2007年02月23日

生い立ち

■生い立ち

1981年5月兵庫県姫路市にて誕生!!!

■幼少時代

国体選手であった祖父の影響でジャッキー・チェンを目指し、日々筋トレに励み本当にジャッキーチェンになれると信じ疑う事を知らない真っ直ぐ過ぎる少年で
小さい頃から気付くと一つの事に熱中し過ぎて前が見えなくなってしまっていた気がする。
特にはまっていたのは、筋トレ、ファミコン、縄跳び、鉄棒、算数、ケンダマ等、何かする度にはまってしまう幼少時代だった。

■中学時代

小学5年位から反抗期を迎え自分の好きな事ばかりしていた気がする。
そして、中学1年からギターを始め、これまた何事にもはまり易い自分は、ギターにもはまり、ギターを弾いては、やんちゃをしての繰り返しの日々だった。
ただ、中学3年の頃には、いつしかプロを目指したいと思うようになる。。。

■高校時代

中学時代がやんちゃな日々を送っていたせいで、高校の楽しく無さに愕然としながらも、家に帰ってギターを弾く事とバイクで峠を攻める事を楽しみに日々淡々と過ごす。
高校1年、2年の時は、学校が終わったらバイクのチーム(暴走族じゃなくて走り屋)の仲間と七曲りと言う峠を毎日のように攻めていた。
あの頃の自分を思い出すとみんなに気が狂った走りで危険極まりないと言われていたのが懐かしい。
その傍らで、友人2人にベースとドラムを始めるように勧め、3人で友人のスタジオ(倉庫)で深夜まで練習する音楽漬けの日々を送る。
この頃に練習のし過ぎで、腱鞘炎と言う手の病に悩まされはじめるが、中学3年の時に音楽でプロを目指すと思っていたのが、高校3年の頃、本気である事に気付き上京する事を決意。

■上京後(音楽の専門学校時代)

上京する理由が無いと親が心配する事もあり、音楽の専門学校に通う。
実際に通ってみると、音楽で食べていきたいと思っている奴らばかりで、変な人が多い所だった。
今思うと自分も変人の一人であったに違いない(汗)。
ただ、この頃は微妙な時期で専門学校で勉強するが、実際にライブ活動を活発に行っていた訳でなくあまり有意義な生活と呼べるものではなかった。
また、腱鞘炎の問題も引きずっており、1年専門学校を休学し合計3年間専門学校に通う。
卒業後、フリーターをしながら精力的にバンド活動をし、レコード会社から少ないながらも声をかけられる。
大手レコード会社のプレゼン用の楽曲を提供しつつ、バンド活動をしていたが、大物プロデューサーに今のバンドではプロになるのは非常に難しいと言われ、今までで一番良いボーカルだっただけに意気消沈。
その後、バンドは解散しプレゼン用の楽曲提供をしていたが、志半ばにして挫折。
その後、半年程度、路頭に迷う。。。
生きる目的、目標を失い、何をしても楽しくなく、どん底を味わう。。。
半年程度、どん底にいたが、音楽がダメでその後もダメでは実家に帰るのもどうかと思うし、帰りたいとも思わなった。
自分には、熱中出来る何かが必要である事は分かっていた。
俺が求めているものが何か考えに考えた。

それは、熱中出来る何かと自由!

熱中出来る何かが見つかるのはきまぐれでしか無い為、まず、自由を手に入れる為にある程度稼げるようになる必要があった。
まだその時は、自由を得れる程稼げる方法は思いつかず、自分にある能力を伸ばし稼げそうな方法を試行錯誤していた。
音楽をしていた事もありパソコンには慣れていた為、パソコンの能力を高め、独立する事でそれなりだが稼ぜる方法を思いつく。
それからは、鬼のように勉強し、エンジニア系の資格を色々と取得する。
ネットワークエンジニアやサーバ管理者、Oracle等。。。
そして、資格取得後、交流会に参加しOracle関係の会社を立ち上げたばかりの社長に引っ張られ、データベースエンジニアといて修行させて頂くが社会人1ヶ月目にして、これが後40年続く事に絶望を感じる。
確か、この絶望を感じたのが、2004年4月位だったと思う。

■トレード開始■

絶望が巨大なパワーを生み2004年1月からFX(外国為替証拠金取引)デイトレを始めるが、1〜2ヶ月でトレード資金が半分以下になり、さらに絶望を味わう。
そして、負けた理由を分析し数ヶ月後リベンジをかけるが、ここでもまた、破産への道を辿り、トレード中断。
敗因はスプレッドが大きいにも関わらずデイトレードを繰り返した事や、売買のルールも明確でなかった事。
途方に暮れていた時、偶然、トレーダー養成所なるものを見つけ、そこでCMEのユーロ先物のデイトレードを2004年中盤〜2006年始め頃まで仕事から帰ってきてから、毎日午前1時までほぼ毎日休む事なくトレードし続ける。
そこには、優れたトレーダーであれば会社の資金を運用出来るチャンスがあった。
ただ、ここでは色々学ばせて頂いたが、優れたトレーダーになる事は出来ず、運用担当者にはなれなかった。。。
なぜ、約1年半も続けたにも関わらずトレーダー養成所なるものを脱退したかと言うと2006年1月にフリーランスのデータベースエンジニアとして独立。
それに伴って、仕事量が以前よりも多くなり、毎日トレードしていた時間帯(午後9時〜午前1時)に家に帰れなくなった事が原因。
ただ、今考えるとあのままデイトレードを続けていてもプロになれていたかはかなり微妙なラインだと思う。
成績はいまいちだし、精神的にもかなり大変だしあれを何年も続けるのは至難の業であり勝ち続けるなんて事は神業である。
2006年からは仕事が順調でトレードもスイングトレードに変えた事によりデイトレ程難しい事もなく少しはマシなトレードが出来るようになるが、思ったようなパフォーマンスが得れていない、且つ、自分のトレードスタイルが確立されていなかった。
右往左往しながら、システムトレードが自分に合っているのでは?と言う事に2006年後半に気付き、データベースエンジニアの知識をフル活用しバックテスト出来るシステムを気合いと根性で1ヶ月程度で完成させる。
それからは、独自のシステムや本に記載されたシステムをバックテストし日々精進し続けたある日、ふとした事に気付き恐ろしくパフォーマンスの良いシステムが作れるようになる(2007年1月)。

ここ最近は、\澤廖↓開発、8‐據↓に榿屐↓ケ人僂離好謄奪廚魎萎なものにすべく奮闘しており、現状としては、作成したシステム(VISION)の開発&検証段階である。

検証期間としては短いが、数ヶ月〜半年程度運用し、バックテストと同程度のパフォーマンスを発揮出来れば、人生をかけた大勝負に出ようと企んでいる。

◆2008年7月〜8月

自分の今までの過ちに気付く。
【勝つ為にトレードし、負ける要素を極力排除したトレードに徹する】
を理念とし、今までの実績を元にし今後も安定しそうなロジック(ロングオンリー+スイング)を元に淡々とシステムトレード。

7月、8月、9月の間は、現在のシステムで運用予定。

今回こそ、安定すると信じて。。。

また、2008年8月に株オフを企画し今回も約20名程度のトレーダー達と交流を深める。

フリーエンジニアとしては、7月から自分で営業するようになり本当の意味で独立。
OracleのDBAとしてチームマネジメント業務からDBコンサル兼チームマネジメントへバージョンアップ。
※仕事が増えただけ。。。汗
一人で出来る事なんて本当に小さいとつくづく感じるようになる。
色んな意味で仲間が欲しいと思うようになり、今後は、エンジニア仲間を増やすべく色んな所に顔を出していきたいと思ってます(^^)/!

また、最近は以前から興味のあった行政書士の勉強を始めました(^^)/!

◆2008年9月

事業拡大に伴い2008年9月27日 法人設立^^
事業内容:ORACLEに特化したサービス全般、人材派遣業等

◆2008年10月

2008年7、8、9月が絶好調で調子に乗っていた事もあり、ポジションサイズを大きくしていた為、約1週間で約1000万近い損失を被る。。。(; ̄ー ̄川 アセアセ
バックテスト結果に存在しない状況が発生した時は、すかさずシステム停止すべきと言う事を学ぶ。

会社のパートナーを増やすべく営業等、大忙し(; ̄ー ̄川 アセアセ

◆2008年11月〜現在

会社も少しは軌道にのり安定期に突入?!
人を雇う事の難しさ、一人で出来る事の小ささなどなど、会社を設立した事で数多くの失敗から色々学ぶ。
自分が会社の一部では無く自分がいなくても勝手に成長していく会社を作る必要のある事を痛感。。。(; ̄ー ̄川 アセアセ
新規事業立ち上げるネタやチャンスを伺いながらコツコツ勉強したり、仲間を増やしたり色々頑張ってます^^

P.S:エンジニア、投機家:投資家、行政書士、税理士、弁護士などなど大歓迎です(^^)/!
もし、自分に興味を持って頂けた先輩方がいましたら新宿でおいしいランチの店がありますので、是非、ご馳走させて下さい!!!
連絡(day_trader528@yahoo.co.jp)お待ちしてまっす^^

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

お勧め証券会社
FX会社比較

【SAXO COHICE】
サクソバンクFX証券の<新>ハイブリッド型FX。

【ヒロセ】
ヒロセ通商

【JFX個人】
MATRIX TRADER

【JFX法人】
MATRIX TRADER

【OANDA Japan】
OANDA Japan