SEO(対策)まとめ

SEO(SEO対策)中心にWEB、IT関連の話題をまとめます。WEB集客、アクセスアップ、ブログ作成、アフィリエイトの情報など。

占いニュースまとめヘッドライン AKBニュース他まとめヘッドライン

1: リサとギャスパール ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/06/21(火) 19:50:33.08 ID:CAP_USER9
 Googleは米国時間6月20日、同モバイル版検索サイトに加え、「iOS」「Android」版アプリに対し、病気の症状に関する情報の発見に役立つ機能を追加した。
ユーザーは病名で検索する代わりに、「My stomach hurts」(胃が痛い)などと特定の症状を入力して検索することが可能となる。

 Googleは検索結果として、可能性がある病気の概要、考えられる治療法、何科の医師に相談すれば良いかなどを提示する。

 ユーザーが一般的な病気の諸症状を検索すると、Googleは通常、WebMD、Mayo Clinic、Medline Plusなどの専門サイトのリンクを表示する。

 Googleはこの新機能を構築するために、検索結果から「片頭痛」や「目の周りのあざ」「腰痛」といったありとあらゆる症状を見つけ出して一覧にまとめた。
その後、これらの症状を医師から集めた医学情報と突き合わせ、独自の「Knowledge Graph」を作成した。
Knowledge Graphは、より包括的なデータ集合を提供および表示することを目指す高度な検索機能だ。

 ユーザーが検索した症状の結果は、1つの「Condition」パネル内にポップアップ表示され、あらゆる情報を一元的に参照できる。
この新機能のために、Googleは複数の医師に協力を依頼した。

 この新機能は、Googleのモバイルサイトおよびアプリのみから利用可能となっており、デスクトップ版ウェブサイトでは利用できない。
また、少なくとも最初は、米国にて英語でのみ利用可能となっている。
同機能は20日に公開された後、対象となるユーザーに1~2日以内で提供される予定だ。

no title

http://japan.cnet.com/news/service/35084603/
2016/06/21 13:43




引用元:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1466506233/

続きを読む

1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/06/22(水) 20:51:36.13 ID:CAP_USER9
0-7という歴史的大差がついた、コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016準々決勝、メキシコ代表対チリ代表の一戦。

 メキシコやチリでは、テレビや新聞などの一般的なメディアでこの試合のことが大々的に取り上げられており、
またSNSでも大きな話題になっていたことが分かった。メキシコのニュースサイト『メディオティエンポ』が報じている。

 情報収集や統計を専門とする『ニールセン』社の調査によると、ツイッター上においてこの試合についての総ツイート数は、
なんと約61万6000件。約14万5000もの異なるアカウントから発せられたという。

 そのうち約23万4000件は、メキシコ代表の公式アカウント「@miseleccionmx」にてつぶやかれ、
一方チリ代表の公式アカウント「@LaRoja」では約15万1000件のツイートがなされた。

 キーワードの中で最も多かったのは「チリ」の約12万8000回、
「オソーリオ」(メキシコ代表のフアン・カルロス・オソーリオ監督)の約5万4000件、
「#CopaAmerica」の約3万8000件、「“7-0”」の約3万7000件がこれに続いた。

 両チームの選手の中で最も多く言及されたのは、メキシコの守護神であるギジェルモ・オチョアの約4万7000ツイート。
87分にチリが7ゴール目を挙げた瞬間には、試合中最多となる約8万90000件のツイートが書き込まれた。

 これらの数字を見るだけでも、この試合がどれだけ注目度が高く、また人々にどれだけ大きな衝撃を与えたかが分かる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160622-00459568-soccerk-socc




引用元:http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1466596296/

続きを読む

1: 自治スレでスレ立て記者募集中@アフィカス m9(^Д^)定職につけよ ★ 2016/06/17(金) 18:02:30.49 ID:CAP_USER
デジタル地球儀「グーグルアース」は、いまや世界中の探検家やトレジャーハンター、オカルト評論家たちにとって欠かせないツールだ。
衛星画像に目を凝らすことで、行方不明となっているMH370便の機影、古代遺跡、そして
UFOまでもが発見される時代に突入しているのだ。もちろん歴史的資料の分析も必要ではあるが、
信ぴょう性の面において地球全体をカバーする高解像度画像に勝るものはないだろう。

no title



■南極海に現れた巨大イカの怪物

そして今、このグーグルアースが、伝説的生物の実在さえ証明しつつあるようだ。
なんと、北欧で語り継がれてきた海の怪物「クラーケン」の姿が、クッキリと衛星画像に写り込んでいることが判明したのだ。何はともあれ、まずは解説動画をご覧いただこう。

https://youtu.be/RsijTye9LRA



南アメリカ大陸最南端であるアルゼンチンの「ホーン岬」からさらに南方、南極海に浮かぶ「サウス・シェトランド諸島」――。
問題の怪物は、この氷河に覆われた島々の近くで発見された。捕鯨会社の基地などが建つ円形の島「デセプション島」の
南西海上(座標:63° 2'56.73"S 60°57'32.38"W)に、巨大なイカの“えんぺら(みみ)”部分が顔を出していたのだ。
周囲に広がった波紋も加味すると、ただならぬ巨体である可能性が高い。

no title


これに気づいた世界的UFO研究家のスコット・ウェアリング氏によると、超巨大イカの全長は海面下の“あし(げそ)”部分も含めて
120m以上になると推測されるという。近年は日本でもダイオウイカの水揚げが相次いでいるが、
その体長は最大でも20m程度と考えられている。そのためウェアリング氏は、衛星画像に写り込んだイカが、
伝説の巨大イカ「クラーケン」であると確信しているようだ。

no title



■島や岩の見間違えではない!

海の怪物「クラーケン」は、かつてノルウェー近海やアイスランド沖で頻繁に出現し、長い触手で数多くの船を沈没させたという。
しかし、歴史上の文献を紐解けば、19世紀にアフリカ南部アンゴラ沖に出現したとの記録もあるため、
北海と同じく海水温の低い南極海で密かに生息していた可能性も捨て切れないだろう。
なお、今回の衛星画像は2013年12月4日に撮影されたものだが、その前後の衛星画像は存在しない。
これは、該当海域に撮影対象が存在するタイミングが一度しかなかった、つまり「島や岩の見間違え」ではないことを示している。

驚くべき発見に、世界のネットユーザーの間では「化け物クジラだ」「絶滅した首長竜かもしれない」
「何らかの人工物ではないか」「海底から飛び出してきたUFOの可能性もある」など、さまざまな憶測が飛び交っている状況だ。
果たして人工衛星は、古代から中世・近世を通じて漁師たちを震え上がらせてきた伝説の巨大イカ「クラーケン」を、
世界で初めて捉えることに成功したのか? いずれにしても、衛星画像が撮影された時、その場所に“何か”がいたことだけは確かである。

https://gunosy.com/articles/acpqq




引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1466154150/

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ