ityou11月26日(日)
(新宿御苑のイチョウ並木)

万歩計を持ち歩くようになって久しいが、最近とみに肉体疲労を感じるようになった。毎日のように出歩くと、1万歩以上は必ず歩いているから、自然の法則だろう。なにも無理しなくてもいいんだが、万歩計がたとえば7000歩だとすれば、つい無理して1万歩を越えるような距離を歩いてしまう。これがよくないんだね。っていうわけで、今週は休養週間にすることにした。2-3時間かけて、ベランダの整理をすると、もう何もすることがない。

壊れかかったパソコンもいままでのように粗雑に扱えないから、用がなければすぐスイッチを切る。閑だから書棚から、古い本を引っ張り出して読み始めると、もう眠くなってくる。昼間のテレビは見る気もしないから、あとやることはタダ一つ、永遠の眠りにつくこと、じゃあなかった転寝をするしかない。日溜りの中での転寝は最高の気分になれるし、いうことはない。タダ、眠れば眠るほど、また、眠くなってくるのは困ったもんだ。いくら寝ても寝つくしたって感じにならない。

夕方、家路をたどる頃、途中で、豊洲の住人とは思えない華やかな雰囲気を持った一団に時々出っくわす。たいした格好をしているわけではないが、プロの連中だなっていうのが分かる。若い女性の化粧はあか抜けているし、そこそこきれいだし、男の連中にも、なんとなく芸ごとに携わっているんだという雰囲気を感じる。枝川の奥のほうにアクターズ・スタジオなるものがあって、そこで、リハ−サルをやったり、番組の収録なんかもやっているらしい。

先日、どこかの番組で、俳優のラサール石井が稽古によく通う、そして通しか知らないような枝川・韓国タウンの焼肉屋で仲間と一杯やるのが楽しみだ、なんていっていた。そうか、有名タレントに会わないのは、かれらは車でやってくるからなんだ。そういえば、スタジオ前の道路に高級車がよく並んでいるな。それが分かったから、有名人を見に行こうなんて、やじ馬根性にはならないね。ま、本心をいえば、そんな気持ちがないわけではないんだけど、年甲斐もなくミーハー気分になるのがこっ恥ずかしい。