コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:首都

 まだ写真を仕事にするつもりも無く、ただ単に滞在先の日々の僕の周辺半径5メートルほどの景色雑感。まだ「ソウル・オリンピック」前の発展途上国然とした国家の首府の混沌と、当の国民は既に先進国入りしたと錯覚している街中のエロティックな風景。日本国内では「バブル景 ...

2012年のバリ島から日本への帰り道の途中で寄り道した韓国ソウル滞在。一日内の気温変化が50度ほどあり、あまりの寒さにあまり外出しなかった。外食も億劫で極力テイクアウトしては中食で済ませた。 緯度的には旭川あたりと同じ韓国ソウルの街は、大陸性の気候も加味しては ...

前々回のソウル滞在時の、日々是夜の「ソウル市内流浪・散策」。本当に「何でもないソウル」。僕はこの後5年近くソウルにサヨナラする。この頃が日本と韓国の関係が今に続く悪化に至り始める。両国のインテリを除外した不在裁判で判決が下されたような関係の悪化。嫌悪してい ...

前回に続いて今回も僕自身がアップしたインスタからリップしてネタにしようと見直してみると、相変わらず何時の滞在でもソウルでは同じようなものばかり記録している。滞在中にお洒落な店に行かないでも無いけれど、アジアン・アンダーグランドな題材ばかりをメインに撮って ...

自分がアップしたインスタを眺め直していると、同じような被写体・同じような構図・同じようなテーマばかりなのに気ずく。同じ街で、同じような行動半径で過ごしているのでしょうがない。  View this post on Instagram #korea #southkorea #seoul #seoulcity ...

2014年に大阪から船で訪れた韓国第2の街「プサン」。これ以前に訪れたのはアパレルの買い付けをしていた頃だから、たぶん僕が30歳の頃。20年ぶりの訪問はクルーズ船の寄港時間3時間のみと言うタイトな滞在ながら、連れの采配の上手さで結構な充実感。長時間の航海の後の息抜 ...

5年前のこの「ミョンドン」の街はどんな感じだったのか。そんな事を思い出せないほど変化してしまっては、韓国にいるのか新大久保にいるのか分からなくなるほど。観光客に向けた日本語と中国語が氾濫し、「K-POP」のショップや露店が点在し、その合間に飲食系の屋台が合間を ...

 年末年始の極寒の中で過ごした僕の周囲の韓国・ソウル市内の何でも無い断片。仕事や時間のことを気にせずに、好きな事やしたいことだけして過ごす日々。想像していた以上に楽しく心踊る滞在。シックスサマナ 第32号 人生の後始末 [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメ ...

昨日2ヶ月以上ぶりに「instagram」を更新した。仕事柄いつどこで急に死ぬかもしれないような仕事をしているので、一応身内に対してはこのブログを毎日更新することで「生きてる」事をアピールしているけれど、それ以外のSNS媒体はあまり更新していない。よほど暇でないとイン ...

今日(7日)から仕事なので、いい加減に帰国しましたw帰国早々自宅のPCの電源が入らず、いろいろ試して電源が入ってもネットに接続できず、あきらめて電源を切ろうとしても切れず、で帰国早々新たなPC買いに池袋へ。そんなわけでこのエントリーは新たなPCで書きこみエントリ ...

連日氷点下周辺が日中も続く韓国・ソウル。2度目の朝飯でも喰らおうかと外出前の気温チェックをすると、朝9時になろうともしているのに「−12度」とか表示されると外出の足も鈍くなる。階下のコンビニに向かうだけなら部屋着に中綿入りパンツを履いてダウンジャケットを ...

詳細は昼ごろにwあぁ、ソウル、コリアw シックスサマナ 第32号 人生の後始末 [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(巻末グラビア「バリの儀式」・写真)SIXSAMANA2018-06-04 4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール とりビー アメッ ...

呑みも呑んだり食いも食ったり、2泊3日のソウル旅  約5年ぶりのソウルは買い物そっちのけで(とは言っても韓国で今時特に買いたい物は無いんだけどね)、飲み食いのみに焦点を当てて旅してきた。 一人では絶対的に量の多い韓国料理。 二人でも品数を十分に楽しめないの ...

1990年頃の「韓国・ソウル旅」を2005年ぐらいに記録した「4Travel」の旅行記のリプライズ。初めてソウルを訪れたのは1988ソウル・オリンピック前の1987年冬のこと。それから30年間に100回以上訪れてはいるけれど、基本的にソウルですることは未だ変わっていない気がするwこ ...

バリ島にしばらく滞在した後、日本への復路で一泊だけ韓国のソウルで過ごした2012年の今頃。 街中はクリスマスのイルミネーションに飾られるものの真昼間になってもマイナス15℃などと言う極寒で、熱々の韓国飯が進む進むw 日中は35℃の南国バリ島からマイナス15℃ ...

僕の韓国・ソウルでの夜遊びは1988年頃から始まっては2013年頃で終焉を迎えた。その歴史は「清涼里588」の最盛期から壊滅させられるまでと平行した。そんな清涼里588最盛期の深夜から朝までの外観や内観や周辺の佇まいなど。インドネシアの「バタム島」や澳門にはまった時期 ...

 (僕には最近の事だけれど)15年前の「先進国と自称していた」ソウル市内の街角で。   韓国の首府「ソウル」の路地裏で見かけたセル・ビデオやレンタル・ビデオの画像を中心に。当時の僕は、ボチボチ雑誌媒体に画像が載り始めたころ。守るべきものが多かったころwシッ ...

一番最近訪れた2014年4月の韓国ソウル市内のあれこれ。3泊4日の短期滞在だったようだけれど、一人旅なのに「花街」に訪れてもいない健全性wこの頃から完全に「ピンク旅」とは縁が無くなった。 わざわざ撮りに行ったものではなく、滞在中の移動時や待機時に適当に撮った「Ex ...

国策的にはそんなに好きな国ではないながらも、その「近さ」と個人的な付き合いから数え切れないほど訪れた韓国の首都「ソウル」の街。初めて訪れた1987年から今までの30年間に撮った何気ない普段着のソウル市内の画像のただの羅列。 僕のような「嫌韓気味」な日本人でも30 ...

昨年も呑まない日は無かったけれど、その中で一番の「旨酒」が呑めた気がする浅草「ホッピー通り」の居酒屋「浩司」。ジューシーな「くじら刺」をアテにグレフルサワー呑めるだけで至福なのに、それに加えて「心躍る出会い」と「小粋な会話」とか。呑んだ後に散策した「夜の ...

ソウル市内をうろついていて見かけた路地裏いろいろ。 市場やミアリや。来年も距離を置くのか? 置かないのか?wシックスサマナ 第22号 そうだ、刑務所へ行こう 人生丸ごと断捨離せよ! [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(巻末グラビア・写真)SIXSAMANA2015-1 ...

戦前は日本だった朝鮮半島。戦後60年を経てこの半島の経済的首府であるソウルの街を眺めると、戦前にワープしたかのような日本語の看板を目にする。今年韓国には2〜3度赴いたが、そこかしこに西日本地方からの観光客は結構目にするけれど日本首都圏からの観光客の姿は差ほど ...

今まで何度か利用した事があるだろう南大門市場の食堂通りのとある店。何かの琴線が互いに鳴ったのか、先月訪首時の初日のランチ時に利用した時から(会話なのか、笑顔なのか、挨拶なのかの何かがが因果なのか)店のアジュマ(BBA)と波長が合い、赴く度にオーダーの前に水が ...