みかわこうじ☆ブログ

日々の出来事や思いついたこと、たまに思い出なども書いています。

2009年01月

月末処理があるので残業となるのは覚悟していましたが、上司が休んでしまいました。 おーい。 まあ、自分で出来るところまでやっておこうということで、25時まで仕事。 他の職員は大騒ぎしていましたが、自分はこういったことにあまり頓着しない性格で、誰が何をしよう ...

よし、音楽だ!ということになったのですが、環境が整っていません。 どのキーボードも音がことごとく出なくなり、処分してしまっているのです。 デジタルピアノはあるのですが、引越でコンピューターと別の部屋へ配置することに…。 2オクターブくらいの簡単なものでよ ...

わたしは、一人でコツコツと作業をするのが好きです。 一人っ子として子供時代を過ごしたのも影響しているのでしょうけど、一人で居るのが心地よく、創作活動も人と一緒に創るよりも一人で進めるのが合っています。 そういう観点からいくと、映画製作というより音楽の方 ...

「ゴッドファーザーPART II」は非の打ち所のない完璧な映画です。 物語は勿論、映像、音楽、演技、構成、美術、どこをとっても素晴らしく、映画芸術の創り出した奇跡だと言えます。 この映画を観るとついつい映画創りへの夢がむくむくを沸き上がります。 「ゴッドファーザ ...

病院の診断によるとインフルエンザではないとのこと。 風邪という診断でも無く、解熱剤だけもらってきました。 昼間は元気で平熱なのですが、夜になると高熱になり魘されます。 なんなのでしょうか…。 ともかく早く治ることを願っています。 ...

シンタロウが38.5℃の高熱で倒れました。 インフルエンザの恐れもあるので、明日病院に行くことに。 ウチで一番免疫力の高いわたしが付き添って寝る事にします。 昨日のブログの話題ではありませんが、乗り越えて強靱になってもらいたいものです。 ...

インフルエンザが猛威をふるっているとニュースで伝えていました。 ウィルスに対抗するには、そのウィルスに対する免疫が必要です。 現代人、それも先進国の人々は生活環境がクリーンになりすぎて、免疫力が低下しています。 土にまみれて生きている他の動物には無い弱さ ...

女性も50歳を越えると激しくデリカシーに欠けてくるところがあります。 昔、オバタリアンという言葉でそんなオバサンを表現していたこともありました。 勿論そういう人ばかりではないのですが、色々と達観してくるせいか、その年代の方々は大胆にはなってくるようです。 ...

職場に「わたしモテるんです」という女性職員がいます。 男が寄ってきて大変だということなのです。 そうかと思えば、誰も声をかけてくれないという人もいたりして、人生とは色々とあるものですね。 その人の話を聞きながら、モテる女性に共通するのは容姿よりも「付き ...

20年近くMACユーザーで、画面がモノクロだった頃から音楽ソフトはPerformerを使っています。 当時は他に選びようが無く、プロの現場でも当たり前のように使われていたので、そうなったワケです。 Performerは、現在ではDigital Performerとして進化し、DAW(デジタルオーデ ...

1993年に発行されたヘレン・E・フィッシャー著「愛はなぜ終わるのか」に「生物学的に見れば、人間の男女の愛は4年で終わるのが自然である」という説が登場します。 正確には1358日ということです。 この本はかなり興味深く読みましたが、最近テレビで紹介されたことで話題 ...

昨日、同僚の無くしたメガネを発見しましたが、今日もメガネネタになるとは…。 愛用していたメガネが半分に折れました。 予備があるので問題はありませんでしたが、また買わなくてはなりません。 というわけで、メガネとさよならです。 長い間ご苦労様でした。 ...

朝、職場へ行って着替えていると、メガネを無くしたという同僚がいました。 とても困っている様子なので、無くした経緯を聞いて捜し物のお手伝いを。 間もなくメガネは見つかりました。 こんな話がしょっちゅうあります。 以前にも職場で利用者宅の鍵を無くしたという ...

鈴木光司の新作「エッジ」を読み終えました。 世界の仕組みについての考察を物語にしたもので、「リング」ほど巧みでは無いもののとても興味深く読みました。 最近は、ゆっくりと本を読む時間が無いと感じていましたが、久々に一気に読んでしまいました。 そんな本に出会 ...

仕事が忙しいということは、このブログにも既に書きました。 昼間普通に仕事して、夜は当直ってな具合で、丸々1日空いているという日がありません。 以前コンピュータ・ソフトの会社の時に丸2年間、他の事は何も出来ないという経験があるので、それに比べればまだまだマ ...

先日観た「隠し砦の三悪人」は、かなりひどいリメイクでしたが、そんな作品が他にもあります。 職人的映画監督スティーブン・ソダーバーグが、ジェームズ・キャメロン製作でリメイクした「ソラリス」です。 オリジナルは、旧ソ連のアンドレイ・タルコフスキー監督の「惑 ...

通勤路に幽霊が出るという道があります。 川に面した林の中を通る道で、軽自動車なら何とか走れるといった幅です。 昼間は明るいのですが、夜は漆黒の闇となり、人通りは全くありません。 月が無ければ、道は見えず、新月の夜には歩くのは難しくなります。 そんな場所 ...

月乃と初めて出会ったのは中学の時ですが、第一印象が「驚くほど猫背の女」というもの。 幸薄く見え、全く恋愛対象ではありませんでした。 しかしその後、見事に美しく変身し、後に結婚することになります。 中学時代に感じた猫背も「痘痕も靨」でして、あまり気付かず ...

チリビーンズには思い出があります。 昨年亡くなったHIDEさんのお店UP'n DOWNに行ったときには、いつもビールのつまみに頼んでいたものです。 フライパンでチャチャッと作るHIDEさんの姿が思い出されます。 お陰でチリビーンズ・ファンになりました。 必ず1缶ウチに置い ...

月乃の仕事が夜になるというので、夕食の担当がわたしになりました。 ならば!ということで、急遽焼肉にすることにしました。 ところがホットプレートが壊れて処分していたので、今日の為にホットプレートも購入。 ここまで気合い入れたのだから、家族だけなのは勿体ない ...

先月購入した食器棚の残りの部分を組み立てて、ようやく完成! 結婚以来、本棚を食器棚として利用していましたが、これでそれも終わりました。 本棚でも不便はありませんでしたが、こうやって“本物”の食器棚を目にすると、普通の家っぽく見えるから不思議です。 ...

黒澤明監督の娯楽大作「隠し砦の三悪人」のリメイク作品を家族で観ました。 昨年、色々と問題はあったものの楽しんで観ることの出来た「椿三十郎」という例があったので、ちょっとした期待を持って観たのですが、残念ながら最悪の映画でした。 キャスティングはまずまずだっ ...

やっとインターネットが繋がりました。 結局フレッツ光ということで。 パッと画面がリドローされる手応えは満足のゆくものでした。 凄い凄い。 フレッツ光を勧めてくれた営業の人の話だとより速いサービスも誕生しそうです。 いったいどこまでいくのやら。 ...

書き初め第三弾です。 「集中」は、勿論シンタロウ。 とにかく、いつもはしゃぎまくって丁度いいという状態がありません。 エナジーレベルが、100かゼロかという感じ。 あっちこっちに気が行ってしまうので、これが彼のテーマです。 「平和」は、アヤノ。 これ ...

相手の事情や状況に関係無く一方的に捲し立てて、混乱を生み出す好戦的な人に対していつも思う事。 相手がナイフを持っているかもしれないという想像力が必要です。 最近、仕事関係の人で、そんな好戦的な人に遭遇しました。 たまたま、わたしはナイフを持つような人物 ...

書き初めの続きです。 こちらは、リーナとマリンです。 「将来」は、リーナ。 今年は高校2年で、そろそろ進路を考えたいところ。 わたしとしては、進学でも就職でもオーケーで、もう自分の好きなようにやってもらおうと考えていますが、その「好きなように」というの ...

昨日が日曜日だったので、今日から仕事はじめです。 とは言っても、元旦からグループホームの仕事はしているのですが…。 人材が定着しなくて人手不足の業種の上位3位は「タクシードライバー」「養豚」そして「介護」ということです。 介護の世界に足を踏み入れてまだ ...

学校の宿題でもある書初めですが、今年は家族全員の言葉を作りました。 というか、知らぬ間にわたしの分も代筆されていました。 「前進」は、わたしの今年のテーマです。 月乃が決めてくれました。 毎年前進という感じですが、今年もがんばります。 「貯蓄」は、月 ...

こういうのを寝正月というのでしょうか。 まだ片付かない部屋のテレビの前で、ウチの女性陣がアニメに夢中になっています。 ゴロゴロしているウチに午前中は終わり、夕方からはグループホームの食事作りです。 ...

家族みんなで映画「ウォーリー」を観に行きました。 家族全員で映画を観るとチケット代だけで7000円を超えて、とてもお手軽な娯楽とはいえません。 今年のお正月は例年以上に地味に過ごす事に決めていますが、みんなで出掛けるのは楽しいので、これくらいは良しとしま ...

2009年の始まりです。 昨年は波乱の一年でした。 今年は色んな意味で再出発の年にしたいと考えています。 様々な思いはありますが、そんな自分の考えがちっぽけなものに感じるくらい世界中に溢れる素晴らしいものを探してみようと思っています。 今年もどうぞよろしく。 ...

このページのトップヘ