コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

早めの時間に朝飯を食らったので、2度目の朝飯と言うかブランチと言うか早めのランチと言うか、を食らいに「西昌街」で営業しているであろうチャーハンと排骨湯の露店へ向う。オープンしているのを確認してとりあえず「東三水市場」を散策して「剝皮寮」を横目で見ながら「西 ...

近年の日本ではカフェやコーヒーショップのみならずコンビニでも格安で淹れたてのコーヒーが飲めるとあって、街中やオフィスなど至る所で利用される様子が見られる。 僕は真冬でもアイス・コーヒー一辺倒なので身近な自販機専門で、あまりカフェは利用しない派で、海外 ...

日本の生活で溜め込んだ疲労をデトックスするかの如く、全身マッサージと足裏マッサージを2時間ほど施術してもらい、その足で梧州街夜市のいつもの店へ。 行き付けのこの屋台では酒類の販売は出来なくなったらしく、呑みたければB.Y.O. しなければならなくなったけど ...

起き抜けに「全家(ファミマ)」でおめざを買い込み、ダラダラと宿の自室で過ごしているとブランチにちょうどいい時間。 台北一美味いと言われる「四方阿九魯肉飯」のオープン待ちして魯肉飯と饂飩(ワンタン)麺のブランチ。 足りなかったら買い置きのカップ麺でも、 ...

1年半前にここで過ごしたのがなまら楽しかったので、久しぶりに(タイトな日程を縫って)「台湾の歌舞伎町」と揶揄される台北・龍山寺西側の萬華に来た。 ホテルにチェックインして街中に出たら既に深夜・早朝3時。 夜市も既に「朝メニュー対応」の店か、 朝食の店が ...

目的地に到着してやっとネットに繋がった。 今まで何度も仕事終わりで成田に前乗りしては翌早朝のフライトに乗り込む事はあったけど、仕事終わりの当日夜に飛ぶのは初めてだ。 目的地が近場で、仕事終わりに乗り込めるフライトがあったからこそだが。 まだ空港内 ...

 澳門のみならず、初めて訪れるベトナム・ランソンでも中国・南寧でも、夜になれば酒は呑むわけで。 陸路南寧からベトナムに入国し、その後バイスバーサで南寧に陸路で戻り空路広州に飛んではバスで澳門まで戻った「ベトナム行」の日々の中での飲酒の瞬間。 ベトナム・ラ ...

この号、って言うかこの子のグラビアって以前ネタにしたような気がするけれど、僕自身が何時どんなネタで使ったのかさえ忘れているので「リプライズ」アップw(C)HOT男人 まぁ、何にせよ、3っ日に一度の「手抜きネタ」w シックスサマナ 第32号 人生の後始末 [Kindle版] ...

 ベトナムの北部「ランソン」の町でしばらく過ごし陸路で南寧まで戻り、その後空路で広州まで向っては再度陸路で澳門まで。その後はしばらく澳門に滞在したようで、ベトナムや広西の画像より澳門での画像の方が多い「僕なりのデフォルト」w広西・ベトナム・広西での滞在を ...

サイパン島内で結構な早朝から営業している飯屋はファストフードかここ位なので、宿から近い事もあって毎朝伺うw 二日酔いに近い状態で「おめざ」のバニラ・フラペチーノを部屋のラナイで飲んでは目覚めのシャワーを浴びてからだな。バス・ルームから出るとテレビでは「abc ...

マカオに30箇所ある世界遺産のうち、最も北にあるのはどこでしょう? 正解は「カモンエス広場」。カモンエス公園という広い公園の一角にある広場が、世界遺産に登録されています。ちなみに同公園内には、他にも「カーサ庭園」と「プロテスタント墓地」という世界遺産もありま ...

(C)HOT男人休日とは言え散髪に行ったり 歯科医に治療に向ったり。次の旅の準備のためにパルコに買い物に行ったり。食らいたかった飯を必要以上に食らったり、フィルムを現像に出したりと何かと忙しい一日。それに付け加えて今は4年に一度のお祭である「ワールド・カップ 20 ...

セブ島の玄関口である「マクタン島」はサイパン程度の小さな島だけれど、僕が愛してやまない南側のスラム・エリアから早朝出発のフライトに間に合わせるとなるとさすがに慌ただしさを増すので、出発前夜までにはラプラプ市内の中心部に移動しては新たな宿を取る。この時寄宿 ...

離婚直前の半年間で日本国内のみならず世界中で呑んだ日々。旅先では毎夜「外呑み」するけれど、宿に戻っては結局「寝酒」も呑む訳でw函館「大門横丁」のビルマ料理屋で一晩でJPY40000以上呑む「ウワバミ」。最後の「家族旅行」になったサイパンでの夜呑み。バラエティーに ...

澳門の路地裏は「30年前の香港のようだ」とよく言われる。香港にも未だ下町風情の路地裏はあるのだろうけれど、中心部から結構離れないと目にしないため、中心部のすぐ裏手に路地裏カルチャーが広がる澳門は観光客でも気軽に「路地裏散策」が安心して楽しめる稀有な場所だ。 ...

  (C)HOT男人残り2週間ほどは「ワールド・カップ 2018 ロシア」は続き、もうどの試合も見逃せないカードになって来たのは当たり前の決勝ノックアウト。しばらく寝不足は続くけれど、仕事はいつもどうりあるわけで。決勝戦は撮影ついでに海外で観ますwシックスサマナ 第3 ...

旅の目的地を決めるファクターは歳を重ねる毎に多くなっていくけれど、サイパンを訪れる必ずやな一つのファクターは「LYN'S(リンズ)のB.B.Q.(バーベキュー)を食らう事」。そんなのを「つまみ」に呑むローカル・ビールは格別。「BUSCH(ブッシュ、バース)」から始まり、 ...

1770年代に建てられた、ルイス・カモンエス公園とプロテスタント墓地の間にある庭園と洋館。もとは地元の富豪であったマヌエル・ペレイラの別荘でした。のちに東インド会社がここを借入れ、スタッフを駐在させていました。その後はマカオ政府の財産になり、現在では東方基金 ...

 (C)HOT男人シックスサマナ 第32号 人生の後始末 [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(巻末グラビア「バリの儀式」・写真)SIXSAMANA2018-06-04 4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール とりビー アメッド アメド アメリカ カメリア ...

韓国・釜山(プサン) 「釜山港へ帰る」 (画像編・2014)2016年07月13日 00:01 投稿 初めて韓国のプサンを訪れたのは輸入の仕事をしていた時なので1995年ごろの一度きり。 観光旅行ではなかったので写真をほとんど撮っていないので「観光・撮影」はこの時が初めて。 ...

澳門に滞在中にバリ島へエクスカーションして再度澳門で滞在していた日々の酒。澳門では「マテウス・ロゼ」か中国ビール、インドネシア・バリ島ではローカル・ワインの「HATTEN」がほぼのワンパなルーティン。毎回では無いにせよ、ボチボチ日々の「食」や「酒」も日記のよう ...

このとき僕は「陰嚢水腫」を患っていて、軍医のような主治医に促されては人生初の手術及び入院をする事になる。その術前検査後の(もしかしたら人生最期の旅になるかもな)旅に澳門へ赴いた。夜景の中にたくさんの世界遺産が写り込んでいるけれど、何のことはなく、定宿から ...

このシリーズを始めた頃はモデルさんの名前やプロフィールなどを逐一検索してはエントリーしていたけれど、そんなのってどうでも良いことで、女性のグラビアなんて「擦れてなんぼ」だよねwそうは思いながら久しぶりにモデルさんを検索したら、どうもこの画像は「水着のカタ ...

離婚前の家族旅行時のランチ時によく利用した「ダイヤモンド・チャイニーズ・レストラン」。ランチ・メニューは昼夜$4 で提供されていて、一人旅時はチップのいらない「お持ち帰り」でw ランチ時間も過ぎてはチト落ち着いては来店客のいない「ダイヤモンド・チャイニーズ・ ...

マカオで最も古い教会の一つであり、イエズス会修道士が最初の拠点を築いた場所でもあります。1560年以前は竹と木で造られていましたが、後に石造りによって数回再建され、現在の外観および規模は1930年の再建によるものです。昔は、ポルトガル人コミュニティーの人々が結婚 ...

乃木坂46の新曲のタイトルが「シンクロニシティ」である事からまた、1983年に発表されたザ・ポリスの「シンクロニシティー」を聴き直しては歌詞をかみしめている。もともとはカール・ユングが提唱した分析心理学の概念だが、哲学的要素を含んでは定説まで至っていない抽象的 ...

 2015年6月に発刊された「HOT男人」の中で唯一アーカイブされているのがこの75号のみで、グラビア・ページは偶然にも先週行われた「AKB世界選抜総選挙」でトップになった「松井珠理奈」。(C)HOT男人今現在「2018 FIFA ワールド・カップ」ではベルギー vs チュニジアが試合 ...

いくら観光地化されたとは言え、路地裏には「スラムの片鱗」の様な物は残っているだろうと思い訪れた韓国ソウルの東大門近くの「タルトンネ(月の街)」。 実際は思っていた以上に観光地化されていてはデートスポット化しては「危険地域専門カメラマン」にアウェイ感を募ら ...

 2月下旬に澳門を発って5月に戻ってくるまで過ごした「雲南省西双版納」で呑んでいた酒々の日常のシーンの中のひとこまひとこま。  まだ飲食物を画像として残す事に羞恥心があり、写っている酒も日々の旅の一こまの中に写っていたものを切り取って編集した物。まだデジカ ...

朝飯を物色しに澳門内港一の繁華街である「下環街」をうろついて適当な「粥専家」で朝飯を食らって定宿に戻る。朝早いにもかかわらず、結構「お気に入り」の小姐たちが朝飯を食らったり地元の身内と連絡を取ったり。 早朝から結構繁華な賑わいを見せる「下環街」。路地・路 ...

このエントリー更新時、ワールドカップの日本戦の最中で、ブログの更新どころじゃぁ無いわけでw まぁ、それじゃあなくても通常「辣图」な訳で。 (C)HOT男人ここで勝敗の予想をしても、エントリー時には結果が出ているので敢えてしないけどwまぁ、とりあえず久し ...

買い置きしておいた「缶カプチーノ」を起き抜けに飲んでは一服して一日を始める。特に何か特別なものが食べたい時以外はほぼ向う「ハファ・アダイ・デリ」。眼前に並べられた食材から、今食べたい物を選ぶスタイルは寝ぼけ気味の朝飯の選択にはちょうど良いwハワイ製の缶カ ...

モンテの砦は中国の特別行政区マカオにあり、世界遺産「マカオ歴史地区」を構成する場所のひとつです。海抜52mの丘の上にあり、聖ポール大天主堂跡の横にあるエスカレーターから行くことができます。 モンテの砦は、1617年から1626年にかけてイエズス会修道士によって建造さ ...

今年3月のバリ島旅行の日本への帰国時、普段吸っているマルボロの他にガラムも1カートン空港の免税店で購入した。さすが「バリ島の免税店」で、ガラムだけでもいろんな種類が用意されていて、その中でもより(ニコチン& タールの)強いものが欲しかったのでローカルの店員さ ...

 この号のグラビア・ページは久しぶりの日本人。アイドル・グループ「drop」の元メンバーで、現「ゑんら」メンバーの滝口ひかりちゃん。 (C)HOT男人今日(更新時)「第10回AKB48世界選抜総選挙2018」が行われたが、10位以下のメンバーが誰なのか分からないほど興味を持っ ...

今年初め、唯一残った日本からサイパンへの直行便であるデルタ航空の路線が廃止になった。今秋にはスカイ・マークが定期便を飛ばす予定があるらしいが、しばらくはサイパンは日本人にとって「近くて遠い島」になった。島も小さければ観光資源も少なく、僕自身も「何もしない ...

今現在多忙な中、僕にとっては最高に重要なニュースが飛び込んで来たり、4年に一度の「サッカー・ワールドカップ」が始まったり。詳細は週末にでもネタにしたいけれど、今日は「バリ島の」今だから話せるシリーズw前回のバリ島ツーリング時にカランガセムの山中を走っている ...

昨年の「シヌログ・フェスティバル」撮影後、スラムの撮影のためにマクタン島に渡り「コルドヴァ」に程近いラプラプ市南端の「スバ・バスバス」集落に取った日本人経営の宿が「グリーン・ワン・ホテル」だ。 一般の観光客にとっては辺鄙な場所にあるためなのか宿代が安めだ ...

昨日は歴史的な「米朝トップ会談」が行われたが、僕が行った訳ではないのでいつもどうりの「HOT男人」w (C)HOT男人僕のYOU TUBE のチャンネルには各国の小姐動画がアップされているけれど、基本的にビューワー海外の人たちで、コメントの多くも彼らだ。コメントをいただ ...

現状僕の中で「ラスト・ソウル」の2014年4月の滞在。この時はソウル市内のスラム街だった「タルトンネ(月の町)」を撮影する事がメイン・イベントだった。そのついでの今更ながらのソウル市内散策。  この頃すでに「インスタグラム」は世界的に全盛を極めていて、韓国国民 ...

まだこの頃はインスタなど無かったので「映える」などと言う言葉も無く、まだ写真業界では「食い物の写真を撮るのは邪道」のような風潮もあった。画像の縦撮りもよほどの事が無ければタブーの風潮もあった。それから10年後ほどの昨今は皆、食い物の写真を積極的に撮り、携帯 ...

この数週間はバタバタと結構忙しく動き回りほぼ休みも無い。この後もたいした休みも無いまま、もう数週間忙しく働かねばだ。そんな繁忙の中の休日は気だるく何もせず過ごしたいので「アガル」BGMより「マッタリ系」BGMを日がな聴いていたい。そんなBGMにぴったりなのは僕にと ...

 この時の澳門滞在は結構長かったのか、滞在時間に比例して結構な枚数の画像を撮っている。手持ちのカメラの種類も多ければ被写体も聖・俗混在で昼夜の比率も同等ほど。何かの仕事のためだったのかなぁw真面目な「澳門の夜景」風だが、結局は「大興麺家」への行き来で撮っ ...

週に2回の「手抜きエントリー」辣图シリーズ。ちなみに、一昨日発刊された「SIX SAMANA 32号」はお読みいただけたでしょうか?創世記には「海外移住促進マガジン」だったのが号数を重ねて行くうちに「人生再インストール・マガジン」になって来てはその内容も「エロ・グロ・ ...

この日はランチの時間が遅かったのと、遅かったゆえに大喰らったので腹が減らずルーティンのようにスナックをアテにただただ「呑むだけナイト」wビールの背後に見え隠れするスナック類をつまみに呑むので、まぁ即効酔うよなw呑む直前にサイパンでの定宿裏手にあるコンビニ ...

聖ポール天主堂跡へと続く大階段前の大きな広場がイエズス会記念広場です。この広場から階段にかけては、聖ポール天主堂跡をバックに記念写真を撮る観光客が絶えません。また広場には、ポルトガルと中国の友好を表わしたブロンズ像が置かれています。広場周辺や、セナド広場 ...

 HOT男人のアーカイブで2015年の4月分として残っているのは2誌のみで、そのうちの一冊。バックナンバーとして残るものと残らないものの違いがよくわからないけれど、アーカイブは全てではないのを最近気づいたw(C)HOT男人最近「乃木坂46」の何にせよ関連動画を見ていると ...

日本への帰国のために空港に程近い「クタ」の街に戻って来た。今さらこの街であえて撮りたいものは無いのでそれ程の画像数も無いし、撮った画像もダイアローグのような日常ばかりだ。一眼レフ・カメラなど持ち歩かないので、被写体は必然「出合った人々」や「Exif 情報の記録 ...

前回のバリ島滞在時、やはりビーサンが無いのが不便だったので、今回は事前に100均で購入しては数日間自室内で慣らしてから旅用の荷物へ。ビーサンはホテルの室内及び近場の散策用になるので、それ以外の移動時やツーリング時用にスリッポンのスニーカーを一足購入。これが昔 ...