雨の日は、一回休み・坂井希久子

  • author: koiwa_chiro
  • 2022年01月18日

5 (4)初めて読む作家さんかな?

日本には様々な雨の呼び方がありますね。
この小説の章も雨の名前です。
そして色々な雨が降る中、定年前後の【おじさん】が昔と違う生き方や人との接し方についていけず、「こんなはずではなかった」と戸惑っている。

でもそこは昭和生まれの逞しい男たち。
(こういうのもセクハラ発言ですね)
最後にはきっちりと自分を見つめて次に向かう方向を見極めています。

オヤジの後悔や愚痴や自分を見つめる様子が沢山のこんな小説は初めてです。
とても面白いです。
が読み始めてゲラゲラ笑っております。
あんたの発言は大丈夫かいな?

スタレビ in 葛飾シンフォニーヒルズ

  • author: koiwa_chiro
  • 2022年01月15日

IMG_1654
スターダストレビューが葛飾シンフォニーヒルズへ来てくれるという事で行ってきました。
時間差入場という事で我々の席は18:30開演なのに18:05集合です。
凄い冷たい風の日でチャリで橋を超えるのが辛い
完全防寒で行きました。
大抵は電車組ですから、我々の服装は会場ではちょっと浮いてました。

小さい会場なのでスタレビが近い。
良く見えます。

IMG_1659
同じ公演を3回見た事になります。
1回目が中野サンプラザで、2回目が大宮ソニックシティ
どれも写真が一緒っぽいけど、全く別の場所・日程です。

・・・そして、6/4に恒例の6時間ライブがあるそうです。
この日は土曜日だけど、チケットが当たったらお休みになります。
多分、きっと、当たる

とらやの最中

  • author: koiwa_chiro
  • 2022年01月10日

IMG_1647ヨーコさんに最中を頂きました。
とらやは羊羹で有名ですが最中は初めてだな。
ここのあんこは本当に美味しいですよね〜。
3色の最中が入っていました。
大事に1つずつ食べます
ヨーコさん、いつもありがとうございます。

文明堂のカステラ

  • author: koiwa_chiro
  • 2022年01月09日

IMG_1649 (2)ヤエさんにカステラを頂きました。
安定の美味しさです

雪の日に随分大変な思いをして来てくださってカステラまで頂いて。
本当にありがとうございます。

亀屋吉良のお菓子

  • author: koiwa_chiro
  • 2022年01月08日

5 (4)ジュンコさんから京都のお土産を頂きました。
しっかりとした柚子の香りがたつ桃山です。
ん?なんかね、チーズケーキっぽい
見た目はガッツリ和菓子なんだけど?
私の舌がおかしいのかな
でもとても美味しいです。

ジュンコさんご馳走様です。

容疑者Xの献身・東野圭吾

  • author: koiwa_chiro
  • 2022年01月07日

5 (4)この間読んだ沈黙のパレードの中にガリレオ先生が回想する場面があって、それがどうもこの小説だったようで。
しばらく読む本が沢山あったのでスルーしていたけれど、やっぱりこの方の小説は凄いです。

湯川学の大学時代は神を肩まで伸ばし、シャツの胸元をはだけているような学生だったらしい。
意外ですね〜。
いつもはクールな湯川ですが、今回は大学時代の友人を思って非常に辛そうな寂しそうな顔を何度もしています。


ではネタバレ備忘録
脈絡なく。
***********************************

天才物理学者 VS 天才数学者。
なので理系の理論が沢山出てきます。

【幾何の問題に見せかけて、じつは関数の問題であるとか】
【思い込みによる盲点をつく】
【人に解けない問題を作るのと、その問題を解くのとでは、どちらが難しいか】


始めに殺人の犯行現場が描かれるので、読者は犯人はわかっているつもりで読みます。
が、それで綺麗に騙されるしくみ。

ちょっと警察があまりにもホイホイと容疑者の情報を教えすぎな感じが否めません。
今回の事件は警察はお手上げで、ほぼ湯川が石神のトリックを解いています。


この作者は女性のために献身的に尽くす男性を描く事が非常に多いですよね。
表面上には男性の犯罪者が浮上するんだけど、結局裏に女性がいて庇っているお話ばかりの気がする。
以前は、作者は過去に女性に酷い目に遭ったんじゃないかと思っていたんですけど、なんかそういうのが理想の男性像?

透明な螺旋も面白いと患者さんに聞いたので、そのうちそちらも読んでみます。

雪です

  • author: koiwa_chiro
  • 2022年01月06日

5 (6)

みるみるうちに積もってきましたよ。
まだ水分の少ない結晶のままの雪が降り続けています。
この分だと今夜は結構積もるかも。

皆さん、お帰りは気をつけて。

武士とジェントルマン・榎田ユウリ

  • author: koiwa_chiro
  • 2022年01月05日

5 (4)宮廷神官物語が面白かったので同じ作家さんの本を読んでみました。

【伝統文化の保持ならびに地域防犯への奉仕を目的とする新しい武士制度】として現代に生きる武士・武士伊能長左衛門隼人の家に英国紳士アンソニー・ハワードが居候するという設定です。
最初ちょっと物語に入り込むのに苦労しましたが、慣れれば一気に読めました。
英国紳士目線で日本文化や武家のしきたり等を冷静に見つめているのが面白い。

武士とは何か?
あなたが武士として重んじる事は何ですか?
武士はどうあるべきか?
など、なかなか現代日本の武士に答えられない問いを投げかけます。

幼い頃から武士になるべく厳しく祖父に育てられた隼人は感情をほとんど表に出さない。
学生の頃から介護していた祖父の死後、時々金の無心にやってくる叔父に罵られ心が折れる。
祖父の期待から逃れて一時は武士を辞める宣言もする。
が、そこに小学生の少女が北海道から武士になりたいと親に無断でやって来る。
女は武士になれるか?

老人介護や家族の問題に加えて、ジェンダー?問題と様々な問題が次々と降りかかりハラハラします。
が、立ち直った隼人の凛々しい姿に心地良い後読感が訪れます。

ちょっと現代武士に制約ありすぎじゃない?
これではなり手が少ないのも結婚できないのも頷ける。

新年のご挨拶2022

  • author: koiwa_chiro
  • 2022年01月02日

45
あけましておめでとうございます。

今年頂いた年賀状を見ていて思いました。
もう何年も会っていない人が沢山。
早く笑顔で心置きなく会いたいですね。

今年も年末年始は東京で大人しく過ごしております
1月2日も3日も4日も治療院に来る予定
年末にできなかった大掃除と床のワックスがけのせいです。
ちっとも休んだ気がしない。

治療院は1月5日より営業いたします。
今年もよろしくお願いします。

47

早くスキーにも行きたい。
去年も今年も雪が沢山降って絶好のスキー日和なのではないでしょうか。

年末のご挨拶2021

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月31日

今年も結局コロナ、コロナであっという間に1年が過ぎてしまったような・・・。
ちょっと振り返ってみますか。

まず1月、特筆すべきは初めて自家製みそを作ったこと
いつも患者さん達に頂いていたのですが、自家製みその味を知ってしまった者としては非常に作り方も気になっていたので体験コースに行ったわけです。
梅雨明けに見たけれど熟成には程遠く、うちのみそは9月に食べられる状態になりました。

7月にオリンピックがありましたね。
各国の選手がマスクをつけて入場行進してました。
日本の選手がめちゃくちゃメダルを取りました
【ゴン攻め】とか【ゲシッてる】という言葉を初めて聞きました。
NHKさん、よく許したね そういう時代なんだね

続くパラリンピックは初めてちゃんと見たスポーツが沢山ありました。
手足が無いのになぜ前に進む?(水泳)
目が見えないのになぜ走れる?ゴールの場所がわかる?(ブラインドサッカー)
車いす壊れない?むち打ちにならない?(車いすラグビー)
・・・等々、日々凄い凄いと患者さんと話題にしていました。

7月下旬からワクチン接種が話題に中心になりました。
予約が取れたの取れないのと大騒ぎでした。

IMG_158012月に初めて白ヘビを持つという体験をしました。
カメラ目線にしようと頭を押さえる、なかなか勇気ある私
この後からちょくちょくヘビの夢を見るのでもしかしてお金持ちになるかも知れません
このヘビさん、今見ればなかなか可愛い顔しています。
ビローンと伸ばしたら1m以上ありそうでした。

あとはね〜。
今年はめちゃくちゃ本を読みました。
それこそお休みの日は1日中本を読んでおりました。

そしていつにも増してお取り寄せが増えました。
家にいて全国の美味しい物を食べられる幸せ
皆さんに美味しいお取り寄せを沢山教えて頂きました。
そして沢山の美味しい物をお裾分けして頂きました。

こうして振り返ると結構色々あったような気もします。
いつもいつも患者さんに助けられて楽しく日々を送っている事に感謝

neco6さて、治療院は12/30〜1/4お休みです。
今年は元日から実家でゴロゴロする予定



皆さんも英気を養い、また新年から元気に頑張りましょう

GODIVAのクッキー

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月30日

5 (6)マルさんにゴディバのクッキーを頂きました。
結構いっぱい入っています。
これもお正月に楽しみにとっておきます。
マルさん、いつもありがとうございます。

今年のお正月、少しゆっくりできるといいですね。
そして第3週は渋谷でフィーバー
どうぞよろしくお願いします。

モンペリエのクッキー

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月30日

11 (3)ヨーコさんに凄い可愛い包みのお菓子を頂きました。

モンペリエって市川の凄い可愛いお店ですよね。
入ったことはないけれど。
こんな可愛い包装をしてくれるんですね。




11 (5)缶缶のクッキーでした。
開けてみただけでまだ頂いていない
今ね、おうちにお菓子がいっぱいあるので順番に大事に食べます。

ヨーコさん、いつもありがとうございます
お正月に食べてみます。
楽しみ〜

ビール頂きました

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月30日

5 (7)ユキさんにビールを頂きました。

ナイス

お正月の朝に飲んでみますね。
これはビンから直接飲むのがオシャレなビールですね〜。
ちょっと楽しみです。
ユキさん、ありがとうございます。
良いお湯を堪能してください。

蜂の家のまゆ最中

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月28日

5 (7)ミキさんに可愛い箱に入った最中を頂きました。
とらの絵といい、令和4年、といい、これはお正月のお菓子ですわね。
でも既に食べてしまいました

色々なあんがありました。
黒あん、白あん、ゆずあん、ゴマあん。
みんな美味しかった

自由が丘のお店みたいですが、品川エキュートで買えるそうです。
どうも通販もありそうですよ。
これは良い

ミキさん、ありがとうございます。

月曜日の抹茶カフェ・青山美智子

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月28日

5 (6)年末の慌ただしく過ごした夜、ほっこりするのに丁度いい本でした。
この方の小説は登場人物がみんな良い人で読んでいて温かい気持ちになれるのが良いです。

東京と京都を舞台に1か月ずつ少しずつ繋がっている12の物語。
繋いでいくのは小さな縁。

「一度でも出会ったらご縁があったってことだ。縁っていうのはさ、種みたいなもんなんだよ。‥‥育たないで終っちゃうことだってある‥‥一回会えたっていう縁なんだ。」

「縁って、実はとても脆弱なものだと思うんです。どちらかが一度でもぞんざいな扱いをしたら、あっけなくちぎれてしまうぐらいに。」

1月と12月だけ読んでもほっこりしますよ。

小倉山荘のおせんべい

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月27日

11 (3)ヨッシーさんに頂きました。
凄く綺麗な包装ですね〜。
個包装になっていて、中には8個も小さなあられやおせんべいが詰め合わせになっています。
色々な味が楽しめて美味しいです。

ヨッシーさん、ご馳走様でした。

ラムドラとパウンドケーキ

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月26日

5 (4)カワシゲさんから色々頂きました。
まず、このラムドラ。
見た目は完全にどら焼きなのですが、香りがラムレーズン。
視覚と嗅覚が別物を主張するので混乱
で、味覚は完全にラムレーズン。
美味しいし面白いです



5 (7)そしてパウンドケーキ。
これは正統派の美味しいパウンドケーキでした。
珈琲に合うので、少しずつ大事に頂いてます。






5 (4)そしてそして、ハンドクリームも。
無香料タイプなので仕事でも使えますねぇ。
カワシゲさん、沢山ありがとうございます。




東京駅のイルミネーション

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月26日

IMG_1595

IMG_1602

BEL AMER

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月25日

5 (4)クリスマスだからとヒロさんに頂きました。
これ美味しいんですよねー、と思ったら知らない種類だった。

栗がまるまる1個入ってました。
あまり甘くないチョコレートと栗のお味にコーヒーが、とても良く合います
仕事の合間の幸せ。

ヒロさん、ありがとうございました。

沈黙のパレード・東野圭吾

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月25日

5 (4)久しぶりに読んだガリレオシリーズ。

アメリカから帰国した湯川先生が今回ちょっと人間味を帯びていた。
過去に自分が解明した犯行を振り返るような場面もあって、そっちももう一度読み直したくなりました。

ではネタバレ備忘録
************************************************

23年前に起きた幼女死体遺棄事件で起訴されたが無罪となった男の実家で、3年前から行方不明になっていた若い女性の遺体が発見された。
前回の事件と同じく状況証拠は揃っているのに決定的な証拠が掴めず起訴できず釈放されてしまう。
「自白は証拠の王様で、その王様がいなければ奴らは何もできない」と犯人と思しき男はずっと黙秘を続けて処罰を逃れていた。

その男が町のパレードの日に遺体で発見された。
男に恨みがあると思われる遺族らには完璧なアリバイがあった。
*************************************************
さすが東野圭吾の作品で鮮やかですね。
真犯と思われる人物の入れ替わりが激しくて、でもきちんと理由がある。
今回は真犯人はやっぱり殺された男だったけれど、湯川先生が留美に行きついた理由がよくわからないなぁ、と思いました。
精神的に弱っていて取り調べ中に倒れたからですかね。




本好きの下剋上フレグランス

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月24日

本好きの下剋上のフレグランスが発売されたようです。
でも香りがわからないまま買うのもなぁ、と思っていたら先週希望者にはムエット送るというツイッターを見ました。
早速応募しました
5 (6)土曜にメールして火曜には届いたんですよ。
早かったですね。

ちゃんと試香紙にもロゼマとフェ様の紋章が入っていて、どちらがどちらかわかるようになっていました。
芸が細かいなぁ

どちらも爽やかな香りでした。
やはり若干ロゼマバージョンの方が甘いようですが、どっちも男女どちらが使ってもよさそうな感じ。

が鼻の穴を大きくして匂ってました
スーハー

 「これがフェルディナンド様の匂いか〜

本好きの下剋上第五部7・香月美夜

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月23日

5 (4)つい最近web版を読み直したばかりなのですが、また新刊が手に入ってしまったので読みました。
断片的にはもう何度読んでいるんでしょう。
何度読んでも気づきがあったりして面白いです。

楽しみにしていた今回の装丁。
神々の祝福を受けて絶世の美女となったはずのローゼマインがどうなったのか?と思っていたけれど皆が誰?と言う程変わった気がしない。
お姉さんになっただけじゃない?


では五部7の備忘録。
まだ読んでいない方はここまでです。
**************************************************
プロローグはフェルディナンド視点。
アーレンスバッハにローゼマインからの荷物が届きました。
お菓子やレティーツィアが送ったレシピをロゼマがアレンジした料理も詰まっています。
フェ様はランツェナーヴェの情報を得る為にレティツィアを食事に誘う。
そこでアウブの葬式の時にレオンツィオがラオプルートと個人的な親交を持ったという情報を得る。
レィーツィアはランツェナーヴェの玩具とキャンディーをフェ様と試す。
玩具にフェ様が興味を示して1つ欲しいと言うので、課題を少し減らす事を条件に交渉し成功する。

エーレンフェストではフェ様の魔紙を作ったりリクエストの素材を探したりロゼマが忙しくしているうち、ディルクとベルとラムの洗礼式がありました。
身食いで捨て子だったディルクと、元ギーべの息子で貴族として育ったベルとラムでは感じ方も言動も違いがあるようです。

子供部屋はメルヒオールが子供達を上手く導いています。
シャルロッテに出来上がった紋章入りのペンダントを見せているとメルヒオールからもヴィルフリートからもおねだりされました。
コルネリウスとロゼマが仲良くしている所もですが、兄弟で仲良くいているシーンがとても好きです。 

4年生の予習をしたり奉納式の打ち合わせをしているうちに貴族院へ向かう日になりました。
採集場所は学生がお祈りしても回復することがわかりました。
ローゼマインは上空から貴族院を包む魔法陣を確認、選別の魔法陣という事がわかりました。
でもこの後どうしたら魔法陣が起動するかわかりません。

奉納式を終えて、余った魔力はまた図書館に奉納します。
この巻のキモはなんと言ってもここですよね。
シュバルツ達に言われるままメスティオノーラの像に魔力を注いだらじじ様の所に連れていかれてしまいました。
アーンヴァックスによって無理矢理成長させられ、メスティオノーラの知識だけを詰め込まれます。
こんな成長も知識だけ詰め込まれる事も望んでいなかったローゼマインはもの凄く不服。

メスティオノーラの知識によってゲオルギーネが礎を奪う方法に気づいたロゼマがジル様に話し、エーレンフェストを守る方法を相談します。
同時にローゼマインを中央に移動できるようそれぞれの領主一族に仕事を振り分けました。

領主一族の会議中ロゼマが虹色の光に包まれて動かなくなりました。
フェ様の危機です。
ボニファティウスとジル様は諦めろと言いましたが、ロゼマは助ける気満々です。
ホースガイツにそそのかされて王族に攻撃したアイゼンライヒという大義名分を盾に、ダンケルフェルガーと交渉しました。

エピローグはレティーツィア視点。
レオンツィオにどのように唆されたのか、どのようにな状況でフェ様が倒れたのかがわかります。
全部大人が悪いのに、これで一生を罪人扱いされるユルゲンシュミットの貴族の子供は大変ですね。

****************************************
閑話はジキスヴァルト王子とシャルロッテとレオンツィオ視点でした。
レオンツィオ視点では、ゲオルギーネがアウブアーレンスバッハを毒殺した事が書かれました。
第一夫人も第二夫人もゲオルギーネが殺したんじゃないの?
オルタンシアはやっぱりラオプルートに殺されたんじゃないの?
アーレンスバッハには遅効性の毒もあるし、ランツェナーヴェの即死毒もあるのでお手軽に殺人ができる恐ろしい領地ですね。
しかるべきところでゲオルギーネ視点とラオプルート視点の閑話を期待します。

今回の特典SSはジルベスター視点。
会議中にロゼマがアーレンスバッハの供給の間でフェ様が毒殺されかかった、と言い出します。
ロゼマがどういう状態だったのかが他者視点から描かれました。

ジル様は、フェルディナンドが咄嗟に呼んだのが自分ではなくローゼマインだった事に兄として寂しく感じたり、「すまない」と一瞬でもフェ様の命を諦めた自分ではなく、フェ様の命を助ける為には手段を選ばないロゼマにフェ様の無意識の訴えが届いた事に安堵したり複雑です。
*****************************************
洗礼式で、身食いと貴族では魔術具の光り方が違いました。
貴族と同じように光ったロゼマがむしろ特殊なのです。
なぜロゼマは強力な魔力を持ちながら生きながらえたのかという疑問がまだ残っています。

アーンヴァックスによって成長されられるシーンで出てくる【呪い】。
この一言が結構気になっているのは以前どこかで書いた通り。
ロゼマは何者?

街どろぼう・junaida

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月22日

5 (6)ヨッシーさんに頂いた絵本。


ヨッシーさんは「暗いのよ〜」と言っていたけれど、ハッピーエンドですよね。
そもそも泥棒はどうなのか?とか、そこまで移動させたなら全部やれとか、細部に思う事は色々ありましたが、結果的に皆が幸せになった。

巨人が自分の気持ちに対して行動を起こしたからこその結果だと思う。
終わり良ければ総て良しとか、行動あるべし、というメッセージを感じましたが皆は違うのかな

5分もあれば読める絵本です。
治療院のラックに置いてあるので、ぜひ読んで感想を言ってください。

お吸いもの最中

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月18日

11 (3)チズさんに頂きました。
こういうの大好きなんですよ〜。
お湯をかければ出来上がりのヤツ
高級そうですよ。

色々頂きましたが、加賀百万石には美味しい物がまだまだあるんですね。
チズさんいつもありがとうございます。
ありがたくお正月に頂こうと思います。

うかい亭のクッキー

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月17日

5 (4)うかい亭のクッキーを頂きました。
以前頂いたうかい亭のクッキーとは別のコンセプトで作られたようです。

食べてまず、????????となる。

全く甘味がないんですよ。
クッキーを食べているという脳が混乱します
説明を見ました

ローストオニオン&サワラクペッパーサブレ
プロヴァンスハーブ&チーズサブレ
ベーコンポテト&トマトサブレ
トマトメレンゲ(パセリ・チーズ)
枝豆クラッカー
ゴボウ糖衣がけアーモンド

おぉぉぉ、確かに
言われればそういう味。
クッキー食べているのにお料理を食べているみたい。
面白いです。

トモさん、いつもありがとうございます。

林フルーツのゼリー

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月15日

13ヤエさんにゼリーとヨーグルトを頂きました。
林フルーツさんのフルーツが沢山乗ったヤツです。

さすがにフルーツが何を食べても美味しいです
結構食べ応えがありました。

ヤエさん、いつもありがとうございます

たまごの旅人・近藤史恵

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月11日

11 (4)海外旅行の新人添乗員が初めて1人でツアー客をガイドする所から始まるお話でした。
ちょっと脈絡なく備忘録を書きます。

我儘をいう客や、偉そうな態度で接してくる客や、不満や愚痴をすぐ口にして雰囲気を悪くする客達。
ツアーの参加者にも当たりはずれがあるのが難しい。
どの職業でも新人は自分が新人で初めてする仕事だという事を隠さなければならない時もある。
自分が全く興味のなかった国のガイドをすることになったり、天気が悪く生ったり、ロストバゲージが起こったり、ガイドさんは大変ですね。

そして今はコロナ。
派遣社員だった遥は、それでも沖縄で沖縄の魅力を動画配信したりして頑張っていた。
【好きな事は仕事にしない方がいい】と憧れていたベテランガイドの言葉に落ち込んだりしていたけれど、彼女の仕事に対する姿勢は好感が持てるし、やはり好きな仕事だから頑張れるんだと思う。

早く海外旅行に行けるようになればいいですね。
今まではツアーは利用しない事が多かったけど、こんな一生懸命なガイドさんと一緒なら素敵な思い出になるに違いない。
こんなガイドさんに当たりたいなぁ、と思う1冊でした。



りんご頂きました。

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月09日

11 (4)リエママがりんごを持って来て下さいました。
しばらく会っておりませんでしたが、お元気そうで何よりです。
いつもありがとうございます。



焼きそば頂きました

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年12月08日

11 (3)マルさんに焼きそばを頂きました。
職場でよく頂くものをお裾分けしてもらいました。
出版社製の非売品?

謎の多い焼きそばですね〜
ありがたく頂きます。
マルさんいつもありがとうございます。

サンタのおばさん・東野圭吾

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年11月30日

11 (4)東野圭吾さんの大人向け絵本。
短いお話の中に人種問題やジェンダー問題が盛り込まれています。
サンタクロースは黒人は似合わない?
サンタクロースは女性ではなれない?

2001年初版の絵本らしいけれど、古くないです。

でも女性サンタだからってスカートをはかせなくてもいいかな?
もの凄い高速でプレゼントを配るらしいのに寒いでしょ。

ジェシカの「イエスよ」という答えは、クリスマスだけにイエス様と結婚にyesの両方がかかっていてオシャレでした

全国物産展

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年11月22日

11 (4)物産展をやるから行きたいとが言い出しました。
なぜ平日に散々行っている場所へ日曜日にも行きたいのか?
私には全く理解できません

ま、でも特に予定もなかったので行ってきました。

行くまではブツブツ言っていたけれど、行けば簡単に買い物モードになります。






IMG_1403 (2)目についた物をどんどん買っていく

こういう時は雰囲気に流されてバンバン買っていかないと面白くないじゃないですか

会場が特産品とスイーツ野菜とフードコートに分かれていました。


IMG_1404 (2)野菜が大きい
左は白菜ではなくサニーレタスですよ。
サニーレタスと比べればブロッコリーが巨大なのもわかりますか?
トマトがもの凄く甘かった。
もっと買って来ればよかった。

野菜は重いんですよ〜

IMG_1401 (2)

会社は既にクリスマスの飾りつけになっていました。
ちょっとトイレを借りに・・・

TDLのチョコレート頂きました

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年11月19日

11 (4)チョコレートを頂きました。

最近ディズニーランド行ってないな〜。
もう20年近く行っていない気がします。
今はディズニーランド専用アプリをダウンロードしないと、乗り物にも乗れないし、レストランにも入れないらしい。
お土産もアプリからポチって家に届けるのが普通らしく、大荷物で歩いている人は皆無だそうです。

もう怖くて行けない
どんどん時代から取り残される。

ヤエさん、ありがとうございます。
相変わらずパッケージが可愛いですね。
DVDみたい。

リンデンバウムのラムレーズン

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年11月17日

11 (5)今、突然宅配便のお兄さんがやってきて、ラムレーズンが届きました。
どうもマユさんが送ってくださったようで・・・。
まだご本人はお仕事中で連絡がつかないのですが。

すでに1つ食べてしまった

ピンポン玉位の大きさのトリュフのような形。
中はバームクーヘンの生地とラムレーズンを混ぜたものでした。
ふわふわサクサクしていて、時々ラムレーズン。
めちゃくちゃ美味しいです

マユさん、いつもご馳走様です。
なかなかお会いできなくて残念。

みなかみの紅葉2021

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年11月13日

IMG_1388 (2)

2年半ぶりにみなかみの道の駅に行きました。
めちゃくちゃ混んでいて駐車場は満車状態が続く。
あちこちに車が止まっていて、車を入れずに写真を撮るのが難しい。

IMG_1390 (2)

朝のうちは寒かったけれどお日様が昇るにつれて暑い位になりました。

IMG_1391 (2)


IMG_1392 (2)

照葉峡の紅葉は終わってしまったようですが、下の方が綺麗でした。
こんな赤を見られたから満足満足

IMG_1396

そして久しぶりの温泉でした。

不動滝2021 =2=

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年11月12日

不動滝と言うからには、滝があるんですよ。
先日書いた大きな岩の落ちてきた駐車場から山道を少し上っていきます。

IMG_1373

お堂の左側にあった以前の道はまだ閉ざされたままでした。

IMG_1376 (2)

お堂の右側に遊歩道が新たにできていました。
パッと見は誰でも行けそうな道に見えますが、これがなかなか厳しい

IMG_1378

2011年以来ですから、10年以上ぶりにここまで来られました。
昔は修行僧が修行したりする場所だったらしいです。
パワースポットだと思いますよ。
なんかいそうですもん

不動滝2021 =1=

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年11月10日

東北の大震災の時に群馬県でも異変が起きておりました。
以前書いた記事にはその時からずっとあった大きな岩を載せました。

IMG_1782

2019年にはまだ粗削りでした。


そしてそれがコロナ禍のうちに完成していました。

IMG_1367 (2)

2019年と比べると彫が深くなっていますね〜。

IMG_1370 (2)

結構愛嬌のある可愛い顔に出来上がっていました

IMG_1371

200トンもあったのか〜

バームクーヘン頂きました

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年11月09日

IMG_1366 (2)バームクーヘンを頂きました。
タクシー運転手の方が人気の店だと言って持って来て下さいました。

しっとりしていて美味しいです。
足立区南花畑のお店ですって。
こっちからはなかなか行かないですもんね〜。
ご馳走様です

1年8か月ぶりに

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年10月26日

IMG_1326
2020年の2月にスキーに行って以来の旅です。

IMG_1332
なんか滝を見ると癒されますよね〜。

IMG_1347 (2)
今年は夏の暑さで日焼けしちゃったのかな?
それとももう終わりかな?

ひよこ

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年10月21日

11 (4)マルさんに東京ひよこのポテトとチョコを頂きました。
ふふふ美味しいですね。
色々な期間限定商品があるっぽいですね。

マルさんありがとうございます。

彩果の宝石

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年10月21日

11 (5)ヤエさんにゼリーを頂きました。
ゼリーだとお聞きしたので冷蔵庫?と思ったら常温で良いらしい。

ヤエ 「これはゼリー。グミじゃないです」

ゼリーって冷やし固めるお菓子と思っていたのだけど、これはゼリー?
あれ?
私が思い込んでいたゼリーの定義が違ってたみたい。

これ、本当に美味しいですよね〜。
でもちょっと目を離した隙ににお花の形をした1つしか入っていないスペシャルを食べられてしまいました

ヤエさんありがとうございます。
この缶かわいいね。


算命学占い入門・中村嘉男

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年10月18日

11 (5)もうそろそろ占いに行きたいと思っているのですが、なかなか暇がない。
なので本を借りてみました。

あまり当たっている気がしない
不思議なのは実際に占で言われる事と、本に書いてある事とは正反対なんですよね〜。
私の場合、名前の画数とか生年月日とかが大きく影響しているのでしょうか。

も・・・当たってないなぁ

これはやっぱり実際に占いに行かないと。

リストランテアモーレ・井上荒野

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年10月06日

11 (5)図書館のPC用の予約サイトにいくと、借りた本の履歴からなのか、私へお勧め本を紹介してくれます。
一度料理にまつわる小説を借りると、ずっと、ず〜っと料理にまつわる小説を勧められる。
旅行の小説を借りると、ず〜っと旅行の小説になります。
で、多分この本も最近読んだ小説の内容からお勧めしてきた図書館推しの1冊。

イケメンシェフのイタリアンレストランのお話でした。
イケメンなので女性客がきゃあきゃあ言いながらやって来て、楽しそうにシェフとおしゃべりしたりする小さなお店です。
女ったらしのシェフで、次々に女性客と関係を持っていきます。
前の女の子と今の女の子がバッティングなんて当たり前にある。
そんなシェフとシェフのお姉さんが2人でやっているお店です。

何かチャラいんですけど不思議と嫌悪感が沸かないのは、多分シェフが料理人として料理に真面目に向き合っていて、きちんと味で勝負しているからだと思います。
美味い料理を出すなら良し。
美味い料理の店のシェフがイケメンならなお良し

一方、シェフとは真逆に1人の男性に一途なお姉さんは最終的に彼をゲット。
弟とそっくりなタイプの父親に店を手伝わせ、弟に父親を押し付けて彼氏と沖縄に移住。
なかなか小気味いいお話だった。

11 (5)私はハードカバーで上の装丁で読んだのだけど、ネット検索していたら文庫版はこんな装丁でした。
こっちの方が輪郭はっきりしていてイメージ近いかも。

料理作っている姿は素敵ですが、女を次々と食い荒らし飄々と生きる不毛な男です


イケメン目的でレストランに入る事なんてないからなぁ。
イケメン歯医者には行きたくないけど、イケメンシェフの店にはあったら行ってみたい


水元公園

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年10月05日

13
やっと緊急事態宣言は開けたものの、仕事もあってなかなか東京から離れずらい。
こういう時は自宅から一番近い自然豊かな公園へ
江戸川土手をず〜っと行くこと40分、水元公園です。
紅葉も始まって、今こんな感じです。

11 (4)水辺のベンチでおにぎりを食べていると色々な鳥がやってきます。







11 (3)
お?・・・と思って立ち上がった途端、飛んで行かれた







12がっかりして、またちょっと目を話している隙に別の鳥が来てました。

さっき飛んで行ったのとは明らかに大きさが違います。





14全部【鳥】で済ませていますが、名前わかる?
カモ・・・位はわかるんだけど・・・

しらさぎ?
だって白っぽいの、いっぱいいるよ?
どれ? 区別つく?

手作り餃子を頂きました

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年10月04日

11 (3)チズさんが手作り餃子をまたお裾分けしてくださいました。
しかもジップロック3つ分。
何も作らなくても3食はこれでいける

冷凍庫に入れてしばらく保管していたのをに昨日発見されました
 「今日の夜はこれがいい〜」

11 (4)盛付け方がどうよって話ですが、それはおいといて。
前回と同じくえびがゴロゴロ入っています

1つ1つが大きいんですよ。
美味しい〜〜

糖質0を飲んでいてもこれじゃぁね〜

チズさんいつもありがとうございます
まだあと2袋、大事にたべます。

にぎやかな落日・朝倉かすみ

  • author: koiwa_chiro
  • 2021年10月02日

11 (3)これは何で借りたんだっけかな?
お名前だけは知っていましたが、初めて読む作家さんかも。

多分作家さんのお母さんがモデルで、お母さん視点のお話。
まちこさんのはずが届出の際に父親が「ま」と「も」を間違えてもちこさんになってしまった通称おもちさんの82歳から84歳までのお話。

色々忘れて、思い出せそうで思い出せなくて、ややこしい事は面倒でこんごらがる。
時々娘や介護士さん達に難しい単語を並べられて【丸め込まれている】気がする。
でも主人公おもちさんは明るくてまだまだ元気に動けてお友達もいっぱいだから楽しそう。
こんな風に老いていくんだなぁ、としみじみ思う。


ではネタバレ備忘録
**************************************

娘ちひろは独身で東京に住みながら1日2回は母親に「お電話」し、お母さんにできるだけの事はしてあげたいと思っている。
でも「私の時間を丸ごとお母さんに差し出すつもりはないんだよ」とも思っている。

夫・勇さんは脳梗塞になり、水頭症の手術の後特養に入所した。
おもちさんが面会に行ってもぽかんと目と口を開けて天井を見ている。

おもちさんはデパートガールをしていた事もありオシャレさん。
糖尿病が悪化しつつあるが、あまり自覚がないので食事管理ができない。
認知症も始まって物忘れが激しく、時々感情の起伏が激しくなる。
介護認定2を受けて食事管理と毎日の「お注射」の為、介護付きマンション夢てまりに入居することになった。
高級マンションは外出も自由で友達とも遊べるし夫にも会いに行ける。
勇さんのいる特養まではバス1本で行ける為、足繁く通っては車いすで散歩する。
時々病院に内緒でプリンも食べさせる。
そんな中、コロナウィルスの為誰との面会もかなわなくなった。
おもちさんの携帯電話も壊れてしまい、お友達や娘とはお手紙でやりとりをすることになった。

ページトップに戻る▲