以前、私のブログ記事
 「パソコンいらずで、スキャンデータを送信」
にて、

「画像を見ながら、会計仕訳を行い、
さらに疑問に思った仕訳をクリックすると
仕訳の元になった資料画像が表示されるという時代が
2、3年以内には到来するであろう。
そんな時代を楽しみに待ちたい!」

と記述したのですが、もう既にありました!

日本ICS株式会社が開発販売を行っている
【原票会計システム】
 http://www.icsics.co.jp/product/2013/08/ar-ps-1.html

いやはや勉強不足でした。

これを使えば、
『画像を見ながら仕訳入力を行い』
『仕訳をクリックして仕訳の元になった資料を確認する』事も
できてしまうようです。

・どのように画像を送受信し保管するのか?
・クラウドに対応しているのか?
など疑問はありますが、今後機会を見て研究してみたいと思います。

電子帳簿保存法にも対応していてくれると理想ですね。