2012年02月

2012年02月29日

おしえて!開業のホンネ

先日は、ATCにある「店づくり支援センター商い繁盛館」で行われた『おしえて!開業のホンネ』というセミナーに行ってきました。
462d7c77.jpg

内容は、「金融機関現場担当者が語る!ビジネスプランの立て方と開業資金調達のポイント」と「先輩起業家体験談」と「交流会」。
参加者は、いつもよりアベックというか若めのご夫婦での参加が多かったでしょうか。
今回は日本政策金融公庫の人が来てお金を借りる時のポイントを教えてくれるということで、
我々みたいに「夫婦で開業したいけどお金が、、、」という方が多いんでしょうか。
前半の「金融機関現場担当者が語る!ビジネスプランの立て方と開業資金調達のポイント」では、「事業計画書ではココを細かく書くと良いですよ」とかを細かく教えてもらえました。
話を聞いていたら何だか簡単にお金を借りれそうですが、現実はそんなに甘くないんでしょう。
無担保・無保証人でもお金が借りられる制度は、周りの人に迷惑をかけずに開業できそうで魅力的でした。
この時、『飲食店開業セミナー参加証』というのをもらいました。
これは、日本政策金融公庫へ融資の相談に行った時に提示すると、「この人はとてもやる気のある人だ」と判断してもらるそうです。
愛知県の日本政策金融公庫の人に見せても通用するか、少し心配です。

続いての「先輩起業家体験談」では、
梅田にある『うどん棒』のオーナーさんのお話を聞きました。
印象に残ったのは「こだわりは“温度・食感・香り”」というお話でした。
一度食べに行ってみたいものです。

そして最後の「交流会」は、自分の悪い所である“ヒドい人見知り”が出てしまい、
参加せずに帰ってしまいました。
本当はこういう会に参加して色々な人と知り合いになっておいた方が良いのは分かっているのですが、
「開業するのは愛知県だしな」とか色々考えてしまい、結局不参加。
「他のご夫婦で参加してる人と話をしたら色々参考になったかもしれないな」と少々後悔。
次回はがんばります。


人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村

kojimatope at 12:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2012年02月27日

名古屋コーヒー事情

大げさに「名古屋コーヒー事情」というタイトルですが、
帰省の際に愛知県で見かけた缶コーヒーの話です。
まずは、『ポッカ』の「アロマックス 極限の香りBLACK」。
0cbba99f.jpg
実家で見たテレビCMで知りました。
『ポッカ』のホームページによると、
「愛知県内にある工場立地を活用し、焙煎後24時間以内抽出缶コーヒーを実現」
とのこと。
『ポッカ』の本社が名古屋ということで、東海地区限定販売の様です。
コーヒー豆は焙煎後、2、3日おいた方が味が落ち着いて良いなんてことを聞きますが、
香りは焙煎直後のが良さそうな感じがします。
「鮮度へのこだわり」なんて書かれると、なんだか美味しそうです。
こういった焙煎の話に限らずコーヒーという奴は、
見る本などによって「こうした方が良い」的な話が色々出てきます。
要するに、実際に自分自身で試したうえで、自分の正解を見つけるしか無いということなんでしょう。

もう1つが、『ジョージア』の「でら!珈琲 ほんのり甘いブラック」。
c56e35e8.jpg
こちらは、『コカ・コーラ』のホームページによると、
「東海地方でクセのない珈琲が人気であることに着目した、甘さ控えめの加糖タイプのブラックコーヒー」とのこと。
地方によって、好まれるコーヒーのタイプに差があるというのは聞いたことがありましたが、
東海地方はクセのないコーヒーが好かれているとは知りませんでした。

以前に岡崎市内で見た名古屋をイメージしたブレンドコーヒーには「こってりとした味」とありましたし、
f67e513b.jpg
この「でら!珈琲 ほんのり甘いブラック」の缶にも「ほんのり甘い」とあったので、
てっきり東海地方ではちょっとクセのあるコーヒーが好かれていると思っていました。
しかし、やっぱり“甘み”が好かれる様です。
味噌カツの味噌的な感じでしょうか?

ちなみに、どちらのコーヒーも飲んでいないので、
感想は特にありません。
次回、帰省した時には飲んでみたいと思います。

人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村

kojimatope at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月25日

変わる喫茶店・カフェ "第三の場所"に

NHK生活情報ブログに「変わる喫茶店・カフェ "第三の場所"に」という記事がありました。

NHK生活情報ブログ:変わる喫茶店・カフェ "第三の場所"

いわゆる“サードプレイス”の話の様です。

※サードプレイスとは/都市生活者には三つの“居場所”が必要だといわれます。第一の場所(ファーストプレイス)が「家」。第二の場所(セカンドプレイス)が「職場」。そしてその二つの中間地点にある第三の場所を「サードプレイス」と呼びます。(コトバンクより)

それにしても、店員さんが絵本の読み聞かせをしてくれるサービスとか、本当に色々なサービスを考えつくものです。
そして、「名古屋生まれの喫茶チェーン」と、またコメダの話が出ています。
最近、こういったカフェや喫茶店の話となると、必ず登場するコメダ。
IMG_0236
自分の開業予定地(予定は未定)の近所にもコメダがあるのですが、
本当に、誇張無しに、いつ前を通っても駐車場が埋まっています。
一番近所にあるライバルと言っていいと思います。
まあ、コメダへ真っ向勝負を挑んでもなかなか大変なので、
何か違うアイデアでがんばりたいと思います。

人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村

kojimatope at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月23日

岡崎カフェブーム

故郷・愛知県岡崎市に住む姉が言うところによると、
岡崎市とその周辺は只今カフェブームらしいです。
僕が岡崎に住んでいた10数年前、周辺で流行っていたり行列ができている飲食店といえば、企業がやっているお店やチェーン店ばかりだった気がします。
個人でされているカフェやご飯屋さんですごく人気のお店というのは、あまり記憶にありません。
しかし、最近は実家に帰省する度にオシャレなカフェやらパン屋さんやらケーキ屋さんを発見するような状況です。

ということで、3件ほど行ってきました。

●ROB(ロブ)
b94d4bcf.jpg
大豆のハンバーガーを食べました。
手作りの良さを感じさせる店内と料理は、色々と小技が効いてました。
とても落ち着ける空間で、多くの女性客が楽しそうにおしゃべりをしていたのもうなずける雰囲気です。
支払い時、レジでスタッフの方に「ゆっくりしていただけましたか?」と声をかけていただけたのが印象的でした。

●magasin(マガザン)
d15f3aa5.jpg
古民家カフェとお家カフェの中間くらいの家を改造した感じのカフェで、
菜食のランチを食べました。
肉や魚は使っていませんが、美味しくてしっかり満足感のあるランチでした。
併設されている手作り雑貨屋さんで、マフラーを買いました。
お手頃価格で良いものだった。
働いてる方がなんだか楽しそうで、良い雰囲気でした。

●cafeくらがり
14195902.jpg
同じ岡崎市内でも、「くらがり渓谷」という山の中の景勝地にあるカフェです。
広い店内はゆったりとした空間がつくられており、
カフェと併設されてガラス工房やギャラリーがありました。
外にはテラス席もあったので、季節の良い時期は緑に囲まれてかなり居心地が良さそうです。
八丁味噌を使った味噌カツセットを食べました。
男性の僕でも満腹になるボリューム感。
おしゃれな感じで、野菜もしっかり摂れました。

3店のお店を行かせてもらって思ったのは、「どこの店も美味しくて満足感がある」。
その満足感はどこからきてるのかと考えると
美味しいだけではなく、その店独自の付加価値が何かしらあるということ。
そこでしか味わえない料理であったり、雰囲気であったり、接客であったり、雑貨であったり。

自分が将来する喫茶店では、
「何を付加価値にできるであろうか?」と考えてしまいます。

昔は、「料理は不味いけどなんかいつもお客さんがいる店」ってあった様な気がするんですが。
あれはあれで、何かスゴい魅力があったんだろうなと思います。
あぁ、ライバルが多いって大変だ。

人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村

kojimatope at 12:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年02月21日

飲食店で撮影

飲食店での写真撮影について、ちょっと話題になっていた様です。

飲食店ケータイ撮影 25%が「不快」、最も不快は40代男性(NEWSポストセブン)

レストランで料理写真を撮る これは「マナー違反」なのか
(J-CASTニュース)

自分も飲食店では写真を撮る方ですが、お店の人に声をかけるのはカウンターなどに座った時くらい。
あとはiPhoneでの撮影なので、
シャッター音の出るスピーカー部分を指で塞いで音を出さない様にしたり、人の顔が写らない様に配慮する程度です。

ちなみに今働いているお店では、光サイフォンが珍しいのか、
コーヒーの抽出中の姿を撮影されることがよくあります。

9a1d7385.jpg
(※写真は筆者ではありません)
中国からの観光客など外人さんが多いですが、日本人からも撮影されます。
「Take picture OK?」と聞いてくれる人は半数くらいでしょうか。
ちなみに僕は撮影されても、あまり気になりません。
ただ、その写真の行方が気になるくらいです。
「どこかの国のブログにアップされているのだろうか?」と。

自分がお店をオープンしたら、
悪口を付けてアップしない&他のお客さんへ迷惑がかからなければ、
撮影はOKでいいんじゃないかと思います。
あとは、その塩梅をお客さんにどう伝えるかが課題でしょうか。

人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村

kojimatope at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)