麹谷宏(こうじたにひろし)ブログ : Hiroshi Kojitani Official Blog



お知らせ

2016年05月30日

麹谷 宏 ガラスの雑器展

2016-06-01

2016年7月6日(水)〜12日(火) ─ 日本橋 高島屋本店 7階 暮しの工芸ギャラリー

ガラスの雑器は楽しい。
例えば、このグリーンの深皿はワイン空ビンを集めて再生させたものです。
どんなに高価なワインも飲んでしまえば唯の空ビン。でも、そのまま捨てるのもいかにも不憫。何とかもう一度食卓へと考えた、私のワインへのオマージュです。
復刻の「サミット・デキャンタ」も出品。
沖縄サミット国家元首晩餐会に出現した田崎真也さんのあの究極のブレンデッドワインのために現地沖縄の琉球ガラスで造ったものです。光栄にも「公式おみやげ」となったこの作品にご希望が多く、後にリバイバルしたものをご覧いただきます。
そして最新作は、盛り合せ料理用の「硝子大判角板皿。表面の過激な凸凹と奔放な形体は日常の食卓に楽しい変化を演出し、見せるおいしさへの挑戦を図ります。

しかし、麹谷宏のガラスと言えば、やはりヴェニスのムラノ島で制作を続けているソワ・シャンパーニュ。「使う芸術品と評判になったプライベートコレクションも数点お目見得いたします。
ご高覧戴きたく、お待ち申し上げます。

こうじたに・ひろし。グラフィックデザイナー。
1966年NY、SF。1967 - 70年 フランスから招かれてパリに暮らす。滞在中にフランス国中を隈なく旅して多くの地酒と蔵人に出会いワインに開眼する。

72年
「自然はおいしい・農協牛乳」を世に問うて自然ブームを誘発。
82年
「無印良品」創案に参画し、時代のライフスタイルを提案する。
85年
ボジョレ・ヌーヴォーの日本導入にアイデアを提供し成功に導く。
95年
ヴェニス・ビエンナーレで縁を得てムラノ島でガラス制作開始。
2000年
フランス政府より「農事功労シュヴァリエ勲章」を受勲。


会期中は毎日13時より作家在廊

会場の都合によりお花等のご厚情はご無用にお願いします

photo Yasukuni Iida



kojitani_blog at 17:28 この記事をクリップ!

2012年04月11日

宗一田中一光 十回忌追悼茶会

席主 麹谷宏
協力 東京 六志会
協賛 朝日新聞/株式会社良品計画/安与商事株式会社/株式会社ロシナンテ/ヴァン シュール ヴァン/M・G・S 照明設計事務所

120411_01
田中一光さんが亡くなられて、10年になりました。
世界中から称賛されたグラフィックデザイナー田中一光さんは、生前その膨大な数の仕事を時代ごとに整理して、立派な作品集を2巻残されましたが、実は亡くなられる直前に3巻目となる88年以降の作品集の企画が持ち上がっていて、ここに、前巻に私が書いた「田中一光物語」の続編をというご相談があったのです。

20世紀のラストディケイド──それは私たちが「茶の湯」の真髄に痺れながらお茶遊びに熱中していた時代でした。そして「今、デザインという舞台の上で田中一光さんが楽しんでいるこのお茶は、偶然にもその前の作品集出版の直前に突如始まったデザイン運動だ」ということに記がついたのです。そこで私は、それならば「続・田中一光物語」は、「お茶とデザイン」を中心に据えて現代の田中宗易(千利休)である田中宗一(田中一光)を書けば、田中一光の人と作品を集大成した最も新しいデザイン論になる、と考えたのです。

この構想は、田中一光さんのお気に召しました。そしてご機嫌よく「お茶は習いごとだけではない。現代のクリエイターが参加しなければお茶の面白さは死んでしまう」と私たちにますますの檄をとばしながら、しかしそのすぐあと、ある日突然、まったくの突然に旅立ってしまわれたのです。

そして10年がすぎました。「続・田中一光物語」は書けませんでしたが、宗一宗匠亡きあとも私のお茶は続いています。

そこで十回忌を機に、残された私たちが今も試行錯誤を続けている現代のお茶のひとつのかたちを、今こそ田中一光さんに捧げたいと考え、ここに一期一会の席を設けることを思いたちました。宗一イズムの芽のひとつが、小さくも生き残っていることを、田中一光さんとご一緒にお見届けいただければ何よりの光栄と願い、ここに案内を差し上げる次第です。

麹谷宏

宗一忌紙の茶杓を切り揃へ


◎2012年5月11日(土)
・11時席 ─ ゲスト:千玄室
・13時席 ─ ゲスト:内田繁
・15時席 ─ ゲスト:黒川雅之
・17時席 ─ ゲスト:杉本貴志
◎2012年5月12日(日)
・11時席 ─ ゲスト:千住博
・13時席 ─ ゲスト:大樋年雄
・15時席 ─ ゲスト:小山裕久
・17時席 ─ ゲスト:伊東順二

○会場 ─ 京懐石 柿傳「安与ホール」(6F)
○会費 ─ 10,000円
○申込 ─ こちらのFAX用紙でお申し込みください


kojitani_blog at 19:13 この記事をクリップ!

2012年02月14日

東京 六志会が日本ワイン「甲州」を顕彰して開く「桜とワインの茶会」二月堂

1202-01
1202-02
◎2012年3月24日(土)13時席・15時席
◎2012年3月25日(日)15時席

○茶席 ─ 東大寺 二月堂(左正面、屋根掛りの石段を上って左)
○茶券 ─ 12,000円(麹谷宏制作記念ガラス作品つき)
○申込 ─ Tel. 03 - 3868 - 0035

◎同時開催:「甲州ワインを楽しむ会」奈良ホテル
 3月24日(土)18時開宴 15,000円
 申込 ─ 奈良ホテル Tel. 0742-26-3300

◎東京・六志会
伝統の茶の湯を学びながら、一方では現代の生活の中で気楽に活用できる楽しいお茶会の姿も求めて思考を重ねる、男の茶集団。
麹谷宏/大中誠/角山一俊/渡邊弘之/澤田貴之/
アーロン・ベラ/阿部圭史/北見宗幸/山田晃通




kojitani_blog at 20:30 この記事をクリップ!

2007年02月01日

Space Z [ zie ] オープン

070201_01070201_02

2月1日に予定どうり、そして無事に、念願だったガラスのギャラリー、Space Z [zie] スペース ズィーをオープンすることができました。続きを読む

kojitani_blog at 10:10 この記事をクリップ!

2007年01月03日

そうです。車と別れました。

常々、気にはしていたのですが、遅蒔きながら、酒気帯び運転40年という人生を深く反省し、突然思い立って、車を手離す決心をしました。

今後は、歩きの達人を目指し、歩きながら人を見、街を見、そして歩きながらものを考えることにします。

もう、いつでもどこでもケアフリーでお酒と付き合えます。
お誘いをお待ちしております。

kojitani_blog at 10:10 この記事をクリップ!

2007年01月02日

ギャラリーZを併設します。

070101_01

そこは、25年間麹谷の歴代の愛車フェアレディZのガレージだったところ。それを記念してギャラリーの名前はZ。続きを読む

kojitani_blog at 10:10 この記事をクリップ!

2007年01月01日

2月1日に、オフィスが移ります。

麹谷宏の仕事場を、35年間通った青山から、25年間住んでいる自由が丘に移します。電話もFAXも変わります。続きを読む

kojitani_blog at 10:10 この記事をクリップ!