ランド・オブ・ハードボイルド


  ――Land of Hard-Boiled――
旧・世界の始まりとハードボイルドⅠ&Ⅱ。
旅や音楽、金融等のことをハードボイルドな文体で記すブログ。

"古代において剥き出しだった「権力」は、近代になり、「学術的な知」を介して、むしろ徹底的に行使されるようになった。" ― ミッシェル・フーコー

運営メディア
 ∟映画人.com

※当ブログのビジネスに関するお問い合わせはこちら(香港サポート関連)

※当ブログはリンクフリーとなっております。
著作権に関しては厳重に保護させて頂きますので、引用する際は、引用元明記の上、ご自由にネタにして頂けると幸いです。尚、半ネタ・パロディのような内容のブログですので、ご了承下さい。

ロンドン、カジノhippodrome 日記(1) 8月編

カジノファンの皆さま、大変長らくお待たせしました。


2017-09-20_223844

この2カ月、ロンドンで生活している筆者ですが、このたび、カジノに大はまりしてしまい、欧州最大規模とも思えるUKカジノ事情を実録したブログをアップします。

   * * *
さて、イギリスはEU離脱に揺れましたが、ポンド安により物価がかなり下がっている影響もあり、中国人ツアー客が多い現状です。

そんな中、観光客が多いレスタースクエア駅で、目につくのが、カジノ。

2017-09-20_225318

レスタースクエアとチャイナタウンすぐそば、このエリアはいくつもカジノがありますが、Hipodromeがパスポートで入場できて最大規模でした。バカラもブラックジャックもあり。

2017-09-20_225447


なんと、筆者は現状、●●連勝中。

イギリスのカジノも、マカオほどではないが中国人客や、アラブの世界のATMともいえる国の方が、バカラで平気で100、200ポンドの勝負をしていくので、景気はよさそうです。

さて、そんな、レアなロンドンカジノ日記ですが、マカオ・ソウル・チェコ・フィリピンなど過去にも4か国以上でカジノプレイヤーとして薄くも最低限の利益を出してきた筆者が実録します。

カジノを渡り歩いて苦役6年・・・ようやく1/2ゲームの必勝法が習得出来てきている気がしています。

あるいは、こういうことかもしれません。

「あはたが幸せでいられる場所はどこでもあなたの家。あなたに親切にしてくれる人は誰でもあなたの親」
…チベットの格言


続・Macau Life 2017 MAY(1)


【序章】
UK、イギリスで学生生活を始めて1週間・・・。

ある日曜の昼すぎに、海際のエリアで音楽活動をしていたら、
ギターケースに海鳥の糞が落ちてきました。

2017-09-20_233836

鳥のフン・・・あれ? なんかそれって、いい意味でのジンクスなかったけ??

何かお告げを感じた私は、宝くじを買おうと思い、街中でそういった商品を帰る場所を探しました。

そうこうしてると、レスタースクエアエリアで、カジノを発見。

丁度、コインが余ってて困っていたから、お札へ両替できそうな場所としてカジノへ行こうとも思っていたので、行きました。

>>つづきを読む
※NOTE有料記事

続きを読む

ロンドンの両替&キャッシュレス事情

Hello, Guys

2017-09-12_032941


今日のロンドン、夏の終わりが近く、雨が増えてきました。すぐやみますが。

2017-09-12_030821

物価が安くて国際的で住めば都モードになってる昨今で、音楽活動も想像より順調で、現地在住の友達も増えて、世界観がかなりいい方向に変わる。

毎年、夏の滞在拠点として訪問しようかとも考え始めました。

東京のみならず、バンコクより安い水準になっているようです。

※ロンドンは132位でバンコクやリオデジャネイロより安い


住めば住むほど居心地よく、建物の雰囲気や形、家具の作りなど、意外とタイ国に似ててアジア人には住みやすい国際都市でしょう。(タイが英国文化影響受けてるため)
続きを読む

ノマドワーカー、夏のロンドンに住んでみる?

読者の皆様、
北朝鮮問題に揺れる日本列島の夏をいかがお過ごしでしょうか?

各々大変なこともありそうで恐縮なご時世ですが、
暑中お見舞い申し上げます・・・、
的な意味合いで、夏のロンドン暮らし記事をUPします。

2017-08-29_233908


2017-08-29_233800


   * * *
ポンド安というチャンスに便乗して、先月から英国通いを開始しました。

UK来て早1カ月経ちますが、まったく東京に帰りたい気になってません。

香港台北等のアジアは少し恋しいですが、このまま、冬もロンドンでもありな気さえしてきてます。

昨年2016年に、観光客として来たときは独房のようなホステルと、ゴミゴミしてストレスフルなロンドンが嫌いになってましたが、家を借りて住んでみると、国際的で、何でも揃ってるこの町が好きになりました。

わたしはシティーボーイです。

田舎よりも、都会が好きです。

なぜなら、人が集まるからです。

2017-08-29_225658

多趣味な人間を満足させられるだけのモノと人があるからです。

人が集まるところではないと、娯楽も、商売も面白くありません。

東京や香港までいくと大都会すぎますが、ロンドンなら許容レベル。

アジア料理は恋しいですが、チャイナタウンでは外食が高いロンドンにしては安くて美味しく、探せば何かしら自分の好きな場所が見つかる――それこそロンドンの好きなところだと気付きました。

探せば家も学校も一番安くて揃っているのがロンドンだったため、夏の時間をロンドンで過ごすことを決めた筆者ですが、1カ月で気付いた5つのメリットを書きます。

続きを読む

ユーロ=ポンド?

2014年末から1ユーロ=1ドルになるというキャンペーンを目にして、トランプ相場初期のドル高では、その通りになりかけましたが、1ユーロ=1.05程度がオーバーシュートの底で、結局は1ユーロ=1.1ドルを下回ることはなさそうな現状になってきました。

それどころか、ECBのQE終了の出口が見てきた影響で、14年末の相場、1.3への回帰が見てきた2017年夏。

ユーロ=ポンド?

2017-08-21_232439

英ポンドとユーロ、「パリティ」は近い?

続きを読む

ロンドンでCP最高のカフェ、PRET(プレット) 1ポンドコーヒー

【一杯0.99ポンドコーヒー@ロンドン】

ロンドン生活に突入してそろそろ一か月になります。

毎日学校へ通い、週末は音楽活動に忙しく、そろそろ何もしないで一日中カフェでだらだらして予定等を整理する時間が欲しい昨今。

かつ、ロンドンのいいところも悪いところも見えて来て、少し嫌になってきて、結局はドイツ系の国に行きたい気持ちでいっぱいです。

まず、コーヒーがまずい。スタバは一杯200円ぐらいで飲めますが、フィルターコーヒーが酸化しすぎてたりぬるかったり、美味しいときは美味しいがボラティリティーはげしくてうんざりして、自宅で2ポンド200gで買ったコーヒーを淹れた方がおいしいから、スタバ行かなくなりました。

そんな中、英語学校で、あるドイツ系ブラジル人と仲良くなりました。

その人はブラジルから移住し、ロンドンでカフェで働いてるので、イチオシのカフェチェーンに学校の休憩時間に一緒に行きました。


2017-08-21_232036

「スタバは冷たい飲みモノしかダメ、ホット飲料なら断然PRETだよ!!」
続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
livedoor プロフィール
※当ブログを紹介&盛り上げて頂けると幸いです↓
最新コメント
follow us in feedly




  • ライブドアブログ