ジャマイカ

2011年05月26日

ヤーマン その2

翌日はジャマイカのリゾート「ネグリル」に向けて出発。
前日に宿の女主人に行き方を教わったのだけど、この女主人がかなり曲者で教え方に愛情が感じられない。しかし、ガイドブックもないのでこの人に頼るしかないのでそこは我慢。
かなり不安だったが、教えられたとおりに朝にダウンタウンにあるバスターミナルへ向かう(600JAドル)。
無事バスターミナルへ到着すると、今度はバスというかトヨタ・ハイエースに乗り換えるのだけど、そこが大変。我々の荷物を持ったドライバーが「オレの車が今出発するから、とにかく乗れ」と言うと、また別の車の人が「いや、おれの車の方がいい。とにかく来い」と対抗。最終的に案内された車にはギリギリ二人分のスペースが。しかし、どう見てもバックパックやらの荷物を置くスペースがなく「これ無理だから」って言ったら「とにかく乗れ」って乗らされて、なんとひざの上に15kg以上あるバックパックを「ドン」って置かれた!!男のオレならまだしも、彼女のひざの上にも・・・。で、早速出発。やっぱりジャマイカ人は頭がオカシイ。
車の中で試行錯誤しながら、居心地のいい体勢を考えるも無理。何時間か経って、トイレ休憩の際に彼女の荷物がようやくトランクへ。って、最初っからそうしろよ。
その後そのバスの終点に到着。今度は乗り合いタクシーでネグリルまで向かう。
順調にネグリルの町に着いたのだけど、今度は宿の場所がわからない。最初は気付かなかったけど、このドライバーが明らかに様子がおかしい。まぁジャマイカだから・・・って感じでしょうか。そんか感じで同じ道を行ったり来たりしながら、突然の町案内を挟みつつ通行人に尋ねながら無事宿に到着。
疲れた・・・。
着いた宿は、明らかに従業員の数が多い。というか、従業員以外の謎の人が多い。早速不安になりながら部屋へ。
その日はもう疲れていたので、宿のそばで食事を済ませて昼寝した。起きたら夜だったけど、腹も減ってなかったので近くでジャークチキンを買ってビール飲んで寝ました。

翌日は海へ。
ここの海はほんとキレイだった。「さすがカリブ海っすなぁ〜」といった感じ。
2011_0523Kingston0024
カリブ
2011_0524Jamaica0086
透明度グンバツ!

早速泳いでみたものの、きれいなんだけど魚の姿が見られずプカプカしてるだけでだんだん飽きが・・・。わたし磯派なんですね、きっと。
しかし、ほんとにこの海はきれいだった。
飽きたので砂浜を散歩してみることに。ここはキングストンでほとんど姿が見られなかった欧米人の旅行者で溢れかえっていた。日本では馴染みがなくても、欧米では有名なんでしょうね。散歩も途中で飽きて、結局宿に引き返した。そして、潮を流したあとは海の家みたいなとこでビールを飲んだ。

お腹が減ってきたので、前日に見かけて気になっていた「ITAL FOOD」の店へ。
2011_0524Jamaica0073


ここは大きな音でルーツレゲエがかかっていて、雰囲気のいいおじさんが一人で切り盛りしていた。
どうやらメニューが一つしかないのか、食事したい旨を告げると早速調理に取り掛かった。
登場したお皿には見るからに体に良さそうな食材が盛られていた。ラスタの人々は肉を食べないので、こういう食事を食べている。
2011_0524Jamaica0074
見た目は・・・って感じですが、おいしいですよ。

味は体に優しい感じでけっこうおいしかった。おじさんが「フルーツジュースがいいよ」って言ってくれたけど、「ビールが飲みたい」と押し切った。日本で精進料理を食べに行ったらお酒は飲まないのかな。まぁ健康的な食事にビールは確かにおかしいな。
食事しながらおじさんと色々話をして、かっこいい曲ばかりかけるから「これ誰の曲?」って聞いたら、「これは○○」「もしよかったら、今日は特別にオレのコレクションのCD三枚を1000JAドルで売ってあげるよ」なんて言ってきたので、おじさんのセンスを信じて購入した。まだ聞けてないので楽しみ( 実はただのCD-Rなんだけど)。そのおじさん途中で車でどっか行ったりとかなり自由な感じだったけど、どこからかブレッド・フルーツだっけなの実をとってきて「君達に食べさせる」なんて言ってタダでごちそうしてくれた。その実は名前の通りにパンのような食感の不思議な味だった。
帰り際に写真を撮らせてもらっていると、「おれの髪は29年ものだ」と言って帽子の中の髪を見せてくれた。それは、自分の身長を越えるほどのドレッドだった!!写真を撮るのがなんだか失礼な気がして、写真を撮れなかった。そしたら、おじさんはそのドレッドをまとめておもむろにズボンのポケットにしまった。笑
2011_0524Jamaica0075
かっこいいなぁ〜

いやぁ、なんだか楽しい食事だった。
そんな感じでその日は終了した。

翌日はキングストンへ。
帰りは、またバスのお客争いに巻き込まれて大変だった。ただ、これはお客を無視してドライバー同士が争っているので、お客が被害に遭うことはないと思われます。帰りは冷房の効いた車で快適かと思いきや、またまたスピード狂のドライバーに当たり冷や汗かきながらキングストンへ帰った。
その日もまた移動疲れで、晩飯を食べてぐったりして終了した。

こんな感じでジャマイカ・バカンス編は終了しました。

koji1229 at 15:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月21日

ジャマイカ

ブログの更新が滞りました。
現在はジャマイカのキングストンです。
こっちはかなり刺激的で、今までの旅行でも上位に食い込むぐらいのところです。色々書いて報告したいのですが、今度また日を改めてゆっくり報告いたします。
とにかく、刺激的っす。

koji1229 at 09:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)