2012年06月

2012年06月30日

「コーヒーもう一杯」

先日行ったカフェで、雑誌「クウネル」の京都特集の記事を読みました。

ku:nel (クウネル) 2010年 07月号 [雑誌]
ku:nel (クウネル) 2010年 07月号 [雑誌]
クチコミを見る

その中に、「オオヤミノルと京都を歩く 街と喫茶」というページがあり、
「最近の喫茶店に置いてある雑誌は、店主の趣味を押し付けてくる」的なことが書いてありました(うろ覚え)。
確かにそうだな、と。
おしゃれな感じのカフェに行くと、おしゃれな感じの雑誌があるだけだなと。
昔は喫茶店に行くと、
大概のマンガ雑誌が置いてあり、男性向け、女性向け雑誌もたくさんあって充実してたなと。
色んな雑誌や新聞があれば、毎日通っても飽きることもないし、
その雑誌目的で来てくれるお客さんもいるのかなと思いました。

そして、自分の趣味を押し付ける訳では無いですが、
喫茶店を開業したら是非に置きたいマンガがあります。

「コーヒーもう一杯」
コーヒーもう一杯(1) (ビームコミックス)
コーヒーもう一杯(1) (ビームコミックス)
クチコミを見る

このマンガは、特にコーヒーのウンチクや知識が出てくるのではなく、
ストーリーにコーヒーや喫茶店が出てきたり、関わっていたりします。
絵も独特ですし、ちょっと不思議な話だったりしますが、
コーヒーを飲みながら読むにはピッタリのマンガじゃないかなと思います。
そして、このマンガに出てくる様な喫茶店ができたらなとも思います。

自分で読む用のは持っているので、
開店までにはお店のお客さん用のも買いそろえたいと思います(全5巻)。

人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村


kojimatope at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月28日

蒲郡で松屋式コーヒーを飲む

先日は、蒲郡市にある『自家焙煎珈琲喫茶スロース』へ行ってきました。
こちらのお店を知ったのは、
新聞の折り込み広告に入っていた『暮しの学校』という岡崎市にあるカルチャースクールのチラシ。
そこに「プロが教えるコーヒーの美味しい淹れ方」という講座があり、
その講師の方がやっているお店が『喫茶スロース』だったのです。
夜の22時までやってるというのも行きやすかった。

こちらのお店では抽出方法を、
“松屋式”と“ネルドリップ(+\100)”から選べました。
“松屋式”がスッキリで飲みやすい。
“ネルドリップ”が味がしっかりしていてクリームも合う。
みたいな感じの説明書きもありました(うろ覚え)。

ブラジルの“松屋式”を注文。
“松屋式”で淹れたコーヒーを初めて飲みましたが、
説明書き通り飲みやすくて美味しいコーヒーでした。
サービスで淹れてくれた“ネルドリップ”のブラジルと比較しても違いは明らかでした。

そして、この“松屋式”。
「なんか聞いたことあるな」と思ったら、
名古屋の大須に本店のあるコーヒー屋さんでした。
たぶん、子供の頃にCMか何かを見たと思います。
淹れている様子が見られなかったので帰宅後ネットで“松屋式”を調べてみると、
YouTubeに抽出の動画があがっていました(因みに、『喫茶スロース』での“松屋式”抽出動画もアップされていました)。
少し独特な抽出方法、“松屋式”ドリップ。
名古屋発祥ぽいので、東海地方のお店ではよくある抽出方法なのでしょうか。

そして、『喫茶スロース』はほぼカウンターのみのお店でしたが、
ゆっくりコーヒーが飲める「近所に欲しいな」と思わせるいいお店でした。

人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村

kojimatope at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月26日

失敗は成功の母

先日は、梅シロップを作ってみました。
07fe86ef.jpg
梅シロップの作り方について聞いたり調べたりしたところ、
「竹串やフォークで穴をあけると良い」「一度冷凍した方が良い」
とあったのでやってみました。

が、ネットで更に詳しく調べてみた所、
凍らせた梅と生の梅でシロップを作った比較サイトがあり、
冷凍せず、穴をあけない方が美味しいとのことでした。

なお、今回は家にあった米酢を使ってみましたが、
リンゴ酢で作るとさらに美味しいそうです。
8d4010c5.jpg

作ったそばからテンションだだ下がりですが、
これはこれで飲むことにします。

こういう思いをしながらも、
最終的には喫茶店でお客さんに出せる物が作れる様になれば良いのかなと思います。

人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村

kojimatope at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月24日

夜に行く喫茶店

先日は、週末の夜のスターバックスへ行ってきました。
8bfddbca.jpg

自分の開業予定地(岡崎市)周辺の喫茶店やカフェは、閉店時間が19時前後と早い所が多い。
遅くまで営業していてお茶ができるお店(食事メインではない)は、ファミレスかスタバ、ファーストフードと一部のカフェのみ。
「それは、やっぱり夜カフェの需要が少ないのかな?」と思い、
リサーチも兼ねてスタバへ行ってみたのです。

結論としては、すごくたくさんの人がいました。
ほぼ満席。
そして、人の出入りが多い。
21時頃から1時間半ほどいましたが、若者を中心に常に人が動いていました。
勉強をしている人もチラホラ。
ここのスタバはすぐ近くに大きなショッピングモールがあり、
そこの閉店時間と重なったというのもありそうですが、
思った以上の人出でした。

「週末だけ営業時間を延ばしてみるのもいいかな」と思いましたが、
朝早くから夜中まで店を開けておくのは体力的にしんどそうだし、
かといって人を雇う余裕も最初は無い。

とりあえず開業までは少し時間があるので、
色々と考えておこうと思います。
7affc6d5.jpg

人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村

kojimatope at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月22日

電動ミル購入

随分前になりますが、
電動のミルを購入しました。
「ブログのネタが無くなった時の保険にとっておこう」と思っていたので、
購入してから結構日が経っています。

買ったのは、
『BONMAC』のBM-250という機種です。
22

いざ、電動のコーヒーミルを購入しようと思い立ってから、
かなり悩みました。
インターネットで評判を見たりして候補として出たのが、
『Kalita』のナイスカットミルや『フジローヤル』のみるっこでした。
この辺は、カフェや喫茶店でもよく見かける気がするので、
きっと良い物なのでしょう。
しかし、元来の優柔不断な性格が災いして悩み続けること数ヶ月。
そしてある日、珈琲豆屋さんの物販コーナーで見かけたのがBM-250でした。
「茶色がいいな」
と思い、BM-250の評判をインターネットで探している時に見つけたのが、
長野県にある『丸山珈琲』のホームページに載っていた「丸山珈琲のおすすめするコーヒーミル特集」でした。
16

「上級者向けの高性能ミル」「業務用でも十分にお使い頂ける」などなどの言葉に背中を押され購入しました。
そして、「あの丸山珈琲がオススメしているのなら間違いなかろう」と。

買って良かった。
手挽きのミルも嫌いじゃなかったですが、
これは本当にコーヒライフが捗ります。
しかも、粉のばらつきも無い。

コーヒーを淹れるための道具の中でも高価な部類に入る電動ミルを、遂にゲット。
次に手に入れたいコーヒーを淹れるための高価な道具といえば、サイフォンセット。
サイフォンも長いこと触っていないので、なるべく早く手に入れたいと思います。

人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村

kojimatope at 12:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)