http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362480241/

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 19:44:01.60 ID:m7ATAVXg0
血液型で部隊を作ろうとしたとか

1230540198468aa

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 19:44:24.46 ID:D5Hhl1zb0
ジンギスカン作戦
o0480036012957915361インパール作戦
インパール作戦とは、1944年(昭和19年)3月に日本陸軍により開始され7月初旬まで継続された、援蒋ルートの遮断を戦略目的としてインド北東部の都市インパール攻略を目指した作戦のことである。
補給線を軽視した杜撰な作戦により、多くの犠牲を出して歴史的敗北を喫し、無謀な作戦の代名詞として現代でもしばしば引用される。


牟田口が補給不足打開として考案した、牛・山羊・羊・水牛に荷物を積んだ「駄牛中隊」を編成して共に行軍させ、必要に応じて糧食に転用しようと言ういわゆる「ジンギスカン作戦」は、頼みの家畜の半数がチンドウィン川渡河時に流されて水死、さらに行く手を阻むジャングルや急峻な地形により兵士が食べる前にさらに脱落し、たちまち破綻した。
また3万頭の家畜を引き連れ徒歩で行軍する日本軍は、進撃途上では空からの格好の標的であり、爆撃に晒された家畜は荷物を持ったまま散り散りに逃げ惑ったため、多くの補給物資が散逸した。
さらに、急峻な地形は重砲などの運搬を困難にし、糧食・弾薬共に欠乏し、火力不足が深刻化、各師団とも前線に展開したころには戦闘力を大きく消耗する結果を招いた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/インパール作戦
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 19:45:33.71 ID:m7ATAVXg0
戦車の写真をコピーして大量に新聞に載せる
しかも敵でなく味方を騙す奴とか

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 19:46:05.90 ID:4DPm71350
風船爆弾でアメリカを爆撃

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 19:47:58.01 ID:FT1ta6Us0
よくイタリアのことを砂漠パスタwwwとかバカにしてるが、ジャングル炊飯をやらかした国が言えることではない。

あと砂漠パスタはジョークの類で実際にはそんな余裕なかったからな。

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 19:49:03.87 ID:tWRrGSEM0
潜水艦で近づいて威力的には役立たないアメリカ本土爆撃

歴史的には大きいかな

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 19:51:27.99 ID:m45LWvZB0
大和型戦艦の強固な船体を使った信濃が急ぎすぎて10日で沈没

293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:51:10.26 ID:a8hLIh740
>>15
信濃は回航中で電源コードや配線がむき出し状態だったので
ダメコンがきかなかったそうだ

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 19:53:03.34 ID:FFHPYuPX0
竹槍だろ

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 19:54:08.59 ID:QIKD99lI0
洗脳教育

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 19:58:30.98 ID:90uS2p9N0
収支、補給が出来ない部分を

気合

という日本伝統の無限エネルギーで
補おうとした

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 19:59:16.22 ID:9L4//IoK0
731部隊とかとか

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 19:59:18.00 ID:6kUGptTM0
アメリカイギリス中国とやりあうなんて考えた時点で

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 20:00:02.96 ID:m45LWvZB0
>>33
そのための日独伊三国同盟ですよ

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 20:03:59.45 ID:m7ATAVXg0
>>36
それも阿呆だなぁ
そんな強いか良く分からないとこと組んで・・・

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 20:20:03.74 ID:9gHl1GEk0
日本海軍ではしごきの一環として海軍精神注入棒で尻叩きが行われ
叩きどころが悪くて死亡してしまった兵は遺族に「名誉の戦死」と知らせられた

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 20:21:54.62 ID:ahRtUn7y0
坂井小隊3機で空襲の後、
ポートモレスビー基地上空で3回、3機編隊で宙返り。
見事な機動と度胸に地上からはまったく撃たれなかった。

その後、ラエ基地だったかに
敵から通信筒が落とされて、それには
「アクロバットお見事。今度来る時は目印にマフラーを付けてきてくれ。
その時は歓迎する。」と書かれていた。
それでバレて3人は大目玉くらう。ちなみにこの招待は断ったようだ

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 20:23:47.97 ID:m45LWvZB0
>>69
あのときは
坂井
本田
と誰だっけ?
あと笹井中尉に怒られたんだよな
斎藤司令にはあんまり怒られなかったみたいだけど

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 20:28:26.64 ID:z3PdkUZp0
>>71
坂井、西沢、太田だ

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 20:28:23.06 ID:wBIFvPjJ0
日露戦争のときラッパ吹いてたせいで敵に行動がモロバレだったとかなんとか

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 20:30:25.75 ID:mHaJYIpyO
食糧が乏しくなり捕虜の米兵にも満足に食事を与える事が出来無くなった時にこっそりきんぴらごぼうを分けてあげていたら戦後に「木の根を食べさせられた!」と訴えられた

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 20:31:19.56 ID:z3PdkUZp0
>>91
確か欧州にも根野菜はあるって理由で無罪になったはず

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 20:35:06.99 ID:mHaJYIpyO
>>95
そうそうそれだ!
訴えられた人は肝が冷えただろうなぁ

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 20:40:30.56 ID:z3PdkUZp0
水木しげるはアホエピソードが多いな

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 20:41:46.09 ID:ELivHlpe0
>>112
見張りサボってぼけっとしてたら部隊が壊滅状態になってたとか
俺の祖父がそのせいで戦死してたら怒り狂うどころの話じゃないけどな

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 20:49:26.23 ID:2wzg1dNwO
>>114
水木さんが見張ってた場所からは敵は入って来ていない。
水木さんが気が付かなかったのは、反対側から侵入されたから。
そもそも水木さんの持ち場から敵が侵入していたら
最初に殺されるのは見張りである水木さんだったし
水木さんの部隊は敵の陣中で休息を取る(見取りモロバレ)という
危ないことをしていた、

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 20:42:06.59 ID:RgE0BKHX0
陸軍と海軍でDBエンジンのライセンスを別々に契約←ドイツ側の失笑を買う

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 20:44:35.37 ID:ELivHlpe0
>>116
発注するメーカーがそれぞれ違ってたから、仕方ないと言えば仕方ないんじゃなかったか
陸軍機と海軍機じゃ仕様も違うから、日本みたいに工業技術が発達してない国がラインを統一することも難しかったし
かといってどちらかが取得したライセンスを勝手に他のメーカーに譲渡しちゃったら大問題だし

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:03:34.55 ID:3fAoXlpS0
数ある酷い話の中でも特攻がダントツだな

自爆を軍隊が戦術として運用してたとか正気の沙汰ではない

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:05:03.71 ID:m45LWvZB0
>>146
初期にそれなりの戦果をあげたのが逆にだめだったんだよな…

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:05:56.53 ID:hwYzcJmi0
>>146
決死隊的なのは昔からあったからダントツでもない
まぁ航空機込みでやったのは日本軍だけだろうけどな

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:08:07.63 ID:H944+KJ+0
>>146
日露の銃剣突撃も一緒だよ

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:10:11.09 ID:3fAoXlpS0
>>158
銃剣突撃自体は別に決死ではないが?
イギリス軍だって最近やってたし

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:04:27.74 ID:z3PdkUZp0
アメリカ海兵隊員の回想より

神風も何もかも見ました。
胃がキリキリと痛むような、あんな光景は見たことがありませんでした。

あの人達は死ぬのを覚悟していたんです。
私だって、入隊した時は命を捧げる覚悟でした。
でも、あんなやり方では…
                              ――アメリカ海兵隊員の回想より

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:05:26.95 ID:gJ2mE3RT0
日本人が発明したアンテナを敵に教えてもらうまで知らなかったとか

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:07:22.09 ID:vtOIl8Wv0
なんだっけ、「暗号に方言使えばいいんじゃね?」つって土佐弁だったか薩摩弁だったかを使ったら、米軍捕虜にそこ出身のがいてあっさり解読された奴

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:08:00.97 ID:3fAoXlpS0
そもそも首都が当たり前のように爆撃されてる時点で「あ、日本は負けるんだ」ってわかりそうなもんだよな
まあそんな事言ったら憲兵さんに連れて行かれるわけだが

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:08:16.43 ID:gJ2mE3RT0
陸軍が空母作ったり、海軍が爆撃機作ったり

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:09:05.37 ID:3fAoXlpS0
日独伊三国同盟
と言えば聞こえはいいが、実際のところは嫌われ者同盟だよな……
北朝鮮とイランとシリアが手を組んだようなもんだ

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:10:10.98 ID:ahRtUn7y0
太平洋戦争末期、もう化粧品など作れなくなった時代、資生堂にいきなり政府から
大量の化粧品原料、そして容器に至るまで送られた。

そして、政府の命令によって、資生堂は大量の化粧品、香水、ローションを製造した。
当然、社内では様々な説が流れたが、一番有力だったのは、ソ連に講和を斡旋して
もらうため、ソ連高官婦人に贈呈するお土産品だというもの。

しかし、実際は、大陸でタングステン、銅などの戦略物資を買い付けるために、
小さくて軽く、そして高価である見返り物資を、と言うことで、高級香水など化粧品類を
その物資に充てたものであった。

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:10:13.54 ID:90uS2p9N0
首都空爆されてる時
軍部はなんていって
「戦況がとても良い」という事を
喧伝してたんだろう

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:15:20.19 ID:W+vKtTHC0
>>166
某作家の戦中の日記があるが、
「欧州では食料危機が刻々と迫っている。このままでは連合国も戦いを続けられはしないだろう」とか
「ルーズベルトが急死した。スターリンもそろそろ死ぬだろう。連合国の足並みも乱れてくるだろう」とか書いてあった記憶がある
肝心の日本がインフラボロボロで都市じゃ食料危機状態だったのがなんとも

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:32:41.21 ID:3fAoXlpS0
>>182
民主主義国家で、指導者が死んだって理由で軍が引き上げるわけ無いのになw
七年戦争におけるロシアかよw

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:17:42.81 ID:gJ2mE3RT0
旧日本海軍で最も活躍した戦艦はイギリス製
連合軍が最も恐れた旧日本海軍の戦艦はイギリス製

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:21:05.04 ID:2zzJBREu0
>>186
金剛型と三笠か

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:21:07.95 ID:Qqme6vpR0
ここまでエロ爆弾なしとか

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:24:14.56 ID:GQTYnuXb0
>>200
kwsk

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:24:39.86 ID:m7ATAVXg0
>>200
kwsk

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:26:35.65 ID:Qqme6vpR0
>>208-209
試作品の誘導爆弾(イ号一型乙無線誘導弾)が試験中の誘導機器の不具合で熱海の旅館の女湯に突入した事故
それで付いたあだ名が「エロ爆弾」

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:28:53.48 ID:GQTYnuXb0
>>215
いろいろ酷すぎてワロエナイ

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:26:52.57 ID:2RzwzkNFP
>>208
誘導爆弾の試験中に近くの温泉に着弾、民間人の死傷者多数
風呂に落ちたからエロ爆弾な

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:21:20.39 ID:sfq5KpW30
牟田口

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:21:54.91 ID:3fAoXlpS0
>>201
イギリスの名将だな

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:25:23.13 ID:3fAoXlpS0
俺には自決って言うのが理解できない
敵を倒すための武器で自分殺してどうすんの?
降伏しないなら何とか逃げるか、もしくは突撃でもしろと

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:27:42.61 ID:GQTYnuXb0
>>213
生きて虜囚の辱しめを受けず、だからな

しかも民間人にも浸透してたとか怖すぎ

225 :holeギター ◆esuBYcD5q2 :2013/03/05(火) 21:29:04.48 ID:u+9pPMMBP
玉砕してしまうより捕虜になって相手の手間になったほうが遅延はできそうだけどな
相手に自分達の死体を片付けさせるより手間かけさせられるだろうし

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:30:43.83 ID:ELivHlpe0
>>225
「捕虜になったら虐殺される」ってのがほとんどの兵士の考えだったみたいだしね

まあ実際、米軍も日本兵の首を煮て頭蓋骨を取り出してコレクションにしてたり
まだ生きている負傷した捕虜を戦車の前に並べてひき殺したりと、やりたい放題だったから
だったら投降せずに死んだ方がマシって考えになるのも仕方ないような気もする

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:34:32.71 ID:3fAoXlpS0
>>231
まあ軍部としては捕まって情報盗られるくらいなら死ねという背景もあったろうな。

246 :holeギター ◆esuBYcD5q2 :2013/03/05(火) 21:35:22.39 ID:u+9pPMMBP
>>231
捕虜の虐待はいつの時代でも問題だけど、必ずしも殺されたわけじゃなかろうに
実際捕虜として生還した人も結構いたわけだし
一部の虐待や違法な扱いが全体に影響を与えてしまう事例だな

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:37:22.03 ID:p2CcZDQe0
アメリカ兵は戦場で飯を食べる時は自前の缶詰か
別部隊と交代で後方に戻って温かい飯を食べていたが
日本軍に補給なんてものは無いので全て自炊
ジャングルで米を炊いたのでその煙で布陣・人数の全てがバレた

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:38:13.74 ID:ahRtUn7y0
各国のWW2の戦費

アメリカ 3410億ドル
ドイツ 2720億ドル
ソ連 1920億ドル
イギリス 1200億ドル
イタリア 940億ドル
日本 560億ドル

欧米から見れば第二次世界大戦における
太平洋の戦いなんて付録みたいなもの……

てか、上位陣が頭おかしい

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:39:32.10 ID:5Q0npK+A0
イタリアは何に940億ドルも使ったんですかね

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:40:47.88 ID:GpKAzsmm0
アホエピソードとは違うかもしれんが
海戦のさなかにアメリカの空母に着艦しそうになった日本機があったな。
しかもアメリカ側も直前まで気がつかなかった。

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:44:19.34 ID:ELivHlpe0
>>267
そういう話はよく聞くな

俺が聞いたのは中国戦線で、偵察に出た兵士が濃霧のせいで自分の部隊を見失って
ようやく見つけたと思って合流し、しばらく一緒になって歩いてたんだけど
注意して周りを見たら国民党軍のど真ん中にいて死を覚悟したとか

片言の中国語で「小便、小便」と言いながらさりげなく隊列を離れ、命からがら帰還したらしい

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:49:38.35 ID:m45LWvZB0
>>276
俺からも一つ
ブナだったかラエだったかラバウルだったか忘れたけど日本軍の基地に突然B-17が降りてきた
突然来られたもんだから鹵獲も出来ずにほぼタッチアンドゴーで飛び立って行ったらしい
因みにその基地はほんの少し前までアメリカの基地だったそうだ

294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:52:09.89 ID:5/4ZbNjj0
>>276>>289
そういう人は最期まで生き残っていて欲しいなww

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:41:06.03 ID:ELivHlpe0
というか、よく当時のイタリアをヘタレ呼ばわりしてネタにする人もいるけど
「勝てそうになかったらやめる」「勝ってる方の味方をする」って、よく考えれば戦略的にはむしろ賢いよな

274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:43:22.10 ID:3fAoXlpS0
>>269
独裁者に踊らされて大勢死んだドイツ国民よりはイタリア国民の方が賢いな

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:43:29.35 ID:S2X7joOQP
WWII中以外のエピソードも上げようぜ

WWIの最中、四国にドイツ兵捕虜の収容所ができたが、そこがやたらとフリーダムだった
軍人の厳しい規律下に置かれているにもかかわらず、外出規制がやたら緩かったり、
収容所に西洋犬持ち込んで飼ってたり、近隣住民と軍民共同で新たな産業開発したり、
しまいには所長の独断で全員率いて海まで行軍して海水浴やったとか言う逸話があって
普通収容所って負のイメージが強いけど、そこは例外で友好の記念碑が今でも残ってる

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:45:40.70 ID:3FLU90WP0
>>275
そういう良い意味でユルい人はいいな
二次の時に見つかったらエライことになりそうだが

283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:46:52.33 ID:sfq5KpW30
逆にWW2の独ソ戦だとどちらも捕虜の扱いは酷いよな...

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:49:33.03 ID:ELivHlpe0
>>283
扱いを悪くするつもりは無いのに、結果として悪い待遇になっちゃった南方戦線とか
バターン死の行軍なんて言われてるが、日本軍もあんなに捕虜が多くなるとは思ってなかったのか
輸送する手段が無いから仕方なく徒歩で、まあ重装備の日本兵が大丈夫なんだから手ぶらの捕虜も大丈夫だろうと思ってたら……

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:53:08.60 ID:m7ATAVXg0
>>288
基本的に捕虜大切扱える所は物量が一杯ある国だからw
日本みたいな貧弱・貧資源国には無理だからw

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:52:14.29 ID:3fAoXlpS0
戦闘機中でも驚異的な航続距離を誇るゼロ戦のパイロットには、股間にあてて尿をためる小さな袋が用意されていた。
しかし飛行中の用足しは難しく、面倒とばかりに操縦桿の根元をめがけ、あるいは座ったまま失敬してしまうことも多かった。

300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:53:34.03 ID:GpKAzsmm0
>>295
パラシュートって座布団にもなって便利だったんだぜ

303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:54:46.82 ID:90uS2p9N0
末期は松脂で飛行機飛ばそうとしてた

松何十本だか何百本だかで
一回の飛行分とれるとかで

こんなん続けてたら日本は砂漠になってた

304 :holeギター ◆esuBYcD5q2 :2013/03/05(火) 21:55:02.95 ID:u+9pPMMBP
ひいじいちゃんは終戦間際に満州で現地招集されて、そのままソ連の捕虜になったがシベリア行きの列車から飛び降りて帰ってきたとか
スペクタクルだよな

307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:55:07.61 ID:3fAoXlpS0
1940年代のアメリカ。
0e618e4e

知らないってのは恐ろしいことだ。
これを日本国民全員が知っていたら戦争なんて夢にも思わなかっただろう。

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 21:55:53.92 ID:m45LWvZB0
>>307
山本さんは知ってたのにな

325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:01:24.33 ID:S2X7joOQP
>>311
山本は半年だか1年だかで叩き潰せなければむりぽ、って言ってなかったっけ

330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:02:40.96 ID:m45LWvZB0
>>325
短期決戦で有利な状態に持ち込んで講和条約を結びたかったんだけどね

332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:03:31.42 ID:5/4ZbNjj0
>>330
どの国に講話の仲介を頼むつもりだったんだ?ソ連?

334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:04:34.01 ID:m45LWvZB0
>>332
それは知らないな

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:05:15.30 ID:5/4ZbNjj0
>>334
全方位を敵にしちゃ、どうしようもないと思うけどな

323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:00:22.07 ID:3fAoXlpS0
「諸君はすでに神である。君らだけを行かせはしない。最後の一戦で本官も特攻する」
こんな事を言って大勢の兵士を特攻させた本人は、やばくなると逃げ出したそうな

324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:00:45.96 ID:ahRtUn7y0
さて、日本の大本営発表は、世界に向けて外電経由で発信されていた。

んな訳で、台湾沖航空戦の大戦果や、ブーゲンビル島沖航空戦の大戦果も海外に
打電された。

この大戦果に各国は驚愕し、早速その報道を検証してみたところ、余りにも実態とは
かけ離れていたことに失笑し、以後、「日本の大本営発表は信用出来ない」ということ
で世界に大恥をさらしてしまったという。

戦時中の思想って北朝鮮みたいになっちゃうもんなのかね・・・

328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:01:59.78 ID:5/4ZbNjj0
>>324
貧すれば鈍するって奴だな

2chでも都合が悪くなると荒し出す奴がいるが同じ

327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:01:49.14 ID:KicUhxOc0
航空機の名前がかっこよすぎる。極光とか彩雲とかやべぇよ

333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:03:39.41 ID:ELivHlpe0
陸軍悪玉論のせいか、未だに「時代遅れで泥臭い陸軍と、先進的でスマートな海軍」というイメージが根強いけど
少なくとも海軍より陸軍の方が情報戦、暗号などを重視していたとか

有名なところだと、開戦の日を伝える暗号が

海軍「ニイタカヤマノボレ 一二○八」
陸軍「ヒノデハヤマガタ」

海軍の暗号は、うっかり解読されたら開戦の日が丸わかりだけど
陸軍は解読されても開戦日がわからないように、それぞれの日に地名を割り振っていたとか

339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:05:36.64 ID:3fAoXlpS0
天皇 「もし日米開戦となった場合、どのくらいで作戦を完遂する見込みか?」
参謀総長 「太平洋方面は3ヶ月で作戦を終了する見込みでございます」
天皇 「汝は支那事変勃発当時の陸相である。あのとき事変は2ヶ月程度で片付くと私にむかって申したのに、支那事変は4年たった今になっても終わっていないではないか」
参謀総長 「支那は奥地が広うございまして、予定通り作戦がいかなかったのであります」
天皇 「支那の奥地が広いというなら太平洋はなお広いではないか。いったいいかなる成算があって3ヵ月と言うのか?」

357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:13:01.17 ID:gJ2mE3RT0
陸軍「海軍が護衛してくれないから輸送船を潜水艦にしたったったwwww、あとついでに空母も作ったわwwwww」

海軍「」

361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:13:52.32 ID:3fAoXlpS0
潜水艦に戦闘機を詰め込むって言う発想は凄いと思う

まさかそんなSFじみた事をやるとは

366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:15:36.22 ID:a8hLIh740
満州でとれるのは少々の石炭と鉄とひねた満人だけ
油田が採掘できる技術があればよかったけど
「マン毛は日本の生命線」は嘘だな、満州事変とそれにともなう小規模な戦闘で将兵をたくさん失ってるので
満州の利権を容易に手放せなかった

370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:17:26.43 ID:a8hLIh740
満州の油田は当時の技術では採掘できない

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:25:35.45 ID:m7ATAVXg0
例えれるなら中ボス倒す最中で回復とMPが切れたからラスボス達のいる城で
資源を奪おうとしたのが太平洋戦争
というかアメリカと一年戦えた戦力あるなら毛沢東と蒋介石殺したほうが良かったろ

392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:30:06.50 ID:ELivHlpe0
>>386
その中国に裏から支援していたのがアメリカなわけで
既に四年も泥沼が続いていたんだし、もうアメリカをどうにかしなきゃ終わらないって感じだったんじゃね?

401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:35:22.91 ID:a8hLIh740
>>386
中途半端に海軍力が遊んでたのもいかんかったかも
盧溝橋事件、対中開戦の時点で太平洋戦争末期レベルの総力戦体勢を作れば
中国をさらに圧倒できたかも
ただ正面戦力を強化しても兵站の関係で延安や重慶まではいけんだろうな

拡大路線をとれば米英もそれに対応して蒋介石へ支援をふやすだろうし

394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:30:58.96 ID:ahRtUn7y0
沼津の海軍病院には、普段は艦内でもサングラスをかけ、夜間は遠くを見る訓練
ばかりをやっていた結果、瞳孔が開きっぱなしになってしまい、昼間は眩しくて目
が開けられない元見張り員の入院患者の方がおられたとか……
  その人曰く
「レーダーより自分の目の方が見えた。敵艦発見と報告するんだが、上のものは
『見えるハズがない』と云って認めてくれなかった」

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:34:06.22 ID:WbFBAKWa0
結局は処分を恐れて国民を騙し続けたマスコミが悪いってことに辿り着く

400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:35:21.83 ID:5/4ZbNjj0
>>398
まぁ事実を書くと発禁ということはあったけどね
売れるからと言って景気の良い話ばかりブチ上げた自業自得だけど

403 :holeギター ◆esuBYcD5q2 :2013/03/05(火) 22:36:27.54 ID:u+9pPMMBP
>>398
それパソコンが壊れたけど、ヘッドホンが壊れてたから音が聴けないって言ってるようなもんだよな
まあ萎縮しちゃったのはメディアは恥ずべきだけど、あの状況で大手メディアが政府に逆らうようなことを書けていたかはわからん
うちのひいじいちゃんも新聞の仕事してて戦後は燃え尽きちゃったそうだ

421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:48:35.16 ID:WbFBAKWa0
どこのどんな国でも世論は重要だろ
civ的に考えて

427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 22:50:29.67 ID:90uS2p9N0
>>421
その世論を納得させるために
敗戦は日本にどうしても必要なステップだった

450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 23:30:31.13 ID:6maPN7PWO
零戦は完成度が高すぎる為発展の余地がなかった

453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/05(火) 23:42:21.59 ID:m45LWvZB0
>>450
発展の余地あるぞ
機動性を高めたために装甲は皆無
急降下したら空中分解するレベルだぞ
20mmも賛否両論だし

466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 00:13:23.04 ID:uwlY7I0w0
ゼロ戦→緑のイメージだけど
最初に無双してたのは飴色のやつなんだよな

A6M2b48_M10

483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/06(水) 01:20:12.36 ID:KwgxtRqSP
ありがとう
いろいろ面白い話が聞けてよかった