虫歯の治療後は削った部分を修復する必要があります。

型取りをして詰め物を作製する方法と削った部分に直接詰め物をして歯の形を作る方法があります。今回は直接詰めものをする方法に用いる器具についてお話します。


歯に直接詰める材料はプラスチックとセラミックスのから成るコンポジットレジンという材料です。形を整えた後、光をあてると固まります。

形を整える際に様々な形の器具を併用すると、より自然に近い形に詰めることができます。歯科医師の技量が最も重要なのはもちろんですが、補助器具を充実させることも非常に大切です。

FullSizeRender




写真に紹介した器具は実際に当院で使用しているものの一部です。あらかじめ歯の一部の形が付与されているものもあり、金属製とプラスチック製のものがあります。症例によって使い分けをする事で、仕上がりがきれいになるだけでなく処置時間が短縮、効率化されます。


小さなことかもしれませんが、保険の治療にも気を配って診療を行っています。お困りのことがあったら相談にいらしてください。