで。ちなみに毎年元旦に僕が「RISE,RISE」言う理由がこれ↓]PEARL JAM - Daughter こんなのもあるけど。Into the Wild - Rise (Eddie Vedder) 今年も音楽と共に! ...

香港の、特に中心部の地価は東京より高く、故にホテルの宿泊代も必然高くなる。比較としてよくニューヨークのマンハッタンと比べられるけれど、そこまでは高くは無いのが事実で、激安宿がJPY3000位、そこそこのビジネス・ホテルではJPY10000ほどで宿泊できる。それでも香港の ...

周囲ではいろんな変化や出来事があった今年2016年だが、個人的には昨年に続き安定。漢字一文字で表すなら「平」とか「安」とかなのは昨年と同じ。人間歳をとると、人生そんなに変化や激動は無いのは仕方が無いのかな。旅先も安定のリピート旅行ばかりで、今年1年間で新たな国 ...

何の目的も無くダラダラと小姐の部屋で過ごしていても、澳門内の「旧正月後の物価の高騰」がなかなか収まりそうに無いので移動をし始める。一度珠海のアパートに寄り、その足で初めて利用する「九洲港」から香港を目指す。澳門と本土中国とのボーダーである「關閘(グアンザ ...

2012年にはじめた訪れた画像から今年初めに撮ったものまで。今年最後の「フロントページにピンク色の画像が無いと落ち着かない」エントリー。今年はこのシンガポール滞在時にしか遊ばなかった。それも体調が芳しく無く「中折れ」で終了。タイ人小姐もチップの要求をしてこな ...

主要なホテルは中国本土からの観光客に抑えられているとは分かっていたが、数多ある内港エリアの安宿なら空き部屋はあるだろうと向うも全敗。定宿にしている富城賓館の窓無し部屋の「407号室」でさえ「客満(満室)」と言われ、最終手段の東京賓館のスタッフ用仮眠ベッドをHK ...

本土中国内陸部の辺境地域から一気に資本主義の権化である澳門(マカオ)に戻ると、夜景の中の灯りの密集度に驚かされる。中国内陸部では首府と言えども、これほどまでに歓楽街や観光地が密集している場所は無いし、ましてや「イルミネーション」などと言う街中を飾る概念な ...

この当時のコンデジは4メガピクセル程度、写メは2メガピクセル程度がデフォルトだったけれど、そんな解像度の悪い画像を一生懸命編集しては「見れる」ものにする工程が楽しくもあった。今現在はコンデジで20メガ、写メで10メガが当たり前だが、編集フェチには逆に物足りない ...

雲南省の昆明を出発し26時間かかって到着した広州は昼の12時過ぎ。大きな荷物を抱えて右往左往する人民に流されながら下車しては出口へ向う。広州駅西側に中国国内各地に向うバス・ターミナルが数ヵ所あり、とりあえず僕が向うべき「珠海(チューハイ)」行きのバスが出る「 ...

この旅のすべての日程を終え軽くなったボストン・バッグとお土産を抱えてチャンギへ向う。深夜出発のマニラ行きに乗り込み、乗り換えては東京に戻る。おのおの数時間程度のフライトながらもシンガポール→マニラ間ではディナーが、マニラ→東京間では朝食が機内食でサーブさ ...

中国雲南省の東端。貴州省や広西壮族自治区と隣り合う場所に「羅平県」がある。大都市が周辺に全く無い辺境の地だが春先になると世界中から多くの好事家たちが集まっては、朝靄の中に360度広がる菜の花畑の風景を眺め・画像に収める。このエリアの油菜の作付け面積は5万5千ヘ ...

このエントリーは常時更新され、更新される毎にエントリーのトップに表示します。僕自身はAKBグループのファンでもなく、邦楽も然程聴かないけれど、「売る」とか「刷り込む」とかの作業工程を世間から認められた作詞・作曲・編曲・歌メロ作家たちが作り上げた至極の「産業音 ...

インドの奇祭「タイプーサム・フェスティバル」はその危険性からインド本国ではとうに法律によって禁止されているけれど、インド系移民の多いシンガポールやマレーシアでは未だ毎年行われている。地肌に針状の物や鉤状の物を差し込んで飾り付けをしたり貼り付けたり。なかで ...

 7世紀の「南詔」の頃に街が成り立ち、その後1400年間華西の要所として繁栄する現在の大都市「昆明」を出発すると広西の首府・南寧まで世界遺産の「中国南方カルスト」の風景が続く。昆明と広州を行き来する直行長距離列車(広昆・昆広鉄路)全行程の半分を占めるこのエリア ...

朝飯も食わずにマクタン島を出発しセブ島に渡り、島東岸のスラム・エリアを縫って出たBULACAO(ブラカオ)で朝飯を喰らい、SANGAT(サンガット)で給水ついでのおやつを取り、本来はOSLOB(オスロブ)かSANTANDER(サンタンデール・サンタンダー)あたりで宿を取りたかったの ...

このページのトップヘ