名古屋のベンチャー社長が理想のIT企業を実現するまで

会社を創って中国に渡ったブリッジSE社長の株式公開までの記録
(リアルタイムサクセスストーリー)

「グローバル」×「オープン」×「パブリック」な経営を実現する

生きること。それは価値を創造してゆくことだろう。

オフショア開発

完成度の高い仕様書

アプローチしたお客さんから、中国オフショア開発は完成度の高い仕様書を作成しないと品質の高い成果物が納品されないから、躊躇している。
って感じでお断りされるケースが少なくない。

日本国内の開発だったら、完成度の低い仕様書でもOKだなんて思ってらっしゃるようだけど、
実際末端の開発現場では上流工程の成果物の完成度の低さによって地獄に落とされることが少なくないと思うんだけど、そのあたりはどう認識してるのか疑問に思う。
続きを読む

中国オフショア開発はまだまだ伸びそう

日経コンピュータ2005年5月号より

■今年の発注予定額(昨年の実績)
NEC 240億円(211億円)
富士通 144億円(96億円)
日立製作所 130億円(82億円)
野村総合研究所 80億円(60億円)
NTTデータ 40億円(20億円)
日立ソフトウェア 29億円(19億円)
TIS 10億円(8億円)

■オフショア開発に占める中国の割合
NEC 80%
富士通 90%以上
日立製作所 75%以上
野村総合研究所 90%以上
NTTデータ 98%
日立ソフトウェア 65%
TIS 80%


続きを読む

国内オフショアと中国内陸オフショアとか

7db6b8da.JPG日本で営業していると国内オフショアってことを聞いたりする。

また上海とか沿岸地域の人件費が高騰してもっと内陸で開発しないとコストが合わないっていう意見もある。

個人的には、両方ともダメだと思う。続きを読む

導入完了とライブドア

中国で開発してきたシステムを本番環境へ導入。

環境面での問題が少し発生し、午前中は一時苦戦したけどなんとか解決。
これからはユーザへの教育作業が中心となるけど、忙しそうなのでちょっと休憩。

パソコン初心者の人でも使えるように説明できるかがどうかが課題。
テニスのインストラクター時代から人に教えるのが大の苦手だったし。続きを読む

オフショア開発営業

いつもブログのコメントには勉強させられる。本当にありがたいことだ。
今日も素晴らしいコメントを頂いて勉強になった。

中国オフショア開発に対する日本企業側のイメージがよくつかめた。
自分はオフショア開発を自分の目で見てきたから、もってるイメージが日本にいる日本人と違ったものになってしまっている。
その傾向が強いと営業で協調すべきポイントが狂ってしまうようだ。
続きを読む
記事検索
プロフィール
あつし
1972年名古屋生まれ
京都産業大学卒業後、岡山理科大学大学院を中退、ソフト会社でSEとして経験を重ね、Web+Linux技術と中国ビジネスに強いITベンチャー企業を創業。現在、日中間ブリッジSE社長として中国南京市・上海市・天津市・ハルピン市をベースにIT関連のビジネス(オフショア開発など)をしている。オープンソースビジネス、オブジェクト指向設計技術、開発プロセスなどの研究もしていたりする。
中国で中国の人と結婚するという想定外の幸せを手に入れてしまったホリエモンと同じねずみ年生まれの夢見るベンチャー起業家。

リチャード・ストールマン、マーク・アンドリーセン、ビル・ゲイツなどに憧れて大学院を中退して名古屋のソフトウェアハウスに就職したが、理想と現実のギャップに苛立ちを感じ、8年間の会社員生活の中でずっと描き続けた理想の企業を実現するために2004年4月1日、特例によって資本金60万円で有限会社エクスブリッジを創業した。社員の増員にも順調に成功し、計画通りの成長を遂げ、2008年1月現在では資本金1億円超の株式会社に。
描いている理想の企業が一日も早く実現できるよう日々社会の中で仲間と奮闘中。

●血液型:AB型
●趣味:釣り、テニス、卓球
●動物占い:ペガサス
●既婚
●ブリッジSE、起業家

コメント、トラバクはお気軽に!

EXBRIDGE,Inc.



タグクラウド
  • ライブドアブログ