コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:B級グルメ

この月の中旬に数日間沖縄の那覇→コザ→那覇と巡り、帰京してはまた泥酔の日々wこの月も結構なカップ麺の消費量だけれど、それらが全て「呑みの後の〆」かと思うとよっぽど呑んでよっぽど食らっていたよなぁw こんな食生活をしながら平行して「世界のビール」にもはまっ ...

この月の前半はインドネシアにいて帰路に韓国に寄って帰京した。インドネシアではカップ麺など食らう機会など無く、韓国・ソウルでの痛飲後にやっとこの月一杯目にありつくw帰国した後の日々はいつも通りの泥酔&〆のカップ麺の毎夜アゲイン。  海外に出た時にももちろん〆 ...

昨日は延ばしてもらった連載誌の締切日だったので精神的に「カツカツ」。色々と先延ばしにしている事項が多々あるけれど、落ち着き次第取り組みます。という訳で良いタイミングでの「手抜きエントリー」のシリーズw凄い画像数だけどwお疲れ様でした。今週もよろしくです。 ...

この年のこの月は途中でサイパンに滞在していたので、「呑みの後の〆のカップ麺」の消費量も少し停滞気味。それでも結構な消費量w呑みの後の〆だけでこんなに消費する筈も無いので、朝飯代わりに食らったりしていたのかなぁ。そんな記憶さえ定かではない6年前の画像復刻。  ...

未だマイ・ブームのままの家呑み泥酔後の〆のカップ麺。一度に2〜3個喰らっては翌朝まで胸焼けが残るほどのバカ喰い。ダメな年。ダメな習慣。ダメなサイクル。でも未だ健康体wシックスサマナ 第31号 貧乏への道 全ての道は貧困に通ず [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワ ...

 ミョンドン駅近くの粥屋の上階にある宿で昼寝をして過ごし、早めに起きては下宿造りの宿の室内でテレビを眺める。街中を散策してからの夕飯に合う時間に相棒を起こして夜呑みへ。いろいろと鑑みながら街中を探していて飯屋のピキの「アジュマ」に連れられるまま路地裏の焼 ...

 朝食後にマッサージを受け、その後街歩きをしばらくした後宿に戻っては一休みして直ぐランチへ。朝食はガッツリと米を喰らったので、昼食は粉食で。ソウル市内中心部の老舗で有名な名店なのに、この時まで何百回とソウルに滞在していながら一度も試さなかった「ミョンドン ...

朝目覚めてはタバコを吸いに戸外に出ると雨。ソウル市内中心部は地下道が網羅されているので、ほとんど雨に濡れずにミョンドン駅から南大門市場まで辿り着いては「太刀魚横丁」へ。喰らい終わってはタクちゃんのリクエストで連日の「スポーツ・マッサージ」を施術。その後ロ ...

 ソウル滞在足掛け2日目にして既に主要なメニューを抑えてしまったのか、はたまた旅の相棒「タクちゃん」のリクエストだったのか、僕は今まで1〜2度しか食べた事のない「カムジャタン」で夜呑み。この夜呑み前、雨がそぼ降るソウル市内を、昼寝後のけだるい体を引きずっては ...

朝食を食べてマッサージを施され、そのまま南大門を散策したままの「ランチ・タイム」。僕も結構喰らう方の人だが相棒も負けず劣らずw南大門市場の「シクタン・キル(食堂通り)」に出ては適当に店を選択して入店しランチを済ます。その後宿で一眠りした後に、ミュージシャ ...

タクちゃんの強いリクエストで朝食メニューになった「参鶏湯(サムゲタン)」。僕はこの時まで、レトルトやファストフード店・フードコートなどで食べては来たけれど、真剣に専門店で食するのは初めてだった。鳥を一羽使用して一人前が出来るので、僕は大食いなので大丈夫な ...

「流浪のサキソフォニスト」と呼ばれながらもほとんどの楽器を演奏できる「マルチ・インストロメンタリスト」として歴々のバンドで活動したりトラックを作成したり、アイドルのバックでパフォームしたりする後輩の「タクちゃん」のリクエストで訪れた韓国・ソウル。彼にとっ ...

夜遊びにさほど興味を抱かなくなった身にとっての楽しみは「美味いものをうまい酒と共に気兼ねない場所でいただく事」。同じ場所に何度も赴く「リピート旅」の多い僕には世界中に「行きつけのリラックスできる店」があり、澳門の雀仔園にある「大興麺家」もそのひとつ。澳門 ...

帰国している。往路は新宿から26時間かけて中国雲南省西双版納州景洪の郊外「モンハン(勐罕、橄攬壩、橄榄坝(ガンランバ))」の宿に着いた。バイスバーサはモンハンの宿を夕方5時ころに出発し、羽田の宿に着いたのは32時間後の翌日のA.M.01:00で自室に至ったのはその12時 ...

士林市場を地下へ降りると、フロアー全体が飲食店のみで埋め尽くされる。外食は日本以上に東南アジアでは日常で、それは必ずや複数人以上で行われ時制の制限はない。それは家族だったり友人とだったり、恋人と、仕事仲間と、部の仲間と、と、と、行われ、一人と言うことはま ...

2012年の久しぶりの台湾・台北滞在時、目的格ありで士林市場にMTRを乗り継いで赴いた。御膝元の「剣潭駅」の駅中にも魅力的なグルメ・スポットがあるけれど、そこは市場までガマンガマン。市場前は既に喧騒でそれを掻き分け飲食街のある市場の地下階へ。いざ! お目当ての店 ...

高雄滞在で初めての朝食を喰らっては宿近くの神社仏閣や市場などを散策・撮影して宿に戻る途中、道すがらに僕好みの「粽屋」を発見。 朝食を喰らってから2時間ほど経っていたので「2度目の朝食」って言うか「オヤツ」って言うかw 店頭の ...

前日午後一に高雄に着いたので朝食はこれが「初」。珍しく寝起きが良く朝からガッツリ喰えそうだったので、とりあえずは(ここ大事)事前にネットや動画サイトなどで当たりを付けていた「豆漿(トウチアン・豆乳)」の有名店へゴー。まだ朝7時頃だったので、寝間着にハーフパ ...

落ち着いて飲める場所を散策しながら「瑞豊夜市」と「六合夜市」を巡ったけれど、いまいちしっくり来ないまま宿周辺をうろついて見つけた「就愛餡麵食館」。酒類は用意が無いそうなので斜め向かいのイレブンで、とりあえずビールを3缶買い込んではアテをオーダー。店内にグラ ...

通常はランチに2時間から5時間はとるのだが、必然忙しくてゆっくりランチる時間が無いと言う時もあるわけで一昨日は非チェーン系牛丼屋の「たつや」で久々のかっ込みカツ丼ランチ。相変わらずマズイなぁwでもこのマズさって、麻薬のごとく(一年後位に)また食べたくなる依 ...

高雄滞在初日の夜。台湾高雄のB級グルメをつまみに呑もうかと、地下鉄を乗り継いで散策・撮影ついでに訪れた「瑞豊夜市」。 結局は腰を据えてゆっくり呑めるような場所は無く、散策したのみで「ショバ変え」。同じ台湾でも首府台北の夜市は店ごとにテーブルが用意されて「さ ...

朝飯はしっかりと空港内のフードコートでいただいたので、機内食はデザートとカフェオレのみで。 3時間ほどのフライトで南下すれば美味い飯にありつけるので、ここは我慢我慢w 春雨そぼ降る成田も上空に上がり切れば初夏の日差し。 ...

相棒と連れ立っては散策がてらに訪れては喰らった牧志市場内の食事処「道頓堀」。以前同じ市場内の「さくら亭」のみそ汁(定食)が旨かったので期待値「大」。供された印象は「チッチャ」と思うほど小ぶり。味は今まで古今東西国内海外で食した「味噌汁定食」の中でワースト ...

澳門にはメイン・ダイニングとして利用している料理屋があるので「部屋呑み」などしやしないが、旧正月や国慶節などの大々的な休日に合わせて個人店舗も休業したりすると僕も行き場を失っては利用した事もない飯屋で呑んだり、最悪が「たった一度の澳門での部屋呑み」。せめ ...

最近の澳門ローカル・コミュニティーで度々話題になる澳門ローカルカレー屋の「カレー・モンスター」。前回の澳門滞在時、宿泊先が近かったのでブランチがてら開店時間を見計らって約翰四世大馬路(昔は「組鶯四世馬路」って名前だった)と馬統領街の四つ角の店に御来店。メ ...

日本国内で「回鍋肉」をオーダーすると、それは決まって豚肉とキャベツのチリ炒めが供される。方や澳門で「回鍋肉」をオーダーすると店ごとのポリシーか、同じ店でも食材のストック如何によるものなのか「豚肉と白菜」か「豚肉とセロリ」のそれを供されることがある。本場四 ...

今日はテレビ前の席に陣取ってスタート。 青島(チンタオ)が蒸した身体に心地よい。 連日澳門ローカルにいじられまくっているので、今夜は静かに呑みたいが...... ツマミ代わりの澳門料理が激美味! B級グルメ世界一だろう! ...

ここ数ヶ月は痛飲後の〆の「麺もの」を封印しているので、ひと月に1〜2度しか食べなくなった「カップ麺」。それでもスーパーやコンビニに行く度に新しいカップ麺が販売・プロモートされていると、自分自身でも「いつ食べるのか?」と思いながらもつい買っては「積みラー」状 ...

へき氏の6月24日のエントリーのネタ元はこれのことだったのかぁ。 まだ時期的に早かったのね。  来週からしばらく昼飯はこれか?w一度公演見ただけでNMB48箱推しのKWC49です。シックスサマナ 第14号 プノンペン魔界ツアー [Kindle版]クーロン黒沢(著)、蔵前仁一(著) ...

今回の「西日本紀行」で朝を過ごしたのは一度だけ。難波をうろついている時に目に付いた路地裏の「立ち食いうどん屋」 の松屋で「親子丼&かけそば・セット」。決定的に味付けが関東とは違う「旨味」。グルタミンの濃さなのか、初めて味わう新たな感覚。関東の人間に「そば」 ...

ここ数年の澳門の「B級グルメ」ネタで登場する機会の多い「カレーおでん」。澳門の夕食は全て「大興麺家」で過ごす僕でも、一度だけの「部屋呑み」時に利用した事があるほどwその老舗である大堂巷にある「咖喱榮」の分店を僑仔頭奥の新填巷に発見。今回は大興麺家に入り浸っ ...

何時ぞやの広島出身の子の帰省土産。本場で喰らう「尾道ラーメン」の美味さはこんな物ではないとの注釈をいただきながらこれを喰らったが、十分に「美味い。美味すぎる。」状態。近いうちに「尾道」行きま〜す。(ところで「尾道」ってどこ? 広島の事???w)4TRAVEL B級 ...

シンガポールでの僕は、こんな場所でのダイニングで出来ている。w「これこそがシンガポール」とは言わないけれど、これが「シンガポール・リアル」。無駄や虚構を排除したストイックなB級グルメは、外食がほとんどのシンガポール人にとっての「メイン・ダイニング」で「美味 ...

僕は今の今まで「牛丼のすき家」で牛丼を喰らった事がない。それは「すき家を利用した事がない」と言う意味ではなく、なぜかすき家ではカレーや定食をオーダーしては喰らっている。この日は「和風ハンバーグ定食」。プロモーション期間らしくこれで¥390!コスパ度高過ぎ!! ...

ひと頃の呑みのアテに「スパム(ランチョン・ミート)」を弱火でゆっくり炙ったものを好んでつまんでいた時がある。とは言っても、ランチョン・ミートの種類がそれほどあるわけでもなく、大概「SPAM」になるのだけれど。w今や迷惑メールの代名詞にもなっている「SPAM」の語 ...

成田空港へ向かうスカイライナーの車内誌で見て気になり、実際に成田空港内に出店している「乾物屋」で購入しては向かったカンボジア。しかしながら「食」が充実していたのかカンボジアでは試されること無く、帰りのストップオーバー・ポイントの上海で試される「おにぎり国 ...

ひと頃の朝飯時に「朝マック」を利用していたりしなかったり。w定番は「ソーセージ・マフィン」2個 & ブラック缶コーヒー。まぁ、大概ファスト・フードなんてのは香料で風味をコントロールされていて、実際には同じ味だ。大きな選択肢の大本は「値段」だな。wこれで〆て¥3 ...

澳門の呑みのメイン・ダイニングである「大興麺家」が休業のときの避難場所にしている司打口にある潮州料理屋「賓福軒」。何度か通ってはいろいろ試しているけれど、まるでダメ・どれもダメ・全てダメのヒット無し。結構な深夜(2a.m.までだったかなぁ)まで営業しているので ...

青森市ネタで散々サスペンドした伝説のラーメン屋「くどう」。青森市内滞在時の92%の日々の食はこの場で始まり、この場所で完結した。ここでの基本は「特大・卵入り」。朝喰らえなければ昼、昼喰らえなければ夕げにと、日に一度は喰らおうとしてたけれど、夕方4時前には閉店して ...

「こってり」がウリの「天下一品」だけれど、イマイチこの店での「こってり」の意味が理解できなかったので「あっさり」大盛り。これも意味が無いな。(キリッ)(この後、一度も行ってないっす。w)4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール とりビー ア ...

食日記のように外食の度にほぼ毎回料理の写真を撮っている。この店では「中華そば」はもちろんのこと「つけ麺」も散々喰らっているのに、保存画像が1枚しかPC内のフォルダから見つからない。店頭のファザード画像に至っては、オープン当初に一度撮ったきり。wそれほど腹が減って ...

モーニング・メニューの「目玉焼き定食」が気になり通いだした「なか卯」。それ以前は秋葉原の店で「和風牛丼」喰らっては「不味い」と言う感想の元に赴くことなく、1〜2年ぶりの「通い」。ビーフ・カレーの牛肉が結構「臭い」けれど、まぁ値段相応かな。w「ざるうどん」は文句無しの方向 ...

僕にとっての「食の三位一体」は「ラーメン・カレー・牛丼」なのはご存知。w((上質なネタの)寿司はヘンドリクスなので、それ自体が「神」。)そんな中にあって牛丼の「吉野家」は、牛丼界の「唯一神」。(唯一神信者はスルーしてください。)とか何とか毎回言ってるけれど、これを ...

昨年の在塞時には毎朝利用した「ハファ・ダイ・デリ・ベーカリー(Hafa Adai Deli Bakery)」。僕以外の全ての観光客が利用する「DFS(デューティー・フリー・ショッパーズ)」の真向かいに鎮座する「ハファ・ダイ・ショッピング・センター」の東端にあるデリカテッセンだ。昨年の ...

ひと月に一度位のペースで喰らう「たつや」のカツ丼。早めのランチには普通盛りに味噌汁を付け、遅めのランチ時には大盛りに味噌汁がデフォ。w「カツ丼」って、なかなか気軽に食べられる店が少ないんだよね。豚カツ屋に行ってまで喰らう代物でも無いような気がするし、豚カツ屋 ...

まだ僕が若かりし頃、今現在の「ランチ」の朝メニューとして「モーニング」と言うワードが都内に有った。今は「朝〜」と称される朝食メニューだ。全盛は多分に喫茶店「ルノアール」だと思われるが。w〜からの言わば「朝ドトール」。多分これで400円前後。コスパを考慮して、この後から ...

今日何の気なしに「福しん」の前を横切ったら、店頭の写真メニューのつけ麺の画像の上に「販売終了」のステッカーが貼られていた。食した事がある人は分かるだろうが、福しんのつけ麺は、ただ単にしょう油ラーメンのスープ・麺・トッピングを別々にしたかのような「つけ麺」 ...

サイパンには独自の「朝マック」があるのは紹介したが、ケンタッキー・フライド・チキン(以下KFC)にも「朝KFC」がある。正確には「KFC a.m.」と言う朝メニューだ。ラインナップは8種類ほどあったはずだが、僕の選択肢は「フライドライス/w ポップコーン・チキン」。ライス ...

沖縄から離れた場所で暮らす「うちなんちゅう」達へ。お土産で食したこんなB級スナックらが、翌年意を決してその場へ向かわせるファクターのひとつとなりき。今の僕には故郷とも言うべき澳門より恋焦がれる場所となっている。再訪は何時ぞや。 ...

揚げ物屋台で「マンドゥ(餃子)」買って、ついでに「トッポキ」を購入し、その帰りまぎに「TWO TWO」の「フライド・チキン」を買っては、ソウルの安宿で「アンジュ(つまみ)」にあてる。これが僕の韓国での「大団円」。「ソジュ(焼酎)」でも良いしビールでも、マッコリで ...