コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

僕がまだ沖縄に行ったことが無かった2009年ごろは、沖縄本島南部の観光地でもあるおきなわワールド「玉泉洞」のお土産コーナーの一角にある試飲スペースしかなかった「35コーヒー」は今や那覇市内中心部の駅ごとに店舗があるイメージ。年一でここ4〜5年沖縄通いをしながらも ...

 近年僕チンは加齢による体力の衰えによるものなのか異性に対しての身体的なコンタクトに興味が薄れてしまった事への反動なのか、美の被写体としての観察力が高まっている(気がするw)。そんな僕の、鋭い観察力と洞察力を持って審美した「世界の(日本ではあまり知られざ ...

「いない」か「選択肢が無い」か。残念な訪問。時間や曜日によってwシックスサマナ 第24号 幻の動物王国 追悼 本多忠祇 [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(巻末グラビア・写真)SIXSAMANA2016-05-09 4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえ ...

2012年前半にベトナムのホーチミン(サイゴン)からカンボジアのスバイ・リエンへツーリング旅した時の陸路国境。観光客がレンタル・バイクでの陸路国境越えだったり、カンボジアのアライバル・ビザ取得だったりと、何かと面倒くさかったボーダー。サイゴン市内からここに来 ...

妻夫木聡・長澤まさみ主演の2006年公開映画「涙そうそう」のロケ地にもなった沖縄県那覇市牧志平和通り商店街の中にある「花笠食堂」。初めて沖縄を訪れたときからその佇まい(店舗が商店街奥の路地裏にありながらディスプレイのショウケースのみが商店街の通りに面して鎮座 ...

今回の沖縄滞在の初晩に安里の栄町市場に呑みに行った。昨年もここにランチ時に来ては散策したり飯喰らったりしたけれど、夜呑みに来るのは初めて。定番で話題の飲み屋で浅草でも喰らえるようなつまみをアテに結構呑んだ。2軒目の店を探しながら市場内外をうろついていると4 ...

今回の旅中は、南国なんで良いかなのノリで、何時も吸っている「赤マル」の他に「ガラム」と「チェ・メンソール」を持ち歩いている。 ...

この辺りのちょうど今頃はウミガメの産卵期で、夜間の満潮時になると産卵のためにビーチに上陸して来るとの情報を元に2時間ちかくサンゴのビーチを歩いてさがしたけれど、早々簡単に出会えるはずもなく、結局は徒労に終わった。 ...

と言うわけで、スチルとムービーの撮影で沖縄の離島「チービシ(ナガンヌ島)」に来ている。 無人島とは言え那覇の泊港から30分程しか離れていないし、宿泊施設やレストランもある「インフラの整った」無人島で、例えるならサイパ ...

             泥酔中 @ 安里。 ...

今年の1月、ほぼ20年ぶりに訪れたインドネシア辺境離島の「Belakang Padang (ブラカン・パダン)」。20年前の記憶をたどって、当時島唯一の宿「Penginapan Belakang Padang」を探したけれどその面影さえもなく、結局現在島唯一の宿「Budi Penolong Inn (ブディ・ぺノロン・ ...

中国雲南省の辺境エリアには鉄道が引かれていないので、必然的に移動は長距離バスになる。近年は高速道の整備に伴いそれほどの時間を要さなくなって来たが、僕がこのエリアを初めて旅した頃は高速道路など無く(建設途中)、逐一「バイパス」と言う名の農道を何十時間もかけ ...

仕事を終えて帰宅し音楽を聴いていたら23時過ぎていた。と言うわけで事実上の「INTERMISSION」。今、仕事中の「雲南省の辺境」で撮った画像の使い古しを羅列して。少数民族度の未だ高い中国華西部のビルマ国境近くの村。子供たちの笑顔はその地域の暮らしの幸福度を鑑みれる ...

中国雲南省南西部のどん詰まり。ビルマ(ミャンマー)と国境を接する町「打洛(ダーロウ)」中心部から、バイクを借りて訪れた口岸(国境)。その途中には両側に畑が広がり、畑を貫く街道脇には街路樹が植えられて、その木々や葉がアーチのようになっている。ビルマとの国境 ...

THE JESUS & MARY CHAIN - Darklands デビュー・アルバムから2年の歳月を要し、満を辞して発表されたジザメリのセカンド・アルバム「Darklands (ダークランズ)」。当時渋谷のライブ・ハウス「クロコダイル」などで精力的に活動していたミクスチャー・バンド「ザ・電気ナマ ...

一昨年前の旧正月前、僕は澳門にいた。街は旧正月用のデコとイルミに飾られローカルの足並みも軽そうな中、早朝に大三巴へでも向った宿への帰りなのか板樟堂街から噴水池をたどって内港の定宿へ帰ったらしい画像のExif 情報wこの路地裏から「十月初五街」に出て左折し、数十 ...

先月末から明日まで行われている「ガールズマカオ・キャンペーン」。マカオ・コミュニティーのご意見番「へき」氏もキャンペーン前日からネタにされていたが、ご当地では何の盛り上がりも無いまま本日が最終日。明日からは奇数月に毎度行われる「ルミ10(ルミネカード10%OFF ...

東京メトロの「新宿3丁目駅」をメトロ・プロムナード沿いに新宿駅に向かい「ビックロ」入り口に面した階段から地上に出ると「伊勢丹」が向いに見える「ティファニー」脇の路地に出る。僕はこの階段を上がりながら見えてくる風景が堪らなく好きで、用がなくてもこの出口を行き ...

高雄滞在の毎夜ゆっくり呑めそうな店が無いか寄宿した宿近場の「六合夜市」に通ったけれど、市内に3〜4ヶ所ある他の夜市以上に着席して喰らえる店が多いながらも気に入った店が無く、結局は色んな店でアテを物色しては宿に持ち帰り「部屋呑み」の夜。酒や乾き物は階下のイレ ...

先週の金曜日に今年の「フジロック・フェスティバル」の追加ミュージシャンの発表があり、身内の「SABANNAMAN (サバンナマン)」が最終日の「レッド・マーキー」出演が決まった。ベーシストの糸数は若干24歳にして「子供の頃からの夢がかなった」と静かに歓喜し、ボーカルの ...

前回実家に帰った時にもって帰ってきたのだろうか。浪人時代に代ゼミに通うため1年間仙台に住んでいた時代、予備校以上に足繁く通った喫茶店「Charlie Brown(チャーリー・ブラウン)のマッチが何処からか出てきた。もう30年以上前の話なのでこの喫茶店は既に無いだろうし、 ...

朝飯を2度喰らう旅行先のデフォを済ませて宿の近所を散策し、宿の共有スペースでスタッフたちと談笑したりiPhone いじったりしているともう昼飯時。午後から数駅はなれた場所にある「メイドカフェ」に突撃取材に行く予定だったので、宿の近場で腹ごしらえしようと来高初日に ...

僕は音楽・写真・旅・酒・映画があれば生きていられる。数年前までは「女」と言う選択肢もあったけれど、さすがに寄る年波には勝てずに最前線からは撤退状態にあるw最近まで音ネタがYouTube 内に無かったのでネタにしなかったが、ひと月前くらいにとあるYouTuber さんがごっ ...

一度だけ日本国内でも結構有名なテーマパークでお仕事をしたことがある。結局何らかの互いの不一致で継続して仕事をする事にはならなかったが良い経験にはなったかなw離婚前は子供がいたこともあって年に1〜2回は必ず訪れた場所だけれど、この仕事以降は一度も訪れていない ...

AH1(アジア・ハイウェイ1)のツーリング旅でカンボジアのスヴァイ・リエンに赴きベトナム・ホー チ ミンへの帰路の途中。ランチ時の腹具合を見計らってはAH1沿いの「ロッテリア」横にバイクを停めてはベトナムでのお気に入り飯の「ロッテリア定食(ライス・プラッター)」を ...

先日ネタにした「ECHO DEK」のオリジナルである「VANISHING POINT」。 ダブ盤である「ECHO DEK」でのADRIAN SHERWOOD (エイドリアン・シャーウッド)のイジリっぷりたら物凄いほどだが、それは大元に完成度の高いこのアルバムがあったからだと断言したい。両アルバムとも「 ...

宿泊した宿近くの「JOLLIBEE(ジョリビー)」で簡単な朝飯を済ませ、宿階下のコンビニでカラマンシのクエンチャーとミネラル・ウォーターを買い込んで飲みながら「SINULOG FESTIVAL(シヌログ・パレード)」へ向う準備をする。タクシーでセブ市中心部に出たのはまだパレード ...

最近は自宅での家呑み用のチューハイは西友のネットスーパーで箱買いしては宅配してもらっている。 日に4〜5本は呑むので定番の「グレープ・フルーツ・チューハイ(ストロング)」2〜3箱とそれ以外のテイストのものを1箱がいつものオーダー。「それ以外」に関してはその時々 ...

と言うわけで、月に一度ほどの散髪屋。 先日のオフ日に来たらGW中とあって待ち客が列をなしていて断念しては指圧屋に行って施術して終わったが、今日こそは、の雪辱戦。 ...

昨年今頃の沖縄滞在時に観ていた琉球放送(RBC-TV)の天気予報。お天気お姉さんは僕のタイプではなかったが、映し出される各地の予報のエキセントリックさったらw天気予報の画像もエキセントリックだが、プロ野球公式戦の値段の高いこと高いことwこのカード、首都圏で観る ...

最近数ネタ韓国に関してのエントリーをしたのだが、それに対しての反応が顕著で驚いている。まぁ、日本から一番近い海外で海外旅行の登竜門的ポジショニングで、ほとんどの日本人が訪れた事のある国なのだろうからしょうがない。「西双版納でランチ」とか「セント・ヘレナで ...

昔からレゲエを聴いていた影響なのか音楽ジャンルで言うところの「DUB(ダブ)」が大好きだ。 レゲエ・ビートのダブももちろん好きなのだが、できればロックをいじりまくったダブがあればそれをヘビロテ。 そんな思いの中1997年にPRIMAL SCREAM(プライマル・スクリ ...

カンボジア国内にあるトンレサップ湖はアジア最大の湖で、湖上には(漁の最盛期には)100万人以上の漁師やその家族たちが暮らす。その多くはベトナム人で、ベトナム国内からメコン川を北上しトンレサップ川を伝っては湖上にいたる。湖上には商店はもちろん行商や学校・教会、 ...

一昨日まるっとゴロゴロしては指圧の施術に行ったり、(昼睡眠のために)バカ喰いしたり、マジで昼寝数時間したりしたけれど未だ眠い「春眠暁を覚えず」な皐月黄金週間最終日。目を閉じて浮かぶのは「マラパスクア島」での風景。(ただ昨日マラパスクアで買ったT シャツ着て ...

ここ数ヶ月ひとりランチ時や軽めのおやつ時に近場の「はなまるうどん」に足が向く。オーダーからサーブされるまでの時間ロスが無いのと消化の速さからだろうか。昨年は2度赴いたうどん県も春秋航空の撤退で今年はまだご無沙汰。僕自身の体内の「さぬき度」が低くなっているの ...

シンガポールには定宿が無い。何度も訪れてはいるけれどそのポジションは僕にとってソウルや香港・台北のような、ファイナル・デスティネーションに向うためのストップ・オーバー・ポイントでしかないからだ。宿泊のポイントも様々で、若い頃はブギス駅近くのベンクーレン・ ...

澳門のセナド広場裏手にある世界遺産の「三街會舘」は澳門滞在の毎朝粥屋に行く度に横切る。朝は観光客の流浪もなく、ゆっくりと澳門半島部西岸にある定宿から新馬路をセナド広場に向かい、営地大街からセナド側に入ってはすぐ左側に行きつけの粥屋がある。その斜め向かい側 ...

NICK CAVE & THE BAD SEEDS (ニック・ケイブ&ザ・バッド・シーズ)による1996年に発表された「MURDER (殺人)」を」テーマにしたコンセプト・アルバム。自作の曲と共にトラディショナル・ソングやカバー曲を加え、PJ Harvey、Kylie Minogue、Shane MacGowan 等とのデュエ ...

福建省廈門市対岸の離島で「ピアノの島」と呼ばれる「鼓浪嶼(ころうしょ・鼓浪屿・グーランユー)」。朝となく夜となくぶらついた廈門市対岸の海岸線。日が暮れるまで佇み、宵闇の中宿へ戻る晩。色んな事に迷っていた日々。決心が付いたのはこの半年後wシックスサマナ 第23 ...

世界中に名の知れた中国発祥の調味料「オイスター・ソース(蠔油)」。その蠔油を世界に普及させたのは「李錦記(リキンキ)」だが、その一号店が僕の澳門の定宿脇にあるのは何度もネタにした。またその隣にはソースのような粘りのある「李錦記」のそれに対して醤油のような ...

カンボジア東側の辺境町「スヴァイリエン」滞在時に日がな通ったホテル前の個人商店。夜間営業している飲食店などほとんど無い町で、夜呑みにも利用した。夜が更けまくっても屋台は親と共に子供が働き、個人商店の客席にも子供たちの姿が絶えない。こんな発展途上国の辺境の ...

新たなキーボードで気分は一新だが、慣れないせいか入力し辛いったらありゃしないwまぁそれはさておき。GWなので僕もゆっくり過ごしたいので、しばらくは手抜き画像編のオン・パレでw「中国のハワイ」とも言われる海南省(海南島)の南端都市「三亜」。開発途上の辺境加減 ...

今朝いつものように起き掛けのアイス・カフェオレを飲もうとしてグラスに並々注ぎ、そのタイミングで横に置いたタバコを取ろうとして思いっきりこぼしてはPCのキーボードにぶちまけた。朝の起き掛けからデスク周りの拭き掃除をしては濡れたキーボードを丁寧に水気を拭き乾か ...

 僕の韓国ソウルでの聖地、もしくは聖域。全てはここから始まったと言っても過言ではない。血沸き肉踊る場所。今年こそ「原点回帰」しよう。シックスサマナ 第23号 真実の愛の果てに [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(巻末グラビア・写真)SIXSAMANA2016-02-25 ...

このページのトップヘ