開業準備

2011年12月10日

お店に針金アートを

先日、京都へ行く用事があったので、
それに合わせて『ヒトスジ5-再生- <京都展>』を見に行ってきました。
これは、升田学という方のハリガネ画の作品展。
最初に作品を見たのは、大阪・箕面に行った際にたまたま入った橋本亭でした。
そこで、女性モチーフのハリガネ画を見て以来ファンになりました。
41869c42.jpg
(写真は「ヒトスジ5-再生-<兵庫展>」in HANAREで)

動物や植物、そして人間を、一本の長いハリガネで作り上げてしまう技術は本当にスゴいと思います。
「こういうのがお店に飾ってあったら、なんか良いな」
と思ってたら、作者が僕のワイフ(仮)の知人の知人でした。
「私の友人の友人がアルカイダ」by鳩山邦夫
みたいな近くて遠そうな関係でしたが、これも何かのご縁。
喫茶店をやる際には、是非とも店内に飾りたいと思ってます。

「アートーン.jp」
http://www.a-t-n.jp/


人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村

kojimatope at 12:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年12月06日

篠山は良いところ

竹田城を見た帰りに、篠山市に寄ってきました。

で、今田町の「末晴窯」に行ってきました。
ここは、10月に行った「丹波焼陶器まつり」の時に買い物をした窯元。
お祭りの時はたくさんの人で賑わっていたので、日を改めて来た訳です。
4c7b495c.jpg
前回来た時に見て気に入った、西端春奈さんの作品が目的です。
そして色々と見ていたら、お茶とお茶請けを出してくれました。
1374efad.jpg
こうやって実際に手に取ったり、お茶を飲んだりして試せるのは本当に嬉しいです。
今回はパスタやカレーなど何でも使えそうな皿(家用)と、
コーヒーとかいれられそうな大振りな湯呑み(将来の店用)を購入しました。

昼食は「futaba cafe」というお店へ。
自家製野菜を使った料理や天然酵母のパンなど、身体にやさしいお店の様です。
窓から見える田園風景も、接客も気持ちのよいお店でした。
僕も実家にはささやかながら畑があるので、作った野菜をこの店みたいに出せたら良いなと思います。

3時のおやつは「チマコマカフェ」へ。
こちらも、その土地の旬の物を使った、身体に良いメニューが売りの様です。
ウッディーな店内や、一人で切り盛りされているっぽい女性ともに、いい雰囲気でした。
コーヒーのプリンも美味でした。

良い所です、篠山。


人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村

kojimatope at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月24日

商い繁盛館の「カフェ開業メッセ」へ行く

先日は、ATCにある「店づくり支援センター商い繁盛館」のカフェ開業メッセに行ってきました。
そして、こういった開業セミナーに行く様になって驚かされるのは、
参加者の多種多様さ。
男女問わず、本当に年齢の幅が広い。
そして結構な年配の方も多く、そのバイタリティに感心させられます。
あぁ、ライバルが多いなぁと(人数も種類も)。

今回お話を聞いてきたのは、
●「おもてなしの心で人の役に立つことを ~創業からの歩みと、のれん主義200年つづく店づくりへの挑戦~」  講師:山本光弘氏 (株式会社ヒロコーヒー 代表取締役社長)
●「自分が求める味を追求したカフェ、エスプレッソ ~島根の小さなカフェから世界へ~」
講師:門脇洋之氏(バリスタ/CAFE ROSSO オーナー)
の2つ。

講演で印象的だったのは、
ヒロコーヒー社長の講演で「焙煎はそんなに難しいことじゃない」というお言葉。
焙煎機がとても進化しているというのもあるでしょうが、
社長御自身が「焙煎の話はどれだけ話しても尽きない」というほど好きというのもあるんだろうなと。
そして、CAFE ROSSOオーナーの講演では、自らマシーンを使ってカプチーノを振る舞ってくれました。
腰の低い、とても穏やかな方だなと。
d43d8f0f.jpg

そして、2つの講演を聞いて思った共通のことは、
「この人のお店のコーヒーが飲みたい」
でした。

ということで、早速「ヒロコーヒー」に行ってみたのでした。

つづく

人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村

kojimatope at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月22日

「カフェ開業を目指す人のために~成功への基礎知識」3回目

先週の金曜日は、朝日カルチャーセンター中之島教室の
カフェ開業を目指す人のために~成功への基礎知識」の3回目に参加してきました。

今回も講師のカフェ・ヴェルディ店主が取材をしたお店の方の話や、
講師自らの体験談などリアルな生の声が聞けました。
他にも、生徒さんがやりたいという個性的なお店の話なども聞け、楽しかったです。

そして、今回驚いたのが講師のカフェ・ヴェルディの店主に、
このブログの存在と、書いているのが僕というのがばれていたこと。
今回も頂いた、前回の質問への回答にて指摘されていました。
「なぜ分かった?」と慌てましたが、投稿者の名前に「kojimatope」と書いてありました。
それにしても、よくこのブログに辿り着いたなと。
アンテナの張り方がスゴいなと、感心させられました。
そして慌てて、前に書いたブログを読み返し、
失礼なことは書いてなかったと胸を撫で下ろしました。


人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村

kojimatope at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月15日

サイフォンを究める

今日は、『UCCコーヒーアカデミー』のスペシャリストコース「サイフォンを究める」に行ってきました。

いつか喫茶店をやるとは考えていたものの、ほんの1、2年前までは、自分のコーヒーの知識はほとんどゼロ。
たまに缶コーヒーを飲む程度で、カフェに行ってもコーヒーを飲んだり飲まなかったりという感じでした。
そして「喫茶店といえばコーヒーだ」と思ったものの、何をどこから勉強して良いのかも分からず、「どうしたものか」と考えていた時に目に入ったのが『UCCコーヒーアカデミー』の広告。
たしか、エルマガジンの雑誌「京阪神珈琲の本」の裏表紙だった気が。

京阪神珈琲の本―京都・大阪・神戸の珈琲が飲める&買える店170軒。 (えるまがMOOK)
京阪神珈琲の本―京都・大阪・神戸の珈琲が飲める&買える店170軒。 (えるまがMOOK)
クチコミを見る

そして申し込んで行った「ベーシックコース」でコーヒーの基礎を勉強したのが、自分のコーヒー知識のスタート。
それまでは、抽出方法や焙煎の違いも全く知らず、喫茶店をやるにもどうやってコーヒーを出すのかもよく分かっていなかった中で勉強して、とりあえず決めたのが「サイフォンでコーヒーを出す」ということでした。
よく分からない中で決めた理由としては、
「安定したクオリティでコーヒーが抽出できる」
「演出効果がある」
ということ。
あとは、何となく喫茶店ならサイフォンコーヒーかなということ位で。
最近の傾向はペーパードリップやネルドリップが人気の様で、巨大掲示板の「お茶・珈琲板」でもサイフォンというだけで「サイフォンwww」と草を生やされてしまう様な状況ですが、自分の中ではサイフォンは好きな抽出方法です。

しかし、何だかんだでバリスタとかラテアートなどの講座に比べて、サイフォンの講座ってやっぱり人気無いんじゃないかなと不安に思いながら会場に行きましたが、思った以上に人がおり、なんだかホッとしました。
そして何より驚いたのが、参加者の7割が女性だったこと。
サイフォンコーヒーを出すというとオジさんばかりをイメージしていましたが、女性のが多くてびっくりしました。
「サイフォンでコーヒー出してます」って言っても、女性には響かないんじゃないかと勝手に危惧してましたが、いやぁ、そんなことも無いみたいです。
4時間みっちりサイフォンの勉強ができ、コーヒーもしこたま飲んだので、最後に出てきたお菓子が心身共に沁みました。
教えてもらったことは、明日からのアルバイトにもしっかり活かせそうです。
26155b34.jpg

人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 喫茶店へ
にほんブログ村

kojimatope at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)