2013年09月

2013年09月30日

「SCAJ2013」へ行ってきた

先日は「SCAJ2013」という、年に1度のコーヒーのイベントを見に東京へ行ってきました。
a3b873e0.jpg

中では、コーヒーの生産国のブースや、コーヒーの抽出器具のメーカー、コーヒーを販売する会社、テイクアウト用のカップを扱う会社などなど、コーヒーに関する色々なブースを見ることができます。
そして、展示以外にもエスプレッソやサイフォン、ハンドドリップ等の競技会もあるので、
平日の開催ですが、コーヒーに関連の仕事をする人だけではなく、全国からコーヒー好きが集まる様です。
「喫茶店を開業したら、なかなか行き辛くなるだろう」ということで、赤子を連れての参加です。
ですが、自意識過剰な性格が災いし、前半は各ブースを遠巻きに眺めるばかり。
「さて、どうしたもんか」とぼさっとしている所に現れたのは、唯一の顔見知り京都・紫竹の『サーカスコーヒー』さん。
おかげ様で、これ以降は顔の広い『サーカスコーヒー』さんに色々案内してもらい、各ブースで見たい物をしっかり見て、聞きたい事をしっかり聞けました。
日頃は本やネット上でしか見られない事や物、人が直接触れられる喜び。
そして、「まだまだ知らないことだらけだ」と痛感させられました。
また、何人か名刺交換もさせていただいたので、今後の喫茶店開業活動に活かしていきたいと思います。

人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村




kojimatope at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月20日

私の名刺

名刺を作りました。
『コジマトペ』名義の私の名刺とワイフの名刺。
003109fc.jpg

これから色々な業者の方と会う機会も増えるだろうということと、
開業前でも名刺を作っておくと相手へ本気度の伝わり方も違うだろうということで。

余りお金がかけられないので黒一色。
それで、ただの白い紙では愛想が無さ過ぎるだろうということで、
クラフト紙にしてみました。
やりたいお店のイメージにも近い様な、良い仕上がりになりました。
作ってもらったのは、
かつての同僚が始めたデザイン事務所『grandwood design works』。
あまりこういうことに頓着の無い私と、こういうことに細かいこだわりを持つワイフの意見をうまいことカタチにしてくれました。

名刺を持つのはサラリーマン時代以来。
名刺の渡し方などのお作法はすっかり忘れてしまっているので、
しっかり復習しておきたいと思います。

人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村



kojimatope at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月13日

商売繁盛のご祈祷

先日は、豊川稲荷へ行ってきました。
豊川稲荷といえば“商売繁盛”の神様ということで、
家業の商売繁盛祈願をしたいという祖母の運転手役として、ワイフと赤子と行ってきました。
そして、豊川稲荷では一定以上のご祈祷料(\4,000)を払うとご祈祷後にお食事ができます。
ということで今回は3人分のお食事をするために、
実家、親戚、まだ未開業の『コジマトペ』の3件分のご祈祷をしてもらうことにしました。
祈願票を記入する場所にはたくさんの祈願内容記入例がありましたが(喫茶店開業に関係がありそうな例だけでも、家業繁栄、営業繁栄、商売繁盛、心願成就が)、
とりあえず今回は“商売繁盛”のみを記入。
そして、広い広いお寺内を歩き、本堂へ。
b9cdcfbd.jpg

たくさんのお坊さんがお経を読み、ご祈祷が始まるのですが、
厳粛な雰囲気の中、
節のついた調子で「コォジィマァトォペェェェ」と読み上げられるのは、
気恥ずかしくも、なかなか味わい深いものがありました。

ご祈祷後は、お座敷に移動してお食事。
点心と呼ばれる精進料理がいただけます。
a733bda7.jpg
なかなかのボリュームです。

今回はせっかくご祈祷料を払って商売繁盛をお願いしてきたので、
効能があるうちに喫茶店が開業できればと思います。

余談ですが、
地元民と「豊川稲荷でご祈祷してきた(もしくは初詣をしてきた)」という話をすると、
結構な確率で「イチローは毎年豊川稲荷でご祈祷をあげる」という話になります。
真偽のほどは分かりませんが。

人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村

kojimatope at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月06日

第34回コーヒーサロン「コーヒーで世界は変えられる」へ

先日は、各務原にある中部学院大学で行われた、
第34回コーヒーサロン「コーヒーで世界は変えられる」へ行ってきました。
15abb65f.jpg

レインフォレスト・アライアンス認証やウツ認証、FLOフェアトレード認証の試飲コーヒーを飲みながら聞いた講演は以下の3つ。
「グローバル経済とコーヒー:解説」 池本幸生
「なぜ“サステイナブルコーヒー”なのか」 樋口美枝子
「コーヒーで世界は変えられる」 川島良彰
08a481f0.jpg

「グローバル経済とコーヒー:解説」では、“犬は笑うか”という「え?どういうこと」という掴みから、コーヒーの話へ。
なぜ“サステイナブルコーヒー”なのか」では、『珈琲工房ひぐち』でのこういった認証コーヒーへの取り組みの話。
そして、「コーヒーで世界は変えられる」では、“コーヒーハンター”こと川島良彰の、各国の体験談や、その体験をふまえたうえでの今後の課題を、楽しく、マジメに聞くことができました。

各講演者の話を聞いて思ったのが、
こういった生産国の色々なストーリーや事情を知って飲むコーヒーと、知らないで飲むコーヒーって違うなと。
これは、以前に丸山健太郎・著「コーヒーの扉をひらこう」を読んだ後にも思ったことで、
“生産者の顔が見える”とそのコーヒーを「飲んでみたいな」と。
そして、講演の中で川島氏がおっしゃっていた、
「そういったコーヒーをボランティアな気持ちで買うのは一過性で終わってしまうので、そういったコーヒーを“美味しいから”という理由で継続的に買ってもらうことが重要」(ニュアンスはこんな感じだと思いますが、言い回しはうろ覚え)
という言葉には深くうなずけました。

そして余談ですが、
当日会場で川島良彰氏の著書「私はコーヒーで世界を変えることにした。」を買うとサインがもらえるということで、早速購入し、サインの列へ。
「○○さんへ」的なことも書いてもらえるということで、
「コジマトペでお願いします」と言ったところ、
マスク越しで上手く伝えられず(当日風邪をひいていた)、
「トペ・コジマさんへ」になってしまったのは良い思い出です。
a6ed3cf9.jpg

人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村



kojimatope at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)