タイ

2009年01月18日

タイ 回想

20527138.JPG今回はタイを回想してみようと思います。
自分が訪ねた所は限られているし旅行者相手の街しかみてないのでそれで全てを語ることは無責任すぎますので。見たとこの感想と、感じたことを書いてみようと思います。
とりあえず、タイは経済的にも豊かなんだな〜と感じました。街にはモノが溢れていて欲しいモノは手に入るような気がしました。特にバンコクなんて日本よりインターナショナルで日本の新宿、渋谷、六本木などの繁華街が凝縮されてる気がしました。人やモノで溢れかえっています。半径1km以内にデパートがいくつあるかわからないぐらいです。そりゃ、どう見ても生活に困ってしまっている人々もたくさん見ます。ですが、基本人々からは余裕を感じました。ですがとんでもなくカオスです。人々の欲望がみなぎってます。圧倒されます。そして疲れます。
とりあえず、観光地はそれなりにきれいです。ですが欧米人相手にどんどんエスカレートしてしまってんじゃないかって気がしなくもありませんでした。ピピ島(津波被害でニュースで紹介されてた島)は6年前に一度訪ねた時は静かな印象を受けましたが(当時も物価は高かった)今回訪れたときはそれ以上に物価は高く騒音にストレスを感じ結局海にも入らず移動しました。津波被害はかわいそうですが・・・こんなんは旅行者の勝手な言い分ですが、なんか、ひとつひとつ静かな島はこうやって消えてしまうんじゃないかって思いました。住民はそうやって生活の為にやってることなんで否定はできません。
そのほかに訪れた場所はそれほどストレスフルじゃなくのんびりできました。
自分には欧米人向けの施設は肌が合わないので、ローカルな屋台や食堂が落ち着きます。せっかくタイにいるんだからタイ人と話してたほうが楽しいし見た目もそんなに変わらないので親近感を感じます(実際何度もタイ人に間違われました)。向こうも気軽に話ししてくてます。バンコクで一度女性に「昔タイ北部の人間にと付き合ってたけどそっくりね」って言われました。自分は中学生時の社会の教科書に載ってたタイ北部のアカ族の女性にそっくりだったことを思い出し複雑な気持ちになりました。欧米人は自国の文化をそのまま持ち込んでる気がします。自分も多少そこにあやかってる部分もあるけども・・・
じぶんは、この国の抱えてる問題などを直接みてないし、戦争で苦しんだ街カンチャナブリーでも戦争関係の施設には訪れてないので無責任な旅行をしてる気がしました。気軽に行ける気がしません(今後も)。
タイはいいとこです。悪い人もいますが、いい人がもっといると思います。
40日は居すぎたかなとは思いますが、30日はいてもいいと思います!
無責任な文章ですみませんがこれにて失礼いたします。
ちゃんと書いたら原稿用紙が5枚必要なので・・・

追伸 タイ最後にインドアボウルに行ってきました。そこでなんとRにて初めてのフロントテールをメイク!!(正確にはフロントテールロック・・・しかもR緩め・・・)いい土産ができました!!



koji1229 at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)