コジゼラ

よもやま話を雑文で

2007年01月

ひがしこくばる

ラベンダー1月31日(水)
(ラベンダー・ベランダ)

芸名「そのまんま東」を改め、本名で宮崎県政をリードしていくことになった東国原(ひがしこくばる)英夫。このなんとも珍しい姓には、どんなルーツがあるのか。全国の姓が検索できるサイト「全国の苗字(名字)」によれば、「東国原」の姓は全国に11世帯。そのルーツは宮崎ではなく、お隣の鹿児島県にあったようだ。姓名研究家によると、「この姓は宮崎県との県境に位置する鹿児島県末吉町に集中しており、そこで発祥した名前と考えられる。同町は古い歴史を持つ国分市(鹿児島)の東側に位置することから、東国原となったのでは」と推測する。

一方、この「東国原」には、別に「ヒガシクニバラ」という読み方もあるというが、「バル」という音は沖縄地方の訛りに多いので、その地方の影響を受けた」とも分析する。九州・沖縄地方には、漢字3文字の姓や「東西南北」が含まれた姓が多いと指摘し、「由緒ある名前かどうかは定かではないが、いかにも九州地方の姓、地域に根付いた姓といえる」と話す。

沈黙を守っているのが昨年2月3日に離婚した元妻で女優・「かとうかづ子」(48)。離婚していなければ、いまごろは安倍首相夫人のアッキー並みの注目を集めていたかもしれない。そんな彼女がそのまんま東と結婚したのが平成2年。一見、美女と野獣風だが、「かとうさんの方から口説かれた」そうだ。それだけに、不祥事が続いて芸能生活を謹慎した時期も、彼を私が守るんだ、という夫婦一体感があった。週刊誌などで「必ず離婚するはず」と叩かれた淫行騒動でも裂けなかった夫婦の絆だが、離婚会見では、政界進出を目指す夫に「ついていけませんでした」とかとうはあっさり言い放った。

結婚後、家事や育児に追われ女優活動を断念しかけた時期もあったようだが、一昨年、難病と闘う女子中学生を描いた話題の映画「1リットルの涙」に母親役で出演。「入り込まなければならない題材に、ライフワークとしての女優業を見つめ直すきっかけとなったようだ」。女優業の拠点が東京である以上、宮崎に軸足を置くのは困難だが、もうひとつ、宮崎行きを拒んだ最大の理由は「熱心な、お受験の結果、合格した都内の有名私大付属校に通う子どものことを最優先に考えたようだ。
 

杖とステッキ

ビオラ1月30日(火)
(ビオラ・ベランダ)

<杖とステッキでは、イメージがちょっと違うようだ。「転ばぬ先の杖」とか「杖にすがるも人に頼るな」などと言うように、杖は身体の不自由を補う道具である。ちょっとおしゃれなアクセサリーといった感じのステッキが似合うのは、散歩、帽子、ヒゲといったところか。ハゲも悪くなさそうだ。わたしの場合、ヒゲもハゲも縁がなかった。出番のないステッキ君は、物置の奥に身をひそめていた>

<最初は、やっぱり照れくさかった。なんだかカッコつけているように見られそうだ。急に老人っぽく見られるのもいやだ。しかし、使ってみると、とても具合がいい。長さも太めの握りも、ぴったり身に合い、痛めた足をカバーしてくれる。さっそうと、まではいかないが、さっさと歩けるようになった。神様に感謝しながらステッキ片手に街を歩くと、今まで見えなかったものが見え、気付かなかったものが気になる。歩道のデコボコ、石畳、階段の幅や角度、看板、マンホールのふた、坂道、歩道橋、エスカレーター等々。歩きにくいところだらけだ>

足の怪我によって初めて杖を使った初老の男性の体験談だ。いずれ杖などを使う身の上にもなりかねない今日この頃、この話が目に付いたのは、意外にも前向きな話の中身だった。杖ってけっこう効用があるんだってことが分かった。ゆめゆめ、そんなことがあっては困るけど、転んで怪我したって、なんとかなりそうだって勇気を与えてくれたね。

大正から昭和初年の時分には、文士たちがやたらとステッキを持ち歩いていたようだ。歩行に困らない20、30代の文士がである。誇り高い文士たちにとって、ステッキは威風あたりに払う為の道具のようにもみえるが、果たしてそのステッキをどんな具合に使うのか知ってたのかって思ってしまうね。

面白いのが寺田寅彦で、随筆「ステッキ」にこんなことを書いている。「いわゆるステッキほどわけのわからないものはない。人間が働くのに忙しくて両手がいつもふさがっているような時代には全然用のないものだったに違いない。社会生活の進歩により、何もしないで楽に遊んでいられる人間が多数存在するようになると、今まで使っていた手が暇になって、手持ちぶさたを感じる。何かしら手ごろな棒きれを持つことになったのではないかとも想像される」。

色いろ

ゼラチャン1月29日(月)
(セラチャン・ベランダ)

明治時代、鎖国だった日本の風俗習慣が欧米に紹介された。その中で、とりわけ欧米が驚いたのは日本がオール・ブルーの国ということだった。お殿様から庶民、農民にいたるまで、身に着けているものが青だったからである。飛鳥時代には高貴な身分に珍重された藍色が幕末には、日本全国にあまねく行き渡っていた。だだ、おなじ藍色でも、技術の進歩により、色の濃淡、柄、絞り、織り方などによって多様な構成になっていた。厳密にいうと70種類以上にもなるという。

浅葱(あさぎ)色とか縹(はなだ)色っていうと、ついつい黄色や茶色を想像してしまうが、実はこれらの色も藍色の濃淡を表す色名だ。萌黄色とは、淡い緑色をいうが、緑は染料として存在しないから、藍色に染めた糸を黄色の染料に入れて作る。萌黄色を生成りの麻に変えた濃い緑色で、縁々が赤く彩られた近江産の蚊帳、懐かしい思い出だなあ。

藍色とともに江戸文化に中で珍重されたのが灰色(グレー)だった。江戸時代、再三にわたり奢侈禁止令が出され、町人は目立たない地味な色を工夫しながら、隠れた贅沢を競い合っていたのである。富裕層は自分だけの色を追い求め、その結果、灰色だけでも、なんと120種類もあったという。北原白秋が「城ヶ島の雨」で詠った「利休鼠」もその一つだったに違いない。

橡(つるばみ)色は古来より日本を代表した色のことだ。実をいえば、「烏の濡羽色」と表現される黒、漆黒のことをいう。ブナ、ナラなどのドングリを茹でて砕き、鉄分を入れた茶系の溶液に浸すと黒になる。平安時代には喪服として使われ、着る人の年代によって、漆黒の「橡色」、淡い黒である「鈍色」と使い分けていた。江戸時代を代表する黄八丈はその華やかさで有名だが、その華やかさを演出しているのが、地として使われる黒だ。すだ椎の樹皮で染めた生地を、鉄分を多量に含んだ泥田に数日浸すと漆黒になる。




富士山

ツタ1月28日(日)
(ツタの新芽・ベランダ)

いま、日本の文化遺産は13ヶ所を数えるが、日本の代名詞のような富士山が入っていないというのは、いかにも腑に落ちなかった。推薦されない最大の原因は、山が登山客に汚染されているという悲しい事実だった。金満日本を象徴するような「なさばな」である。「フジヤマ・ゲイシャ」「一富士・二鷹・三茄子・四扇・五煙草」と謳われた日本一の富士山が、ようやく国際舞台へ名乗りを上げる時がやってきたようだ、「遅かりし由良の助!」

文化庁は23日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録に推薦するための暫定リストに、富士山(静岡県、山梨県)など4件を追加すると発表した。追加が決まったのは、富士山のほか、富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬県)、飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群(奈良県)、長崎の教会群とキリスト教関連遺産(長崎県)。暫定リストに追加記載が行われるのは6年ぶりだ。その後、準備が整ったものから登録推薦書の提出などを経て、同委員会で認められれば登録が決まる。登録には早くても3年近くかかるという。

現在すでに暫定リスト登載されている物件は、「平泉の文化遺産」(岩手県)、「古都鎌倉の寺院・神社ほか」(神奈川県)、「彦根城」(滋賀県)、「石見銀山遺跡」(島根県)の4ヶ所ある。既存リストは次のとおり。<1.古都京都の文化財、2.古代奈良の文化財、3.法隆寺地域の仏教建造物群、4.紀伊山地の霊場と参詣道、5.姫路城、6.白川郷と五箇山の歴史的集落群、7.厳島神社、8.広島平和記念碑〜原爆ドーム、9.屋久島、10.琉球王国のグスク遺跡群と関連する遺跡群、11.日光の社寺群、12.白神山地、13.知床>

これまで登録されている日本の文化・自然遺産は13ヶ所、風光明媚な場所、歴史的遺産を数多く有している日本としてはいささか物足りない数字といえる。その中ででも、自然遺産として登録されているのが、屋久島、白神山地、知床の僅か3ヶ所しかないというのは、自然を大切にしてこなかった日本人への痛烈な批判のように思えてならない。富士山をきっかけとして、摩周湖、尾瀬ヶ原、黒部・立山、阿蘇山、西表島などなど、美しい国「日本」を整備していくのが急務だろう。中身のないキャッチフレーズで終わらないためにもね。

無駄ばな

佃1月27日(土)
(佃の中華料理店)

日本のエスカレーターの傾斜角度は、法律により30度以下に定められている。「Listen carefully!」と英語の時間によく言われた。「耳を傾けなさい」ということだ。少し乱暴な言い方をすれば、「耳のアカをかっぽじって、よく聞け」ということになる。傾斜が急なところでは、列車の運行がむずかしい。そこで線路をジグザクに敷設し、折り返し運転を繰り返しながら運転をすることになる。この方式を、「スイッチバック」という。信州の難所、碓氷峠のスイッチバック方式はアブト式と呼ばれ名物だったが、新幹線の登場で、横川駅の「峠の釜飯」とともに消え去ってしまった。

派手で人目にたつ振る舞い・身なりをすることを「傾(かぶ)く」という。この動詞が名詞化してできた言葉が、ご存知「歌舞伎」だった。織田信長の苛烈なまでの粗暴さと、過激なまでの傾き姿は、弱小大名が跋扈した尾張やいずれは天下を制覇するための演出だった。階段の踏板の間の垂直な部分を「けこみ」という。人力車で、客が足を置くところも「けこみ」。ウィルスや細菌が母親を通じて胎児に感染することを「垂直感染」といい、注射針や輸血によって感染する現象は「水平感染」というらしい。

道路の舗装状態が良くなったからかタイヤの性能が向上したからか、最近では車のタイヤがパンクするということは減ってきている。それでも万一に備えてトランクの床下などにスペアタイヤが収納されている。黄色いホイールのものは特に緊急用スペアタイヤ、テンパータイヤと呼ばれる。テンパータイヤとは臨時用のタイヤを意味する「temporary tire」から来た呼び方だ。自動車に乗らなくなって久しいから、こんな知識もムダとなってしまった。

野球の守備位置の1つ、ショートストップ。守備範囲の広い、俊敏性と判断の早さが要求されるポジションである。それがなぜ「ショート」と呼ばれるのか?実は初期の野球では現在の9人より多い11人前後の守備がいて、ピッチャーの左右で「短い」打球を処理するショートストップやショートマン、ショートフィールダーと呼ばれる人が2人いたと言われている。やがて人数が減り、2塁手がベースを離れて1〜2塁間を守るようになると、ショートは2〜3塁間にだけ置かれるようになったのである。ちなみにショートは日本語で遊撃手とも呼ばれる。最初は「短遮」と呼ばれていたが、戦況に応じて自由に動き回る様子から中馬庚(ちゅうまかのえ)という人が「遊撃手」と訳したと言われている。

ブルネイ

廃屋1月26日(金)
(廃屋・東雲橋際)

「寒参りに汗をかく」っていう言葉があるが、ここ数日、13度近い気温が続いている。この暖かさは3月中旬から下旬の陽気だというから、どうやら、今年は真冬を素通りしてしまったらしい。自然は正直なもので、梅はすでに咲き始めているし、コブシの蕾はふくらんで、柔毛をそよ風にたなびかせている。この分ではサクラの開花も早そうだ。ただ、サクラは咲く直前に寒さを感じないと、蕾を開かないという習性があるそうだ。

「どうでもいいですよ」、ってことで、話は突然飛ぶ。ボルネオ島はカリマンタンともいわれ、東南アジア最大の島である。島はインドネシア、マレーシア、ブルネイ王国の3つの国に分かれている。ブルネイは小国ながら、石油などの天然資源に恵まれ、この地域随一の富裕国として繁栄している。首都は「バンダルスリブガワン」、人口6万人のうち、約半数がカンポンアイル(水上集落)に住む。旧首都の市街地ともいわれ、ブルネイ川の両岸を埋め尽くすように広がっている。

政府は新規の水上住宅の建設を認めず、陸上への移住計画を進める。河川が氾濫したり、大火になったり、子供が溺れたりする危険に加え、下水で川が汚染されるからだ。ただ陸の家は水上住宅の数倍もする上に、広さも半分以下、市の中心部までマイカーが必要となるなど、難問山積の状態だ。それでも若い世代を中心に徐々に陸上の住宅に移り住み、カンポアイルには高齢化が進んでいる。

さて、そのブルネイだが、日本とは意外に関係が深い。液化天然ガスの重要な輸入国なんである。天然ガスは約90%がメタン(CH4)で、窒素や硫黄成分が石炭や石油よりも少なく、一酸化炭素などの不純物も少ない。このため燃やしたときに得られる熱量が多く、熱量あたりの二酸化炭素や窒素酸化物などの排出量が少ないなど、燃料としての利点が多い。

日本は97%を輸入に頼り、輸入元は、ロシアやアフリカ、中南米のほか、欧州や東南アジアなどに広がっている。石油産地と必ずしも重ならないので、安定して輸入できるメリットもある。輸入する時はマイナス162度に冷やして液化天然ガス(LNG)にする。コストがかかるが、体積が600分の1に減るので船での輸送に都合がよい。



ひまな冬

mejiro1月25日(木)
(菜の花畑のメジロ)

今年になってから、パソコンのデータ入替えに手間取ったこともあるが、めっきり外出しなくなった。寒いのは大歓迎、暑さよりも寒さのほうがずっと好きだ。日差しは柔らかに和んでいるし、例年よりもかなり暖かい。答えは簡単、出かけたって満足な被写体にお目にかかれないからだ。花らしきものには、滅多にお目にかからないし、若芽の柔毛も、まだくすんだままだ。冬の情景はたとえ日差しが和らいでいても、鈍色に写るからあまり好きではない。

なにせ、1日数百枚の写真を撮り、昔でいえば現像に当たることをパソコンでこなす、っていうお仕事がなくなっているんだから、閑をもてあますのも無理はない。いくら閑でも、髭と鬚、爪と頭の柔毛はちゃんと生えてくるんだから、やんなっちゃう。生きてる印といえばかっこいいが、こいつらは死んだ後でもちゃんと生えてくるっていう化け物だ。毛抜きや爪切りを持ち出して、閑潰しするには格好の獲物だけど、やはり白けちゃうね。梅がボチボチさきだしているが、生来の不精癖は一度どつぼにはまっちゃうと、中々元へは戻らない。

きのう、久し振りに1万歩を歩いたが、またの付け根は痛いやら、ふくらはぎは悲鳴を上げるやら、心の臓はドキドキするやら、さぼっていたツケを嫌というほど思い知らされた。気持ちは若いつもりでも、身体は正直だから、怠惰にすっかりシンクロしちまって、年相応にしか動いてくれない。家路につく頃になって、ガタが来かけていた部品に、ようやく油が回り始めたって感じ。やはり、なにはなくても目黒のさんま、たとえ無駄足であろうと、歩き回るべきだね。なんとなれば、これが一番の閑つぶしだし、唯一のプラス志向だしね。

今年になってから真冬日が一日もないという。真冬日というのは、最低気温が零度以下になる日ということだが、確かにそんな日って1日もなかったね。きのうの収穫はこの暖冬のお陰で、梅の開花に出会えたこと、菜の花の群生に出会えたことだった。不可思議だったのは、いつも梅より早く咲くロウバイとマンサクがまだ蕾だったことだ。なんとなくローテーションが狂っているようだね。

嫌なこと

hubuki1月24日(水)
(昨年1月の吹雪・豊洲)

昨年の1月18日、関東地方は猛烈な大雪に見舞われた。滅多にないほどの大雪だったので記憶に新しい。折悪しく親戚の法事があって、所沢の奥地へ出かけていたので、尚更印象深い。横殴りの雪なんて経験したことがなかったので、場合が場合だったけど、興奮してしまったね。今年は暖冬で、とても雪も降りそうにないが、雪っていうのは妙に郷愁を誘ってくれるものだ。

テレビや新聞報道では、連日のように血なまぐさい事件を報じている。民放は特番まで組んで、微にいり細にわたり事件の中身まで追いかけるから、見ていていやな気持にさせられる。事件関係者の家にまで大挙押しかけ、無茶な取材をする。報道という名に隠れた暴力というしかない。同じ事件でも、最近多発している子供の交通事故や親による虐待死は、ほんとうに無残で痛ましく、コメントの書きようもない。

ただ、気になることがあって、よく見ると不思議な暗合がある。被害者となった子供たちにルビ付きの名前が多いことだ。女の子では離音(リオン)、シオン(紫音)、カノン(香音)、妙なことに下の文字に音という字が付く。これらに限らず、本来は横文字にするべき名前に無理やり漢字を当てはめているケースが多い。誠実な人柄と子煩悩で知られた芸能人、風見しんごの愛娘「えみる」チャンが交通事故でなくなった。本当に痛ましい事故だが、再三、「えみる」という名前に出くわすたんびに、この不思議な名前に不吉さを感じてしまう。

子供に対する親の思い入れの深さが、ほかにはない名前をつけたい、ということになるのだろうが、命名については、一度、子供の立場になって考え直す必要もあるんじゃないかって気もする。これもある意味で親のエゴだからね。たとえば「えみる」という名前にカギカッコをつけたのは、そうしないと前後の平仮名とシンクロして文章にならず、パソコン画面にアンダーラインがついてしまう。花子や太郎なんて名前が妙に懐かしく思えるのも、おかしなものだね。

そのまんま

いい天気1月23日(火)
(いい天気・木場雲雀橋)

もしかしてっていう予感はあったんだけど、21日の宮崎県知事選で、お笑いタレント、それも犯罪歴のある「そのまんま東」が当選してしまったのにはビックリ仰天しちゃったね。それも与党の推薦候補にダブルスコアの圧勝である。この結果は宮崎県の「談合知事逮捕」や「保守分裂」だけが招いたものではない。九州でも有数の保守王国なのに、組織、スポンサー、政治実績もない、お遊び半分と見られた泡沫候補にしてやられてしまった。これは間違いなく既成政党への不信が、選挙民の頂点に達している証明だ。

今回の宮崎県知事選、有権者の意識が強かったのか、投票率が64・85%と高かったのも意外だったね。ちなみに県知事、市長選など各地で地方選挙が行われたが、全体に高止まりの傾向で、北海道の深川市長選が77・24%、鹿児島県垂水市の市長選が83・78%と高率だったのが目に付いた。総選挙がこのように高率だったら、自民党と公明党が圧勝するなんてなかっただろうに。蛇足ながらそのまんま東の本名は「東国原英夫」(ひがしくにばる・ひでお)っていうんだってね。宮崎県出身だけど、どうやら沖縄の血が入っているらしい。

競馬をやっている人は、よく分かるんだけど、馬券を買った馬が、ゴール前まで先頭または先頭グループにいるとき、観客席では「そのまんま、そのまんま」っていう大合唱が始まる。そのまんまの対象馬はそれぞれ違うんだけど、間違いなく大合唱になり、ゴールを過ぎると、悲鳴に変わるっていうのが常となる。「そのまんま東」の場合、圧倒的勝利だったから、本人も運動員も「そのまんま」って、叫ぶ必要もなかったのが残念だったね。県議会は自民、公明党がほぼ独占している状態だから、前途多難になるんだろうね。県知事を追われた誰かさんほど、独善的ではないだろうけど、大変な船出だ。ご苦労さん。

あるある

カーブ1月22日(月)
(見事な曲線・中央大橋)

フジテレビ系で放送の情報番組「発掘!あるある大事典2」(日曜、後9・00)で、納豆のダイエット効果を紹介した内容にデータの誇張があったことが20日、分かった。制作した関西テレビが公表したもので、実際には行っていない実験データを放送。放送後には、視聴者が納豆を買い求め、売り切れが続出するブームが起こっていた。21日の同番組は放送休止で、人気番組がこのまま打ち切りの可能性もある。

関西テレビによると、米国の研究などをもとに「納豆にはダイエット効果がある」と紹介した内容はほとんどがでっち上げだった。番組内で「納豆を食べた被験者の中性脂肪が正常値になった」と放送したが、数値測定は行っていなかった。また、米テンプル大のアーサー・ショーツ教授の発言として「日本の方々に身近な食材でDHEAを増やすことが可能です」と、日本語訳コメントを勝手に付けたなど、改ざんは5カ所にわたった。12日に一部報道機関から取材があり、調査して不正が発覚した。
ふざけた話だよねえ、健康ブームやダイエット・ブームに悪乗りした詐欺行為みたいなものだね。納豆そのものは、この番組でなにもお節介にやってくれなくたって、十分栄養食品として認識されているのに、これじゃすっかり悪者になってしまいそうだ。まあ、お陰で納豆の売切れなんていうバカげた現象もなくなるわけだけどね。どんな食品だってバランスよく食べるべきで、納豆だけ食べていいはずがないのにね、
郡山の農家がトマトの収穫時期を迎えていた。3種類のかごに分別していたので、その基準を聞いてみた。1、大きくて粒ぞろいで外観の綺麗なもの、2、大きいが外観が悪くて、一部虫食いなどがあるもの、3、サイズがバラバラで虫食いが多くて品質が悪いもの、ということだった。

分別したトマトの出荷先と値段について聞いてみたら、思わぬ返事が返ってきた。粒が揃って綺麗なのはスーパー向けで値段は相場で安いよね。少し外観が悪いものは自然食品向けで値段は一番高いよ。多少は虫が食っている方が自然食品らしいだと。笑っちゃうね。こっちの虫が食っているものはカゴメ向けで、トマトジュースやケチャップになるんだと。値段は一籠いくらで、廃棄処分費だね。

以上「青のアトリエ」主宰者の経験談である。自然食品なんてブームになっているけど、こういう実際の現場の話を聞くと、その中身なんていい加減なものだって思うよね。一番いいトマトが安いくて、虫食いが高いなんて、流通業界が主体性のない消費者を巧みに操り、明らかに価格操作を行っているのが分かる。


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ