名古屋のこいずみ形成クリニックの眼瞼下垂コラム

名古屋で診療している「こいずみ形成クリニック」の院長のこいずみまさきです。 眼瞼下垂の手術が多いので、その診療・治療でわかったこと、新しいトピックなどを書いていきます。

名古屋で診療している「こいずみ形成クリニック」のコラムです。
眼瞼下垂・まぶたに絞って書いていきます。
眼瞼下垂の手術が多いので、その診療・治療でわかったこと、
新しいトピックなどを書いていきます。
クリニックのHPはhttp://www.meteor-clinic.com/
質問や聞きたいことはコメント欄に書くか以下にしてくださいませ

              お電話 052-238-1230
              メール info@meteor-clinic.com


院長の小泉正樹ですまれにこういう訴えの方に会います。残念ですが目の開きは元近くにしてあげられますが、二重は元には戻せないことが多いです特に一重瞼には戻すことは困難です。切開して作成した二重は、もともとの二重とは全く違います。また切開した二重は埋没で作成し ...

院長の小泉正樹です加齢で生じる腱膜性眼瞼下垂は、通常 両目に生じますが進行度が左右で異なることもありますその場合、左右差が生じます。頬のタルミも左右で同じではなくどちらか片側のほうが下がっているということがあると思います。瞼も同じですでは 片目だけ眼瞼下 ...

院長の小泉正樹です先週 日本形成外科 in Fukuoka に参加してきました。眼瞼下垂の修正とういうテーマのシンポジウムがありました。座長は 松尾先生 と兵庫医科大学の 垣淵先生期待していた修正は 左右差や 三重、二重の消失、食い込みすぎ、眼瞼陥凹でしたがやはりと ...

院長の小泉正樹です眼瞼下垂が結構幅広く知られてきています。ただ、眼瞼下垂症の前に いろいろな接頭語がつくとなんだか理解できない方が多いのも事実ではないでしょうか?ということで 整理しておきましょう僕のクリニックで非常に多いのは眼瞼下垂全般ですが特に多いの ...

院長の小泉正樹です先日 6か月ほど前に、眼瞼下垂の術後の圧迫感・違和感の患者さんが検診に来てくれました。結果は少しは残っているけど80%改善したとのことでした術前は上を見ると眉間に険しい縦しわが入っていましたが、術後は眉毛を挙げて上が見れるようになっていまし ...

院長の小泉正樹です。この学会で 以下のような質問がありました。大きな病院に勤務している先生の質問でした「美容外科で失敗した患者さんが、やってくる美容外科で70万、80万払ったらしいが、それを僕たちが保険でやっているとむなしくなるというか、釈然としない」と ...

院長の小泉正樹です眼瞼下垂の手術でまぶたをどれくらいあけますか?これは多くの形成外科医、そして眼瞼下垂をする眼科医美容外科医にとって 重要ではあるけれどみんな意見が一致していません美容外科医にとっては、黒目をできるだけ出ししたい という患者さんの要望があ ...

院長の小泉正樹ですこういうことは 若い人に多い気がします。手術前後で、涙液の分泌量は変わりませんただ、目が開くことで 乾くことは十分予想されますこの場合の、乾きは仕方ないので、日中は目薬などで対処する必要があります僕の患者さんでも時々 いますが3~6か月後 ...

院長の小泉正樹です最近 術後に目が閉じれないという方が多く来ます。目が閉じれない原因は?①挙筋の前転のしすぎ②皮膚の取りすぎのいずれかです。いずれも目が閉じれないので、ドライアイになると考えがちです違うのですか?????  って声が聞こえてきますが一概に ...

院長の小泉正樹です2018年になりましたねあけましておめでとうございます。ブログをこちらでも書いていきますこちらで書いていきますhttps://koizuminagoya.amebaownd.com/こちらではフェイスブックやツイッターも見れます。では ...

↑このページのトップヘ