1 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)19:43:52 ID:3TP
この拷問器具は、形が洋梨に似ているところからこう呼ばれている。
取り付け部のネジやバネによって、先端から縦方向に3つか4つの部分に別れて拡張できる仕組になっている。

男性や肛門に用いるものは長さが15センチ、女性の膣用は一回り大きい。
また、ネジを締めていくと先端から刃のついたネジ状のキリ(棘)がのびるタイプのものもあった。
この棘は鋭い凶器となり、犠牲者の体の奥を引裂くことができた。

口用は、異端審問の際、また神への冒涜行為を行った者に対して使用された。
肛門用は、性的倒錯者、同性愛者(男性同士)に対して使用された。
膣用は、魔女狩りの際、悪魔や魔物と性交したとされる女性に対して使用された。

使い方としては、口、肛門、膣、に押しこんで、ネジを操作することで先端が開いていき、「穴」を拡張して固定する。
口に使用すると、容疑者の顎は大きく開いたまま固定され、叫ぶことも食べることも一切出来なくなってしまう。
5winETK
http://ura.sakuraweb.com/ura/gomon40.htm

2 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)19:51:32 ID:xLf
人間って変なこと考えるんやな

3 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)19:55:53 ID:3TP
>>2
拷問器具も色々あって面白いで

4 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)19:57:30 ID:3TP
頭蓋骨粉砕機
y37QwmP

mvH41Qx

8 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:00:37 ID:xLf
>>4
ヒェッ…

5 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)19:58:59 ID:Gbp
中世ヨーロッパは本当に頭のネジが吹っ飛んでた拷問が多すぎる


10 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:01:47 ID:4xR
>>5
中国もなかなか

6 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)19:59:58 ID:LFu
ギロチンが倫理的によろしいとされてた時代だし

7 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:00:20 ID:3TP
日本で有名なのはそろばん責めかな
q9R2T8M

12 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:02:03 ID:c9B
>>7
めっちゃ辛そうで草

9 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:00:56 ID:1Qp
中国の拷問は原始的だがエグいンゴなぁ
肉剝

14 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:02:38 ID:QL3
アイアンメイデンくらいしか知らんなぁ

16 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:03:32 ID:U32
額に水を1滴ずつ垂らしていくヤツ
あのシンプルさが怖いで

19 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:04:33 ID:LFu
>>16
なんやそれ

30 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:12:51 ID:U32
>>19
水を額に1滴、適当な感覚で垂らすと相手が発狂するんや

17 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:03:51 ID:3TP
鉄の処女は有名やね

SdsUqaX

rdYOF2y

18 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:04:16 ID:2Rk
駿河問い

geW57

22 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:06:12 ID:3TP
あ、ワイは適当にググって貼ってるだけやから知識はないで

審問椅子やばすぎぃ!
キリシタンの踏み絵めちゃくちゃ恵まれてたんやな
BDWrYum

4QaGsuT

32 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:14:18 ID:47G
>>22
これはたぶん圧が分散するから見た目ほど痛くないわ

あとキリシタンへの拷問も色々あるから調べてみ、ちびるで?

33 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:15:50 ID:3TP
>>32
まじ?
調べてみるわ

誰か貼ってクレメンス

39 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:27:45 ID:47G
>>33
http://www.collegium.or.jp/~take/christi/rekisi3.html
穴吊り、火あぶり、雲仙地獄責め、竹鋸引き

西洋の拷問がわりと即物的に痛みを与えるのに対して、
日本のはなんていうか、地味に配慮がいきとどいていて
MADE IN JAPANっぽいというか、嫌らしいというか

40 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:30:08 ID:3TP
>>39
サンガツ
ほんまに日本はいらやしいな
地味に嫌なことを重ねる感じ

23 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:07:54 ID:lRN
もしかしてギロチンってそれなりに人権に配慮したもの?

36 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:18:25 ID:oip
>>23
当時は斬首に失敗して罪人を苦しめる事がままあったから罪人を無駄に苦しめないように失敗のない斬首法としてできたのがギロチンなんやで
ちなみに開発者は医者

31 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:13:06 ID:L0Z
>>23
そら切れない斧でゴリゴリやってた時代よりは人道的よ
ルイ16世の提言で刃を斜めにしてからはさらに斬りやすくなったんやで
なお、その効率の良さと残酷さの軽減により手軽に斬首できるようになった模様

34 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:16:50 ID:2Rk
>>31
時期的な事もあって歴代二位の処刑人数の死刑執行人が出たんやっけか
1402045SusanneAlleynImage03シャルル=アンリ・サンソン
シャルル=アンリ・サンソン (1739年2月15日 - 1806年7月4日)は、フランス革命期の死刑執行人で、パリの死刑執行人を勤めたサンソン家の4代目当主。

彼が死刑執行人を務めた時期はフランス革命と恐怖政治のただ中であったことと、ギロチンの導入により機械的連続斬首が可能になったことが相まって、この恐怖政治の時期だけで二千七百数十名を処刑した。
これはヨーロッパの公的な死刑執行人としては、ヴァイマル共和政からナチス・ドイツ敗北までのドイツで3,165人の死刑を執行したヨハン・ライヒハートに次ぐ人数である。
旧来の処刑法では不可能な数であり、ギロチンの登場なくしてはあり得ないことであった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/シャルル=アンリ・サンソン
25 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:10:32 ID:3TP
ファラリスの雄牛

oTJKbdR

LXJE9kl

27 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:12:09 ID:xLf
>>25
ほんと人間の考えることって分からんわ

28 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:12:15 ID:wP3
>>25
最初から殺す目的の処刑道具はNGでしょ

26 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:12:00 ID:3TP
ファラリスの雄牛

ファラリスの雄牛(ファラリスのおうし)とは、古代ギリシアで設計された拷問および処刑のための装置である。
アテナイの真鍮鋳物師であったペリロスによって、シチリア島アグリジェントの僭主であったファラリスに献上された。ファラリスは死刑に新たな手法をとりいれたがっていた。
それにこたえてペリロスはすべて真鍮で雄牛を鋳造し、中を空洞にして脇に扉をつけた。有罪となったものは、雄牛の中に閉じ込められ、その下で火が焚かれる。
真鍮は黄金色になるまで熱せられ、中の人間を炙り殺す。

35 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:18:22 ID:3TP
ワイらにはわからん感覚やけど、処刑や拷問がショーやった時代もあるんやなぁ

37 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:19:09 ID:ODt
これもなかなか
じわじわ死んで、どうぞ!
livejupiter-1455619432-37-270x220

44 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:37:19 ID:47G
>>37
これとかISISがやってるのと変わりないよな
捕虜を道ばたに磔にしておいて、通行人に投石を強要するってやつ

38 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:21:45 ID:L0Z
コウノトリとかいうクッソ地味でクッソ辛い拷問具

967561ec-s

41 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:33:03 ID:g6q
シンプルに爪剥がされるのが大して道具もいらないけど痛そう

43 :名無しさん@おーぷん2016/02/16(火)20:35:48 ID:86x
山羊「おっ足の裏舐めたらええんか」