2015年12月に行った為替予測は、トランプの影響もあり大きく外れてしまいました。________________2015年12月__________________2016年12月_____________ __________________実際___________予想___________実際___________乖離USD-JPY____________120___________105___________116.38__________-11%USD-RMB___________6.49___________7.20___________6.93_____________4%JPY-RMB___________5.41___________6.86___________5.96____________13%2017年の為替予想【アメリカ】2015年の0.25%利上げ時に、2016年は4回の利上げがあるかもしれないと言われていたが蓋を開けてみれば、結局1年後の0.25%。消費者物価は上がりつつあるがヘルスケア(約4%)と家賃(約3%)が牽引。購買意欲の高まりではなく、雇用も伸びているのは非製造業だけ、大卒以上の雇用は横ばい。新車販売も11月には前年比3.7%増だが、ピックアップトラック1台あたり6000弱の販売奨励金(前年比約45%増)。低金利が支えてきた自動車販売、住宅市場の回復が停滞インディペンデント アメリカ 世界での責任を減らし、自国の繁栄と社会改革に努めるべきだとする「アメリカ自立」論。 そしてG7でもG2でもなくイアン・ブレマーの言ってきたGゼロ時代の到来へ。 地域グループとなるのか、親和グループとなるのか  地域 (1)アメリカ (2)中国 日本 インド   (3)ロシア ドイツ イギリス  親和 (1)アメリカ (2)中国 イギリス ドイツ (3)ロシア 日本 ちなみに、最近心配な米中間貿易は 2015年 5990億ドル 米⇒中:1160億ドル 中⇒米 4830億【中国】日本で1995年から2003年にかけて起こったバブル後処理を中国は2015~2017年で実行。2017年3月に労働契約法改正案も出され国有企業の再編加速。財政省が 2016年12月に「企業の負債比率引き下げ実施への税収支持政策に関する通知」 負債を引き下げる為に、債権を所有する側の処理を促進。(不良債権処理)物価 2016年9月にやっとプラス圏となったPPIが11月には+3.3% 恐らく2017年の春先からはCPIが4~5%となり夏前には利上げも。 これまでは国内景気に配慮してできなかった不動産の沈静化と人民元安対策。政治の年 重慶・広州が注目を集めるのか。あるいは全員60歳以上となるのか。 いずれにしても、2012年のような混乱は無いであろう【欧州】 政治の年 フランス、ドイツ 移民排斥 極右の台頭  トランプとプーチンが手を結び、シリア・リビア問題が沈静化。難民も減少。 NATOは弱体化。 長期的には通貨EURO・シェンゲン協定廃止。【2017年為替予想】___________________1Q___________2Q____________3Q___________4QJPY-USD___________109___________100___________98___________95USD-RMB___________7.1___________7.2___________7.1___________7.0RMB-JPY___________6.51__________7.20__________7.24__________7.37