SEO(対策)まとめ

SEO(SEO対策)中心にWEB、IT関連の話題をまとめます。WEB集客、アクセスアップ、ブログ作成、アフィリエイトの情報など。

占いニュースまとめヘッドライン AKBニュース他まとめヘッドライン

1: ニライカナイφ ★ 2016/07/03(日) 21:04:07.57 ID:CAP_USER9
◆Chromeが50%に迫る、6月ブラウザシェアランキング

Net Applicationsから2016年6月のデスクトップブラウザシェアが発表された。
2016年6月はChromeとMicrosoft Edgeがシェアを増やし、Microsoft Internet Explorer、Firefox、Safari、Operaがシェアを減らした。

Chromeの強い成長傾向は衰えることがなく、このペースで増加していけば2016年の間には50%以上のシェアを獲得するものとみられる。

バージョン別にみるとMicrosoft Internet Explorer 11は微増したものの、Microsoft Internet Explorer 10.0、Microsoft Internet Explorer 9.0、Microsoft Internet Explorer 8.0は減少。
Microsoft Edgeも増加したとはいえ微増に留まっている。全体としてMicrosoftのブラウザは減少傾向が続いている。

Chromeはデスクトップブラウザのみならず、モバイル/タブレット向けデバイスのブラウザとしても強い成長傾向を続けている。
Googleの提供しているサービスとのシームレスな連携やデバイスを超えた同期が可能であることなどから、Chromeを主ブラウザとして使い続けるユーザが増えているものと見られる。

no title

no title

no title

no title


no title


マイナビニュース 2016/07/03
http://news.mynavi.jp/news/2016/07/03/056/




引用元:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1467547447/

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

1: リサとギャスパール ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/06/21(火) 19:50:33.08 ID:CAP_USER9
 Googleは米国時間6月20日、同モバイル版検索サイトに加え、「iOS」「Android」版アプリに対し、病気の症状に関する情報の発見に役立つ機能を追加した。
ユーザーは病名で検索する代わりに、「My stomach hurts」(胃が痛い)などと特定の症状を入力して検索することが可能となる。

 Googleは検索結果として、可能性がある病気の概要、考えられる治療法、何科の医師に相談すれば良いかなどを提示する。

 ユーザーが一般的な病気の諸症状を検索すると、Googleは通常、WebMD、Mayo Clinic、Medline Plusなどの専門サイトのリンクを表示する。

 Googleはこの新機能を構築するために、検索結果から「片頭痛」や「目の周りのあざ」「腰痛」といったありとあらゆる症状を見つけ出して一覧にまとめた。
その後、これらの症状を医師から集めた医学情報と突き合わせ、独自の「Knowledge Graph」を作成した。
Knowledge Graphは、より包括的なデータ集合を提供および表示することを目指す高度な検索機能だ。

 ユーザーが検索した症状の結果は、1つの「Condition」パネル内にポップアップ表示され、あらゆる情報を一元的に参照できる。
この新機能のために、Googleは複数の医師に協力を依頼した。

 この新機能は、Googleのモバイルサイトおよびアプリのみから利用可能となっており、デスクトップ版ウェブサイトでは利用できない。
また、少なくとも最初は、米国にて英語でのみ利用可能となっている。
同機能は20日に公開された後、対象となるユーザーに1~2日以内で提供される予定だ。

no title

http://japan.cnet.com/news/service/35084603/
2016/06/21 13:43




引用元:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1466506233/

続きを読む

1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/06/22(水) 20:51:36.13 ID:CAP_USER9
0-7という歴史的大差がついた、コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016準々決勝、メキシコ代表対チリ代表の一戦。

 メキシコやチリでは、テレビや新聞などの一般的なメディアでこの試合のことが大々的に取り上げられており、
またSNSでも大きな話題になっていたことが分かった。メキシコのニュースサイト『メディオティエンポ』が報じている。

 情報収集や統計を専門とする『ニールセン』社の調査によると、ツイッター上においてこの試合についての総ツイート数は、
なんと約61万6000件。約14万5000もの異なるアカウントから発せられたという。

 そのうち約23万4000件は、メキシコ代表の公式アカウント「@miseleccionmx」にてつぶやかれ、
一方チリ代表の公式アカウント「@LaRoja」では約15万1000件のツイートがなされた。

 キーワードの中で最も多かったのは「チリ」の約12万8000回、
「オソーリオ」(メキシコ代表のフアン・カルロス・オソーリオ監督)の約5万4000件、
「#CopaAmerica」の約3万8000件、「“7-0”」の約3万7000件がこれに続いた。

 両チームの選手の中で最も多く言及されたのは、メキシコの守護神であるギジェルモ・オチョアの約4万7000ツイート。
87分にチリが7ゴール目を挙げた瞬間には、試合中最多となる約8万90000件のツイートが書き込まれた。

 これらの数字を見るだけでも、この試合がどれだけ注目度が高く、また人々にどれだけ大きな衝撃を与えたかが分かる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160622-00459568-soccerk-socc




引用元:http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1466596296/

続きを読む

このページのトップヘ