2c1b042d.jpgこのブログは子供たちも読んでいます。
文章が面白いと言って笑っている時があるけど、こういう父親をどのように受けとめているかは気になるところ。

リーナが小学生になった頃、他の家のパパは作曲をしないということにびっくりしていましたが、どちらかといえば、作曲しないほうが普通なのだろうから、自分の父親が友達の父親とちょっと違うというのは認識してるんだろうね。

昨晩もマリンとそんな話に。
マリンに「わたしをどう思ってるんだね?」と質問をぶつけたら「え〜」と言うばかり。
そのうちにリーナが「宇宙人!」と答えて会話は終わった。
思い返せばリーナが小さい頃、友達に「パパは宇宙人なんだよっ!」と本気で言っていた。

このブログを読むことで、わたしの父親としてだけではない、様々な面を知ることが出来ると思う。
そう考えると一風変わった親子関係にはなるのは確かなようだ。
でもリーナもマリンもコメント書いてくれないんだよな〜

写真は雨の横浜を歩くリーナの後ろ姿。
いくつになっても愛おしい。