平成22年7月26日(月)

今週も性懲りもなくバカ暑いようだが、
熱中症対策には出歩かないのが一番だ。

7月10日(土)に風邪をこじらせ、呼吸困難となり、聖路加病院へ急遽入院した。ステロイドの大量供与により呼吸困難は即完治したが、肺炎のほうはらちがあかないまま退院した。風邪を引くと肺炎になる確率が高いことが実証されただけだった。

8日間の「ゼンダ城の虜」状態における治療費の累計は32万円、内訳の大半は1日3万円の個室費用だった。覚悟はしていたものの、貧乏人には応える金額だったね。「良薬は口に苦し」、「貧乏人は麦を食え」の典型みたいなもんだった。悔いの残る入退院劇だった。