デフレが何故、駄目なのかという事について、3ヶ月近く考えているが
未だに答えが出ていない。

■いずれ全世界デフレへ
EUR圏もデフレ、中国もデフレ。
いずれ全世界でデフレが標準となるかもしれない。

冷戦構造の崩壊によって、資金や製造国が自由に移動できるようになった
グローバル経済下、もはや一国の政府が通貨供給で物価水準や為替レートを
コントロールできる時代では無くなっているのではないだろうか。
あるいは国民のエンゲル係数が一定以下になった場合には、通貨政策で
景気をコントロールできなくなるのかもしれない。


冷戦構造の終結、自由な資金移動、エンゲル係数の低下、
コンピューターによる代替化など、それぞれが人類・社会が望んだ事でありながら
それ自身が、デフレの原因となっているとしたら、とても興味深い。


■デフレの原因は何か?
①既に生活にとって必要不可欠な物を多くの人が
  買い揃えてしまった状態ではないのか?
②コンピューターの進化がデフレを促進しているのではないか?
  コンピューターの進化と低価格化が下記(い)の仕事を代替し(あ)や(う)にも侵食
  (あ)  機械では代替できないが蓄積したスキルを必要としない仕事
  (い)  (あ)でも(う)でもないが、その中間的な仕事
  (う)   蓄積したスキル、判断や、コミュニケーションを必要とする仕事


■デフレを子供の成長に例えると
 中学生の時には毎年4cm身長が伸びた。高校生では毎年3cm。
 成長が分かりやすく、新しい服や靴を買わなければならない。
 でも大学生になって、成長が止まった。
 なんとかしなければと、毎日高価な薬を買って飲んでも一向に身長が伸びない。
 こんな人にどうアドバイスすべきか?
 身長以外の成長指標を教えてあげるべきであろう。