コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:セナド広場

先週はそこそこ忙しいのに風邪気味も加味してこの週末は「戦士の休息」。結構髪も伸びてきたので、先週から散髪に行きたいなとは思いながらもサスペンドして来たので昨日の午前中に行きたいと思いながらもダラダラしては行けず、今日こそは。そんな事を思いながらシャワーを ...

澳門への観光客は必ずや訪れる「セナド広場」。朝飯を営地街市近くの粥屋で喰らった後に散策すると多くの観光客の一日の観光のスターティング・ポイントになっていたりして、たくさんの日本人観光客団体もよく見かける。2005年の世界遺産認定に向けて何十年もかけて整備が進 ...

澳門滞在時のとある晩に毎度の雀仔園へ呑みに行った定宿への帰り道。 セナド広場に差し掛かると夜も深夜に差し掛かる頃だと言うのに何やら物凄い喧騒が遠くからでも聞こえる。 この晩は「澳門立法会」の選挙前日だったらしく、新馬路やセナド広場を占拠しての選挙活動 ...

本土中国内陸部の辺境地域から一気に資本主義の権化である澳門(マカオ)に戻ると、夜景の中の灯りの密集度に驚かされる。中国内陸部では首府と言えども、これほどまでに歓楽街や観光地が密集している場所は無いし、ましてや「イルミネーション」などと言う街中を飾る概念な ...

帰国予定の無い旅で、ゆっくりする事に重きを置いた旅ながらも興味の無い街には長居したくない。結局一泊しただけで早々に澳門へ向う「マカオ・フェチ」もしくは「マカオ・マニア」w僕にとっては常時、香港は「アウェイ」で澳門が「ホーム」だ。ローカルの澳門人の姿が確認 ...

2014年にシックスサマナのグラビア・ページ用に安宿の撮影時に撮った議事亭および議事亭前地。 (って言うか、今は議事亭とは呼ばずに「民政総署」って言うんだよね、体外的には。)世界遺産なので、定期的にお化粧直しが行われる澳門の観光スポット。通常モードはこんな感 ...

2008年の11月に、歴代で一番相性の悪かったNIKON S-4 で撮った(大興麺家帰りの)セナド広場いろいろ。何気なく見上げるだけで500年維持され続けるポルトガル様式の建築物の意匠。昔ながらの店の看板には繁字体中国語と葡萄牙語の両方が(澳門法によって管理されては)両記さ ...

5年前の今頃、僕は澳門にいたらしい。20年以上通っては今やDNAに刷り込まれた感のある澳門の風景。次の旅は何時何処へだったかな。今日の休日は食べるか学ぶかの2択の日。少なくても30エントリーはするのかな。まさか!シックスサマナ 第25号 俺だけは大丈夫! 人生最大の危 ...

僕は時代劇が大好きで、特に「鬼平犯科帳」が大好物だ。しかしながらYOUTUBE には権利関係の問題で、アップされては削除されを毎度繰り返す。先日の休日に何の気なしにYOUTUBE サーフをしていると、お勧めに「鬼平犯科帳」が数本出てはと言うもの、その後は暇がある度にラン ...

この2009年頃はウェブ・ショップの物撮りをひと月の半分ほどして、あとの半分は日本国内の地方都市に赴いたり東南アジアに赴いたり。この時の澳門滞在は3日間か4日間ほどだった記憶。そんな駆け足滞在の、雀仔園から定宿への帰り道の、泥酔の、バカ設定カメラでの撮影w Cit ...

一週間前の夜のセナド広場3撮。珍しく張りぼてに囲まれていない澳門観光のセンターで世界遺産のひとつでもあるセナド広場のアイコンの教皇境界線地球儀を取り巻く噴水池のイルミネーション。熱帯地域に属する澳門は、街の至る所で噴水を目にする。ちなみに「セナド広場」の広 ...

一昨年前の旧正月前、僕は澳門にいた。街は旧正月用のデコとイルミに飾られローカルの足並みも軽そうな中、早朝に大三巴へでも向った宿への帰りなのか板樟堂街から噴水池をたどって内港の定宿へ帰ったらしい画像のExif 情報wこの路地裏から「十月初五街」に出て左折し、数十 ...

澳門のセナド広場裏手にある世界遺産の「三街會舘」は澳門滞在の毎朝粥屋に行く度に横切る。朝は観光客の流浪もなく、ゆっくりと澳門半島部西岸にある定宿から新馬路をセナド広場に向かい、営地大街からセナド側に入ってはすぐ左側に行きつけの粥屋がある。その斜め向かい側 ...

澳門中心部のランドマーク、セナド広場(議事亭前地・噴水池・セナドスクエアー)。10年前にうろついた時に撮った画像の再編集。広場を一周し、最後は新馬路沿いのベンチで和むフィリピン人家族と談笑しては撮影会。10年経った今もしている事は同じな進歩の無さw何年経とう ...

昨年末に澳門に訪問した際に行き来した「いつもの風景」。多分に内港エリアの賓館から雀仔園に向う途中かな。初冬でも半袖・ハーパンで過ごせる南洋気候。ボチボチ僕の中の「澳門度」が低くなって来ているのかなw澳門なら何時でも何処でも誰とでもO.K.wあの澳門の香りの中 ...

SONY・U-50(2メガピクセル・デジカメ)で撮影した2004年当時の、まだ世界遺産登録されていない頃の「セナド広場」周辺の日常風景。もう、ひと昔前なんだね。懐かしい風景、荒い画素。Old days, but Golden days.シックスサマナ 第23号 真実の愛の果てに [Kindle版]クーロン ...

久しぶりにYou Tube に動画アップしました。街歩きついでにiPhone で撮ったショート動画なので、スチルの延長と思って眺めてください。      一昨年の旧正月前から本格的になってきた澳門市内中心部のイルミネーション。昨年は「澳門光影節」なんて名前まで冠しちゃっ ...

ここ1年ほどはLCCで香港に向かい、フェリーを乗り継いで澳門に到着するのが午後4時頃。夕飯(夜呑みねw)に向うには十分な余裕があるので最近はあまり無いのだが、以前は澳門到着が日をまたいだ深夜2時なんて事もザラだったので、僕の澳門でのメインダイニングに着席する時 ...

澳門の世界遺産のひとつ「議事亭前地」奥にある「板樟堂前地」周辺の人民やローカル、数多各国の観光客の奏でる雑踏の喧騒の中で、腕を真上に伸ばしてのブラインド・ショット。普通の平日の午前中ながら、皆ハレの日の笑顔。この街は自然に人を笑顔にさせるエーテルが流れて ...

今日は特にコメントは無いのだがwこのブログで澳門ネタの時のタイトルの「中国澳門」と言うフレーズに何時も違和感を感じる。今現在澳門は中国の一部なのは事実なのだが、僕の中では「中国と一緒にしてほしくない」願望と1999年の返還(回帰)後50年は返還前のままと言う約 ...

(僕的には)シルバー・ウィーク前の繁忙期が今日終わった。自宅に着いたのがほぼ23時。明日(更新時)から僕なりのシルバー・ウィーク。 現在僕の体力メーターはほぼ「0」を指しているわけでwそんな状態でもブログ更新している僕ってエライなぁwと言うわけで、2011年の11 ...

今日(投稿時)、次の澳門行きのチケットがゲット出来たので、うれしくて、のエントリー。(とは言っても、渡澳はまだまだ先の話なんだけどねw)画像は昨年の8月に滞在した時に撮ったセナド広場(噴水池・議事亭前地・Largo do Senado)。したい事は特に無いけれど、強いて ...

画像編集用にアルバムをスライドさせていたら、3年前の今日時分の澳門滞在時の画像があった。この時の澳門滞在は本土中国海南省三亜市に向う途中の滞在で、三亜市からの行き返りに澳門に滞在した時の「行き」の滞在時の夜だ。時系列に画像を貼ると、当時の状況を実況すると、 ...

もう澳門は雨季も過ぎては盛夏の季節になったのだろうか。泥酔しては当てもなく彷徨う 「夜の散策」に良い季節だ。黄色い澳門の街明かりに至極呼ばれている気がするのが「気のせい」なのか帰澳したいだけなのかw明日時間が十分にあるのでエアチケット検索してみようかな。( ...

昨年の末に訪れた以来半年ほどご無沙汰の「郷里w」澳門。まぁ、一年以上間を空けた時も今までもあったし、秋口には行きそうなスケジュールなので、ご無沙汰もたまには良いかな。澳門は逃げないし、ねwと言うわけで昨年暮れの旧正月前のイルミに飾れたセナド広場の深夜。昼 ...

澳門のセナド広場(噴水池)にある「スタバ」の2階席から眺めるセナド広場のカルサーダスと、対面にあるマクドナルドの店頭とファザード。 近年日本国内ではそれほど利用しない「マック(マクド)」や「スタバ」だけれど、海外だと結構な頻度で利用する。食の選択肢が日本国 ...

iPhoneの色々なカメラ・アプリで撮った民政總署のファザード。南洋で過ごす灼熱はもちろん気持ち良いけれど、澳門で感じる灼熱も「粋」な感じ。僕の中の「澳門度」が低くなって来たのか里心wボチボチ「大興麺家」で回鍋肉が喰らいたくなって来た。まぁ、スケジュール次第で ...

前回訪れた澳門は時期的に「クリスマス&旧正月」前で街中が「ハレの日」の様相で、街中を行き来する人々の表情もお祭気分な感じw次の渡澳は盛夏の頃かな。女子の服装が薄手になって愉しみが増えるなw被写体も増えるぜ。シックスサマナ 第18号 おとなの修学旅行 [Kindle版] ...

さっきのさっきまで「ケツかっちん」状態。とりあえず、締め切りに間に合わせた感じ。次のエントリーは「文字」ちゃんと書きますw噴水池(セナド広場)で、深夜に。シックスサマナ 第18号 おとなの修学旅行 [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(巻末グラビア・写真 ...

 今日は画像のみでw既に泥酔中です。(週末は特に)ごぞんじ。シックスサマナ 第17号 片道一万円の冒険 コリア三都物語 [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(巻末グラビア・写真)SIXSAMANA2014-12-01 4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえ ...

クリスマス前とか以前に、以前は休日前後がこんな風景だったのだが、近年は通年の昼間はこんな感じの「仙台七夕」状態。田舎から出てきた「カッペ」は、すわ「お祭りか?」と思うだろうなぁwこの広場は周辺に6〜7・8ヶ所の世界遺産をかかえる場所なので、知識・情報のある観 ...

最近の夜のセナド広場(議事亭前地・噴水池・Largo do Senado)の風景。こちとら師走の真っ只中で、ほとんど「死亡」w師走ってば。シックスサマナ 第17号 片道一万円の冒険 コリア三都物語 [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(巻末グラビア・写真)SIXSAMANA2014- ...

クリスマス・旧正月用にデコられたセナド広場(議事亭前地・噴水池・Largo do Senado)から眺める夜の民政総署(議事亭・民政總署大樓・レアル=セナド・Edificio do Leal Senado)。僕がメインダイニングから帰路に着く夜中の時間。もう既に道行く人影は疎ら。大通り沿いの澳 ...

いつ訪れても僕には被写体に事欠かない澳門の街並みだが、特にこの時期から旧正月が落ち着くまでの期間は街が至る所で飾り付けられ、一般の観光客にもピクチャレスクなのだろう。 気候は東京の晩秋のような寒さはあるけれ ...

セナド広場。別名「議事亭前地」「噴水池」「Largo do Senado」「Senate Square」「Senado Square」などなど。澳門で一番有名な場所で、澳門で一番人の行き来する場所。澳門四大広場のひとつで、唯一の世界遺産。澳門滞在中は必ず日に一度はファインダーを向ける場所。次回も ...

澳門の観光エリアでよく見かける「カルサーダス(石畳)」 。南欧でよく見かける(ほぼ)正立方体の石で敷き詰めた通りや広場の風景が東洋の端の澳門でももちろん見ることができる。今や中国の一部になっている澳門(マカオ)だが、5世紀近くもポルトガル(の実効支配下)だ ...

天気の差ほど優れない早朝の噴水池(セナド広場・議事亭前地)で数年前に。スタバ前が工事中で、CPO前にハーゲンダッツが無い頃の噴水池。時の流れ。記憶。記録。シックスサマナ 第15号 俺の仕事は戦争屋 エリート兵士に転職しよう! [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカ ...

澳門で何がしかのイベントがある度に張りぼてやらステージやらブースやらオブジェやらが設えられる噴水池(セナド広場)。数日前からは「(ギャラクシー・カジノ提供)女子バレー世界グランプリ(って何?)2014」のブースが広場の中央に設置。ここって一応世界遺産のひとつ ...

内港エリアから雀仔園へ向かう途中の「噴水池(セナド広場)」。 今夜は少し曇り空だけれど、雲の合間に月が顔を出し、それなりに良い雰囲気。 朝6時に羽田の宿を出て、澳門の安宿に荷を降ろしたのは結局夕 ...

プサンから帰阪する船内からのツイキャスで「7月末には澳門に向かう」ようなことを言った記憶があるけれど、結局8月初頭にサスペンドしそうな僕の澳門帰省wいまいち気分が高まらないのはセブ島に恋してしまったからかな。それでも実際に澳門に赴けば「胎児回帰的」に和んで ...

澳門半島南部の観光の中心にあるので、滞在中は避けて通れない「噴水池・議事亭前地(セナド広場)」。外港近辺に宿を取ったら、この場を横切らずに滞在できるのかな。僕は何かと内港に用事が多いから、結局のところ無理なのかなwシックスサマナ 第13号 セカシュー女子の野 ...

この画像には世界遺産が2ヶ所写っている。「噴水池(議事亭前地・セナド広場)」と「議事亭(民政総署)」だ。写したのは2011年11月。撮影したのは昼の12時頃なのに、まだこの頃は観光客の姿が少なく感じるなぁ。このくらいが良いよねwシックスサマナ 第12号 病める日本の処 ...

数ヶ月に一度の割合でネタにする「仁慈堂右巷」。今日は「バイス・バーサ」でw明日はほぼ半日「自宅警備員」なので、昼前にまともにエントリーします。シックスサマナ 第11号 地獄の10万円フードビジネス [Kindle版]クーロン黒沢(著), 石川正頼(写真), コイワカメラ(写真)カ ...

以前「リーバイス・ショップ」だったところ(多分w)に「ロクシタン・ショップ」が出来ていて、それも「ロクシタン・カフェ」併設の店舗だった。日本国内でも「ロクシタン・カフェ」は渋谷・池袋くらいにしかなく、マカオのセナド広場沿いに開店する様は、あからさまに「香 ...

澳門観光のグルメと言えば「エッグ・タルト」や「ポークチョップ・バーガー」などの品名が挙がるけれど、店単位で取り上げられる事が多いのはここ「黄枝記(ウォン・チ・ケイ)」だろう。澳門への観光客が必ずや訪れるセナド広場に面して支店があり、訪れやすいからだろうけ ...

正式名称は「議事亭前地」。ポルトガル語の名称である「Largo do Senado」から、国際的には各国の言葉で「セナド広場」と言う愛称で呼ばれる事が多いけれど、マカオ・ローカルは「噴水池」と呼んでいる。ゆえにタクシーに乗ってここに赴きたければ「新馬路・噴水池(サンマー ...