http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1455341792/

1 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:36:32.23 ID:aU4A0zOya.net
男というものは、もし相手の女が、彼の肉体だけを求めていたのだとわかると、一等自尊心を鼓舞されて、大得意になるという妙なケダモノであります。
男にとって最高の自慢になることは、彼のやさしい心根や、純情や、あるいは才能や、頭脳を愛されたということではなくて、
正にそのものズバリ、彼の肉体を愛されたということなのである。
これは男性の通性であって、高級な知的な男たると、低級な男たるとを問いません。ところが女性は全然ちがうらしい。
彼女たちは、「私」のほうが「私の体」よりも、ずっと高級な、美しい、神聖な存在だと信じているらしい。
だから、この高級で清浄で美しい「私」をさておいて、
それ以下の「私の体」だけを欲望の対象にする所業はゆるせないのである。
これは奇妙な自己矛盾であって、もし女性が自分の肉体を、高級で、美しくて、神聖なものと信じていたら、
それにあこがれる男の欲望をも、高く評価する筈であるが、
多くの淑女は妙に自分の肉体それ自体を神聖で美しいものと感じない傾きがある。
「不道徳教育講座 痴漢を歓迎すべし」より

ms3

2 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:37:08.80 ID:aU4A0zOya.net
とにかく女の人が自分の体に対して抱いている考えは、男とはよほどちがうらしい。
その乳房、そのウェイスト、その脚の魅力は、すべて「女たること」の展覧会みたいなものである。
美しければ美しいほど、彼女はそれを自分個人に属するものと考えず、
何かますます普遍的な、女一般に属するものと考える。
この点で、どんなに化粧に身をやつし、どんなに鏡を眺めて暮らしても、女は本質的にナルシスにはならない。
ギリシアのナルシスは男であります。
「不道徳教育講座 痴漢を歓迎すべし」より

4 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:37:29.92 ID:uimUxZYxa.net
あのホモこんなこと言ってたんか

6 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:38:10.10 ID:aU4A0zOya.net
ちやうど舞台の夜空に描きこまれたキラキラする金絵具の星のやうな、
安つぽいロマンスこそ女の心を永久に惹きつけるものだ。
「『からっ風野郎』の情婦論」より

9 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:38:54.32 ID:1iVWmZsA0.net
そら筋トレしますわ

10 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:38:57.34 ID:aU4A0zOya.net
男が女より強いのは、腕力と知性だけで、腕力も知性もない男は、女にまさるところは一つもない。
「第一の性」より

14 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:40:01.29 ID:S14f2XYu0.net
>>10
グエー論破されたンゴ

17 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:41:30.38 ID:TSHJoY940.net
>>10
腕力と知性以外になにがあるんや

12 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:39:44.11 ID:W+pxP+RSd.net
太宰嫌いなのもわかる

13 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:39:52.25 ID:aU4A0zOya.net
愛さないで体を委すといふことが、男にはあんなに易しいのに、女にはどうして難しいのだらう。
なぜそれを知ることが、娼婦だけにゆるされてゐるのだらう。
「禁色」より

『君は僕が好きだ。僕も僕が好きだ。仲良くしませう』――これはエゴイストの愛情の公理である。
同時に、相思相愛の唯一の事例である。
「禁色」より

16 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:40:51.65 ID:aU4A0zOya.net
愛するといふことにかけては、女性こそ専門家で、男性は永遠の素人である。
男は愛することにおいて、無器用で、下手で、見当外れで、無神経、蛙が陸を走るやうに無恰好である。
どうしても「愛する」コツといふものがわからないし、要するに、どうしていいかわからないのである。先天的に「愛の劣等生」なのである。
そこへ行くと、女性は先天的に愛の天才である。どんなに愚かな身勝手な愛し方をする女でも、そこには何か有無を言わせぬ力がある。
男の「有無を言わせぬ力」といふのは多くは暴力だが、
女の場合は純粋な精神力である。
どんなに金目当ての、不純な愛し方をしてゐる女でも、愛するといふことだけに女の精神力がひらめき出る。
非常に美しい若い女が、大金持の老人の恋人になつてゐるとき、人は打算的な愛だと推測したがるが、それはまちがつてゐる。
打算をとほしてさへ、愛の専門家は愛を紡ぎ出すことができるのだ。
「愛するといふこと」より

23 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:44:45.87 ID:1iVWmZsA0.net
>>16
これええな
さすがホモは文豪

31 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:46:51.03 ID:cWpTwuSg0.net
非常に美しい若い女が、大金持の老人の恋人になつてゐるとき、人は打算的な愛だと推測したがるが、それはまちがつてゐる。
打算をとほしてさへ、愛の専門家は愛を紡ぎ出すことができるのだ。

これ単に自己洗脳してるだけやん

33 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:47:39.90 ID:EfOe4+vR0.net
>>31
それが出来るから女は女なんやって話じゃねw

19 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:42:03.94 ID:aU4A0zOya.net
軽蔑とは、女の男に対する永遠の批評なのであります。
「反貞女大学」より

ある女は心で、ある女は肉体で、ある女は脂肪で夫を裏切るのである。
「反貞女大学」より

貞女とは、多くのばあひ、世間の評判であり、その世間をカサに着た女の鎧であります。
「反貞女大学」より

美人の定義は沢山着れば着るほどますます裸にみえる女のことである。
「家庭裁判」より

20 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:42:57.63 ID:aU4A0zOya.net
女の部屋は一度ノックすべきである。しかし二度ノックすべきぢやない。
さうするくらゐなら、むしろノックせずに、いきなりドアをあけたはうが上策なのである。
女といふものは、いたはられるのは大好きなくせに、顔色を窺はれるのはきらふものだ。
いつでも、的確に、しかもムンズとばかりにいたはつてほしいのである。
「複雑な彼」より

21 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:43:49.51 ID:aU4A0zOya.net
女には、世を捨てると云つたところで、自分のもつてゐるものを捨てることなど出来はしない。
男だけが、自分の現にもつてゐるものを捨てることができるのである。
「志賀寺上人の恋」より

22 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:44:41.59 ID:aU4A0zOya.net
女はあらゆる価値を感性の泥沼に引きづり下ろしてしまふ。
女は主義といふものを全く理解しない。
『何々主義的』といふところまではわかるが、『何々主義』といふものはわからない。
主義ばかりではない。独創性がないから、雰囲気をさへ理解しない。わかるのは匂ひだけだ。
「禁色」より

36 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:48:30.52 ID:75TtommS0.net
>>22
女がコンテンツを破壊するのと通ずるものがあるな

24 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:45:43.58 ID:aU4A0zOya.net
女のもつ性的魅力、媚態の本能、あらゆる性的牽引の才能は、女の無用であることの証拠である。
有用なものは媚態を要しない。男が女に惹かれねばならぬことは何といふ損失であらう。
男の精神性に加へられた何といふ汚辱であらう。
「禁色」より

29 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:46:20.27 ID:H9ZknMXTp.net
ホモの持つ男女への愛憎と言うものは複雑なもんやなぁ
一方では比較論的に劣性を説いてみたり、一方では必要以上に認めている所がある

30 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:46:37.88 ID:aU4A0zOya.net
思想を抱いてゐる男は、女の目にはもともと神秘的に見えるものである。
女は死んでも「青大将は俺の大好物だ」なんぞと言へないやうに出来てゐるからである。
「禁色」より

32 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:47:32.12 ID:aU4A0zOya.net
美女と醜女とのひどい階級差は、美男と醜男との階級差とは比べものにならない。
「をはりの美学 美貌のをはり」より

美女は一生に二度死ななければならない。美貌の死と肉体の死と。
一度目の死のはうが恐ろしい本当の死で、彼女だけがその日付を知つてゐるのです。
「元美貌」といふ女性には、しかし、荒れ果てた名所旧跡のやうな風情がないではありません。
「をはりの美学 美貌のをはり」より

35 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:48:27.70 ID:aU4A0zOya.net
私は「私の鼻は大きくて魅力的でしよ」などと頑張つてゐる女の子より、美の規格を外れた鼻に絶望して、
人生を呪つてゐる女の子のはうを愛します。
それが「生きてゐる」といふことだからです。
だつて、死ねばガイコツに鼻の大小高低など問題ではなく、
ガイコツはみんな同じで、それこそ個性のをはりですからね。
「をはりの美学 個性のをはり」より

37 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:48:32.88 ID:S14f2XYu0.net
三島由紀夫かっこいいな
「愛の劣等生」とか痺れるわ
よっしゃバイブルにしたろ!

38 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:49:33.03 ID:aU4A0zOya.net
女は「きれいね」と、云はれること以外は、みんな悪口だと解釈する特権を持つてゐる。
なぜなら男が、「あいつは頭がいい」と云はれるのは、それだけのことだが、女が「あの人は頭がいい」と云はれるのは、
概してその前に美人ではないけれどといふ言葉が略されてゐると思つてまちがひないからです。
「第一の性」より

39 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:49:49.34 ID:76dV2jxkp.net
どっちがいい悪いとも行ってない感じやな

40 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/13(土) 14:50:29.18 ID:aU4A0zOya.net
女性の特徴は、人の作つた夢に忠実に従ふことでせうが、何よりも多数決に弱いので、
夫の意見よりも、つねに世間の大多数の夢のはうを尊重し、しかもその「視聴率の高い夢」は
大企業の作つた罠であることを、ほとんど直視しようとしません。
「だつて私の幸福は私の問題だもの」たしかにさうです。
しかし、あなたの、その半分ノイローゼ的な、幸福への夢へのたえざる飢ゑと渇きは、実は大企業が、赤の他人が作つてゐるものなのです。
「反貞女大学」より