最近おやしらずについて質問を受けることがあったので記事にします。


おやしらずは18才以降に生えてくることが多い一番奥の歯(前から数えて8番目の歯)です。


歯の大きさが顎の骨の大きさに対して大きい場合、生えてこない、あるいは半分だけ生えて残りは歯茎に覆われているようになる、といったことが起こります。


よく質問を受けるのは、抜歯した方が良いかどうかについてです。


抜歯せずに有効活用できるケースもありますが、一般的には以下のようなケースでは抜歯を検討した方がいい場合があります。


・おやしらずの周りの歯ぐきが繰り返し腫れることがある

・その歯自体が重度の虫歯になっている

・おやしらずの一つ手前の歯が虫歯になっている、あるいはなりかけの状態


などです。


抜歯の際には、周りの組織へのダメージによって腫れ、痛み、痺れなどが出る場合があるので、すぐに抜歯するのではなく経過観察を希望される方もいらっしゃいます。


いずれにせよドクターが十分な説明を行いご自身の歯の状態を理解していただくことが重要です。


当院では最新のエックス線装置やCTを導入しており、より精度の高い診断が可能です。


一般歯科だけでなく外科処置にも力を入れていますが、術前の診断で非常にリスクが高いケースの場合には、連携している高次医療機関へ紹介する制度も整っております。


気になること、お困りのことがあれば相談にいらしてください。