コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

今夜は手抜きネタでw  View this post on Instagram #china #guangxi #nanning #nightview #railwaystation #travelphotography #中国 #広西壮族自治区 #広西チワン族自治区 #広西 #南寧 #ナンニン #南寧駅 #鉄道駅 #旅行写真 #辺境カメラマン #frontierp ...

自分がアップしたインスタを眺め直していると、同じような被写体・同じような構図・同じようなテーマばかりなのに気ずく。同じ街で、同じような行動半径で過ごしているのでしょうがない。  View this post on Instagram #korea #southkorea #seoul #seoulcity ...

今現在の 「九份老街」は日中から夕方までまるで芋を洗うかのような人の波だけれど、10年前は観光客の訪れる昼過ぎまでは人影まばらな辺境の観光地だった。日本人はよほどの好事家かジブリ・マニアと辺境カメラマンくらいしか訪れはしなかった。そんな2006年初夏の人影まばら ...

「Gal Gadot(ガル・ガドット、ガル・ギャドット)」はイスラエル出身のモデル・女優。日本では「ワイルド・スピードのジゼル」もしく近年は「ワンダーウーマンの人」って言う知名度かな。全国民に対して徴兵制の国出身ならではのアクションで今年公開のワンダーウーマン続編に ...

「総括」と題しながらも普段の日々に酒の画像をすっかり記録しなくなった2013年後半。 呑み会の画像はたくさんあれど、酒本来を撮った画像は日本国内では2013年後半はこの6枚のみ。2度帰郷したり鈴鹿に出張したりと国内はいろいろと彷徨ったし、その都度毎夜必ず飲酒してい ...

 Nicole Meyerスーパーモデル界では珍しい「南アフリカ」出身のモデル。世界的レベルの雑誌のカバーやグラビア、誌内の広告塔を数々勤めるトップモデル(らしい)w(C)HOT男人 中国版のサブ・タイトルどおり、まさに「野獣」的な女性だ。僕はチョットwシックスサマナ 第3 ...

まだデジカメが低画素当たり前だった頃のリアル「マカオの路地裏」。僕自身が「マカオの路地裏散策」の楽しさに目覚めた頃。スラムのようにも見える歴史ある建造物に囲まれたマカオの路地裏を歩くたびに心踊り始めた頃。 マカオの観光エリアが土地開発されては清廉で近代的 ...

ブランチ喰らい過ぎたしたいして腹も減らないので、友人にお願いされた「コピー時計のプライス・チェック」にいそしむためナンデムン市場内を右往左往。行く先々でお茶をご馳走になりながらも寄宿の帰り道途中のコンビニで、目に付いたものを買い漁ってはホテル自室でランチ ...

澳門の「ローカル・エリア」と「観光エリア」の純然たる違いは「足元がカルサーダス(石畳)か否か」か。年を追うごとにその範囲はローカル・エリアにまで浸透しては来ているけれど。また「十月初五街」や「福隆新街」のように「旧堵場街」として歴史のある通りはあえてカルサ ...

バイクで一周1時間もかからないほど小さな沖縄本島の離島である「渡嘉敷島」。北部山間部は「国立沖縄青少年交流の家」が管理しているようで入山時に結構大仰なゲートを何度か開け閉めして入山した。ゆえに北部ではほぼ対向車とすれ違う事も無く、マジで気持ちの良いツーリン ...

2014年に大阪から船で訪れた韓国第2の街「プサン」。これ以前に訪れたのはアパレルの買い付けをしていた頃だから、たぶん僕が30歳の頃。20年ぶりの訪問はクルーズ船の寄港時間3時間のみと言うタイトな滞在ながら、連れの采配の上手さで結構な充実感。長時間の航海の後の息抜 ...

アメリカ・イリノイ出身のモデルさん。最年少で「ヴィクトリアズ・シークレット」の「エンジェル」に選ばれ、その後「シャネル」や「ドルチェ & ガッパーナ」の広告塔を勤める。(C)HOT男人  出身がイリノイ州のパラタインと言う人口7万人弱の小さな町なのだが、経歴どうの ...

もともとは「9家族しかいない集落」であった事から「9軒分」から名付けられた「九份」。台北市郊外の山の中腹にある辺鄙な集落は今や、台湾観光の代表的な場所になった。僕が始めて訪れた2006年頃はまだ昼夜問わずゆっくりと商店街をひやかせたものだったけれど、近年の日中 ...

この号のグラビア・モデルの「ダニエル・ヌードソン」はカナダ出身のモデルさんらしいけれど僕には知識がない。女性向けブランドの広告に出ていそうで、さしずめ「ヴィクトリアズ・シークレット」とか男性向けなら 「スポーツ・イラストレイテッド・スイムスーツ・エディション ...

この号のグラビアで取り上げられた「ケリー・ローバッハ」は近年までモデルを勤めながらアメリカ国内のテレビ・ドラマやハリウッド映画の脇役やカメオ出演する程度だったけれど、昨年アメリカで公開されたウッディー・アレン監督作品「A Rainy Day In New York」に抜擢されなが ...

この頃は「年に1〜2度の韓国訪問」のペースで、この時は友人を伴っての「野郎2人旅」。友人が下戸だったので僕もそんなに呑まなかったけれど、その分寝酒が多くなったw韓国・ソウル中心部のセブンイレブンのドリンクの陳列。日本同様酒の種類が多いのは「辛党」にはうれしい ...

「名も無き女性に存在を与える」シリーズ。澳門の「賓館小姐」のピーク時。まさに「GOLDEN DAYS」。みんなそれぞれの可愛さがあって、みな「お気に入り」のようなメンバーだったけれど、その中でも画像の多さで一番のオキニが伺える。僕も若く好奇心に満ち溢れていたし、澳門 ...

前夜の深夜までの飲酒による泥酔で寝付いては、起床した元旦の朝10時前。昨夜と同じテレビ局から流れる「紅白歌合戦」の再放送を眺めてはすでにホテルの朝食時間を過ぎて、さてw買い置きのカフェラテを飲んではタバコを吸いに戸外へ出ながら氷点下の気温を体感する。その後 ...

昨年五月にバリ島へ向かう早朝便のフライトに間に合わせるため、前のりで宿泊した成田郊外の「カリンドー・ホテル」。京成成田駅から徒歩10分ほどらしいけれど、予約時に送迎をお願いしていたので車移動。この時まで「京成成田駅」で下車した事が無く地理感も無いけれど、駅 ...

モデルは「中条あやみ」ちゃん。今やテレビ・映画・CMに引っ張りだこで、昨年春夏向けの「東京ガールズ・コレクション」ではトップバッターを務めたほどの注目株。(C)HOT男人 まだ21歳の才女は大人になるにつれ、これからもっとメディアへの露出も増えては話題になる事が ...

 21世紀の現在、シンガポール本島には原初の植生林は無く農業も存在しない。そんなシンガポールでほぼ原生の植生林が現存し、農業も未だにいとなわれている「Pulau Ubin(ウビン島)」。観光関係の方々は「シンガポール最後の秘境」と言うけれどそんな大仰なものではなく、 ...

この号のモデルさんはアメリカの「プレイボーイ・マガジン」からの転載である事から分かるように、ちょっと「エッチ系」のモデルだ。画像だけ見ている時は、僕のお気に入りのミュージシャンである「Alice Glass」ちゃんをグラマラスにした系かと思い動画を見たら「全く違う系 ...

5年前のこの「ミョンドン」の街はどんな感じだったのか。そんな事を思い出せないほど変化してしまっては、韓国にいるのか新大久保にいるのか分からなくなるほど。観光客に向けた日本語と中国語が氾濫し、「K-POP」のショップや露店が点在し、その合間に飲食系の屋台が合間を ...

 このシリーズ3回目にして最終回の「今回も色々お世話になりました」2007年版。この旅は離婚する2年前だったので、もちろん家族旅行。我が家は僕と嫁・娘の3人家族だったので必然、民主主義的には「女性の意見」が過半数を占めたので、旅先での僕のポジションは通訳でドライ ...

この年2度訪れたサイパンで毎夜胃に流し込んだアルコール類の一部と、その前後の日本国内での極一部。もうすっかり日本国内で飲酒する際に画像を記録するのに飽きては、日本でも海外でも旅先でしか「酒画像」を撮らなくなった頃。この月の初めに日本国内ではじめて試したお酒 ...

中国雲南省の辺境である「西双版納(シーサンパンナ)」を最初に訪れたのは2007年。その3年後に2度目の訪問をし、そのまた6年後の2016年に3度目。今年はそれから3年経つ。今訪れても「こんな感じかな」と言う想像はその域を超えない状況なのでもう3年経ってから訪れても良い ...

韓国は中国や東南アジア各国同様「旧正月」を重視する国家なので、西暦の年の瀬はただの「休日前日」に毛が生えた程度で街中は普通に機能している。さすがに元日の夜は休む飲食店や商店も多かったけれど、西暦の大晦日はほとんど通常営業だった。飲食の選択肢が多いながらも ...

先週はそこそこ忙しいのに風邪気味も加味してこの週末は「戦士の休息」。結構髪も伸びてきたので、先週から散髪に行きたいなとは思いながらもサスペンドして来たので昨日の午前中に行きたいと思いながらもダラダラしては行けず、今日こそは。そんな事を思いながらシャワーを ...

 この号のグラビア・モデルは「吉田沙世」さん。僕はこのネタをエントリーするにあたって、グラビア・ページを見るまで知らなかったモデルさんだ。検索してみると結構メジャーな女性誌やブランドなどのモデルを務めては有名なモデルさんらしい。と言うのもターゲットが女性 ...

ベトナム・ランソンの安宿に荷を下ろしては一息つき、この後の行動計画を考える。ガイドブックどころか地図さえも無いまま来てしまったので地の利を脳内にインプットするため、宿のバイクを借りて周囲を流し乗り。結構大き目の市場が何ヶ所もあったり、大きめのバス・ターミ ...

 年末年始の極寒の中で過ごした僕の周囲の韓国・ソウル市内の何でも無い断片。仕事や時間のことを気にせずに、好きな事やしたいことだけして過ごす日々。想像していた以上に楽しく心踊る滞在。シックスサマナ 第32号 人生の後始末 [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメ ...

前回エントリーしたネタの続き。当時の家族旅行は基本的に中日5〜7日の滞在だったので要する日々は一週間から10日ほど。キッチン付きの宿泊施設に宿泊することがほとんどながら調理することはほぼ無かったので、必然ほぼ外食になっては結構な数の店舗を利用するわけで。そん ...

カンボジアのアンコール・ワットでしばらく過ごした後、トランジットついでに中国・上海で数日過ごして日本に帰国。日々是4〜5本の何某を呑みながらも「同じものは撮らない」原則で、画像として残さない以上に違うものが無くなって来たのだろうwそんな状況下での上海での日 ...

澳門西岸の「内港区」から毎夜通うメインダイニングである「大興麺家」へ向かう道すがら。人を撮りたい時は目抜き通りである「新馬路」も利用するけれど、先を急ぐのみの時は路地裏を伝う。特に昼間は流浪する観光客とバス待ちのローカルを避けるようにあえて路地裏へ。 ひ ...

クタを出発した朝方から日中は赤道直下らしい暑さと日差しの中をカランガセムに向かうも、昼過ぎから曇りだしては豪雨が降ったり止んだりを繰り返す中雨宿りをしながら先を急ぐ。カランガセムの山を越した所で「バケツをひっくり返したかのような」豪雨で目の前が見えず、宿 ...

今週のウィーク・デイは短かったのに「やっと来た」感の強い週末。明日のことなど考えずにダラダラと遅い時間から呑み出してはほぼコピペで埋めるこのシリーズをエントリーしている時が大好きかもw今回のモデルさんは日本人の「加藤玲奈」さん。もちろん僕は知らないのでグ ...

 年末にエクストラな仕事を請け負った「臨時収入」があったので急遽チケットを手配しては(平成最後の)年末年始を過ごすため5年ぶりの韓国・ソウル市へ。出発は久しぶりの羽田空港から。到着先も十数年ぶりの金浦空港。早朝の客足まばらな羽田空港の搭乗前のプロムナードに ...

新馬路 (マカオ・ストリート・ストーリーズ 4)2006/02 - 2006/02 正式名は「亞美打利庇盧大馬路」。 ポルトガル語では「Avenida Almeida Ribeiro」(英訳するとさしづめ Avenue of Almeida Ribeiro といったところか。)でも地元では誰も正式名で呼ぶ人はいないし、 ...

金門島の地雷原2010年05月30日 00:01台湾の離島である「金門島」は台湾本島から飛行機で1時間ほど、高雄からはフェリーも行き来していてそれでも9時間ほどかかり、台湾側から見れば辺境の地だ。しかしながら中国大陸から一番近いところで2kmほどしか離れていないため台湾にと ...

昨日2ヶ月以上ぶりに「instagram」を更新した。仕事柄いつどこで急に死ぬかもしれないような仕事をしているので、一応身内に対してはこのブログを毎日更新することで「生きてる」事をアピールしているけれど、それ以外のSNS媒体はあまり更新していない。よほど暇でないとイン ...

今回も色々お世話になりました 一週間足らずの滞在中「旅行中くらいは料理をしたくない」とのカミさん(当時)の要望で、フル・キッチン完備ながら使うのはお湯を沸かすくらい。 また、冷蔵庫の中はドリンク類ばかり。必然テイク・アウトか外食になるのは必須。ご近所を中 ...

この年のこの月のほとんどをカンボジアの世界遺産で有名な「アンコール・ワット」観光の基地街になる「シェム・リアップ」に滞在。観光客たちの多くが夜過ごすのはシェム・リアップ中心部の「パブ・ストリート」。バンコクの「カオ・サン」のような、サイゴンの「ブイ・ビエ ...

今回の 「(バックナンバー)辣图・HOT男人」は通常「PNG」画像を載せているのだけれど、今回はアプリの不具合で(しょうがなく)ひと手間かけて「JPEG」画像で。モデルさんはスウェーデン出身の映画女優「ALICIA VIKANDER(アリシア・ヴィキャンデル)」。この画像が撮影さ ...

新たなPC を購入して画像のストック場所などを設定しながらの「懐かし小姐画像」特集。古い画像をチェックしながら、なるべく「あまり『擦っていない』画像」をアップ。まだ「1〜2メガピクセル」がデジカメの画素数がデフォだった頃のお話。僕も「富城賓館」を合宿所にし始めた ...

現地深夜発の帰国便に乗るため「この晩の『呑み』は無しかな」なんて思いながらも、とりあえず宿周辺を散策に出ようとすると不意にホテルのフロントで呼び止められてはホテル・スタッフのBBA 2人から「鶏のから揚げ」を3〜4本いただく。一度自室に戻って1本だけ喰らい「こ ...

 歴代のマカオ総督や香港の総督も食べた「黄枝記(ウォン・チー・ケイ)」のワンタン麺。香港の中環に支店(分店)があるのは有名(旅行記やグルメ・ブログなどでよく目にする)。マカオにも一軒支店がありそれはどこかというと、皆様ご存知のセナド広場沿いにあるのが実は ...