スピーチに使える旬の話題 朝礼や3分間スピーチに使えるネタ満載

時事ネタや生活に役立つ情報満載です。面白いネタを皆様に提供します。 政治、経済、医療、体の悩みから心の悩みまで幅広くネタを提供しています。 3分間スピーチのテーマになるネタやテーマでもご活用ください。 会社や学校の朝礼などでスピーチがありネタ満載!

時事ネタや生活に役立つ情報!面白いネタを皆様に提供します。政治、経済、医療、体の悩みから心の悩みまで幅広くネタを提供しています。3分間スピーチのテーマになるネタやテーマでもご活用ください。会社や学校の朝礼などでスピーチがありネタ満載!

農林水産省が昨年度の食料自給率を発表し、39%という結果がでました。

1960年には80%ありましたので、わずか半世紀で半減してしまったことになります。

食料ごとに見ると、今自給できているのは米とミカンだけで後はすべて輸入に頼っています。

輸入金額では昨年が7兆円という事で世界で4番目の輸入大国と言えます。

これも深刻ですが、もう一つ深刻なのが、農業の就業者が減っていって高齢化が進んでいる問題です。

人数で言えば、1990年に440万人だったのが、2010年には220万人でわずか20年で半減しています。

また、現在の農業従事者の平均年齢は65歳ぐらいだそうです。

この問題は世界共通の問題かというとそうではなく、ヨーロッパでは65歳以上農業就業者の割合は1割から2割程度という事です。

この日本の農業の問題をどう解決するかとして注目されているのが『スマートアグリ』というものです。

IT技術を駆使して、人手不足や生産性が向上するように解決しようとするものです。

これの最も進んでいる国がオランダだと言われています。

オランダではスマートアグリを導入した後、生産量が約5倍増えたそうで、オランダの植物工場と日本の植物工場を比べてみると、トマトの生産量で日本の約6倍だそうです。

オランダの農業では、温度、湿度、日照時間、CO2の流れ、土壌の中の水分などのデータを解析して効率よく生産するための研究を行っており、農業従事者は畑に行かずに、コンピュータルームに通って生産しています。

日本でもこのような管理が出来れば、就業者数が減っても食料自給率を下げずに効率よく生産が出来るようになると思います。

日本でもIT会社が「スマートアグリ」に参入する動きが出てきており、富士通やパナソニックが農作物の生産を行ってきております。

食料自給率と日本の農業を守るために、是非これを発展させてほしいなと思います。




人気ブログランキングへ


社会・経済 ブログランキングへ

イギリスのEU離脱問題について

イギリスでEU離脱を問う国民投票が間近に迫っています。

イギリスは、1973年にEUの前身である欧州共同体に加盟しましたが、当時から保守層を中心に共同体への加入に反対する意見が強く、欧州統合に抵抗感を感じている人も少なくありませんでした。

なぜ今のタイミングでEU離脱を問うのかというと、きっかけは2010年以降の欧州債務危機です。

EUにいれば経済まで足を引っ張られるとの意見が多いようです。

もともとイギリスは島国で、海洋国のイギリスと大陸の欧州各国とでは、生活の様式や考え方が微妙に違いますので、これまでも欧州で進む統合の動きには一定の距離を置いてきました。

金融政策の独立を保つため、単一通貨のユーロを採用せずに自国通貨のポンドを使っていますし、パスポートなしで欧州域内の往来を自由化する協定にも加盟していません。

離脱を訴える人たちは、暮らしに直結する農業政策や環境政策がEUによって決められ、イギリスの自主性が損なわれていると反発しています。

過去にもECに加盟した2年後の1975年に、今回と同様に国民投票を実施しましたが、その時は67%が残留を支持してECにとどまりました。

今回の結果がどのようになるか、国民投票の結果を楽しみにしたいと思います。

薄着になる機会が増えて脂肪の付き具合が気になる季節となりました。

内臓の周りに脂肪がたまると、心臓病や動脈硬化など生活習慣病の心配も出てきますので、自分の体脂肪率を知っておくと良いでしょう。

最近の体重計には体脂肪率を量る機能も備わっており、簡単に量ることが出来ます。

そもそも体脂肪率は、体重に占める脂肪の割合を指します。

体脂肪計では、筋肉は電流を通しやすく、脂肪は通しにくいという性質を利用して、脂肪の量を測るそうです。

身長と体重が同じ人に同じ電流を流しても、筋肉が少なく脂肪が多い人は電流が通りにくく、流すための圧力が大きくなります。

この原理を使い、流す電流の値と検出される電圧の値を基に、電流の通りにくさを算出します。

ただ、背の高い人は身体が大きい分、電流の流れる経路が長くなりますので、電圧も高くなって大きく出てしまいます。

体脂肪計を使うときに性別や身長や年齢などを入力するのはこのためです。

ちなみに体脂肪率を計測するときは、同じ条件で毎日量り、夕食前かつ入浴前での計測が良いそうです。

朝や食後は体脂肪計が誤って認識しやすくあり体脂肪率が高めになります。一方で入浴して体温が上がると体脂肪率が低めに出てしまいます。

体脂肪率の標準は、性別や年齢によって異なりますが、男性であれば20%前後、女性であれば30%前後を目途にすれば良さそうです。

平日忙しくなかなか運動が出来ない人でも、1日10分程度のウォーキングから初めて少しでも体脂肪率を落とすように心がけてみて下さい。
 
お勧めの体重計はコチラ

 TANITA インナースキャンデュアル RD-903
 業界初となる『筋肉の質』を計測する機能を搭載。
 筋質を点数で評価してくれるので、トレーニングにも力が入ります。
 Bluetoothで対応スマートフォンに計測データを送れます。
 
 

 Panasonic 体組成バランス計 EW-FA43
 対応スマートフォンを体組成計にタッチするだけで、体重・体脂肪率などの測定値を計算して、グラフ化できる機能が搭載されています。

 OMRON カラダスキャン HBF-224
 前回測定値との体重差が100g単位で表示される機能を搭載しています。
 過去の測定データから、乗るだけで誰が乗ったのかを推定する自動認識機能も便利です。
 


↑このページのトップヘ